trima

ハワイの7月・8月の気温や気候は?オススメの服装やイベント情報!

ハワイの7月・8月の気温や気候は?オススメの服装やイベント情報!

2020.05.20

Trimaハワイ編集部

ハワイと言えばやっぱり夏本番に旅行へ行きたいものです。実際、7月・8月のハワイの気候や気温はどうなのか、そしてどんな服装をするのがベストなのかを紹介します!7月8月は、ハワイでは様々なイベントも開催されています。どれも盛大なもので楽しめるイベントばかりです!

目次

  1. 夏本番!7月・8月のハワイ旅行を徹底解説!
  2. ハワイは観光地として大人気
  3. 7月・8月は観光客が殺到
  4. 7月・8月のハワイ!おすすめの服装
  5. ワンピース
  6. 水着+パーカー
  7. Tシャツ+ショートパンツ
  8. サングラス
  9. 麦わら帽子・キャップ
  10. 7月・8月のハワイの気候・気温
  11. ドライサマーと呼ばれている
  12. 7月から11月はハリケーンの季節
  13. 気温は何度になるのか?
  14. 【7月編】ハワイのイベント一覧
  15. ウクレレ・フェスティバル
  16. プリンスロット・フラ・フェスティバル
  17. インデペンデンスデー・セレブレーション
  18. 【8月編】ハワイのイベント一覧
  19. ヘイヴァ・イ・カウアイ・イア・オラナ・タヒチ
  20. グレート・ワイキキ・ビア・フェスティバル
  21. メイド・イン・ハワイ・フェスティバル
  22. 7月・8月のハワイで気を付けたいこと
  23. 紫外線に注意
  24. 深夜帯は冷え込みが予想される
  25. 夏の長期休みにはハワイ旅行がおすすめ!

夏本番!7月・8月のハワイ旅行を徹底解説!

 (768561)

日本人の観光客も多く訪れている人気の観光地、ハワイはやっぱり7月や8月のシーズンに行きたいものですよね?夏本番のハワイは実際どうなのか具体的に紹介していきます!

じっくりとハワイを堪能したい方には、やはり7月8月が断然おすすめです!ハワイのリゾート感を楽しめます。

ハワイは観光地として大人気

 (768573)

ハワイは、毎年100万人以上の日本人観光客が訪れる人気の観光地です。1年中がベストシーズンだとも言われていますが、やはり雨季を避けて行くとすると7月や8月がベストでしょう。

誰もが一度は行ってみたい、そんな定番の楽園です。ワイキキビーチやダイヤモンドヘッド、ファーマーズマーケットなど様々な観光地があります。

そしてなんと言っても綺麗な海が魅力的です。ビーチでのんびりと、そして時にはわいわい過ごしたいものですよね。そのどちらも叶えてくれるのがハワイだと言えます。

7月・8月は観光客が殺到

 (768585)

7月8月は、夏休みもあることで観光客が殺到します。そのため、旅費は高額になってしまうこともあるでしょう。特に8月はお盆休みがありその時期に殺到するので1年を通しても最高価格になることが多いです。

少しでも安く7月8月にハワイ旅行へ行きたい方は、なるべく夏休みに入る直前の7月上旬に行くことをおすすめします。7月8月はイベント多く開催されているので、それもひとつの魅力です。

そして、フルーツが一番熟していて美味しい季節でもあります。グルメも思いっきり堪能してみてください!

7月・8月のハワイ!おすすめの服装

 (768622)

7月、8月にハワイへ訪れるとなるとやはり気になるのがどんな服装をすればいいかです。もちろん、普通に日本の真夏と同じような服装を心がければいいのですが、ハワイならではのポイントもあります。

これからおすすめのコーディネートを紹介していくので、是非参考にしてみてください。

ワンピース

View this post on Instagram

ラップスタイルの花柄半袖マキシワンピース💙 シルエットが綺麗なサテン調のリゾートワンピ🌴 ビーチ・リゾートシーンで映える1着です🥰 ・⠀ ・⠀ ・⠀ 🛒こちらの商品は画像をクリックすると購入ページに飛べます。 また、@canbe_officialプロフィールURLからも商品一覧がチェックできます。⠀ —————————————————⠀ 🎟LINEの友達追加で今すぐ使える割引クーポン配布中!⠀ @canbe(@必須)で検索🔍⠀ —————————————————⠀ 🎁公式CANBEサイトの新規会員登録で300Pプレゼント!⠀ —————————————————⠀ 📷リポスト写真大募集中です。⠀ リポストして頂ける場合は是非 #canbe2019 @canbe_official のハッシュタグをお願い致します🥺🤲CANBE公式SNSやコンテンツでご紹介させて頂きます💙

