trima

福岡の「マヌコーヒー」が美味しくておすすめ!200円モーニングも!

福岡の「マヌコーヒー」が美味しくておすすめ!200円モーニングも!

2020.09.09

Trima福岡編集部

マヌコーヒーは豊富なアレンジコーヒーのメニューが人気で、ドリンクの見た目はもちろん提供されるカップ、お店の外観や内観など、いたるところで楽しませてくれる、福岡に展開する人気のカフェチェーン。モーニングから夜カフェまで楽しめる、マヌコーヒーをご紹介します!

目次

  1. 福岡で「マヌコーヒー」が人気!
  2. マヌコーヒーはどんなお店?
  3. マヌコーヒーの特徴
  4. コーヒーメニューが豊富!
  5. 紅茶系やシェイクまで!
  6. コーヒー豆の販売も!
  7. マヌコーヒーのソフトクリーム
  8. グッズも購入できる
  9. マヌコーヒーの200円モーニング
  10. 豆カスを利用した有機肥料「マヌア」
  11. マヌコーヒーは福岡に5店舗
  12. マヌコーヒーの口コミ
  13. 口コミ①「モーニングコーヒーがお得!」
  14. 口コミ②深夜でも食後のコーヒー
  15. 口コミ③アレンジコーヒーがたくさん
  16. 福岡にはこんなカフェも
  17. 福岡といったら屋台「メガネコーヒー & スピリッツ」
  18. アートとデザインがコンセプト「Howlt Coffee(ホルトコーヒー)」
  19. 福岡の「パンとエスプレッソと」は系列最大規模
  20. 朝から夜までシーンに合わせて利用できるおしゃれなカフェ

福岡で「マヌコーヒー」が人気!

福岡で人気のマヌコーヒーをご存じですか?マヌコーヒーはアメリカンな雰囲気のおしゃれなカフェで、福岡にチェーン展開しどこもユニークな店内とクオリティの高いメニューが人気。

今回は、福岡の人気カフェ・マヌコーヒーをご紹介します!どれにしようか迷ってしまうほどのバリエーション豊富なメニュー、おしゃれなグッズなど、マヌコーヒーは魅力的なポイントが盛りだくさん!

またPOUCHSでは、他にも福岡のおすすめ情報をご紹介していますので、こちらもぜひお罪ください。

マヌコーヒーはどんなお店?

マヌコーヒーは外観からインスタ映え必至のおしゃれなカフェですが、本質であるおいしさもバツグン。またマヌコーヒーではオリジナルグッズの販売もしており、マヌコーヒーの店内外のいたるところで感じられるセンスが光るグッズも人気です。

マヌコーヒーの魅力的な特徴やメニューなど、詳しくご紹介します!

マヌコーヒーの特徴

福岡では知る人ぞ知るおしゃれカフェ・マヌコーヒーは、西海岸のストリートやウォール街の一角にありそうなポップとスタイリッシュ、そしてアーティスティックな雰囲気の調和がとれた、ラフでありながら洗練された空間でおいしいコーヒーを楽しめる人気店。

一見ハワイ語のような響きを持つ店名の「マヌ」の語源は製造を意味する「manufacture」。マヌコーヒーではコーヒーだけでなくアーティストの支援やグッズ、有機肥料の開発など、ゼロから新たな価値を創り出す活動を続けています。

コーヒーメニューが豊富!

マヌコーヒーのおすすめポイントは、何と言っても豊富なメニューです。スタンダードなコーヒーメニューはもちろんですが、ラテメニューの種類がとにかく多く、どれもインスタ映えしそうでおいしそうなユニークなものばかり。

コーヒーの苦さがあんまり…という方でも飲めそうな、ラズベリーとチョコレートの「ラズベリーモカ」や、カフェラテにたくさんのホイップをのせた「TAL」など見ているだけでも楽しい、目を引くメニューがいくつもあります。

紅茶系やシェイクまで!

マヌコーヒーにはもちろんコーヒーが飲めない方でも楽しめるオリジナルメニューがそろっています。ハーブティやレモネード、特にシェイク系のメニューはインスタ映え必至の可愛いものがたくさん。

カルピスフローズンやフローズンキャラメルなど、それぞれこだわりを持っておしゃれに飾られており、コーヒーが飲めない方でも通いたくなる魅力的なメニューが多い事も、マヌコーヒーの人気の秘密です。

コーヒー豆の販売も!

