trima

福岡あるある16選!全国区ではないと知ってショックを受ける食べ物とは?

福岡あるある16選!全国区ではないと知ってショックを受ける食べ物とは?

2020.09.09

Trima福岡編集部

あなたは福岡県民あるある話を知っていますか?あなたが福岡県民でも、福岡県民以外でも、福岡のことをもっと知っていると旅行など楽しめます。福岡あるある「生活編」「方言編」「食べ物編」について、また実は全国区でないものについてご紹介します。

目次

  1. 福岡県民にとっては当たり前の福岡あるある
  2. 福岡あるある【生活編】
  3. バスは後ろから乗って前から降りる
  4. バス停では並ばない
  5. 体育での掛け声が独特
  6. ゴミは夜に出すもの
  7. 自転車はよく盗まれる
  8. おすすめのお店は?と聞かれるとどんどん答えが出てくる
  9. とにかく福岡愛が強い
  10. 福岡あるある【方言編】
  11. かわいいと言われる博多弁に自信を持っている
  12. 床をほうきで「はわく」
  13. ランドセルを「からう」
  14. 物を「なおす」
  15. 福岡あるある【食べ物編】
  16. 焼き鳥屋に豚バラは必須
  17. 肉まんには酢醤油
  18. 実はあまり屋台に行かない
  19. 夜中に無性にラーメンが食べたくなる(食べに行く)
  20. うどんも大好き
  21. 【番外編】全国区ではないと知ってショックを受ける食べ物
  22. ブラックモンブラン
  23. マンハッタン
  24. 袋氷
  25. 県外に出て始めて分かるご当地の習慣

福岡県民にとっては当たり前の福岡あるある

実は標準語だったと思っていたら、関東では通じなかったということもよくある話です。どの都道府県にもあるある話はあると思いますが、福岡にも実は当たり前のあるあるがあります。

どんなものが福岡人にとってあるある話なのか気になりませんか?今回はそんな「あるある話」を研究していきたいと思います。

福岡あるある【生活編】

実は日常生活の中でも、全国的ではあまりない習慣、福岡でしかない習慣があります。まずは、福岡あるある生活編を見ていきたいと思います。

バスは後ろから乗って前から降りる

福岡バスは西鉄バスが主流であり、バス渋滞も当たり前です。そんなバスですが、首都圏ではバスは前から乗るのが普通ですよね?

ところが福岡のバスは、「後ろから乗って前から降りる」というのが当たり前なんです。勘違いして前から乗る人もいるようですので西鉄バスのホームページには乗り方まで間違えないように載っています。

福岡で初めてバスに乗る人は、周りの人を真似て乗ってみることをおすすめします。前から乗ってしまうと運転手さんに「後ろから乗ってください」と言われてしまうので注意が必要です。

バス停では並ばない

バスに並ぶのは順番を守るというちゃんとした理由があります。バスに乗るのにはバスに並ぶのが普通は常識です。

福岡のバスは複雑で博多駅など市内中心部のバス停には、何系統ものバスがひっきりなしに停車するため、並ぶだけ無駄なのです。並んだところで、並んでいる人全員が同じバスに乗るとは限りません。

福岡の平日は東京程混雑してはいないので並ぶ必要はないのです。バスに並ばないのが福岡のルール、覚えておいて損はありません。

体育での掛け声が独特

体育の時間では特に掛け声を掛けて行動することは少ないと思います。しかし、福岡では体育の時間の掛け声がとても独特で面白いことをあなたは知っていますか?

