trima

福岡グルメといえば水炊き!有名店やランチにおすすめのお店まとめ!

福岡グルメといえば水炊き!有名店やランチにおすすめのお店まとめ!

2020.09.04

Trima福岡編集部

有名な福岡グルメのひとつに「水炊き」があります。地元民からも人気があり、ランチの時間帯から食べられるお店も少なくありません。シンプルゆえに奥深い料理で、お店によって微妙に味が異なります。今回は福岡にある水炊きでおすすめのお店を紹介します。

目次

  1. 水炊きは福岡で人気のご当地グルメ!
  2. 水炊きが味わえる福岡で有名なお店
  3. 博多の水炊きといえばここ!「博多水炊き とり田 博多本店」
  4. コクのあるスープが美味しい「水たき 長野」
  5. 創業は昭和28年「博多味処 いろは 本店」
  6. おしゃれな店内で水炊きが食べられる「橙」
  7. 自家製のポン酢がたまらない「博多水たき元祖 水月 本店」
  8. 水炊きをランチに食べたいときおすすめのお店
  9. ランチのおすすめは華御膳「博多華味鳥 博多駅前店」
  10. ランチ限定の水たき御膳が豪華「博多水たき濱田屋 本店」
  11. 地元食材を使用したメニューが魅力「とりまぶし」
  12. 落ち着いた店内でゆっくりできる「海山邸 博多ARK店」
  13. 創業100年を超える老舗店「水炊き 新三浦 博多本店」
  14. 福岡のご当地グルメは水炊きだけじゃない!
  15. もつ鍋
  16. 鉄なべ餃子
  17. 博多ラーメン
  18. 久留米焼き鳥
  19. 水炊きの絶品スープを楽しもう

水炊きは福岡で人気のご当地グルメ!

 (880284)

福岡には明太子やとんこつラーメン、もつ鍋をはじめとする美味しいご当地グルメがたくさんあり、食べ物のために旅行をする人も多いです。

その中で今回紹介するのは「水炊き」です。福岡の水炊きは日本の四大鶏鍋料理のひとつに数えられ、鍋に水を張って鶏肉や野菜を煮込み、もも肉が主に使用されています。

今回は、福岡で水炊きが食べられる美味しいお店を紹介します。

水炊きが味わえる福岡で有名なお店

 (880285)

福岡ではあちこちで水炊きを食べられます。だからこそ、どこの水炊きを食べたらいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、水炊きで有名なお店を紹介します。

どこも絶品であり、地元の人からも定評のあるお店ばかりです。せっかく水炊きを食べるなら、絶品のお店を選びましょう。

博多の水炊きといえばここ!「博多水炊き とり田 博多本店」

2012年に創業し、若い人にも人気となっているのが「博多水炊き とり田」です。関東出身の店主は福岡で一軒家の創作和食レストランを営んでいました。しかし、せっかくなら福岡ならではの水炊きのお店をしようと決めたのです。

当時、水炊きのお店は老舗が多く、若い人は近づきにくい雰囲気がありました。そこで若い人でも気軽に立ち寄れるお店を目指しました。とり田では鶏と水のみでスープを作っており、博多ねぎと一緒に食べることが特徴です。

シメは雑炊またはラーメンから選べます。とり田には松・竹・梅の3種類の水炊きコースがあり、1番安い松は3,800円と若い人も頼みやすい金額です。

とり田のおすすめは竹(4,800円)で、水炊きに加えてごまさばやとり天も味わえます。「お昼の水炊きセット」は3,200円となっています。

住所 福岡県福岡市博多区下川端町10−5 博多麹屋番ビル 1F
営業時間11:30-20:00
電話番号092-272-0920
公式ホームページhttps://toriden.com/

コクのあるスープが美味しい「水たき 長野」

予約が取りにくい水炊きの名店とされているのが、創業90年以上の「水たき 長野」です。お洒落で高級感あふれる店構えのため、入るのに躊躇してしまうかもしれませんが、意外とリーズナブルに食べられます。

