trima

羊ヶ丘展望台の見どころやアクセス!ジンギスカン食べ放題も紹介!

羊ヶ丘展望台の見どころやアクセス!ジンギスカン食べ放題も紹介!

2020.06.05

Trima北海道編集部

札幌市内にある「羊ケ丘展望台」には、誰もが知っているクラーク博士の像があります。羊ケ丘展望台を知らなくてもクラーク博士の像は知っているという人は多いです。今回は羊ケ丘展望台について、ジンギスカンを始めとした見どころとアクセスや駐車場、入場料を含めて紹介します。

目次

  1. 羊ヶ丘展望台の見どころや楽しみかた
  2. 羊ヶ丘展望台のクラーク博士
  3. 羊ヶ丘展望台のレストハウスはジンギスカンが食べ放題!
  4. 北海道のグルメで有名なジンギスカン
  5. 羊ヶ丘展望台のレストハウスの食べ放題メニュー
  6. おすすめジンギスカンメニュー!
  7. キッズルームがあるから子連れでもOK
  8. フードインコートではジンギスカン弁当を販売!
  9. お弁当でもジンギスカンが楽しめる
  10. 羊ヶ丘展望台を最大限に楽しもう!主な施設をご紹介
  11. 四季を感じられる羊ヶ丘展望台
  12. 体験施設一覧
  13. 撮影や思い出作りにおすすめスポット
  14. お土産を選ぶならここ!「オーストリア館」
  15. ゆっくりしたいなら足湯
  16. 羊ヶ丘展望台の基本情報!アクセスや駐車場など
  17. 羊ヶ丘展望台へのアクセス方法一覧
  18. 羊ヶ丘展望台の駐車場の利用方法
  19. 羊ヶ丘展望台の入場料
  20. 羊ヶ丘展望台でジンギスカンを楽しもう!

羊ヶ丘展望台の見どころや楽しみかた

View this post on Instagram

#hokkaido #sapporo #羊が丘展望台

A post shared by k (@3478_k) on

札幌市の豊平区には「羊ヶ丘展望台」があります。クラーク博士の像があることで有名ですが、それ以外に何があるの?と気になる人も多いでしょう。

観光ツアーでは必ず立ち寄るほど定番スポットですが、クラーク博士像を見て満足してしまう人も少なくありません。今回は、羊ヶ丘展望台でどのような楽しみ方があるのかについて紹介します。

羊ヶ丘展望台のクラーク博士

羊ヶ丘展望台で最も有名なのは「クラーク博士」です。彼は北海道開拓の父と呼ばれ、札幌農学校(現在の北海道大学)の初代教頭として大きな影響を与えました。

元々はクラーク博士の像は北海道大学構内に置かれていましたが、あまりに観光客が訪れるために観光公害が起こるとして羊ヶ丘展望台に新たなクラーク博士の像を建てることになったのです。

クラーク博士来道100周年の年である昭和51年に新たな像の除幕式が行われました。右手の先には遥か彼方の永遠の真理があるとされています。

新たな観光の名物として国内外から多くの観光客が写真を撮りに来ています。

羊ヶ丘展望台のレストハウスはジンギスカンが食べ放題!

羊ヶ丘展望台にはレストハウスができ、1階は最大収容220席の団体用レストラン、2階は最大収容180席のレストラン、3階はキッズルームとイベントホールとなっています。

このレストハウスではジンギスカンの食べ放題が提供されているため、観光客にも人気です。ジンギスカンを食べられる場所が多すぎてどこを選んだらいいか分からないという人は、羊ヶ丘展望台で食べるのもおすすめです。

ここではジンギスカンのメニューについて紹介します。

北海道のグルメで有名なジンギスカン

北海道には美味しいグルメがたくさんあり、北海道でしか食べられないものもあります。その中でも「ジンギスカン」は誰もが一度は滞在中に食べるものではないでしょうか。

ジンギスカンはマトンやラムを使った焼肉料理で、鉄板の上に野菜を敷き、その上にお肉を乗せて焼きます。レストランによっては円板状のジンギスカン鍋を使うこともあります。