「全体座れ!」「立て!」と言われたら黙って行動するのではなく「ヤー!」で応えるのが一般的です。まるで運動会である騎馬戦が始まる様、または自衛隊員の様な掛け声ですよね。

普段からこのような声出しをさせられると、いざという時にもきちんと声が出そうです。

ゴミは夜に出すもの

ゴミは眠い目をこすりながら朝出すのが普通ですよね?中には前日の夜にゴミを出してしまう、ルール違反の人もいますが。

ゴミ収集車が回収に来るのは朝なのが全国的にはメジャーです。ゴミ収集車の音を聞いたり、ゴミ収集車が来ているのを見て、朝から急いで走る人だっています。

しかし福岡のゴミ収集車はなぜか夜に来るのです。なのでゴミを出す人は、夜にゴミを出すのが普通となっていて、朝ゴミを出す習慣などはありません。

自転車はよく盗まれる

特にですが鍵をかけないで自転車を止めていると盗まれる可能性大です。ちなみに鍵をかけていても鍵を壊されて盗まれてしまう可能性もあります。

自転車がよく盗まれる回数の多さ2位というのが福岡です。特に福岡駅前で自転車に鍵をかけないで止めようとするならば「自転車をどうぞ盗んでください」と言っているようなものです。

盗難されたくないなら、人目のつかないところに駐輪するか、自転車置き場にきちんと置くように心掛けることをおすすめします。自転車を盗む人も盗む人ですが盗まれないようにする努力も福岡では必要です。

おすすめのお店は?と聞かれるとどんどん答えが出てくる

福岡の人におすすめの店は聞くと答えは一つだけ返ってくるのではなく、いくつもの答えが返ってくるのです。それ程、福岡にはとんこつラーメンなど美味しいものが沢山ということです。

そして、福岡は驚く程、親切な心を持っている人が多いのです。ラーメンのおすすめのお店はどこかと聞くと果てしなく答えが出てくること間違いなしです。

「あれも教えてあげたいこれも教えてあげたい」福岡の有名なものは全部教えてあげたいというのが福岡人の思いです。

とにかく福岡愛が強い

福岡人は福岡が褒められることに大きな喜びを感じます。福岡を大いに褒めて欲しいのが福岡人の本心です。

「福岡ってすごいやろ?福岡に住みたいやろ」というように福岡には福岡を愛する人が多くいます。福岡にはプロ野球ではソフトバンクが本拠地ですが、もちろんソフトバンクファンが多いことでも有名です。

福岡は実は福岡出生率が少なく、県外から来た人がほとんどなのです。それゆえに、福岡のいいところを探す福岡を愛する人が多いのかもしれません。

福岡あるある【方言編】

福岡には方言があります。方言って自然に出てしまうものですよね。

そこで今回は福岡の方言について学んで行きたいと思います。

かわいいと言われる博多弁に自信を持っている

 

女性は特にかわいいと言われたい生き物で、かわいいと言われて嬉しくない女性などいません。特に福岡の女性はかわいいと言われる博多弁に自信を持っています。

「~ばい、~たい、ばり、よか、~と?」など男の人がキュンとする言葉が沢山です。福岡は小悪魔的な女子が多くかわいいと言われることを狙って、好きな男性の前で福岡弁を多めに使う人だっています。

「福岡弁=かわいい」と福岡の女の子たちは知っています。バリバリな福岡弁で話す子がいたら相当、福岡弁に自分に自信があるのかもしれません。

床をほうきで「はわく」

この「はわく」はなんとなく意味合いからわかるという人もいるという人もいますが、「ほうきではく」という意味です。標準語とあまり変わらないので、どういう意味?と聞かれることも少ないと思います。

「えっ?」と言われたりすることもないので自然に溶け込んだ福岡弁といってもいいかと思います。福岡弁で、「ほうきでちょっとそこはわいてくるわ」と言われても違和感を感じる人も少ないのではないでしょうか。

方言かな?と感じる人も中にはいるかもしれませんが、それ程、おかしな方言ではありません。

ランドセルを「からう」

一方でランドセルを「からう」と言われると「ん?それってどういう意味?からう?」という人も多いこの方言、どういう意味かあなたは分かりますか?実は「担ぐ」という語源から来ていて「背負う」という意味です。