長野では天然飼料で育てられた生後90日までの脂肪の少ない鶏肉を使用しています。骨付き肉の「水たき」(2,500円)と鶏のつみれが入った「スープ炊き」(2,500円)の2種類があり、ミックスを頼む人が多いようです。

まずはスープを味わってみて、好みで塩を足しても構いません。火の通りなどは仲居さんが鍋のお世話をしてくれるので、お客さんは食べるだけでいいのも楽でいいですよね。

炊きあがった具材は酢醤油につけて食べることで、素材の旨味を感じることができます。シメに雑炊を頼むと、コクのあるスープを最後まで楽しむことができます。

住所福岡県福岡市博多区対馬小路1−6
営業時間12:00-22:00
電話番号092-281-2200

創業は昭和28年「博多味処 いろは 本店」

大阪にも進出している昭和28年創業のお店が「博多味処 いろは」です。初代創業者は大阪のいろはで修行した後、福岡で「すき焼きいろは」としてお店を構えました。

毎日のように行列ができていたため、お客さんを待たせてばかりは申し訳ないと広い土地に移転するとともに水炊きも昭和40年ごろ生まれました。鶏肉は佐賀産の赤とりを使用し、スープは丁寧にアクを取りながら仕上げています。

水炊きのコースは1つのみで、「地鶏水たきコース」(4,700円)です。具材にはほうれん草やキャベツなどがあり、産地も旬に合わせて変えています。

水炊きと一緒にいただくポン酢も自家製で、萩産のみかんをつかっており、酸味がきいて鶏肉の脂と相性抜群です。水炊きはシメにちゃんぽん麺かおじやから選べます。

住所福岡県福岡市博多区上川端町14-27 いろはビル
営業時間18:00-23:00
電話番号092-281-0200
公式ホームページhttps://hakata-iroha.net/

おしゃれな店内で水炊きが食べられる「橙」

大濠公園の近くにあり、お洒落な店内でクオリティの高い水炊きが食べられると話題になっているのが「橙」です。橙はメニューが3,100円の水炊きと750円のから揚げのみであり、いかに水炊きに自信を持っているかが伝わってきます。

お通しも鶏料理でこちらもレベルが高いと人気です。まずは黄金色のスープを頂き、ポン酢に付けて鶏肉を味わいます。そのまま食べてから柚子胡椒を付けるとアクセントになって更に美味しく感じられます。

絶妙な火の通りでホロホロになった鶏肉が人気なのはもちろん、橙では鶏のつみれが絶品と言われています。コリコリ食感の軟骨が混ぜられているのが特徴です。シメは雑炊(300円)か素麺(200円)から選べますが、おすすめは雑炊です。

住所福岡県福岡市中央区大手門1丁目8−14
営業時間12;00-22:00
電話番号092-726-0012

自家製のポン酢がたまらない「博多水たき元祖 水月 本店」

1905年創業で水炊きの発祥のお店として知られている「博多水たき元祖 水月」は、初代の味を受け継いでおり、水炊きの真骨頂と言われています。香港に滞在した初代創業者は、西洋料理と中華料理を学びました。

そこでコンソメと鶏を煮込むことをミックスさせてできたのが水炊きです。鶏肉は九州で育てられた6ヶ月までの雄鶏のみを使用しています。丸鶏をぶつ切りにし、1時間ほど水から炊いた後、2時間以上おいて鶏肉を柔らかくします。

ポン酢は自家製で糸島産の橙を使用しており、女性が絞ったものを1年以上寝かしてから醤油と混ぜて作っています。スープはコラーゲンたっぷりで最後の一滴まで美味しく食べられます。

水炊きのコースは3種類あり、「フルコース」は8,300円、「Aコース」は6,300円、「Bコース」は5,300円となっています。また、4月から8月までの期間限定で「元祖博多水たき鍋コース」(4,700円)もあります。

住所福岡市中央区平尾3丁目16-14
営業時間17:00-22:00
電話番号092-531-0031
公式ホームページhttp://www.suigetsu.co.jp/

水炊きをランチに食べたいときおすすめのお店

 (880296)

