trima

福岡のアンテナショップは東京の有楽町に!通りもんは購入可能?

福岡のアンテナショップは東京の有楽町に!通りもんは購入可能?

2020.09.08

Trima福岡編集部

東京の有楽町にある福岡のアンテナショップ「ザ・博多」。福岡の人気のお土産がたくさん売っているアンテナショップで福岡の味を楽しんでみましょう!人気の福岡のお菓子「通りもん」の情報も要チェックです。きっと福岡に行きたくなること間違いなし!

目次

  1. 東京の福岡アンテナショップは有楽町にある!
  2. 約500種類以上の特産品が置かれている福岡アンテナショップ「ザ ・博多」
  3. 福岡の食文化を存分に楽しめる品物がたくさん
  4. 自分が知らない福岡の名産品に出会える
  5. ザ ・博多の基本情報
  6. 福岡のアンテナショップ「ザ・博多」のおすすめ名産品一覧!
  7. 福岡といえばあまおう苺!「小ぶり紅鶴乃子 あまおう苺」
  8. シュワシュワ感がたまらなくいい!「和紅茶サイダー」
  9. 有明海の名産品!「イソギンチャクの味噌煮」
  10. 疲れた体を癒すあまおう苺の「あまおうソフトクリーム」
  11. ユーモアあふれる表情のとりこに「にわかせんぺい」
  12. 懐かしさいっぱい「チロリアン」
  13. これぞ福岡の味「マンハッタン」
  14. 大人味のスイーツ「博多ぶらどら」
  15. 「博多通りもん」はアンテナショップでは入手不可能
  16. お店の方針で博多市の近くでしか売らない
  17. オンラインショップで入手可能
  18. 期間限定で各地で販売することも
  19. 新橋にあった福岡アンテナショップ「久留米館」は2019年に閉店
  20. 東京にある福岡アンテナショップで福岡を堪能しよう

東京の福岡アンテナショップは有楽町にある!

企業や自治体の特産品のPRや消費者の商品に対するトレンドや反応の把握のためのお店がアンテナショップです。全国各地にさまざまな自治体のアンテナショップがあり、その土地の味が楽しめることで人気となっています。

そして東京にも福岡のアンテナショップがあります。福岡はそのユニークで絶品ぞろいの食文化が有名で、福岡の味に惹かれ、それを目当てに福岡旅行に行く人もたくさんいます。その福岡の味が東京でも手に入れることができる場所、それが福岡アンテナショップです。そんな東京の福岡アンテナショップの魅力に迫って見ましょう。

約500種類以上の特産品が置かれている福岡アンテナショップ「ザ ・博多」

View this post on Instagram

有楽町で土産を買って帰る。

A post shared by Itaru Tada (@itanco) on

東京の有楽町にある福岡アンテナショップ「ザ・博多」は、そこまで広くないお店ですが店内にはたくさんの福岡土産であふれています。どれも商品のことを知り尽くしたお店のスタッフが厳選した福岡自慢のお土産ばかりです。その数はなんと500種類以上にもおよびます。

福岡アンテナショップ「ザ・博多」の魅力をとことん知り尽くしてみましょう。お店の特徴や基本情報をしっかりチェックして訪れれば、きっと楽しいお買い物ができるはずです。

福岡の食文化を存分に楽しめる品物がたくさん

日本全国には、福岡旅行が大好きな人がたくさんいます。その理由の一つが福岡のグルメです。福岡のグルメはユニークでどれもおいしいので話題にもなり、その味を求めて国内・国外問わずたくさんの観光客が福岡に訪れているのです。

福岡のおいしいもの、いわゆる「うまかもん」がそろったアンテナショップでは、福岡の絶品グルメを購入することができます。そしてアンテナショップに来れば、その食文化の理解も深まります。福岡の食のこだわりがお店の中につまっているのです。

自分が知らない福岡の名産品に出会える

アンテナショップには全国的にも名高い、福岡に来たら外せないお土産の定番やグルメがたくさんあります。もちろんそれらもすごく魅力的なのですが、アンテナショップには地元の方には長年愛されて続けているけれどあまり知られていない隠れ名物もたくさんあるのです。

店内を見ているときっとあっと驚くものや、自分にぴったり合う、自分だけのお気に入りのものに出会えるかも知れません。店頭にはお店のスタッフの方がテーマに合ったお土産を紹介する「店頭コーナー」もあります。そこではさまざまなシーンにぴったりのお土産を紹介してくれます。