「ランドセルを背負う」というのが標準語なのに対して、「福岡ではランドセルをからう」というのです。普通に使っていればちょっと分かりにくいこの方言、実はこの「からう」という方言が福岡では標準語と思っている人も多いのです。

福岡から来た転校生が「ランドセルをからう」といっても背負うという意味なんだなと理解してあげる優しさも大事です。

物を「なおす」

「なおす」と言うと「ケガを治す」とか「病気を治す」、あるいは「壊れたものをなおす」という意味に捉えがちですが、福岡の「なおす」はちょっと意味が違うのです。「物をなおす」とは「出したものはちゃんと元にあったところに戻しなさい」という意味なのです。

これ「なおしておいて」と福岡で言われたら修理をするという意味ではなくて、「戻しておいて」という意味に捉えることです。福岡弁には慣れが必要です。

慣れれば「物をなおす」と言われたら違和感なく元あった場所に戻すことが出来ると思います。ここまで方言についてみてきましたが、なかなか福岡弁は面白いと思いませんか?

福岡あるある【食べ物編】

View this post on Instagram

あまりにも嬉しすぎる投稿だったため、リポストさせていただきます😭 @ossanmama さん、ありがとうございます! ・ ・ おうちで大好きな極みやのもつ鍋が 食べれるなんて嬉しすぎる(*≧∀≦*) . お店に予約の電話をしたら タクシーの運転手さんが 配送してくださいました⭐︎ . もつ鍋は3種の味が選べて、 我が家は男衆が大好きな あご出汁醤油味の黒もつ鍋を6人前。 (私は味噌味こ白もつ鍋ファンやけど) . あと、気になったホルモン鉄板弁当680円 もつ焼きそば350円 もつけてもらいました♪ . 美味しかったー☺︎ . 福岡市全域配送OK LINEペイ支払いだと 500円の送料が無料に♡ . . .  #福岡 #福岡グルメ #福岡旅行 #福岡観光 #福岡ごはん #福岡もつ鍋 #もつ鍋 #極味や #もつ鍋極味や #西新 #西新グルメ #西新商店街 #百道 #百道グルメ #極味や西新店 #西新プラリバ #fukuoka #fukuokafood #fukuokapics #kiwamiya #福岡もつ鍋 #西新もつ鍋 #百道もつ鍋 #おもちかえりなさい #福岡テイクアウト #福岡デリバリー #西新テイクアウト #西新デリバリー #ゴチ送 #テイクアウト福岡

A post shared by もつ鍋極味や 西新店 (@kiwamiya_nisijinten) on

福岡には美味しいものがたくさんあります。しかし、食べ方がちょっと違うものや、全国的にはメジャーではない食べ物も沢山あります。

今回はその中から福岡あるある食べ物編をご紹介したいと思います。

焼き鳥屋に豚バラは必須

View this post on Instagram

\極味や西新駅前店です/  美味しい和牛の丼や串をご提供中です! 毎日11時〜20時、テイクアウト&デリバリーにてご注文承ります🚗  デリバリーは「ゴチ送」からのご予約可能、福岡市内全域配送可能です\(^^)/ 更にデリバリー時LINEペイ払いで、送料500円が無料に👛(^∇^)★  ⚠️極味や西新駅前店、もつ鍋極味や西新店、極味や藤崎店、各店メニューが異なりますのでご予約時はご注意ください ・ ・ ・ 📖テイクアウト&デリバリーメニュー📖   🍚 ●炭火焼 和牛・カルビ丼 B.B.Q Bowl 800円 ○炭火焼牛タン塩丼 800円 ●和牛ローストビーフ丼 950円  🥓 ○和牛カルビ串 500円 ●和牛つくね串 500円 ○串盛(200円串の中からお任せ3種) 500円 ●和牛ハツ串 200円 ○和牛スジ串 200円 ●ありた鶏せせり串 200円 ○豚バラ串 200円  🥒 ●じゃこしそ焼きおにぎり 250円 ○白センマイ 650円 ●きゅうり1本漬け 300円  事前予約も可能です📞 092-845-9969   #極味や #極味や西新駅前店 #福岡 #福岡グルメ #西新グルメ #西新 #城西 #福岡観光 #百道 #百道浜 #fukuoka #fukuokafood #fukuokapics #fukuoka_camera #fukuokadeeps #nishijin #極味や #極味やハンバーグ #焼肉 #福岡焼肉 #福岡食べ歩き #プラリバ #西新プラリバ #西新商店街 #西新ランチ #早良区ランチ #福岡テイクアウト #西新テイクアウト #おもちかえりなさい #西新テイクアウト #西新デリバリー #ゴチ送

