trima

グアムのデデド朝市への生き方と楽しみ方!平日は休みなので要注意?

グアムのデデド朝市への生き方と楽しみ方!平日は休みなので要注意?

2020.05.17

Trimaグアム編集部

グアムで今、観光客に大人気の「デデド朝市」は、ちょっと早起きするだけでいつもとは違ったグアムの雰囲気を満喫できる観光スポットます。平日は休みなので注意が必要です。今回はグアムで大人気のデデド市場について、おすすめグルメやバスでの行き方などを詳しく解説します。

目次

  1. グアムの朝市で朝からエンジョイ!
  2. グアム・デデドの朝市とは?
  3. 朝市の開催日や営業時間(平日はお休みなので注意!)
  4. グアムの朝市の場所やアクセス方法
  5. デデドの朝市の場所
  6. シャトルバス
  7. タクシーやレンタカー
  8. シレナトロリー
  9. 駐車場情報
  10. グアム朝市のおすすめグルメ
  11. スムージー
  12. アロスカルド
  13. GOTO
  14. BBQ
  15. タホ
  16. バナナのルンピア
  17. グアムの朝市で買い物
  18. グアムの食材
  19. 雑貨や骨董品
  20. 衣服
  21. グアムの朝市にトイレはある?
  22. グアムの朝は早い!

グアムの朝市で朝からエンジョイ!

日本人に大人気の海外旅行先グアムには、たくさんの観光スポットがありますが、近年特に注目を集めているスポットが「デデド朝市」です。そんなデデド朝市について、場所や開催日、営業時間などを詳しくご紹介します。

グアム・デデドの朝市とは?

グアムのデデドの朝市とは、グアム島で最も人口の多い街「デデド」で毎週末開催されている「ファーマーズマーケット」です。

地元のフルーツや雑貨、衣料品、ローカルフードの屋台など、たくさんの露店が立ち並び多くの人で賑わっています。美味しいグルメや安くて可愛い雑貨などが、所狭しと揃っています。

最近では観光客向けに「デデド朝市ツアー」が企画されるなど、とても人気の観光スポットです。

朝市の開催日や営業時間(平日はお休みなので注意!)

グアムのデデド朝市の開催は、毎週土曜日、日曜日の早朝、雨天でも開催されます。朝市の営業開始時間は6時~9時頃です。

朝早くから多くの人で賑わいを見せるデデド市場ですが、特に繁盛する時間帯は出店が多くなる7時頃といわれています。最も人出が多くなり、活気にあふれた朝市の雰囲気を楽しめます。

デデド朝市は平日は開催していませんので、開催日には十分注意してください。

正式名称The Guam Dededo Farmers Market
住所Dededo,guam
TELなし
開催日毎週土曜日、日曜日の朝
営業時間6:00~9:00頃まで
アクセスタモンエリア中心部より車で約15分

グアムの朝市の場所やアクセス方法

グアムデデド朝市の場所やアクセス方法をご紹介します。最近では観光客向けに「デデド朝市ツアー」などを企画する旅行会社も多くなりました。

ここからはフリープランでデデド朝市を観光する時にも役に立つ、開催場所や交通手段などを分かりやすく解説します。

デデドの朝市の場所

グアムのデデド朝市は、グアム島の「デデド」という最も人口の多い大都市で開催されています。観光客が多く宿泊するタモンエリアや、グアムの有名観光地「マイクロネシアモール」の近くで、アクセスも良好です。

周辺には観光スポットもたくさんありますので、デデド朝市を楽しんだ後は、そのまま別の観光スポットにいくなど、観光客の移動にもスムーズで便利なスポットです。

シャトルバス

デデド朝市には、朝市とタモンエリアを往復する「赤いシャトルバス」があります。料金は往復チケットで1人7ドルです(6歳未満は無料)。

チケットは宿泊ホテルのフロント、または旅行代理店のツアーデスクで購入できます。シャトルバスの発着場所は、「タモンエリアの各ホテル」と「タムニングエリアの各ホテル」です。

宿泊しているホテルからシャトルバス1本でデデド朝市に向かえるので、観光客にはとても嬉しい安くて便利なシャトルバスです。

シャトルバスを利用する際は、宿泊するホテルが発着場所になっているか、事前に確認をしておくことをおすすめします。

タクシーやレンタカー

グアムのデデド朝市の駐車場料金は、基本無料です。地元の住民も観光客も楽しみにしている週末マーケットなので、来場者はとても多いです。ですので、必然的に駐車場も大変混み合います。

朝市の開催地周辺には、無料駐車場のほかにも有料で駐車場をオープンしているところもあります。無料駐車場が満車の時は、有料の駐車場を利用し、係員に言われた通りの駐車料金(平均1ドル~2ドル)を支払いましょう。

シレナトロリー

シレナトロリー(レアレアトロリー)は、HISが運行する路線バスです。赤いシャトルバスと運行ルートはほぼ同じです。HISのツアー客以外でも利用できます。

シレナトロリーチケットは事前にHIS公式サイトから購入し、現地の提携ホテルなどで乗車券と引き換えます。赤いシャトルバスに比べると利用客が少ないので、朝市まで早く着くというメリットが魅力です。

駐車場情報

グアムのデデド朝市の駐車場料金は、基本無料です。地元の住民も観光客も楽しみにしている週末マーケットなので、多くの来場者が訪れるので、無料駐車場はとても混み合います。

朝市の開催地周辺には、有料で駐車場をオープンしているところもあります。無料駐車場が満車の時は、有料を利用し、係員に言われた通りの駐車料金(平均1ドル~2ドル)を支払いましょう。