こんなものがあったなんて!と、驚きと感動を味わえるかも知れません。福岡のグルメがさらに好きになれる場所がアンテナショップ「ザ ・博多」なのです。

ザ ・博多の基本情報

福岡アンテナショップ「ザ・博多」は東京・有楽町にあります。JR山手線「有楽町駅」から約1分のところにあります。また地下鉄でも有楽町線「有楽町駅」をはじめとするたくさんの路線を利用して訪れることができます。東京観光の際にも立ち寄りやすいです。

また、東京交通会館内にあり、「ザ ・博多」の定休日は交通会館の定休日に伴っているのでしっかり事前にチェックしておきましょう。夜までオープンしているところも嬉しいポイントです。東京でお気に入りの福岡の味をゆっくりと見つけるのも楽しいことでしょう。

住所東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館1F
電話番号03-6273-4468
営業時間10:00〜20:00(定休日は東京交通会館定休日と同じ)
サイトURLhttps://hakata-miyage.com/

福岡のアンテナショップ「ザ・博多」のおすすめ名産品一覧!

 (879413)

「ザ ・博多」の店内に入ると、その博多土産の数やバラエティの豊富さに圧倒されることでしょう。どれもおいしそうで、どのお土産を買おうか迷ってしまうかも知れません。そんなときにもおすすめの福岡土産を紹介します。

人気の定番お菓子から、変わり種のお土産まで注目商品が目白押しです。それぞれのお土産の特徴やこだわりをよく知って、お目当てのお土産は見逃さないようにしましょう。どのお土産も人気でおすすめのものばかりです。

福岡といえばあまおう苺!「小ぶり紅鶴乃子 あまおう苺」

100年以上もの長い間親しまれ続けている博多の銘菓が「鶴乃子」です。創業明治38年の「石村萬盛堂」の人気商品です。「鶴乃子」は卵白を使ったフワフワのマシュマロのような生地が特徴のお菓子です。包みを開けるとまんまるのかわいらしい姿をしています。

その中にはぎっしりと餡がつまっていて、優しい食感の生地となめらかで程よい甘さの餡が絶妙なハーモニーを作り出しています。その「鶴乃子」が小さめサイズになり、あまおう苺の餡が中に入ったものが「小ぶり紅鶴乃子 あまおう苺」です。

ほんのりとピンク色に染まった生地の中には甘酸っぱい福岡のあまおう苺を使った餡が入っています。定番の鶴乃子とはまた一味違った、あまおう苺のおいしさたっぷりの食べやすいサイズの鶴乃子です。お茶にもぴったりのお菓子です。

シュワシュワ感がたまらなくいい!「和紅茶サイダー」

View this post on Instagram

【和紅茶スパークリング】  本日は、グループ店のBar Vita 監修『和紅茶スパークリング』のご紹介です。  玉露の名産地、八女生まれの和紅茶をホッとするような親しみやすい味わいに。ノンアルコールなので、ランチやドルチェとご一緒にいかがでしょうか。  本日(9月12日)限定で、半額にてご提供させて頂きます!ぜひこの機会に ご賞味ください。  本日もご来店 お待ちしております。  #オルトズベーカリーカッセス #カッセス #cosses #ORTOsBakerycosses #パン屋 #福岡 #福岡市 #福岡市東区 #千早 #なみきスクエア #福岡ランチ #福岡パン屋 #福岡カフェ #博多フルーツサンド #フルーツサンド #フルーツ #パティシエール特製 #パティシエール #パティシエ #和紅茶 #和紅茶スパークリング #希少糖

A post shared by オルトズベーカリー カッセス (@cosses_official) on

福岡の老舗「古賀茶業」の商品です。「日本人のための、日本人の口に合う味と香りの紅茶」の開発に力を入れ、その結果完成した和紅茶「八女茶」はこの会社の看板商品となりました。プレゼントにもおすすめの高級感あふれる紅茶です。

その八女茶をブレンドして作った「和紅茶サイダー」は香り高くまろやかな紅茶の味わいとシュワシュワとした炭酸ののどごしが楽しめるサイダーです。体にも優しい希少糖を使い、甘さも控えめで飲みやすいところもポイントです。

パッケージもおしゃれで、瓶から見える琥珀色のサイダーもとても上品です。スイーツ代わりに飲んだり、食事と一緒に楽しんだりと、味わい方もいろいろあるユニークなドリンクです。