A post shared by ハワイ🌺マキシワンピ🌴リゾートワンピース🐚 (@canbe_official) on

やはり、ハワイはリゾート地ですからリゾート感の溢れるワンピースが女性にはぴったりでしょう。思い切って、いつもは着ないようなカラフルな柄のワンピースなどにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

バカンス気分も盛り上がりますし、日焼け対策につばの広い帽子などをかぶれば優雅な雰囲気になります。カジュアルすぎないので、ちょっと高級なお店などにも入店しやすいメリットがあります。

ビーチにもぴったりですし、涼しげな雰囲気でおしゃれにも見えるのでワンピースはおすすめです。

水着+パーカー

ハワイで現地の人でもよく見られるコーディネートが、水着にパーカーを羽織っているコーディネートです。とにかくビーチをメインに楽しみたい!と言う方はいつでも海に入れるように水着を着ておくのがおすすめです。

涼しげですし、さらっとパーカーを羽織るだけでこなれ感が出ます。日焼け対策にもなりますし、動きやすいのでおすすめです。

パーカーではなくてラッシュガードもおすすめです。ビーチにいる時にはラッシュガードにして、ちょっと街を散策する時にはパーカーにするなどの使い分けるのもおすすめです。

Tシャツ+ショートパンツ

View this post on Instagram

いろいろアレンジし甲斐のあるシンプルな #tシャツデニム 👕👖スタイル。 メガネやサングラスもすんなり馴染んでくれますよ👍 Let's check out which pair looks best on the classic, #jeansandtshirt combo by trying them on virtually with VirTry. 👓 . 📸@brookecaglephotography . #VirTry #メガネ #メガネ女子 #眼鏡 #サングラス #サングラス女子 #スクエアフレーム #ウェリントンメガネ #裾結び #デニムパンツ #ストリートファッション #ダメージデニム #streetstyle #ponytail #glasses #accessories #eyewear #frames #face #woman #portrait #knottedtshirt #nyctshirt #damagedjeans #denimshorts #whitet #streetfashion

A post shared by VirTry_App (@virtry_official) on

ハワイの定番コーデのひとつが、Tシャツにショートパンツ、そしてビーチサンダルでしょう。中には水着を着込んでいる方もいます。

動きやすいですし、着心地が良いのもポイントです。そして何より、Tシャツにショートパンツはおしゃれに見えますしハワイらしいコーディネートだと言えます。

ですが、それだけではエアコンが効いている場所などで寒い場合もあるので、しっかりと軽く羽織れるものを持っておくことも大切です。

サングラス

サングラスは日差しの強いハワイではマストアイテムです。普段日本ではあまりサングラスをしないと言う方でも、サングラスをするようにしましょう。

また、サングラスをするだけでおしゃれに見えると言うのも嬉しいポイントです。ビーチに行く時などは、特にサングラスが大切です。

長時間紫外線を目に浴びてしまうと、白内障などの目の病気になるリスクが高まってしまいます。なるべく日が出ている時は常に身につけておきましょう。

麦わら帽子・キャップ

View this post on Instagram

履き心地が抜群のタイル柄ワイドパンツ💚 ビーチ・リゾートシーンで映えます🌴 ショート丈のトップスやキャミなどと合わせてのコーデが◎ ・⠀ ・⠀ ・⠀ 🛒こちらの商品は画像をクリックすると購入ページに飛べます。 また、@canbe_officialプロフィールURLからも商品一覧がチェックできます。⠀ —————————————————⠀ 🎟LINEの友達追加で今すぐ使える割引クーポン配布中!⠀ @canbe(@必須)で検索🔍⠀ —————————————————⠀ 🎁公式CANBEサイトの新規会員登録で300Pプレゼント!⠀ —————————————————⠀ 📷リポスト写真大募集中です。⠀ リポストして頂ける場合は是非 #canbe2019 @canbe_official のハッシュタグをお願い致します🥺🤲CANBE公式SNSやコンテンツでご紹介させて頂きます💙