水炊きはディナーで食べる人が多く、お酒と一緒に味わうという人も多いです。しかし、ランチから食べたいという人もいますよね。

福岡にはランチでも水炊きを食べられるお店が多くあります。ここでは、ランチで水炊きを食べられるおすすめのお店を紹介します。

ランチのおすすめは華御膳「博多華味鳥 博多駅前店」

福岡県内に11店舗を展開し、海外進出もしているお店が「博多華味鳥」です。博多華味鳥の特徴は、何といっても自社で育てている銘柄鳥「華味鳥」を使用していることです。

飼料にもこだわり、華味鳥がベストな状態で育つように研究尽くされています。鮮やかなピンク色のもも肉は臭みが少なく、旨味と食感がしっかりしています。コースは「味コース」(3,500円)、「華コース」(4,700円)、「金華コース」(5,700円)の3種類あり、鍋は2人前から注文できます。

1人前の水炊きが楽しめる「華御膳」(2,000円)はランチ限定となっており、前菜3種・小鉢・逸品・水たき小鍋・スープ・白飯・香物・甘味がセットになったお得なメニューです。

住所福岡市博多区博多駅前3-23-17 ONビル 1F
営業時間11:30-15:00,17:00-24:00
電話番号092-432-1801
公式ホームページhttps://www.hanamidori.net/

ランチ限定の水たき御膳が豪華「博多水たき濱田屋 本店」

福岡県内に本店・店屋町店・くうてんの3店舗を展開する「博多水たき濱田屋」もランチにおすすめです。濱田屋では生後90日の赤鶏を丸鳥の状態で仕入れ、新鮮な鶏肉のみを使用しているため臭さがありません。

鶏肉と一緒に食べる酢醤油もこだわっており、萩の特産である橙を使用して天然熟成させてから醤油とブレンドしています。酢醤油が美味しいとお土産に購入する人も多いほど好評です。

濱田屋のランチは、「博多水炊きコース」(3,800円)、「水炊きセット」(2,500円)、「水たき御膳」(1,680円)があります。

1番人気は水たき御膳で、・小鉢2品・水炊き小鍋・御飯・香物・デザートとボリュームたっぷりです。通常、コースやセットは2人前からの注文となっていますが、御膳のみ1人用の水炊きとなっています。

住所福岡県福岡市博多区住吉1-1-9  RJRプレシア博多201
営業時間11:30-15:00,17:00-22:00
電話番号092-292-8422
公式ホームページhttp://mizutaki-hamadaya.jp/

地元食材を使用したメニューが魅力「とりまぶし」

中洲川端駅から歩いて2分のところにある「とりまぶし」では、水炊きはもちろんのこと、ひつまぶしからヒントを得たとりまぶしが食べられます。とりまぶしの水炊きは鶏がらを水素水で8時間ほど煮込んだ味の濃さが特徴です。

そして鶏肉料理の定番となる可能性を秘めているのが看板メニューの「とりまぶし」(1,260円)です。まずはそのまま1/4ほど食べ進めます。そして好きな薬味を加えて味の変化を楽しみましょう。次に卵をいれてまろやかさを楽しみます。

最後に水炊きスープをかけてお茶漬けのように味わいます。1度で4通りの味を楽しめ、水炊きの美味しさもしっかり感じられるため人気が高いです。

九州産の大ねぎを使用した「ねぎまぶし御膳」(1,360円)もとりまぶしの美味しさを一層引き立てると人気となっています。

住所福岡市博多区中洲5-3-18 Tm-16ビル1F
営業時間11:00-23:00
電話番号092-260-7273
公式ホームページhttps://torimabushi.com/

落ち着いた店内でゆっくりできる「海山邸 博多ARK店」

本格和風居酒屋の「海山邸」では、落ち着いた店内でワンランク上の食事をすることができます。大人の隠れ家のような雰囲気があり、2名から利用できる個室もあるので特別な日にぴったりです。

メニューは本格的な和食を中心に懐石料理を得意としていますが、水炊きもいただくことができます。席で自分で水炊きを作ったりスタッフの方が作ってくれたりするところが多いですが、このお店では水炊きができた状態で出てくるのですぐに食べ始めることができます。

