trima

湯倉神社は湯の川温泉発祥の地!ご利益や御朱印・御朱印帳情報を紹介!

湯倉神社は湯の川温泉発祥の地!ご利益や御朱印・御朱印帳情報を紹介!

2020.06.12

Trima北海道編集部

函館市電湯の川より徒歩で行ける湯倉神社は、函館の奥座敷である湯の川温泉内に鎮座しています。3柱の神様が祀られてる湯倉神社では、さまざまなご利益を得られることでも有名です。この神社の魅力とともに御朱印・御朱印帳の他に駐車場情報なども合わせて紹介していきます。

目次

  1. 湯の川温泉発祥の地「湯倉神社」
  2. 湯倉神社の歴史や神様
  3. 由緒
  4. 湯倉神社の祭神
  5. 湯倉神社のご利益
  6. 湯倉神社の御朱印と御朱印帳
  7. 湯倉神社の見どころや楽しみ方
  8. 御神木
  9. 神兎
  10. 小槌
  11. イカすおみくじ
  12. 湯倉神社のお守り
  13. 御神縁御守
  14. 大丈夫御守
  15. 飛躍守
  16. 湯倉神社のイベントやお祭り
  17. 湯倉神社例大祭
  18. 夏詣
  19. ビアガーデン
  20. キャンドルアート
  21. 湯倉神社に参拝したら次はここ!オススメ観光スポット
  22. 函館市熱帯植物園
  23. 湯の川温泉湯巡り
  24. 啄木小公園
  25. 湯倉神社の基本情報
  26. 基本情報
  27. アクセス・駐車場
  28. 湯倉神社ならではのユニークな体験

湯の川温泉発祥の地「湯倉神社」

函館市電の終点湯の川からほど近く、温泉街の入口に鎮座している「湯倉神社」。古くから湯の川温泉の守り神として愛され続けています。この神社は地元住民だけではなく、観光客が多く立ち寄るスポットです。神兎やイカすおみくじなど初めて訪れた人も楽しめる見所が盛りだくさん。

湯の川温泉発祥の地でもあるこの神社の歴史や魅力、おすすめの見所などを紹介します。

湯倉神社の歴史や神様

湯倉神社の始まりは1453年一人のきこりが、湯倉神社の付近で休んでいた時に湧き湯を発見したことでした。関節痛に悩んでいた木こりは、痛みを癒そうとその湧いている湯に患部を浸してみたところたちまち完治。

完治したことに感謝の気持ちを表し祠を建てたのが「湯倉神社」の起源と言われています。しかし他にも言い伝えられている説があるようです。「湯倉神社」の由緒やご祭神、ご利益などをみていきましょう。

由緒

「湯倉神社」の起源は他にもあります。松前藩第九代藩主高広の幼少期に重い病にかかり、なかなか治る兆しが見えませんでした。ある夜、母親が「松前の東に病に効く温泉がある。そこへ行けば病が治る」というお告げを夢で見ます。

早速お告げに沿い高広を湯治させたところ、どんな薬でも治らなかった病が完治しました。そのお礼に知床産の砂金で造った薬師如来像を安置し、鰐口も奉納したとか。湯座に薬師如来を祀られていただけの場所でしたが、社殿も改造されたことで、地元住民の心の拠り所とされるようになったそうです。

湯倉神社の祭神

「湯倉神社」には大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、倉稲魂神(うがのみたまのかみ)の3柱が祀られています。

大己貴神は七福神の一人である大黒様です。大国主命、大物主命とも呼ばれています。少彦名神は大己貴神と共に、国造りに大いに携わっていた神様であり、医療の神・酒の神として全国的に知られています。倉稲魂神は全国のお稲荷さんのご祭神として知られている穀物の神様です。

湯倉神社のご利益

幅広いご利益を得られる3柱が祀られているため、さまざまな御神徳を得られるのが「湯倉神社」の特徴です。特に医療・温泉、五穀豊穣、家内安全、縁結び、夫婦和合、商売繁盛のご利益があります。それらのご利益に沿った見所もあるので、見逃さないようにしましょう。

境内は広くないので、拝殿で参拝をした後は境内をすみずみまで散策してみましょう。

湯倉神社の御朱印と御朱印帳

View this post on Instagram

#御朱印 #湯倉神社 #⛩ #函館

A post shared by Michiko Sasaki (@325ssk) on

境内の左手に社務所があるので、そちらで御朱印(初穂料300円)を授与します。境内のパンフレットも一緒に頂けるので、参拝後に御朱印を授与して境内を散策するとより深く楽しめるかもしれません。