中国大陸から伝わって来た羊肉料理が日本人向けにアレンジされたものであると言われていますが、その起源については明らかになっていません。北海道では明治時代から羊の飼育が始まり、徐々に食べられるようになりました。

専用のたれに付けて食べるものや焼く前に味付けされているものなど、レストランによって異なります。

羊ヶ丘展望台のレストハウスの食べ放題メニュー

羊ヶ丘展望台のレストハウスでは、ジンギスカンの食べ放題があります。単品でも注文することができますが、圧倒的に食べ放題の方がお得なのでおすすめです。

食べ放題には2つのコースがあり、特選ラム・ジンギスカン食べ放題とラムロール・ジンギスカン食べ放題があります。どちらも2,980円です。ラム肉と野菜、ご飯が100分食べ放題となっています。

飲み放題のメニューもあり、食べ飲み放題で4,100円です。飲み放題も100分なので、ジンギスカンと一緒にビールなどのお酒を楽しみたい人は注文しましょう。

おすすめジンギスカンメニュー!

レストハウスのおすすめメニューは食べ放題ですが、お肉は特選ラムやラムロールしか楽しむことができません。そのため、他のメニューを単品で注文する人も多いです。

食べ放題以外でおすすめのメニューは、「ラムチョップ」(1,790円)です。骨付きのラム肉ですが、ジューシーで柔らかいので食べやすく、かなり食べごたえがあります。

また、「よくばり3点盛りジンギスカン」(2,280円)も人気です。これはえぞ鹿・ラム・豚をそれぞれ100g味わうことができ、味付きです。ジンギスカンが初めてという人にも挑戦しやすいメニューとなっています。

キッズルームがあるから子連れでもOK

 (852221)

レストハウスの3階にはキッズルームが用意されています。ボールプールや積み木、ブロックなどの道具、絵本、お絵かきのための黒板など小さな子供が遊べるもので充実しています。

こちらは無料で利用することができ、天候に関係なく遊ぶことができるので子供連れも安心です。床はジョイントマットを敷きつめて柔らかくなっているので、転んでけがをする心配もありません。

キッズルームの中では飲食することができないので食事はレストハウス内で済ませておきましょう。授乳スペースがあるため、食事の合間に授乳することもできます。

フードインコートではジンギスカン弁当を販売!

 (852226)

ジンギスカンの食べ放題について紹介しましたが、中にはゆっくりと食べている時間はない、家族で食べたいものが違う、外で食べたいなどそれぞれの事情で食べられない人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、羊ヶ丘展望台で販売されているジンギスカン弁当です。ここでは、どのようなお弁当なのかを紹介します。

お弁当でもジンギスカンが楽しめる

 (852227)

羊ヶ丘で販売されているのは「ラム肉ジンギスカン弁当」(680円)です。紙でできたお弁当箱の中には、ご飯とラム肉のジンギスカンがあり、紅ショウガが添えられています。

羊ヶ丘のレストハウスで食べられているジンギスカンと同じ味付けで、玉ねぎも一緒に炒められているので甘さもあります。雰囲気を味わうことはできませんが、レストハウスのジンギスカンの美味しさを十分感じられるシンプルなお弁当です。

他にも、ジンギスカンを使ったピザ「ナン・カレーソース・ラム肉ジンギスカン」(600円)も美味しいと人気になっています。こちらは普通のジンギスカンに飽きた人にもおすすめです。

羊ヶ丘展望台を最大限に楽しもう!主な施設をご紹介

 (852217)

クラーク博士の像も見たし、ジンギスカンも食べた!さぁ帰ろう!という人は多いかもしれません。しかし、羊ヶ丘展望台の見どころはそれだけではなく、他にも見て周るべきスポットがあります。

