trima

旭川のおすすめグルメ情報まとめ!孤独のグルメのロケ地となった場所も!

旭川のおすすめグルメ情報まとめ!孤独のグルメのロケ地となった場所も!

2020.06.12

Trima北海道編集部

北海道・旭川にはたくさんのおすすめグルメがあります。中でもご当地b級グルメは外せません。今回は、旭川の美味しいグルメを食べられるお店を紹介します。ランチや夜におすすめなお店や駅周辺でアクセス抜群なお店、孤独のグルメのロケ地になったお店も紹介します。

目次

  1. 旭川を訪れたら食べに行きたいお店をご紹介
  2. 旭川のおすすめ店【ランチ】
  3. 二幸 本店
  4. 花まる亭
  5. らーめんや 天金 四条店
  6. 旭川のおすすめ店【夜】
  7. 松尾ジンギスカン 旭川支店
  8. 鮨 みなと
  9. エスペリオ
  10. 旭川のおすすめ店【駅周辺】
  11. アジア金星堂
  12. 焼鳥専門 ぎんねこ
  13. 串鳥 旭川本店
  14. 旭川のB級グルメが美味しいと評判!
  15. ジュンドッグ
  16. チャップ丼
  17. 旭川しょうゆ焼きそば
  18. ドラマ「孤独のグルメ」のロケ地になったお店はどこ?
  19. 食彩 味三昧
  20. 独酌 三四郎
  21. 自由軒
  22. 羅亜~麺 加藤屋 4条店
  23. 旭川のご当地グルメを堪能しよう

旭川を訪れたら食べに行きたいお店をご紹介

 (865937)

旅の醍醐味と言えばグルメでしょう。滞在期間中、朝ごはんはホテルに朝食が付いていたりコンビニなどで軽く済ましたりすることも多いですが、ランチとディナーは北海道ならではのものが食べたい!とリサーチを欠かさない人も多いです。

旭川はグルメの宝庫でもあり、多くのおすすめグルメや美味しいレストランがあります。その数が多すぎて限られた食事の回数でどこに行こうか迷ってしまいますよね。

今回は旭川を訪れたらぜひ食べに行きたいお店をランチとディナーに分けて紹介します。また、駅からアクセスの良いお店や絶対味わいたいB級グルメ、更には「孤独のグルメ」に登場したお店も紹介します。

旭川のおすすめ店【ランチ】

 (865934)

ダイエット中の人や旅で体重が増えることを気にしている人でも、夜に比べるとランチの方が罪悪感なく食べられます。そこでランチにヘビーなものを食べるという人も多いでしょう。

ここでは旭川でランチに食べたいおすすめのお店を紹介します。

二幸 本店

「二幸 本店」は昭和22年に営業を始め、旬の食材を使った料理が楽しめると人気のお店です。落ち着いた和の雰囲気で、大人のランチを楽しむことができ、夜は魚介類とお酒を味わえます。

ランチは4種類ありますが、1番人気は「寿司ランチ」(1,000円)で寿司・茶碗蒸し・吸い物・ドリンクがついています。その他に「かき揚げ天ぷら定食」(1,000円)、「チキンカツ定食」(800円)、「ランチ限定弁当」(1,000円)があります。

ランチは2時半までとなっているので、訪れる時間に気を付けましょう。

住所北海道旭川市3条通7
営業時間11:00-14:30,16:30-22:00
電話番号0166-22-5070

花まる亭

昭和53年に創業し、北海道の食材を活かした料理を楽しめると地元の人からも人気となっているのが「花まる亭」です。ここでしか食べられない創作エゾ料理が楽しめるとあって、観光客も多く訪れています。

名物は「ペロンタン汁」(800円)で、出汁にはクジラも使われており、かぼちゃ団子やウドなどスープに入っている食材も珍しいです。ペロッと食べられることから名付けられた通り、気づいたら食べきってしまう美味しさがあります。

そして「白いトウモロコシの天ぷら」(800円)も看板メニューです。糖度の高いピュアホワイトという品種を使用しており、揚げることで更に甘みを感じ、子供にも人気です。

ランチにはこれらが味わえる「名物料理セット」(2,650円)があり、鮭のチャンチャン焼きやせいろ飯などボリューム満点で花まる亭の美味しさがぎゅっと詰まっています。

住所北海道旭川市3条通8丁目
営業時間11:30-14:40,17:30-23:00
電話番号0166-26-7206

らーめんや 天金 四条店

旭川駅から徒歩7分のところにある「らーめんや天金 四条店」は、旭川にあるラーメン屋の中でも超人気店です。1952年に創業し、豚骨をベースにしたスープは創業以来変わらない味を提供し続けています。