透き通ったスープであっさりした味ですが、鶏肉や野菜が加わっていることで味に深みと奥行きを感じられるでしょう。シメは雑炊がおすすめです。

水炊き以外のメニューも充実しているため、水炊き以外にも食べたいという人にぴったりです。ランチ営業もしており、ランチ限定の御膳(1,400円~)も人気です。水炊きは1人前1,200円で2人前から注文できます。

住所福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目17−5 ARKビル 1F
営業時間11:30~14:30、17:00~23:00
電話番号092-432-5833
公式ホームページhttps://kaizantei.com/

創業100年を超える老舗店「水炊き 新三浦 博多本店」

View this post on Instagram

創業100年の貫禄!石城町にある#水炊き の名店「#新三浦本店 」に伺った! スープの濃さと塩加減が絶妙😳 鶏肉は生後2ヶ月の雄鶏を使っており、脂肪が少なく柔らかくて骨が簡単に取れちゃいます! これは美味すぎる😋👌 . #新三浦博多本店 #福岡市博多区石城町 21-12‬ ‪092-291-0821‬ ‪12:00~15:00‬ ‪18:00~22:00(LO20:00)‬ 日曜日定休 . #福岡 #博多 #石城町 #福岡水炊き #新三浦 #fukuokapics #fukuoka #fukuokacity #hakata #fukuokarestaurant  #fukuokagourmet #IGersJP #ig_japan #福岡レストラン #福岡飲食店 #グルメ #福岡グルメ #福岡ごはん #福岡ご飯 #食べログ福岡 #福岡飯 #福岡食べ歩き お薦めのお店をよく聞かれるので検索できるサイト作っちゃいました!プロフィールページから簡単にアクセスできるので参考にしてください😄 [デビログ] ‪http://devi-log.net/‬

A post shared by 福岡グルメ 福岡ランチ [デビログ] デビ高橋 (@devi_takahashi) on

「水炊き新三浦」は明治43年創業で、100年以上続く老舗のお店です。九州の自然豊かな土地でストレスなく育った生後3ヶ月以内の雄鶏を使用しており、朝さばかれたばかりの新鮮な状態でお店に届きます。

白濁したスープは継ぎ足しで味を守り続けており、濃厚な味わいなのにあっさりしているという究極のスープです。昼と夜でメニューが変わり、水炊きはお昼の方がお得に食べられます。

ランチは「梅コース」(3,400円)と「藤コース」(5,000円)の2種類があり、藤コースには前菜とつくねがプラスされます。シメは珍しいスープご飯で、お腹いっぱいでもさらさら食べられ、デザート付きで大満足できる内容です。

ランチの時間帯に夜のコース内容を食べたい場合は、前日までに予約すると対応してもらえます。美味しいのはもちろん、最高のサービスを提供してくれることも、地元民に愛されている理由です。

住所福岡県福岡市博多区石城町21−12
営業時間12:00-15:00,18:00-22:00
電話番号092-291-0821

福岡のご当地グルメは水炊きだけじゃない!

 (880297)

冒頭でも述べた通り、福岡にはたくさんのご当地グルメがあり、グルメの街としても知られています。

今回紹介した水炊きだけでなく、他にも絶対に食べたい美味しいグルメがあります。滞在期間にもよりますが、せっかく福岡を訪れたならご当地グルメを楽しみましょう。

ここでは福岡のご当地グルメを4つ紹介します。

もつ鍋

「もつ鍋」は牛や豚のもつが主役の鍋料理で、カツオや昆布からとった出汁に醤油や味噌で味付けして、もつとキャベツ・ニラ・にんにくを入れて煮込んだものです。

博多では第二次世界大戦後にアルミ鍋でもつとニラを醤油味で炊いたものがルーツとなっています。その後、すき焼きのように調味料やネギ類を入れて食べられるようになりました。

1992年に博多もつ鍋が東京に進出したことで日本にもつ鍋ブームが起こり、今では全国で食べられています。シメはちゃんぽんを鍋に投入し、旨味が溶けだしたスープを吸わせて食べるのが主流です。