グアム朝市のおすすめグルメ

グアムのデデド朝市の楽しみと言えばグルメ屋台です。ローカルで親しまれているB級グルメから、ガイドブックにも掲載される人気グルメまで、たくさんの屋台が出店しています。

そんな中から、デデド朝市で特に人気で美味しいグルメを6品ご紹介します。

スムージー

「スムージー」は、フレッシュフルーツをたっぷりと使った濃厚で飲みごたえがあり、カラフル可愛い見た目も大人気の、グアムのデデド朝市の定番グルメです。

お店によって値段に差はありますが、平均的には5ドル程度で販売されています。デデド朝市内に5件から6件のスムージー店があり、どのお店も栄養満点で腹持ちのいい、朝にぴったりな美味しいスムージーを提供してくれます。

アロスカルド

「アロスカルド」とは、日本で言うところの「おかゆ」のようなローカルグルメです。チキンの出汁が効いたコクのあるスープに、ニンニクやしょうがの薬味が食欲をそそる、朝食にぴったりな胃に優しいローカルグルメです。

値段はソの屋台も3.5ドル程ととてもリーズナブルで、ボリュームも満点です。グアム地元民にも長年愛されている、定番の朝ごはんです。

GOTO

「GOTO(ゴトゥー)」とは、「アロスカルド」とそっくりの見た目をした、ビーフ味のおかゆです。ビーフの出汁がしっかりと出たスープは、あっさりとしてとても食べやすく、フライドオニオンとの相性も抜群です。

また、1食3ドルと激安なのも人気のひとつです。グアムでは朝ごはんの他にも、夜ごはんや軽食として好まれています。優しくて温かい味わいが、体の芯からほっこりとした気持ちにしてくれる人気の屋台グルメです。

BBQ

「BBQ」は、グアムのデデド朝市では絶対に外せないローカル人も大好きな屋台です。多くのお店が出店しており、タレにじっくりと漬け込んだチキンやビーフ、ポークの串を1本から販売してくれます。

特に美味しいと人気のお店には、常に行列が絶えません。値段も1本1ドル~から3ドルほどと激安です。食べ歩きグルメとしても最適で、デデド朝市に来たらぜひ食べたいおすすめの絶品屋台グルメです。

タホ

「タホ」とは、温かい豆腐の上に、タピオカと黒蜜シロップをたっぷりとかけた、優しい甘さとタピオカのぷにぷに食感が大人気の、フィリピン名物のおやつです。

デザートとしても人気ですが、優しい味わいが胃に優しいと、朝食がわりに食べる観光客の姿も多く見かけます。サイズは大と小から選べ、2ドル~4ドルとお財布にも優しい値段です。

激安なのにボリューミーなので、みんでシェアして食べる観光客も多くみられます、それもまた食べ歩きの醍醐味ですね。

バナナのルンピア

「ルンピア」とは、春巻きの皮に濃厚で甘みの強いバナナを包んで揚げた、おやつ感覚で親しまれているフィリピンの料理です。

サクッサクに揚がった皮と、とろっとろに溶けたバナナの食感が絶品で、何本でも食べられる美味しさです。食べ歩きしやすいように串にさして提供しているお店も多い、人気の屋台グルメです。

子どもから大人まで大好きな癖になる甘さと味わいの、おすすめのローカルイスーツグルメです。

グアムの朝市で買い物

デデド朝市には、たくさんの露店が出店しています。雑貨、衣類、屋台など、色々なジャンルがのお店を巡れるので、ショッピング好きさんにはたまらないスポットです。

ここからはグアムのデデド朝市で販売されている、人気の食材やお土産に最適な雑貨、衣類などを解説いたします。

グアムの食材

グアムのデデド朝市では、地元ならではの食材がたくさん販売されています。お土産店などではあまり見かけない、ローカル食材を扱うお店も多く出店しています。

地元でとれた新鮮な果物や野菜、魚介類など、ここでしか手に入らない食材がリーズナブルな価格で購入できるので、観光客はもちろん、地元民にも大人気です。

雑貨や骨董品

デデド朝市には、雑貨やアクセサリー、バッグ、骨董品など、個性的でユニークな商品を扱う露店がたくさんあります。

ハンドメイドで丁寧に作られた可愛い雑貨は、お土産にもぴったりの商品です。値段もリーズナブルですので、グアム旅行の思い出品として、自分用に購入するのもおすすめです。

衣服

デデド朝市には、衣服を扱うお店もたくさん出店しています。美しい色彩の衣類を地元ならではの「ローカルプライス」で販売しているので、地元民はもちろん観光客にとっても魅力的なお店ばかりです。

南国ならではのカラフルで可愛いワンピースをはじめ、アロハシャツやパレオなど、掘り出し物の本場の衣装を見つけることができると観光客に大人気です。

グアム定番のお土産に飽きたら、ローカル色満載のお土産を物色してみるのも面白いですね。

グアムの朝市にトイレはある?

グアムのデデド朝市には、きちんと整備されたトイレが設置されています。ベビーカーや車いすの方でも利用しやすい、大きめの個室トイレも完備しています。

外観は明るくカラフルなイラストが描かれており、フォトジェニックにも大人気です。観光客にも安心安全な、とても清潔に管理されているトイレです。

デデド朝市を心置きなく満喫するためには、トイレのチェックも欠かせませんね。

グアムの朝は早い!

View this post on Instagram

#デデド朝市#グアム#朝市ごはん

A post shared by Kasumi Kuroda (@khome1583) on

グアムの朝市はとても早いですが、その分楽しいことがたくさん詰まった、「お祭り」のようなワクワク感が体験できます。ローカル気分をたっぷりと感じることのできるおすすめスポットです。

グアム旅行に行った際は、ぜひデデド朝市で素敵な旅の思い出を残しましょう!

関連する記事