trima

ハワイのドレスコードを徹底解説!男性・女性の服装のポイントとは!

ハワイのドレスコードを徹底解説!男性・女性の服装のポイントとは!

2020.05.20

Trimaハワイ編集部

ハワイはドレスコードが必要です。どのようなレストランでもラフな服で入店できるわけではありません。男性の場合でも女性の場合でもドレスコードは意識するべきで、上着から靴までしっかりと整えておきましょう。スニーカーでもOKのレストランもありますので、ご紹介します。

目次

  1. ハワイでのドレスコードは日本とは違う?
  2. ドレスコードの種類
  3. フォーマルスタイル
  4. スマートカジュアル
  5. カジュアル
  6. ハワイのドレスコードOKな服装【男性編】
  7. 襟の付いたシャツ
  8. ひざ丈のパンツや長ズボン
  9. 靴(場合によってはスニーカーもOK)
  10. ハワイのドレスコードOKな服装【女性編】
  11. ワンピース
  12. カットソーとボトムス
  13. サンダル
  14. ハワイでの子どものドレスコード
  15. ドレスコードのある人気レストラン
  16. ビーチハウス・アット・ザ・モアナ
  17. アズーア レストラン
  18. ルースズ・クリス・ステーキハウス
  19. その他ドレスコードが必要な場合がある場所
  20. クルーズ船
  21. クラブ・バー
  22. ドレスコードを知っておけばどこに行っても安心

ハワイでのドレスコードは日本とは違う?

 (768096)

ハワイのドレスコードは日本とは違うのでしょうか。ドレスコードと聞いても、日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、ドレスコードとは服装を意味しています。

とくに食事をする場面や、イベントがあるような席では、このドレスコードを意識するのがハワイの基本です。
日本人はあまり意識をしていないかもしれませんが、このドレスコードを知らなければ恥ずかしい思いをすることになります。

ドレスコードの種類

 (768097)

まず、ドレスコードの種類について理解しておきましょう。一口にドレスコードと言っても、さまざまな種類があります。

始めて聞いてもイメージできないかもしれませんが、必ず自分自身でも調べてドレスコードについて理解していきましょう。
ドレスコードの種類を理解しておけば、ハワイでも快適に過ごせます。

フォーマルスタイル

 (768098)

まず、ドレスコードで一番気を付けておくべき種類はフォーマルスタイルです。このフォームスタイルでなければ入店できないお店もハワイにはたくさんあります。

このルールを守らなければ、どのような理由でも入店が許されないこともあります。フォーマルスタイルは必ず用意した上でハワイに行くことをおすすめします。

フォーマルスタイルは基本的には革靴にスラックス、そしてジャケットに派手な柄ではないシャツが基本です。フォーマルスタイルが必要なお店かどうかも事前にチェックしておきましょう。

スマートカジュアル

 (768099)

基本的にはハワイのお店でもこのスマートカジュアルなスタイルが基本です。スマートカジュアルとは、スニーカーにデニムパンツやチノパン、そして襟付きの柄のあるシャツが基本です。

このスタイルを持っておけば、多くのお店でに入店することができますので、最低でもスマートカジュアルの服装は持ってハワイにいくべきです。

カジュアル

 (768100)

ハワイでは完全なカジュアルスタイルでも入店できるお店がたくさんあります。カジュアルとは、靴はサンダル、さらにはハーフパンツやTシャツなどの、かなりラフなスタイルです。

ファストフードやフードコートなどは、このカジュアルなスタイルで当た前のように入店できますので安心です。ハワイに行く格好のままで良いのでとても楽で居心地の良いスタイルだと言えるでしょう。

ハワイのドレスコードOKな服装【男性編】

 (768102)

基本的なハワイでのドレスコードOKな服装についてご説明します。まずは男性編ですが、これからご紹介するドレスコードはあくまでも基本的な例です。

中にはこのスタイルではNGな場合もありますが、ほとんどのドレスコードOKな服装として認められます。このスタイルの服装を持っておけば安心ということです。

襟の付いたシャツ

 (768103)

まず、シャツは襟の付いたシャツが基本です。襟が付いておけば全てOKとは言えませんが、よっぽど派手で奇抜な柄でなければ、襟の付いたシャツでOKと考えておきましょう。

この襟があるとないとでは見た目が大きく変わります。襟付きのシャツはハワイでもさまざまなショップで販売されていますので、現地で購入することもできます。

ひざ丈のパンツや長ズボン

 (768104)

そして、パンツは長ズボンを選びましょう。ただし、お店によってはひざ丈のパンツでもOKです。

このあたりはハワイということもあり、短いパンツはNGですが、ひざ丈のパンツであれば大抵のスポットでは大丈夫です。どのような場所でも通じるのが長ズボンなので、気になる人なら長ズボンを選びましょう。

靴(場合によってはスニーカーもOK)

 (768106)

靴は革靴を持っておけば安心です。堅苦しい革靴でなくても、シンプルな革靴で問題ありません。

ただし、場合によってはスニーカーでもOKです。ただ派手なスニーカーはできるだけ避けるようにするのが基本です。

おそらくどのような靴にするべきかは悩むポイントでしょう。どのような靴にするべきか迷ってしまうときには、事前にしっかりとそのお店の情報を取得しておきましょう。

ハワイのドレスコードOKな服装【女性編】

 (768108)