ラードを加えて表面に油の膜を作り、最後まで冷めずに食べられるという寒い地方ならではの工夫もされています。麺は中太の縮れ面でスープがよく絡むようにし、本格チャーシューやねぎ、メンマは脇役ではなくしっかりと存在感があります。

最後の一滴まで飲み干してしまう人が続出するのも納得の、細部までこだわって作られたラーメンです。定番は「正油ラーメン」(800円)で、スープが美味しいのでライスも一緒に頼むことをおすすめします。

住所北海道旭川市4条通9丁目1704−31
営業時間11:00-20:00
電話番号0166-27-9525

旭川のおすすめ店【夜】

 (865933)

ランチの次はディナーです。観光ではいつも以上に歩くのでお腹もすくでしょう。お腹がすいた状態でのご飯は格別ですよね。

ここでは旭川の夜ご飯で食べたいおすすめのお店を紹介します。

松尾ジンギスカン 旭川支店

松尾ジンギスカンは羊肉の臭みがなく誰でも食べやすいことで人気となっています。生のニンニクを使用せずに臭みを消すことが難しく、10年以上かけて開発された漬け込みダレは地元の人にも愛されています。

「生タレ」にこだわり、フレッシュなりんごと玉ねぎを主原料に、生姜と醤油を加え、10種類以上の秘伝の香辛料をミックスしてタレが作られています。

作り置きをしないので日持ちはしませんが、自然の甘みと酸味が味わえ、羊の臭みが苦手でジンギスカンが食べられない人でも不思議と食べられてしまいます。おすすめは「食べくらべセット」(3,060円)です。

特上ラム・マトンロース・野菜・雪わさびがセットになっているので、それぞれの肉の美味しさを味わうことができます。

住所北海道旭川市2条通5丁目左3
営業時間11:00-22:00
電話番号050-5870-1071
URLhttps://www.matsuo1956.jp/

鮨 みなと

ミシュランで1つ星を獲得したお寿司屋が「鮨 みなと」です。ディナータイムのみの営業となっており、予約必須のお店ですが予約も取りにくいので早めに予約しておく必要があるほど人気があります。

人気は「おまかせコース」です。あやめ(5,400円)・ぼたん(6,480円)・あじさい(7,560円)の3つのコースがあり、値段によって品数が異なります。旬のものを美味しい食べ方で頂けます。

お寿司をがっつり食べたいという人は「旬のおまかせ握り」(4,860円)がおすすめです。14貫のお寿司が出され、コスパが良いと人気です。

住所北海道旭川市3条通5丁目左9
営業時間18:00-23:00
電話番号0166-22-7722

エスペリオ

旭川の観光スポットといえば「旭山動物園」が最初に思い浮かぶ人も多いでしょう。旭山動物園の近くにあり、家族連れにもおすすめなお店が「エスペリオ」です。

ファーマーズレストランで、北海道内の農地から直送された新鮮な食材のみを使用しています。洋食中心のメニューですが、その中でも「ハンバーグ」が美味しすぎると話題になっています。

エスペリオのハンバーグは牛の赤身肉がふんだんに使用されており、脂肪分が低いので牛肉の旨味を楽しめます。ハンバーグには4種類ありますが、まずはオーソドックスな「エスペリオハンバーグ」(1,100円)を味わってみてください。

住所北海道旭川市東旭川町240−8
営業時間11:00-21:00
電話番号0166-36-3563

旭川のおすすめ店【駅周辺】

 (865932)

観光客にとってアクセスの良さも重要です。いくら美味しいお店でもレンタカーが無い状態でアクセスできないことも少なくありません。特に北海道は土地が広大なため、車でしか行けない名店も多くあります。

ここでは駅周辺でおすすめのお店を紹介します。公共交通機関しか移動手段がないという人も気軽に訪れられるお店なのでおすすめです。

アジア金星堂

札幌で発祥して北海道内に広まった料理に「スープカレー」があります。これは通常のカレーよりも汁気が多く、スープとして食べたりご飯を浸して食べたりする料理です。美味しいスープカレーのお店として有名なのが「アジア金星堂」です。

アジア金星堂では、とろみのあるカレー(ルゥカレー)ととろみのないカレー(スープカレー)がメニューにあり、スープカレーは夕方以降の提供となっています。

人気メニューは2種類のカレーが楽しめる「ワンプレート」(1,100円)のほか、骨付きチキンと素揚げ野菜がトッピングされたバジル風味の「サッポロスウプ オコイ」(1,100円)が人気です。