参拝・湯倉神社・日付が墨書きされ、神兎・神社名・温泉マークがついた朱印が押されます。夏詣の時期になると神兎のデザインが変わったり、夏詣という朱印が押されたりするようです。季節ごとに御朱印を授与するのもひとつの楽しみとなるでしょう。

湯倉神社の見どころや楽しみ方

少し階段を上り鳥居をくぐると「湯倉神社」の境内が広がっています。すぐ右手に見えるのが”常若の杜”です。参拝客が休めるように東屋が設置されています。あちこち歩き疲れた体をひとやすみできるので、観光客にとっても嬉しい設備です。

夏には”常若の杜”の側に風鈴が設けられることもあります。季節感を味わいながら、ゆったりとした時間を過ごせるはずです。「湯倉神社」は初めて来た人を優しく受け入れてくれるような、優しさを感じられる神社。次は境内のあちこちにある見所を紹介していきます。

御神木

「湯倉神社」の御神木は、湯の川で一番の古木です。樹齢約370年を誇るオンコ(イチイ)の木は、抜群の存在感を与えます。拝殿の前に佇む姿は、参拝客やこの地に住んでいる人たちを優しく見守っているようです。

もうひとつ注目して欲しいのが、拝殿の向かって右側の裏手にある結びの銀杏・湯倉の大銀杏です。ぎんなんを実につける銀杏の木は、実を結ぶ・縁を結ぶ霊木としても知られています。湯倉の大銀杏は樹齢220年にもなる古木です。縁結びを願う人、生命力にあやかりたい人からも信仰されている御神木です。

神兎

「湯倉神社」のシンボルとなっているくらいに、参拝客から人気を集めているのが”神兎”です。社殿の右側に凛々しい姿で祀られています。兎といえば野原を駆け抜ける可愛らしいイメージがありますが、佇まいは立派!可愛らしいというよりは、神々しさすら感じられます。

この”神兎”は創建360年を記念し、因幡の白兎に因んで設置されました。拝殿で参拝

小槌

”神兎”の少し先には、ご祭神の一人である大己貴神(大黒天)に因んで祀られた開運小槌があります。この小槌は開運招福・所願成就・健康長寿・身体堅固のご利益がある縁起物です。

大きい小槌はお願い事を祈りながら振ります。小さい小槌は体の気になるところを撫でながら祈ると、ご利益があると言われています。

イカすおみくじ

View this post on Instagram

イカすみくじ。 釣りざおで釣り上げる。笑 ビデオカメラもあったのでうつしましたが…なかなか上手い!と自画自賛しております。笑 #函館 #湯の川 #神社 #湯倉神社 #おみくじ #ファインダーは私のキャンパス 昨日、初めて自分の撮ったphotoでphotobook作りました!かなり時間がかかりました。 出来上がりが楽しみです。 #一眼レフ#nikongraphy#nikond3300 #nikon#nikontop#photo#instadaily #happy#holiday#trip#神社仏閣#神社巡り#御朱印集め#御朱印帳#御朱印ガール#写真部#ファインダー越しの私の世界#カメラ好きな人と繋がりたい#写真撮ってる人と繋がりたい#ニコン党#ニコン倶楽部#単焦点レンズ ・ ・ ・ 私が見えてるものすべて 大好きなあなたにも見せたい

A post shared by @ me_moi_0514 on

函館に鎮座する「湯倉神社」らしいおみくじなのが”イカすおみくじ”(初穂料300円)です。イカの張り子に入ったおみくじの中から釣り竿で1つだけ選んで釣り上げるという、とてもユニークなシステムとなっています。

おみくじに記されているお諭しは、なんと北海道弁!おみくじの引き方だけではなく、内容までもとてもイカしている内容となっています。

また”イカすおみくじ”の他に注目されているのが”うさぎみくじ”です。香りある楠の玉を使ったおみくじは、お守り代わりにもなります。どちらも魅力的なので、どちらも引いてしまいたくなるはずです。

湯倉神社のお守り

「湯倉神社」の魅力はこれだけではありません。おみくじだけではなく、お守りもとても個性的なものが取り扱われています。このお守りを授与するために、県外から訪れる人も少なくありません。

見た目のインパクトは、いつも頑張っている人々を後押ししてくれる心強さすら感じさせます。「湯倉神社」のさまざまなご利益を得られるように、お守りを授かってみてはいかがでしょうか?この神社でおすすめのお守りをいくつか紹介します。

御神縁御守

さまざまな御神徳を得られる「湯倉神社」にて、一番人気とも言われているのが”御神縁御守”です。さまざまな願い事に因んだ漢字一文字を施されたお守り本体を12種類から選ぶことができます。お守り本体は1体300円で、3体まで選ぶことが可能です。