A post shared by ハワイ🌺マキシワンピ🌴リゾートワンピース🐚 (@canbe_official) on

紫外線対策でもうひとつマストアイテムになってくるのが帽子です。できれば、つばの広い麦わら帽子がおすすめです。きちんと顔全体を覆ってくれるので安心です。

リゾート感も出るのでおすすめです。ちょっとカジュアルなコーディネートにしたい時にはキャップもおすすめです。なるべくつばがしっかりとついているものにしましょう。

目元をきちんと紫外線から守ってくれます。キャップや麦わら帽子はおしゃれなファッションアイテムのひとつですし、おしゃれなものを探してみましょう。

7月・8月のハワイの気候・気温

 (768725)

では、次は具体的に7月、8月のハワイの気候や気温について解説していきます。とにかく日差しが強いので、紫外線には注意しましょう。また、こまめに水分補給をすることも忘れないでください。

ドライサマーと呼ばれている

 (768728)

ハワイの7月、8月、9月は乾季真っ只中なので、1年のうちに雨が最も少ない時期です。そのため、ドライサマーと言われています。雨が降ったとしても1時間ほどで止むようなにわか雨ばかりです。

念のために雨対策をしておくのがベストですが、すぐに止むのでちょっと雨宿りをしていればまた晴れてくることがほとんどなのです。

本降りであっても、丸一日降り続けるようなことはないので、ハワイを思う存分楽しむことができます。

7月から11月はハリケーンの季節

Key West Florida Hurricane Dennis - Free photo on Pixabay (768730)

乾季なので1日中雨に見舞われることはほとんどありませんが、7月から11月の間はハリケーンの季節です。ハリケーンは基本的に、東から西へ移動します。

そのため、オアフ島の近くを通り過ぎることはありますが、ハワイを直撃すると言うようなことはあまりありません。それでもやはり、多少影響が出ることもあるので、念のために天気予報をこまめにチェックしておきましょう。

オアフ島に近づいてくると、ハワイの天気予報でもこまめにハリケーン情報を報じるようになります。

気温は何度になるのか?

 (768733)

ハワイの7月、8月の気温は毎日のように30度以上になる真夏日が続きます。気温が低いような朝や夜であっても、基本的には半袖で快適に過ごせるような気温です。深夜はぐっと冷え込むこともあるので注意してください。

また、エアコンが効きすぎているような場所も多いので、羽織は手離さないでおくのがいいでしょう。カジュアルにTシャツに、羽織のシャツなどを持っておくのがベストです。

そして、ハワイの観光地は歩くことも多いのでスニーカーなどの歩きやすいものがおすすめです。

【7月編】ハワイのイベント一覧

 (768736)

次は、ハワイで7月・8月に開催されるイベントを紹介していきます。イベントはどれも盛大に開催されており、多くの人が訪れます。ハワイ旅行初心者の方でも楽しめるイベントばかりです!

ウクレレ・フェスティバル

毎年7月にオアフ島カピオラニ公園にて開催されるウクレレ・フィスティバルは、ハワイアンミュージックが好きな人にぴったりなイベントですし、今まで音楽に興味がなかった人でも楽しめるようになっています。

国際的に活躍するウクレレアーティストが演奏をしたり、とても陽気な雰囲気でつい踊りだしたくなるフェスティバルです。2020年は、7月19日に開催される予定です。

のんびりとした時間が流れているハワイには、やはりウクレレの音色がぴったりです。

プリンスロット・フラ・フェスティバル

毎年7月に開催される非競技式では最大のフライベントである、プリンスロット・フラ・フェスティバルはホノルルの中心地に位置している、イオラニ宮殿で開催されます。

宮殿を見るだけでも異国情緒が溢れる場所ですし、さらにそこでゆったりとしたフラを見ることができるのはとても特別な雰囲気です。

フラを見ながら、ハワイならではの雑貨を購入することができたり、フードブースがあったりと、1日楽しめるフェスになっています。

インデペンデンスデー・セレブレーション

インデペンデンスデー・セレブレーションとは、独立記念日を祝した祭典です。ハワイでは最大規模となる花火のショーを見ることができます。

アラモアナ・ビーチパークで開催されています。その他にも、アラモアナセンターのセンターステージなどでは、ライブが開催されていたりと

当日は大変混み合うことが予想されるので、花火を見る場合はなるべく早めに場所取りをするなどしておくことをおすすめします。

【8月編】ハワイのイベント一覧

 (768747)

次は8月に開催されるイベントを紹介していきます!