住所北海道旭川市東5条11丁目2−1
営業時間11:00-14:00,18:00-21:00
電話番号0166-25-1503

焼鳥専門 ぎんねこ

昭和25年創業の「焼鳥専門ぎんねこ」は、昭和の雰囲気がたっぷり味わえる焼き鳥屋です。名物は「新子焼き」(1,280円)で、若鶏の半身を豪快に焼き上げた料理です。鶏肉は冷凍していないものを使っているのでジューシーに仕上がります。

味は塩とタレから選べ、店内飲食であればハーフ&ハーフもできます。人気のあまりテイクアウトだけでなく、通販でも頼めるようになりました。焼きあがるのに30分以上かかるので、最初に必ず頼みましょう。

住所北海道旭川市5条通7丁目右6
営業時間13:00-22:00
電話番号066-22-4604

串鳥 旭川本店

昭和55年に「串鳥」はすすきのでオープンしました。その後人気が徐々に高まったことで、現在は北海道内に35店舗、仙台に6店舗、そして東京にも2店舗が進出しています。

岩手産のあはん鶏を主に使用し、炭火で香ばしく焼き上げ、タレや塩など味付けに使うものもこだわっています。串焼きの種類が豊富で、期間限定のメニューも多いのでどれを頼むか迷ってしまいます。

串鳥では大根おろしと鶏スープが無料サービスとなっており、何度でもおかわりできます。

住所北海道旭川市2条通7丁目左 1 号 プラネット 2・7 1F
営業時間16:00-0:30
電話番号0166-29-1194

旭川のB級グルメが美味しいと評判!

 (865930)

旭川には美味しいグルメがたくさんありますが、最近では旭川のB級グルメが美味しいと話題になっています。

近年のB級グルメブームにより旭川も注目されるようになりました。ここではB級グルメを3つ紹介します。それが食べられるお店も紹介するので、ぜひ食べてみてください。

ジュンドッグ

ジュンドッグとは、旭川の美瑛町にある「洋食や 純平」発祥のB級グルメです。洋風のおにぎりのようなもので、ソーセージやエビフライなどを特製のソースで味付けし、ご飯で包んで棒状にした食べ物です。

純平では作りたてをテイクアウトすることができ、海老フライとカレーソーセージ(各390円)の2種類があります。市内で販売されているのはピジョン館が製造しているものであり、こちらはエビフライ、チキンカツ、ソーセージの3種類あります。

ピジョン館では通販も行っており、5本セットで2,120円です。熱々が美味しいので、電子レンジでバーコード部分が焦げるくらいまで温め、5分程蒸らしてから食べる方法が推奨されています。

チャップ丼

チャップ丼はポークチョップが由来になっている料理で、訛ってチャップとなったようです。豚バラ肉を焼いて濃い目に味付けされた甘辛いタレと絡ませ、お店によっては玉ねぎやねぎも使われることがあります。

それをご飯の上に乗せ、上に目玉焼きを乗せて完成です。チャップ丼は旭川で食べられているB級グルメですが、中でも有名なお店は、滝川にある「高田屋」です。高田屋のチャップ丼(750円)には秘伝の継ぎ足しで作られているタレが使われており、他のお店では味わえません。

+50円で目玉焼きをトッピングできるのですが、これはマストで注文しておくことをおすすめします。甘辛いタレに黄身が絡んでまろやかな味となり、更にご飯が進みます。

旭川しょうゆ焼きそば

旭川しょうゆ焼きそばは2010年にマルシェで初めて試作・販売が行われました。その後焼きそばで町おこしをしようと様々な店がオリジナルで商品開発し、家庭でも気軽に作られるようになりました。

旭川しょうゆ焼きそばには3つのルールがあります。1つ目は旭川産の米粉と北海道産の小麦粉を混ぜ合わせて作った麺を使用することです。2つ目は旭川産のしょうゆダレを使用すること、3つ目が道北の食材を1つ以上使用することです。

あちこちのお店でのぼりを見かけることもありますが、旭川しょうゆ焼きそばの有名店としては5条通りにある「とはち」やザンギが乗ったボリュームのある「とり丸亭」です。

ドラマ「孤独のグルメ」のロケ地になったお店はどこ?