マヌコーヒーではコーヒー豆の販売も行っており、プレゼントやお土産にも人気で、自宅でもおいしいコーヒーをいつでも飲むことが出来ます。より手軽に味わえるドリップバッグのセットなどもおすすめです。

特に人気なのは2020年から販売開始した水出しアイスコーヒーで、自宅の冷蔵庫で本格的な水出しコーヒーを作ることが出来ます。コーヒー好きな方へプレゼントすると、間違いなく喜ばれるでしょう。

マヌコーヒーのソフトクリーム

マヌコーヒー春吉店では、豊富なコーヒーメニュー同様に注目されているメニューがあります。連日長い行列が出来て、1日に1万個も売れると言われる「大名ソフトクリーム」とマヌコーヒーがコラボしたソフトクリームも必見。

ソフトクリームなのにもっちりした食感を含む大名ソフトに、マヌコーヒーのエスプレッソを合わせた「HARUYOSHI SOFTCREAM」はぜひ食べてほしい絶品で、キャラメルやチョコレートのトッピングもあります。

グッズも購入できる

マヌコーヒーは外観が見えてきた瞬間から店内、メニュー、帰るまで目に入るもの全てから洗練されたセンスを感じるおしゃれなお店ですが、そんなマヌコーヒーのセンスが詰まったオリジナルグッズが販売されており、こちらも人気です。

Tシャツやマグカップ、プリントが施された紙コップのようなカップなど、どれもハイセンスなものばかり。普段使えるアイテムもあるので、マヌコーヒーを訪れたら見てみてください。

マヌコーヒーの200円モーニング

マヌコーヒーでは、おいしいコーヒーをお得に利用できるサービスも人気。全店舗でオープンから12時または13時まで、日替わりのコーヒーがなんと200円で味わえます!

豆からこだわった、バリスタが淹れる本格派のコーヒーが200円という破格で味わえるので、モーニングコーヒーや早目のランチの後のコーヒータイムにおすすめ。福岡の観光やお買い物の場所の近くにマヌコーヒーの店舗があれば、絶対に利用したいサービスです。

豆カスを利用した有機肥料「マヌア」

マヌコーヒーではプラスチックカップや紙カップをはじめ、カフェを営業する中で出てしまうゴミの削減にも真剣に考えて力を入れており、ついには豆からコーヒーを抽出した後のコーヒー豆のカスまで有効に再利用する事を実現しました。

それがこちらの有機肥料マヌアで、通常は生ごみになってしまう豆カスやコーヒー豆の薄皮の部分を金澤バイオ研究所監修のもと発酵させて作られています。

マヌアは土壌改善からハーブ、花など用途を選ばす利用できる有機肥料で、培養土が300円、肥料は500円。家庭菜園や宅内の観葉植物にも使えますので、試してみてはいかがでしょうか。

マヌコーヒーは福岡に5店舗

View this post on Instagram

Manu coffee

A post shared by Masaki Mori (@morima.m) on

マヌコーヒーは福岡にチェーン展開しており、福岡最大の商業都市・天神駅から徒歩5分の「大名店」、夜は屋台も出店する渡辺通り付近でソフトクリームが人気の「春吉店」、薬院駅近くで隠れ家的雰囲気の「roasters クジラ店」、川沿いでロケーションの良い「柳橋店」。

そしてブックスカフェとして営業している「COFFEE&BOOKS」。どちらもハイセンスな空間でくつろぐことの出来るおしゃれな雰囲気です。各店舗の住所や営業時間については、下記をご覧ください。

店名住所営業時間
大名店福岡市中央区大名1-1-3 石井ビル10:00-21:00
春吉店福岡市中央区渡辺通3-11-2 ボーダータワー10:00-翌3:00
roasters クジラ店福岡市中央区白金1-18-2310:00-21:00
柳橋店福岡県福岡市中央区春吉1-1-117:00-17:00
COFFEE&BOOKS福岡市博多区博多駅東2-7-27八仙閣1F10:00-20:00

マヌコーヒーの口コミ

マヌコーヒーは見ているだけでも楽しくなるような店内やメニューがあり、マヌコーヒーのことを知るほど行ってみたくなる魅力がたくさん。ここからは、実際にマヌコーヒーを訪れた人の口コミを見ていきましょう。

口コミ①「モーニングコーヒーがお得!」

View this post on Instagram

#coffee

A post shared by 小森 修 (@komochang) on

柳橋店は近所なのでよく利用していましたが、朝に行くのは初めてでした。マヌコーヒーは福岡市内のいろんなところにありますが、こちらの柳橋店は朝7時から空いているので朝食で来ている人もちらほら。