ここでは羊ヶ丘展望台を最大限楽しめるよう、主な施設や体験できるスポットを紹介します。

四季を感じられる羊ヶ丘展望台

View this post on Instagram

#北海道 #羊が丘展望台 #hokkaido

A post shared by hiro (@hiroko__zz) on

札幌市内にあるとは思えないような広大な牧草地が広がる羊ヶ丘展望台では、季節によって景観が変わることもリピーターが多く、地元の人からも愛されている理由です。

春は雪が解けて植物が顔を出します。牧草は爽やかな若草色であり、風が心地よく感じられます。夏は猛暑となる日は少なく、本州に比べると過ごしやすいでしょう。7月には一面にラベンダーが咲き、紫色の絨毯が広がります。

秋は木々が紅葉し、赤やオレンジの景色へと変わります。そして冬には銀世界が広がり、全てが雪に包まれた神秘的な景色となります。

体験施設一覧

羊ヶ丘展望台では、季節に合わせたイベントを開催しており、様々な体験ができます。7月の「ラベンダー刈り取り体験」では、無料で満開のラベンダーを刈り取ることができ、そのまま持ち帰れます。

また、ゴールデンウィークには羊さんのお家で羊の毛刈りが行われ、間近で毛刈りの様子を見学することができます。そして冬には広大な敷地で雪遊びができます。参加費もアクティビティ費も無料なので誰でも楽しめると人気です。

1年中行われている「大志の誓い」では、1枚100円で大志の誓い用紙を購入し、クラーク博士に聞いてほしい夢を書きましょう。未来の自分を想像しながら「クラーク旅立ちの鐘」」を鳴らし、像の台座部分に投かんします。

羊の毛刈り(見学)羊さんのお家ゴールデンウィーク
ラベンダー刈り取り体験オーストリア館裏庭7月
スノーパーク羊ヶ丘展望台敷地内1月上旬~3月上旬
大志の誓いクラーク旅立ちの鐘年中

撮影や思い出作りにおすすめスポット

羊ヶ丘展望台には写真を撮るのにぴったりのスポットが多くあります。クラーク博士の像は正面から摂ることが定番となっていますが、ちょうど右手の先が夕日を指しているような写真を撮るとお洒落になります。

また、名前の由来ともなっている羊たちが牧草を食べている姿も可愛いので写真に収めましょう。観光用ではないので触れ合うことはできませんが、のんびりと食べている姿を見ると時間を忘れてぼーっと見てしまいます。

羊ヶ丘展望台ではフォトウェディングも行っているため、ロケーションフォトもおすすめです。

お土産を選ぶならここ!「オーストリア館」

View this post on Instagram

北海道で食べたいものリストの一つ、メロン&ソフト🍈🍦 . 富良野で食べるつもりが羊ケ丘展望台で発見🤩 しかも富良野より安い😆 そりゃあもう絶対に買うでしょ😁 . ソフトクリーム食べながらメロン食べるなんて幸せすぎるw🤤 . 欲を言うともうちょっとメロンがジューシーだとサイコーなんだけどなぁ😅 . #北海道 #北海道旅行 #グルメ旅行 #グルメ旅 #グルメ巡り #グルメ記録 #北海道グルメ #観光 #北海道観光 #北海道周遊 #車旅 #ドライブ #ドライブ好き #羊ケ丘展望台 #オーストリア館 #メロンソフト🍈🍦 #メロンソフト #メロン #ソフト #ソフトクリーム #らいでんメロン

A post shared by @ travel_eat_japan on

「オーストリア館」は1972年に開かれた札幌オリンピックで、オーストリアの選手村として建てられたものをそのまま使っています。オリンピック後に寄贈されたため、この地に移築されました。

1階はソフトクリームなどテイクアウトできるお店が並び、「北海道日本ハムファイターズ誕生記念プレート」もあるので野球好きは見逃せません。ここで売られている「白い恋人ソフト」や「メリーさんのひつじアイス」が人気です。