「孤独のグルメ」とは1994年から連載がスタートされたグルメ漫画です。2006年には好評のあまりスペシャルドラマとして実写版が放送されました。

その中で主人公の五郎は北海道に出張するシーンがあり、北海道内の様々なレストランを訪れました。五郎が訪れた店を周る聖地巡礼が孤独のグルメファンによって行われています。

孤独のグルメに選ばれるお店の味は確かであり、はずれがありません。ここではドラマのロケ地となったお店を4つ紹介します。

食彩 味三昧

「食彩 味三味」は旭川駅から徒歩11分のところにある本格蟹料理のお店です。孤独のグルメ旭川出張編の中で、五郎が店の外から生け簀の中にカニがあるのを見つけ、入店することを決めましたが、団体客に先を越されて断念したお店です。

名物コースは「蟹しゃぶと豪華あわびステーキ」(4,700円)です。生ビールを含む2時間飲み放題が付いており、あわびのステーキまで食べられます。

コースは基本的に4名からとなっていますが、単品での注文も可能です。「タラバ蟹のしゃぶしゃぶ」(8,000円~)や「毛ガニせいろ蒸し」(4,500円~」も人気です。

少し値段は高めですが、生け簀から上げたばかりの新鮮な蟹を楽しめます。英語や中国語のメニューもあることから、外国人の観光客にも知られているお店です。

住所北海道旭川市4条通7丁目
営業時間17:00-23:00
電話番号0166-25-2508

独酌 三四郎

旭川駅から徒歩10分ほどにある「独酌 三四郎」は繁華街のはずれにありながらも、北海道で1、2を争うほど有名な居酒屋となっています。1946年から営業されており、現在は2代目の店主と女将が切り盛りしています。

2012年ミシュランガイド北海道編で掲載されたことから北海道民に知られるようになり、2016年に孤独のグルメで五郎が全ての料理に大満足し、女将のおもてなしを絶賛したことから全国からお客さんが来るようになりました。

料理のクオリティが高く、日本酒の品揃えが抜群です。女将は利き酒師の資格を持っているので、料理に合うお酒を選んでもらうこともできます。

居心地がよく、1人で訪れても楽しめるお店です。常連さんはもちろんのこと、初めての人にも分け隔てなく温かくしてくれる女将の優しさが人気の秘密にもなっています。

住所北海道旭川市2条通5丁目左7
営業時間17:00-22:30
電話番号0166-22-6751

自由軒

「自由軒」は買物天国から歩いて10分程のところにある豚肉料理をメインとしているお店です。孤独のグルメで有名となり、観光客が多く訪れるようになりましたが、それ以前も地元の人から愛されているお店です。

1番人気は「塩焼き」ですが、400gの大きさのお肉を使った「わらじ焼肉」やウスターベースのたれがたまらない「肉ライス」も名物となっています。

また、ドラマの中で登場したことからメニューになった「五郎セット」(1,080円)は観光客に人気となっています。カニクリームコロッケ2個、ホッケフライ2個、ご飯、味噌汁がついた大満足のセットです。

ドラマの五郎を真似てお味噌汁をどんぶりサイズ(+500円)に変更する人も多いです。

住所北海道旭川市5条通8丁目左2号
営業時間11:00-14:00,17:00-21:00
電話番号0166-23-8686

羅亜~麺 加藤屋 4条店

「羅亜~麺 加藤屋 4条店」はドラマの中で五郎が入ろうとするも、お客さんでいっぱいで食べられなかったラーメン屋です。本店は北門にあり、4条店は旭川駅から歩いて8分のところにあります。

名物は「ホルメン醤油」(900円)です。ホルメンとは、ラーメンとホルモンを組み合わせた新感覚ラーメンです。ホルモンを塩、醤油、豆板醤などで味付けし、魚介スープの上にトッピングしています。臭みがないので食べやすいと女性にも好評です。

他にも「辛うまらーめん醤油」(800円)は辛いもの好きにぜひ食べてもらいたい、後を引く旨さを味わえるラーメンです。+50円で激辛らーめんにすることもできます。

住所北海道旭川市4条通7丁目586−2 1F
営業時間18:00-3:00
電話番号0166-22-2202

旭川のご当地グルメを堪能しよう

今回は北海道・旭川のランチやディナーでおすすめのお店を紹介しました。旭川にはご当地グルメを堪能できるお店が多くあり、食べ物のためだけに旭川を訪れる人もいるほどです。

慣れ親しんだチェーン店でご飯を食べるのもいいですが、旭川を訪れた際はぜひご当地グルメを堪能してみてください。

関連する記事