それでは次に女性編をご紹介します。女性はとくに服装に気を使いますので、ドレスコードはチェックしておくべきです。

お気に入りの服装で食事を楽しめるように、事前にドレスコードについては理解しておきましょう。

ワンピース

 (768109)

まず、女性の場合にはドレスコードはワンピースが一番手軽で一番失敗が少ないです。派手なワンピースではなく、シンプルなワンピースであればほとんどの場所で活用できますので、ハワイに行くときにはワンピースは必ず持参しておきましょう。

ハワイは空気は乾燥していますが、昼間は基本的には暑く感じますので、薄めのワンピースであれば安心です。

カットソーとボトムス

 (768110)

また、カットソーとボトムスでもドレスコードとしてはOKです。カットソーとボトムスは女性を綺麗に見せるアイテムのため、大抵のドレスコードがあるレストランなどでも問題ありません。

ただし、あくまでもシンプルなカットソーとボトムスにしておくことをおすすめします。派手なカットソーとボトムスは違和感があります。

サンダル

 (768111)

そして気になる足元ですが、女性の場合にはサンダルで問題ありません。綺麗系のサンダルであることが基本ですが、少しハイタイプのサンダルでもOKです。

ドレスコードと聞くと、どうしてもサンダルはNGに思ってしまいますが、女性の場合には問題ありませんので覚えておきましょう。

ハワイでの子どものドレスコード

 (768112)

それでは子供の場合にはどのような服装がドレスコードとして最適でしょうか。子供の肩ぐるしい服装にしてしまうのは少しかわいそうですが、子供の場合には大人に比べてかなりラフな服装でOKです。

子供の場合には、ひざくらいまでの短パンに襟付きのシャツでOKです。シャツはある程度柄が入っているタイプでも問題ありません。

そして足元はスニーカーでOKです。女の子の場合には、ワンピースとサンダルのラフなスタイルで問題のないドレスコードになります。

ドレスコードのある人気レストラン

 (768113)

ハワイでドレスコードがある人気のレストランについてご説明いたします。次にご紹介するレストランはかなり有名なレストランのため、もしハワイでこのレストランに行く予定の人は必ずドレスコードについては確認しておきしょう。

ビーチハウス・アット・ザ・モアナ

 (768114)

ビーチハウス・アット・ザ・モアナは、ハワイではかなり有名なレストランです。エレガントという表現がぴったりのこのレストランは、リッチな雰囲気だけではなくハワイらしい開放感も得られます。

海が前面に見えるスタイルになっており、カップルで訪れるのも最高ですが、ファミリーでも楽しめます。当然、事前に予約がいるレストランのため、必ず早めに予約を取っておきましょう。

ドレスコードは少しハイレベルなスタイルを求められます。もちろん、ご紹介したドレスコードで問題はありませんが、できる限りしっかりとフォーマルなスタイルを意識しておいた方がトラブルはありません。

アズーア レストラン

 (768115)

海の見えるテラスでゆっくりと最高の時間を楽しめるアズーア レストランは、一見すればドレスコードが求められるのが分かるレストランです。せっかく来たお客様の来店を断るようなことにならないために、このホテルをインターネットで確認すればドレスコードについて詳しく解説しています。

スポーツウェアやショートパンツ、タンクトップやビーチサンダルなどでの入店はしないようにと記載されていますので、必ず守りましょう。そうすれば安心してアズーア レストランの食事が楽しめます。

ルースズ・クリス・ステーキハウス

 (768116)

ルースズ・クリス・ステーキハウスは、ハワイで最高のステーキを楽しめるレストランです。実はこのレストランでもドレスコードが求められます。

ステーキハウスでもこのルースズ・クリス・ステーキハウスは、かなりリッチなレストランで、最高級のお肉を提供してくれます。ハワイで最高級のステーキを食べたいときにはこのレストランでしょう。

お店の中は、比較的ラフな雰囲気もありますので、ドレスコードは必要ないように感じますが、しっかりとドレスコードがあることを理解しておきましょう。

その他ドレスコードが必要な場合がある場所

 (768117)

ハワイでは有名なレストラン意外にもドレスコードを意識する場面があります。ハワイを訪れたときには、観光目的なら必ず訪れる可能性があるスポットのため、必ず事前にチェックしておきましょう。

クルーズ船

 (768118)

ハワイでは頻繁に運行しているクルーズ船ですが、実はこのクルーズ船もドレスコードが必要です。クルーズ船の多くは中には有名なレストランが入っています。

また、クルーズ船自体がリッチな場所でもあるため、ハワイではドレスコードが設けられています。ご紹介したドレスコードであれば問題ありませんので注意しましょう。

クラブ・バー

 (768119)

また、ハワイのクラブ・バーの多くはドレスコードがあります。ハワイのクラブ・バーはリッチなスポットが多いため、しっかりとした服装が求められます。

場違いなスタイルの場合、入店自体ができませんので、しっかりと自分の服装を確認して入店しましょう。

ドレスコードを知っておけばどこに行っても安心

 (768120)

ハワイではドレスコードが必要です。少し面倒だと感じるかもしれませんが、ドレスコードだけをしっかりと整えておけばどのような場所でも入店できます。

ドレスコードを意識しておけば、カジュアルな場所でも、フォーマルな場所でもどちらでも入店が断られることはありませんので、必ず一着はドレスコードを意識した服装を用意しておきましょう。

関連する記事