色もカラフルなので、友人同士で訪れた人はお揃いで授与する人もいるとか。お守り本体は御神縁袋(1袋400円)に入れて持ち歩きます。御神縁袋は袋の色、紐の色が各5色あり自分好みのお守りをカスタマイズすることも可能です。自分らしさを出せるお守りを作れる神社はなかなかありません。

大丈夫御守

もうひとつ「湯倉神社」で人気を集めているのが”大丈夫御守”です。御守には大きく施された大丈夫という文字。何があっても大丈夫だよ、という神様からの温かいメッセージが込められているように感じます。日々の心配事や悩みからも開放されそうな、心強いお守りです。

桐箱に入っているので、自分自身のためだけではなく大切な人への贈り物にも適しています。

飛躍守

神兎やうさぎみくじだけではなく「湯倉神社」には、お守りも兎に因んだものがあります。それは大きい満月のイラストと、飛躍という文字が施された”飛躍守り”です。高く跳ねる兎のように飛躍できるように思いを込められたこのお守りは、新しいスタートを切る人たちから人気を集めています。

特に絵馬とお守りがセットになった”飛躍セット”(初穂料1,000円)はおすすめです。ぜひ絵馬とお守りに祈りを込めて、神社の御神徳をあやかりましょう。

湯倉神社のイベントやお祭り

境内のお守りやおみくじなど、参拝客を楽しませる見所が盛りだくさんの「湯倉神社」。他にもいつもとは違う盛り上がりを見せるイベントやお祭りが開催されています。入場料や予約は一切不要なので、観光客の人でも楽しめます。気になるイベントがあったらぜひ期間を合わせて訪れてみてくださいね!

湯倉神社例大祭

「湯倉神社」では毎年秋に例大祭が行われています。境内には屋台が並び、大人も子供も楽しめる伝統的なお祭りです。9月7日~9日の3日間を目安にして行われていますが、その年によって変わる可能性もあるので公式HPは確認しておくことをおすすめします。

例大祭は見学予約や入場・観覧料などは一切不要なので誰でも見に行くことができます。初日と2日目に行われる松前神楽は国の重要無形民俗文化財に指定されている貴重なもの。ぜひこの貴重な舞いを目の前で堪能しましょう。

餅まきやライブパフォーマンス、夜神輿など昼から夜まで楽しめる催しものが盛りだくさん。熱気あるお祭りの様子は人気観光地・函館の新たな一面を魅せてくれます。

夏詣

神社巡りを日頃から行っている人たちの間では、ひとつの風物詩として定着している夏詣。1年の半分の穢れを浄化し、残り半分を無事に過ごせるように祈るために行われるようになりました。夏詣限定の御朱印を用意している神社も増えてきいます。

「湯倉神社」ではこの夏詣の期間中に、地元住民や参拝客を楽しませてくれるイベントが多数開催されています。令和2年には6月20日~8月22日まで行われる予定です。

ビアガーデン

夏詣期間中には「湯倉神社」「湯川寺」では夏詣NIGHTが開催されます。この期間中には、実際に湯の川エリアで営業している飲食店のクラフトビールを飲みながら、さまざまな函館の味を堪能できます。

氏子青年会によるジンギスカンや、ハセガワストアのやきとり弁当などを食べながら夜風に当たりながら、喉に流し込むビールは最高!境内にはキャンドルが灯され、幻想的な雰囲気の中でビアガーデンを楽しめます。

キャンドルアート

神社仏閣をより身近に感じられる催しものは他にもあります。6月中旬~下旬にかけて行われているのが、キャンドルアートです。その年によってテーマも変わるため、毎回新しい楽しみ方ができます。

境内はもちろんですが、鳥居へ続く階段もダイナミックに彩られているのが特徴的。思わず何回も写真におさめたくなるような美しく彩られている「湯倉神社」を楽しめます。

湯の川温泉郷からも近いので、観光として訪れた人もゆっくり堪能できるのが嬉しいところです。

湯倉神社に参拝したら次はここ!オススメ観光スポット

函館空港からほど近い湯の川エリアには「湯倉神社」以外にも観光スポットがあります。函館市電湯の川、もしくは湯の川温泉を拠点にして回れるスポットを紹介します。北海道三大温泉郷のひとつである湯の川温泉を堪能できる場所から、可愛らしい動物たちの習性を見れるスポットまでさまざまです。

海がほど近い函館ならではの絶景を楽しめるスポットもあるので、しっかりとプランを立てれば最大限に楽しむことができるでしょう。

函館市熱帯植物園

ファミリーでも楽しめる湯の川エリアの観光スポットが「函館市熱帯植物園」です。熱帯植物園という名前を聞くと、さまざまな植物が豊富に展示されているだけといる印象がありますが、人気を集めているのが約90頭ものニホンザルたちです。通称・サル山温泉と呼ばれ、サルたちが伸び伸びを生活する姿を見れます。