福岡県内にもつ鍋のお店は多くありますが、老舗の「もつ幸」や3種類のこだわりスープから選べる「おおやま」は地元民からも好評のもつ鍋屋です。福岡県内のあちこちにもつ鍋屋はあるため、歩くとすぐにもつ鍋屋に出会えるでしょう。

鉄なべ餃子

View this post on Instagram

本場の鉄なべ餃子🥟💓 2人で32個たべましたとさ(`•∀•´)✧ それだけうまいっす✨ …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… #東京グルメ#グルメ#ゆなすたぐらむ#飯テロ#渡部女子#カメラ女子#foodstagram#foodpic#foodphotography#cafe#도쿄#도쿄음식#카페#막스타그램#음스타그램#먹방스타그램#福岡#餃子#鉄なべ餃子

A post shared by 【✈️旅行好き&グルメ好きのためのアカウント😋🍴】 (@yunanan0822) on

宇都宮餃子と浜松餃子と並び日本三大餃子と言われているのが、福岡の北九州市にある八幡餃子です。八幡餃子はいわゆる「鉄なべ餃子」のことで、餃子が鉄板に乗せられて提供されるのでアツアツを食べることができます。

鉄なべ餃子が生まれたのは「やまとぎょうざ本店鉄なべ」であり、中国人の作る餃子を日本人向けにあっさり味に変えて出したところ人気が出ました。

熱々の餃子を食べてもらいたいと考えていたところ、東京ではスパゲティが鉄板に乗せられて出てくるのを聞き、餃子も鉄板で出すようになりました。

鉄板は京都の職人に特注で小鍋を作ってもらっており、パリパリ食感の皮の中に肉の旨味が詰まっています。本場の鉄なべ餃子を食べたければ、ぜひJR黒崎駅近くにあるやまとぎょうざ本店鉄なべ」に足を運んでみてください。

博多ラーメン

豚骨主体のベースで乳白色のスープと細い麺が特徴的なラーメンと言えば「博多ラーメン」です。全国でご当地ラーメンがブームとなったことで博多ラーメンが知られるようになり、東京を中心に全国進出するラーメン屋が増えたとされています。

骨が砕けるまでしっかりと煮込むため、スープには豚骨の旨味がしっかり溶けだしており、継ぎ足しでスープを作り続けているお店もあります。

同じ博多ラーメンでも店によってこだわりや味の特徴が異なるため、福岡滞在中に何店舗ものラーメン屋を巡る人も多いです。繁華街には24時間営業や深夜営業をしているラーメン屋も多いため、博多ラーメンを飲んだ後のシメとして食べるのが福岡流です。

有名な博多ラーメンのお店としては、「元祖博多だるま」、「博多一双」「らーめん名島亭」などがあります。

久留米焼き鳥

焼き鳥は全国で食べられているグルメですが、久留米は人口1万人あたりの焼鳥屋の店舗数が全国で1位を記録しており、焼き鳥日本一の街として知られています。

地域によって焼き鳥の特徴は異なりますが、久留米焼き鳥はメニューが多いことが特徴とされています。ダルム(豚の小腸)やセンポコ(牛の大動脈)などの珍しい部位も焼き鳥として出されているほか、様々な具材をベーコンで巻いた「巻物串」があります。

この巻物串発祥のお店は、久留米にある「焼とり鉄砲本店」です。“何でも串にさせば焼き鳥“をモットーに、新メニューも次々誕生しています。

ビールとの相性も良く、屋台でも気軽に食べられる料理で老若男女問わず愛されているご当地グルメです。

水炊きの絶品スープを楽しもう

 (880315)

今回は福岡のご当地グルメである水炊きのおすすめ店を紹介しました。水炊きは脂っこくないため、誰でも好きになる味です。

シンプルな料理ながらこだわり抜かれた食材と調理法で、最後の一口まで美味しく食べることができます。ぜひ福岡に訪れたら、水炊きの絶品スープを味わってみてください。

関連する記事