A post shared by 焼肉 極味や 西新駅前店 (@kiwamiya_nishijinekimae) on

福岡といえば焼き鳥というイメージも強いですし、美味しい物の一つにも挙げられますが、「豚バラ」も焼き鳥屋にあるのです。豚バラというと炒め物や、焼肉というイメージが強いのですが、福岡では豚バラを焼き鳥として出しています。

豚バラを串焼きとは言わず焼き鳥というのがなんとも不思議です。お店によっては一押しメニューとして豚バラを出しているお店もあるくらいです。

焼き鳥を頼んだら豚バラが出てくるのは不思議ではない話なのです。もしかしたら豚バラが出てくるかも知れないことを覚悟して焼き鳥をオーダーすることです。

肉まんには酢醤油

肉まんを頼んだら場所によればソースが付いてくるが全国的ですが、実は福岡で肉まんを頼んだり、自宅で食べるとしたら酢醤油がメジャーです。

東京のコンビニで肉まんを頼んでも酢醤油など付いていません。東京で「酢醤油つけてくれませんか」と言ったら九州出身だと思われます。

食べ方としては紙袋の中で肉まんを半分に割り、中のお肉の部分に酢醤油をまんべんなくかけて食べます。最も多いのがこの食べ方ですが酢醤油を付けるのは福岡や九州地方だけだということを理解しておくべきです。

実はあまり屋台に行かない

福岡のどの観光雑誌を見ても屋台を紹介しています。福岡に行ったらやっぱり屋台というイメージでワクワクしている人もいるかもしれません。

福岡は屋台の多い街ではありますが、生まれも育ちも福岡の人は屋台で食べる人はあまりいません。福岡に移り住んだ県外出身の人や観光客が多く行くのが屋台なのです。

これにびっくりした人がいるかもしれませんが、これが実情なのです。福岡の人に美味しい屋台を教えてもらおうと思っているあなた、その人が生まれも育ちも福岡なのかチェックしてから聞いたほうがよさそうです。

夜中に無性にラーメンが食べたくなる(食べに行く)

福岡は美味しいものが沢山ありますがラーメンが有名な街でもあります。福岡に行ったらやっぱりとんこつラーメンを食べたいという人もいるはずです。

福岡人あるある話として有名な名物のラーメンを夜中に食べたくなる人が多いとのことです。夜中ならすいている店も多いという考え方から来るのかもしれません。

やはりラーメン好きが集まる福岡だからこその話です。深夜に無性にラーメンが食べたくなる人も多く、夜中に外に出る人も多いのが福岡です。

うどんも大好き

実はとんこつラーメンよりうどん好きという人もいるようです。こってりとしたラーメンよりはあっさりしたうどんを好むのは女性に多いとのことです。

うどんならラーメンよりも安く食べられるお店も多く、美味しく安く食べられる、コシのなく柔らかいうどんを好む人もいるのにはビックリです。うどん県の香川県にも負けないくらいうどんを愛する人が多く、実際にうどん・そば店の従業者数は堂々の1位だそうです。