有明海の名産品!「イソギンチャクの味噌煮」

1890年創業の老舗海産物商店「夜明茶屋」の人気商品が「イソギンチャクの味噌煮」です。福岡県柳川市ではイソギンチャクは「ワケノシンノス」と呼ばれ、その食用イソギンチャクを食べる習慣が根付いています。そのイソギンチャクをコクのある味噌で煮込んだのが「イソギンチャクの味噌煮」です。

コリコリとした食感が楽しめ、イソギンチャクの磯の香りの味噌の旨味がよく合う逸品です。そのままお酒のおつまみとして食べたり、おにぎりに混ぜたりするなどいろいろな食べ方ができます。

とてもユニークな商品で、東京では「ザ ・博多」だからこそ出会える味と言っても過言ではありません。一度食べたらクセになるユニークな味です。見つけたらぜひ試してみてください。

疲れた体を癒すあまおう苺の「あまおうソフトクリーム」

View this post on Instagram

#あまおうソフトクリーム

A post shared by Saeko🦊 (@s7_fx3) on

福岡の人気名物の一つが「あまおう苺」です。甘くて大きい粒が魅力のいちごの人気品種です。そのまま食べるのはもちろん、福岡のお土産でもあまおうを使った商品も多く、人気があります。福岡に行くと、カフェやレストランでもおいしいあまおうスイーツを楽しむことができます。

そんなおいしいあまおうのスイーツを「ザ・博多」でも楽しむことができます。そのメニューが「あまおうソフトクリーム」です。甘酸っぱいあまおうの味がミルクの味とよく合い、濃厚だけれど後味はすっきりとして食べやすいです。

街歩きの一休みや、食後のデザートにもぴったりの福岡スイーツです。甘くておいしいあまおうソフトクリームで癒しの時間を過ごしましょう。

ユーモアあふれる表情のとりこに「にわかせんぺい」

一度目にしたら、そのインパクトに忘れられなくなる福岡土産が「にわかせんぺい」です。「東雲堂」の作るお菓子で1906年から販売される福岡を代表するロングセラーお菓子です。博多の郷土芸能「博多仁和加」をイメージした、そのユーモラスな表情がおもしろいお菓子です。

サイズも3種類あり、平らなものと少しカーブしたものもあります。卵をたっぷりと使って焼き上げられ、ザクザクとした食感と甘味が特徴のお菓子です。素朴な味は何度食べても飽きることなく、また食べたくなってしまう味です。

キャラクターとコラボレーションしたり、いろいろな表情のものを発売したりするなど、伝統を守りながらも新しい商品の開発にも力を入れています。お土産におまけでついている「にわか面」で遊ぶのも楽しいです。

懐かしさいっぱい「チロリアン」

福岡の菓子店「千鳥屋」の人気商品が「チロリアン」です。フレッシュミルクと濃厚なバターをふんだんに使って作られたロールクッキーは、チロル伝統のレシピに基づいて、サクサクとした食べやすく軽めの食感になっています。

その中につめられたオリジナルクリームはまったりとして口どけもよく、ロールクッキーとの相性も抜群です。食べるとどこか懐かしい、安心できる味がします。レトロなパッケージもかわいいです。

バニラ、ストロベリー、チョレート、コーヒーなど味もいろいろあるので食べ比べてみるのもおすすめです。個包装になっているので、自分で楽しむのはもちろん、大切な人に分けてあげるのにも便利です。

これぞ福岡の味「マンハッタン」

1974年から発売され、長い間福岡自慢の菓子パンとして親しまれているのが「マンハッタン」です。人気の超ロングセラーで、パン会社「リョーユーパン」の看板商品になっています。

アメリカ・ニューヨークで食べた商品をイメージして作られたこのパンは、サックリ食感の固めで歯応え抜群の生地が人気の秘密です。コーティングされたチョコレートもまったりと濃厚です。

漫画にも登場するほど、地域に根差し、愛され続けている商品です。これは「ザ・博多」で見つけたら見逃すわけにはいきません。子どもから大人までみんな大好きな福岡の味です。

大人味のスイーツ「博多ぶらどら」

「左衛門」のユニークな福岡スイーツが「博多ぶらどら」です。商品を開けてみると、一見普通の小さめのどら焼きに見えますが、一口食べればその味にきっと驚くはずです。なんとこの商品はどら焼きの皮に「ボージュコニャックナポレオン」と呼ばれるブランデーが染み込ませてあるのです。