マヌコーヒーはどこもオープンしてからお昼頃までコーヒーが一杯200円のサービスがあるんですが、このクオリティの高いコーヒーが200円ってかなりお得です!柳橋店はカウンター席から川を見下ろせるので、気持ちよく過ごせます。(20代男性の口コミ)

口コミ②深夜でも食後のコーヒー

福岡に旅行した時に春吉店に行きましたが、お店の近くには屋台とか有名なお店があって賑やかな場所です。夜ごはんを食べて飲みに行った後でもおいしいコーヒーや可愛いラテが飲めるのがいいですね。

店内の雰囲気も小さいお店ですがカジュアルでポップな、可愛くて落ち着けるインテリアで、福岡のディナーを楽しんだ後でもおすすめです!(20代女性の口コミ)

口コミ③アレンジコーヒーがたくさん

福岡で人気のマヌコーヒー。こちらの大名店は路地裏でひときわ目立つ、アートな雰囲気の外観ですが決して堅苦しくなく、スタッフのみなさんも明るくて親しみがわきます。

初めてマヌコーヒーに行く人はメニューをあらかじめ見ておいた方がいいでしょう。アレンジコーヒーのラテやモカのメニューが多くて現地で迷うことは間違いないと思いますので…。

コーヒー豆、カップ、アレンジコーヒーの飾りつけ、インテリアなどお客さんが目に(口に)するものすべてにこだわっている印象で、クオリティはすごく高いです。(30代女性の口コミ)

福岡にはこんなカフェも

福岡はバリスタの世界大会のチャンピオンをはじめ、コーヒーに関する多くの賞や大会で受賞した経歴を持つスペシャリストが数多く在籍しているコーヒーカルチャーの最先端。

ここからはマヌコーヒーだけじゃない、福岡で人気のおすすめカフェをご紹介します。

福岡といったら屋台「メガネコーヒー & スピリッツ」

福岡のグルメ旅行で外せないこととして、屋台巡りは重要なポイントです。福岡には定番のラーメン屋台はもちろん、こちらのメガネコーヒー & スピリッツのようなカフェまであり、食後のコーヒーまで屋台で楽しめるのが福岡の街の魅力。

屋台で食事やお酒を楽しんだ後、ほっと一息つきたい人は多いようで、メガネコーヒー & スピリッツの付近から遅い時間にも多くの人が味わう淹れたてのコーヒーの香りが漂っています。屋台が並ぶエリアで24時まで、ハンドドリップの美味しいコーヒーが味わえますので、酔い覚ましや食後の一杯にいかがでしょうか。

アートとデザインがコンセプト「Howlt Coffee(ホルトコーヒー)」

Howlt Coffee(ホルトコーヒー)は、他のカフェとは生い立ちから明確な違いがあります。それは、Howlt Coffeeはもともと「架空のカフェ」としてブランディングを先行させて、オンラインショップでグッズ販売、その収益で実際にお店をオープンさせたというストーリーです。

廃坑となった小学校の建物をそのまま利用し、アーティスティックな装飾やフォトスポットも用意されており、インスタ映えする事間違いなし。一般的なカフェとは明らかに違うHowlt Coffeeは、アートな世界に浸れるちょっと不思議な空間です。

福岡の「パンとエスプレッソと」は系列最大規模

ユニークながら非常に魅力がわかりやすい人気チェーン「パンとエスプレッソと」の博多店、「パンとエスプレッソと博多っと」は系列の中でも最大の規模を誇り、メニューや店内の開放的なっ空間が魅力的。

ドリンクもずらりと並んだパンも、おいしさのクオリティはもちろん見た目も良く、インスタ映え間違いなしのものばかりです。ホテルの1Fで営業しており、オープンも朝8時からなので朝食での利用もおすすめ。

明太子バターと明太子クリーム、からし明太子を使ったトーストなどの福岡らしい限定メニューもありますので、ぜひ食べてみてください。

朝から夜までシーンに合わせて利用できるおしゃれなカフェ

マヌコーヒーはモーニングコーヒーやカフェタイムはもちろん、春吉店は深夜にも営業しており様々なシーンで利用できる、福岡の街に根差したおしゃれなカフェ。福岡をコーヒーの街にしたいというオーナーの思いが広がり、多くのお客さんで賑わっています。

福岡に来たら個性豊かなマヌコーヒーにぜひ訪れてみてください。

関連する記事