「福岡人=ラーメン好き」と考えている人は大きな勘違いです。「博多うどん」がメジャーになる日もそう遠くないのかもしれません。

【番外編】全国区ではないと知ってショックを受ける食べ物

View this post on Instagram

【くつろぎ珈琲 宮司店】 ⭐️カフェオレソフト⭐️ 400円 . 旨い。ただただ旨い。 珈琲感と甘さが絶妙。 カカオニブが食感にアクセントを。 ここにしかないカフェオレソフト☕️🍦 . 店内でソフトクリーム食べて、 珈琲をテイクアウトして 福間海岸でのんびりする遊びが好きだ😁 . ***くつろぎ珈琲 宮司店*** @kutsurogicoffeemiyaji 福津市宮司浜2-35-25 11:00〜18:00 定休日:月曜日、火曜日 テイクアウト専門店 自家焙煎珈琲豆販売 *************** . #福岡 #fukuoka #博多 #福津 #福津市 #宮司浜 #グルメ #福岡グルメ #福津グルメ #福岡カフェ #福津カフェ #福岡珈琲 #くつろぎ珈琲 #くつろぎ珈琲宮司店 #福間海岸 #福津海岸 #カフェオレソフト #甘党 #甘党男子 #テイクアウト福岡 #福岡テイクアウト #おもちかえりなさい福岡 #おうちでうまかもん #月曜日

A post shared by 毎日福岡グルメ‼️ (@fuk.gurume.sake) on

福岡県民にとってメジャーな食べ物だと思ってたものが実は福岡だけだったというものも多くあるのです。全国区ではないと知って福岡人がショックを受けるであろう食べ物を3つ見ていきたいと思います。

ブラックモンブラン

ブラックモンブランと聞いたらほとんどの人が黒いモンブランを連想するかと思います。黒いモンブランって一体なにとそう思っていあなた、ブラックモンブランは「黒い栗」でも「洋菓子」でもありません。

実はブラックモンブランとはアイスのことなんです。アルプスの「モンブラン」が由来でモンブランの山を見て「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味しいだろう」というイメージから名付けられたのだそうです。

食べた人は「クッキークランチの食感」がいい、チョコとバニラのバランスが堪らないと言います。あのザクザク感は「夏でも冬でも食べたい」とのことです。

マンハッタン

マンハッタンとは「少し固めのドーナツパン」という感じで製造会社リョーユーパンがニューヨークのマンハッタンで見つけた商品を参考にしたため、そのままマンハッタンの地名を商品名にした由来があります。福岡では知らない人はいないというくらい有名なお菓子に近い食べ物です。

おやつになんかぴったりで小さな子供から大人まで愛される商品です。このマンハッタンなかなか福岡でしか手に入れることはできないことに、福岡人はびっくりです。

食べごたえがあり、価格もリーズナブルということで、学校の売店で販売されていると売れ切れてしまうため「幻のパン」といわれているようです。

袋氷

「袋氷ってかき氷のこと?」コンビニやスーパーで見かけるかき氷とはカップに入ったものを想像する人もいるかと思いますが、袋氷とは「袋に入ったかき氷」のことです。

袋に入ってながらもシロップが満遍なくかけられており、お皿に取り分けて食べるのがメジャーです。しかも60円くらいという手頃な値段で食べることができ、夏にはぴったりなデザートです。

イチゴ味の他、ラムネ味、金時味などが販売されています。福岡の人は全国区で販売されていると思っていますが、実は違うというこの袋氷、是非とも召し上がってみて下さい。

県外に出て始めて分かるご当地の習慣

旅行に出かけると食べたくなるのがその地域で有名な食べ物ですよね。中には聞いたことのない食べ物もこのように沢山あります。

福岡だけ珍しい食べ物を置いているわけではないのです。そして方言だって習慣もその地域によって違いますし、県外に出て初めて知った人もいるはずです。

今回は福岡のあるある話とご当地の食べ物についてご紹介しました。福岡へ行った際に参考にしていただければ幸いです。

関連する記事