ニホンザルたちが気持ちよさそうに温泉に浸かる姿を見られるのは、12月~5月までの期間限定です。園内は足湯があったり、砂場があったりと幅広い世代が楽しめる施設を用意しています。もちろん植物の種類も豊富なので、自然好きな人も楽しめます。

住所北海道函館市湯川町3-1-15
電話番号0138-57-7833
営業時間4月~10月9:30~18:00/11月~3月 9:30~16:30
入館料一般300円/小学生・中学生100円
休館日12月29日~1月1日
アクセス函館市電「湯の川」から徒歩約15分/函館空港からタクシーで約15分
駐車場有り(無料)
サイトURLhttp://www.hako-eco.com/index.html

湯の川温泉湯巡り

1日7,000トンもの豊富な湯量を誇る湯の川温泉。さらりとした肌触り、保湿効果が高い湯として知られています。湯の川温泉郷には地元住民から愛され続けている銭湯や、旅館の日帰り温泉などがあるためふらっと温泉に入ることも可能です。

源泉の温度が高い湯の川温泉ならではの熱々の温泉や、絶景を眺められる温泉などバリエーションも豊富に揃っています。もっと手軽に温泉を楽しみたい人におすすめなのが、函館市電湯の川温泉の近くにある”湯巡り舞台(足湯)”です。歩き疲れた足もすぐに癒やしてくれることでしょう。

足湯を利用する際には、タオルを持参することも忘れずに!

啄木小公園

湯の川エリアからは少し歩きますが、散策がてらに立ち寄って欲しいのが「啄木小公園」です。

函館山から湯の川方面まで伸びる大森浜。日の出町のあたりには、その大森浜に沿うように「啄木小公園」が創られています。石川啄木は1885年に生まれた詩人です。彼は「死ぬなら函館で」と話していたくらい、函館の風景を愛していました。その思いを組み創られたのが啄木像です。

函館山を背にした啄木像は、湯の川エリア有数のフォトスポット。津軽海峡に沈む夕日や漁火など時間によってさまざまな表情を魅せます。漁火は初夏から晩夏にかけて、深夜~早朝だけに見られる函館の風物詩です。

住所函館市日乃出町25
アクセス「啄木小公園前」バス停 から徒歩1分
駐車場有り(無料)

湯倉神社の基本情報

函館市内そのものが、空港や新幹線停車駅からもアクセスが良く比較的巡りやすい観光地です。その中でも湯の川エリアは函館空港からすぐそばの温泉郷というだけあり、県外・市外から訪れた人たちの観光拠点となっています。

「湯倉神社」はその湯の川温泉郷の入り口に鎮座しているので、観光スポットとして立ち寄る人も少なくありません。気になるのは社務所受付時間や駐車場情報などではないでしょうか?

基本情報

基本的に24時間境内は開放されています。とても人気の神社なので人混みを避けて参拝するなら、早朝に訪れるのがおすすめです。しかし社務所の受付時間は限られているのでお守りや御朱印の授与を考えている時には、それらも考えながら参拝しましょう。

御朱印の初穂料は300円。こちらの神社に限ったことではありませんが、お釣りがないように準備をしておくのもひとつの礼儀です。

アクセス・駐車場

「湯倉神社」は函館市電湯の川温泉で下車してすぐの場所にあります。本当に降りてすぐの場所にあるので、初めて訪れた人でも迷うことは無いでしょう。駐車場は無料で用意されているので、車で訪れた人も安心です。100台分のスペースがあるため、よほどのことが無い限り停められます。

夏詣や例大祭などのイベント期間中も駐車場は無料開放されています。しかし混み合うことは必須なので、できる限り公共交通機関を利用することをおすすめします。

住所北海道函館市湯川町2丁目28番1号
開門時間24時間
社務所受付時間9:00~17:00
アクセス函館市電「湯の川」から徒歩約2分
駐車場有り(無料)
サイトURLhttp://www.yukurajinja.or.jp/

湯倉神社ならではのユニークな体験

見所たっぷりの「湯倉神社」は、いつ行っても参拝客の気持ちを和ませてくれます。御朱印を授与した際に、栞と入浴剤をいただける場合もあるようです。これは湯の川温泉発祥の地ならではのエピソードではないでしょうか?

祀られている神様の御神徳だけではなく「湯倉神社」を支えている方たちの温かい気持ちを感じられる神社なので、函館観光の際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

関連する記事