良質な小豆で作られたあんことザラメの食感がよいアクセントとなっているバタークリームは、贅沢な味のどら焼きの皮のおいしさを上手く引き立てています。

食べる前にはふんわりと香るブランデーの香りもぜひ楽しんでみてください。酔っ払い気分のかわいらしいキャラクターのパッケージもおもしろいです。ユニークな福岡のお菓子を探している人におすすめです。

「博多通りもん」はアンテナショップでは入手不可能

福岡のお土産を語る上で欠かせない商品が「明月堂」の「博多通りもん」です。その味に魅了され、ファンになってしまう方も全国にたくさんいる大人気の福岡土産です。これを買っておけば間違いないというほど有名な福岡を代表する名物人気スイーツです。

では福岡のお土産がたくさん売っている「ザ・博多」でもすぐに見つかるのでは?と思うかも知れません。しかし「博多通りもん」を手に入れるには知っておかなけばいけない情報があるのです。大人気お土産「博多通りもん」の秘密に迫ってみましょう。

お店の方針で博多市の近くでしか売らない

「博多通りもん」はもっちりと香ばしい薄めの生地に、練乳とバターを練り込んだ白餡が包まれているまんじゅうです。いろいろなスイーツ界での賞を受賞するなど、そのおいしさは世間でも認められています。

そんな博多通りもんを東京でも手軽に手に入れたい!、ここまで有名だから東京の福岡アンテナショップで取り扱っているはず!と思うことでしょう。しかし博多通りもんは博多を中心とした福岡市近郊でしか売られていないのです。

製造元の「明月堂」の「博多通りもんを博多らしさを大切にしたお菓子にしたい」という思いから買える場所が地元に限定されているのです。福岡・博多に徹底的にこだわったまんじゅうなのです。

オンラインショップで入手可能

どうしても「博多通りもん」が食べたいという人はオンラインショップでお取り寄せをすることができます。オンラインでは手軽に食べられる5個パック入りの税込560円のものから、40個入りの税込4720円のものまで、いろいろな数で博多もんを手に入れることができます。

木箱に入った40個入りの税込5400円のものは贈答品にもぴったりです。少なめのものは自分用にしたり、初めて食べる人にもおすすめです。多めに買えば、周りの人ともそのおいしさをシェアできます。袋もつけてくれるので、福岡でお土産を買った気分にもなれます。

期間限定で各地で販売することも

View this post on Instagram

#通りもん

A post shared by U Yong Yong (@44u) on

タイミングがよいと、福岡以外の別の都道府県で「博多通りもん」の販売をしているところに出会えるかも知れません。しかしその販売は常設スポットではなく、期間限定で数も限られているのでとてもレアなことでしょう。

もし運良く出会えた時は手に入れてみるとよいでしょう。福岡に旅行してきたような、福岡ならではの味をすぐにお家で楽しむことができます。とても珍しい、滅多に出会えることのない機会なのでぜひその味を試してみてください。

新橋にあった福岡アンテナショップ「久留米館」は2019年に閉店

駅からもアクセスのよい場所にあった東京・新橋の福岡アンテナショップ「久留米館」は久留米を中心とした福岡のお土産をたくさん扱うお店でした。2019年に閉店し、今は有楽町の「ザ・博多」が東京でメインの福岡アンテナショップとなっています。

アンテナショップの本来の目的である福岡の特産品の素晴らしさを伝えることや福岡の商品の販売の動向の把握という役割をしっかりと担ってくれたお店でした。久留米館が閉店した今は「ザ・博多」がその役割をしっかり務め、福岡の自慢の味を東京をはじめとした全国の方に伝えています。

東京にある福岡アンテナショップで福岡を堪能しよう

福岡の誇る名物を手軽に東京で味わえる福岡アンテナショップ「ザ・博多」の魅力は実際に訪れることでより興味深いものになるはずです。福岡の定番人気商品やユニークな珍しい商品をぜひお店に行って、手に取り吟味してみてください。

たくさんのお気に入りの福岡の味が見つかるはずです。また、このアンテナショップに行けば、福岡のことをもっと知りたくなり、福岡に行ってみたいという思いも高まるはずです。「ザ ・博多」で福岡の自慢の味を手に入れてみましょう!

関連する記事