ヘイヴァ・イ・カウアイ・イア・オラナ・タヒチ

View this post on Instagram

T-2 days to 2020!

A post shared by Tahiti Dance Fitness (@tahitidance) on

ヘイヴァ・イ・カウアイ・イア・オラナ・タヒチとは、タヒチアンカルチャーを紹介するイベントのひとつで、アメリカだけではなく日本や世界からもタヒチアンダンサーやタヒチアン・ドラム奏者などが集まります。

そして、それぞれが技を競い合うのですが、それがとても迫力がありハワイらしい雰囲気を味わうことができます。ダンスやライブだけではなくて、ハワイの工芸品を販売するブースやフードも充実しています。

お土産を買うのにもぴったりです。8月の上旬に毎年開催されます。

グレート・ワイキキ・ビア・フェスティバル

グレート・ワイキキ・ビア・フェスティバルは、アメリカ本土とハワイの、ビール醸造所などが参加しているビール祭典です。

ハワイでは最大級のビールのフェスティバルなので、ビール好きにはぴったりのイベントです。8月の末に、デューク・カハナモク・ラグーン前の広場で開催されています。

有名なアーティストのライブを楽しむことができます。入場にはチケットが必要となりますので、事前にチケットを購入しておきましょう。

メイド・イン・ハワイ・フェスティバル

ハワイで栽培された商品や、ハワイで生産された商品だけを取り扱うイベントの、メイド・イン・ハワイ・フェスティバルは3日間で約4万人もの人が訪れるほど人気のフェスです。

毎年8月の中旬に3日間に渡り開催されます。ハンドメイドのアイテムや、アーティストの作品などもあるので、このフェスだからこそ手に入る商品も沢山あります。

ブースは様々で、ハワイアンミュージックのライブやフラダンスを楽しむこともできます。

7月・8月のハワイで気を付けたいこと

 (768757)

7月8月は、一番ハワイを堪能できるシーズンだと言えます。ですが、注意点もいくつかあります。

紫外線に注意

Parasol Umbrella Sun - Free photo on Pixabay (768760)

ハワイはとにかく1年通して紫外線が強いです。日本の真夏のような紫外線が1年中続いているので、ハワイ滞在中は万全の紫外線対策をするようにしてください。

ハワイの紫外線は常に「強い」もしくは「非常に強い」と表現される6〜10UVインデックスもあるのです。日焼けをするしないではなくて、体に負担がかかってしまいます。

そのため、女性だけではなくて男性もしっかりと日焼け止めを塗って、サングラスをするようにしてください。

深夜帯は冷え込みが予想される

Dog Wolf Yelp - Free image on Pixabay (768762)

ハワイは、非常に暑いとは言えども深夜の時間帯にはぐっと冷え込むこともあります。ハワイに行くからと行って半袖の服ばかり持っていってしまうと後悔してしまいます。

やはり長袖の服やちょっとした羽織ものを持っておくことが大切です。ですが、ハワイは治安が悪いと言われているエリアも沢山あります。

そのため、深夜には出歩かずにホテルでゆっくり過ごすことをおすすめします。特に、女性だけで夜に出歩くのは危険なので注意してください。

夏の長期休みにはハワイ旅行がおすすめ!

 (768764)

夏の長期休みに旅行へ行くとなると、やはりハワイがおすすめです。家族全員で楽しめるスポットですし、日本人が過ごしやすい観光地のひとつです。

ハワイのビーチでゆっくりと過ごすのもいいですし、イベントに参加してわいわい過ごすのもおすすめです。そして何よりハワイならではのアイテムをショッピングでゲットするのもいいでしょう。

様々な楽しみがあるハワイ、しっかりと紫外線対策をして快適に過ごせるコーディネートでハワイ旅行をしましょう!

関連する記事