アイスは羊のミルクでできており、牛乳よりもミネラルやビタミンが豊富で栄養吸収率も高いと言われています。夏の暑い時期には行列ができていることが多いです。

2階はお土産売り場となっています。羊ヶ丘展望台ならではの羊のぬいぐるみやここでしか買えない限定品がよく売れているようです。お土産を買うならオーストリア館がおすすめです。

ゆっくりしたいなら足湯

 (852215)

あまり知られていませんが、羊ヶ丘展望台には足湯に浸かることができます!北海道は寒い時期が長いため、冬に訪れたらどうしても寒さを感じて思うように観光できないこともあります。

足湯ができるスペースはクラーク博士の像の隣にある林間スペースであり、「羊ヶ丘ほっと足湯」という名前が付いています。道内各地の温泉の水を循環させて濾過しつつ温めているものです。目の前の景色を楽しみながら、ほっと一息つけます。

足を温めるだけでも血の循環が良くなり、体がポカポカします。足だけなので湯冷めの心配もなく、少し休憩したい時にもおすすめです。まるで露天風呂に浸かっているような気分になることでしょう。

羊ヶ丘展望台の基本情報!アクセスや駐車場など

ここまで羊ヶ丘展望台について紹介してきましたが、最後にアクセス方法や駐車場情報などの基本情報を紹介します。

羊ヶ丘展望台に個人旅行で行きたい、レンタカーで向かうという人はぜひ参考にしてみてください。

羊ヶ丘展望台へのアクセス方法一覧

 (852207)

羊ヶ丘展望台へのアクセスは、車を使うと電車・バスを利用して行く場合があります。車の場合は札幌からおよそ35分、新千歳空港からはおよそ50分で到着します。

公共交通機関でアクセスする場合、まずは地下鉄東豊線「福住駅」を目指しましょう。地下鉄さっぽろ駅から福住駅までは電車で13分程です。

駅についたら羊ヶ丘展望台行きのバスに乗り換え、10分程で到着します。札幌駅発の羊ヶ丘展望台行きの路線バスもありますが、4月~11月のみの運行となっているので気を付けましょう。バスの料金は大人210円、子供110円となっています。

羊ヶ丘展望台の駐車場の利用方法

 (852208)

羊ヶ丘展望台にレンタカーでアクセスするという人も多いでしょう。北海道は広大なので移動には車が便利なことや公共交通機関でアクセスできないところもあるため、レンタカーで移動する人が多いです。

羊ヶ丘展望台には駐車場が設置されています。自家用車は100台、大型バスは16台停めることができるので、人が多すぎて満車になることは少ないです。

駐車料金は無料となっているので、お金を気にせずにゆったり滞在することができます。入場料を払うのは展望台ゲートです。

羊ヶ丘展望台の入場料

 (852209)

羊ヶ丘展望台に入るには、入場料を支払う必要があります。ツアーであれば入場料も含まれているケースはありますが、ほとんどは入り口でチケットを購入してから中に入ります。

大人は一般530円、団体480円です。小中学生は一般300円、団体270円です。30名以上で団体割引が適用となります。小学生未満の子供については入場料無料であり、障がい者も手帳を提示すると無料で入場することができます。

また、年間パスポート(1,000円)も販売されており、1年間何回でも入場できるほか、館内のレストランでジンギスカンを食べると10%割引となります。

羊ヶ丘展望台でジンギスカンを楽しもう!

今回は羊ヶ丘展望台について詳しく紹介しました。クラーク博士の像だけでなく、オーストリア館でお土産を探したり、レストハウスでジンギスカンを食べたりと楽しみ方はたくさんあります。

レストハウスのジンギスカンは観光客はもちろん、地元の人も新鮮なラム肉を使っていて臭みがないと絶賛する美味しさです。ぜひ、羊ヶ丘展望台を訪れたら、ジンギスカンも味わってみてください。

関連する記事