trima

アイヌの聖地「神居古潭」の魅力と紅葉の見頃!この地に眠る伝説も紹介!

アイヌの聖地「神居古潭」の魅力と紅葉の見頃!この地に眠る伝説も紹介!

2020.06.14

Trima北海道編集部

北海道有数のパワースポット、神居古潭。最近では漫画・ゴールデンカムイの聖地巡礼として訪れる人も増えてきました。今回は神居古潭に伝わる伝説や心霊スポットとしての噂、紅葉情報まで紹介します。アクセス方法や駐車場情報も記しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

  1. 一度は訪れたい!北海道・旭川「神居古潭」
  2. 神居古潭とは?
  3. 旭川八景の一つ
  4. カムイコタンの音意訳
  5. 神居古潭は紅葉が有名!見頃は?
  6. 10月上旬~10月中旬がおすすめ
  7. 日本風景と共に紅葉が楽しめる
  8. 神居古潭は心霊スポットとしても有名な場所
  9. 原因は「列車事故」との噂
  10. 自殺の名所である
  11. 心霊現象が起きるのは「トンネル」「電話ボックス」
  12. 今も残る「神居古潭の伝説」とは?
  13. 漫画・ゴールデンカムイの聖地としても話題
  14. ゴールデンカムイとは?
  15. 聖地は他の場所にも
  16. 神居古潭の基本情報
  17. アクセス方法
  18. 駐車場情報
  19. 絶景を見た感想は?神居古潭の口コミ
  20. ぶらっと立ち寄ってみました
  21. 美しい紅葉を見に
  22. 他にもある!北海道の絶景スポット
  23. 層雲峡
  24. 名母トンネル
  25. 秋だけじゃない!神居古潭は春夏秋冬楽しめる観光スポット

一度は訪れたい!北海道・旭川「神居古潭」

アイヌに伝わる”神の里”と大切にされている神居古潭。北海道を流れる石狩川の幅が最も細くなり渓谷となっている場所です。旭川有数の景勝地であるこの場所は、美しい自然を求めて国内外から人々が訪れます。

緑豊かな大自然の中に架かっている木製の白い橋は、神居大橋。この一帯の風景と馴染み、神秘的な雰囲気を醸し出しています。今回はパワースポット、心霊スポット、神のいる里などさまざまな顔を持つ神居古潭の魅力や噂について徹底解析していきましょう。

神居古潭とは?

神居古潭は旭川市にある石狩川の渓谷です。川幅が最も狭くなり流れも急になるこの場所は、平野を流れている石狩川とはまた違った異様な雰囲気を見せます。この渓流が神秘的な場所とされるようになった理由のひとつ。

川沿いには旭川市指定の天然記念物・神居古潭おう穴群があります。このおう穴群は川床が小石により侵食されできたもの。他にもエリア内には遺跡群も点在していて、歴史をたどると縄文時代にまでさかのぼります。

現在も残されている旧駅舎は、旭川市指定の有形文化財に指定され休憩所として大切にされています。さまざまな時代の時の流れを感じられる場所といえるでしょう。このエリア一帯はサイクリングロードやハイキングコースにもなっているため、ゆったりと自然や歴史を感じながら散策できる場所です。

旭川八景の一つ

旭川には土地の特徴や気候により見ることができる、数々の絶景の中から選ばれた旭川八景というものがあります。その旭川八景の中のひとつとなっているのが、この神居古潭です。他には旭川市彫刻美術館や平和通買物公園、ダイヤモンドダストなどがあります。

時間があれば、旭川八景を巡ってみるのもおすすめ!とは言っても、ダイヤモンドダストは運が良くなければ見れないものなので、全てを見るのは何度か通う必要がありそうです。

カムイコタンの音意訳

View this post on Instagram

#2019#10/6 #北海道 #神居古潭

A post shared by 夜のカフェテラス (@a199806158) on

神居古潭(カムイコタン)という呼び方は、日本語ではなかなか馴染みの無い呼び方です。このカムイコタンとはアイヌ語で、神の住む場所という音意訳。もともとアイヌの土地であった北海道は、地名の多くにアイヌ語の名残があります。

アイヌの言葉をそのまま日本語に当てているものがほとんどなので、難読地名も多く残っています。例えば長万部(おしゃまんべ)や占冠(しむかっぷ)などは代表的です。

神居古潭は紅葉が有名!見頃は?

神居古潭は紅葉の名所としても知られています。車を利用しなくてもアクセスしやすい景勝地なので、シーズンになると多くの人々が集まります。ナナカマド、ミズナラ、カエデなどの木々が岩肌を彩り、見事なコントラストを演出。神居大橋から見る景色が一番美しいと言われています。

10月上旬~10月中旬がおすすめ

神居大橋から見渡す紅葉が一番美しいと言われている神居古潭。しかし木製で作られている神居大橋は一度に乗れる人数は100人までと決まっています。ルールは守って混み合うシーズンも譲り合いながら、楽しみましょう。白い橋と色とりどりの紅葉とのコントラストも絶景です。

神居古潭の木々は9月下旬から色づき始めます。一番の見頃は10月上旬から中旬にかけてです。気温も冷え込んでくるので、その時の気候も調べておいて防寒対策はしておきましょう。旭川の10月平均気温は10℃前後、日によってはマフラーや手袋が必要になることもあるようです。

日本風景と共に紅葉が楽しめる

旭川市街から約10kmほど石狩川をくだった場所にある神居古潭。古くから特別な場所として大切にされた神居古潭には、多くの自然や歴史的建造物が残ります。神居古潭には美しい自然の他に、遺跡や鉄道跡が綺麗にのこされています。

これらの神秘的な風景やノスタルジックな雰囲気とともに、美しい紅葉が楽しめるのが最大の魅力です。神居大橋以外にも紅葉の見所はたくさんあるので、ゆっくりと散策しながら自分なりのフォトスポットを見つけてみましょう。

神居古潭は心霊スポットとしても有名な場所

 (869869)

神居古潭はパワースポット、紅葉の名所として知られていますが心霊スポットとしてのイメージが強い人も少なくありません。なぜ神の住む場所と古くから言われているこの地が、心霊スポットとして有名になってしまったのでしょうか?

心霊スポットとして語られる理由や、歴史についてみていきましょう。ちなみに心霊スポットと呼ばれている場所は、興味本位で行くことをおすすめしません。あくまでの観光名所のひとつとして、日中に楽しむことをおすすめします。

原因は「列車事故」との噂

 (869870)

現在は廃線となっていますが、その昔ここには鉄道が通っていました。神居大橋を渡った先にある神居古潭駅やSL、神居古潭トンネルなどはその名残です。多くの荷物、観光客を運ぶために運行していましたが不運な事故に見舞われたことも。

遡ること1932年。神居古潭を走っていた列車に岩石が落ちてきたことにより発生した事故がありました。貨物列車だったため乗客はいなかったものの、乗務員が命を落としました。その事故にあった車両は、今なお川底に沈んでいるという噂があります。

この鉄道事故は、心霊スポットとして知られるようになった理由のひとつです。

自殺の名所である

 (869896)

もうひとつ心霊スポットと言われるようになった理由が、自殺の名所であるということ。神居大橋から川を見下ろすと、渦巻いている場所があります。そこは水深70mと神居古潭の中で、最も深くなっている場所です。このポイントは上と下の層の流れが異なるため、遺体があがってこないと言われています。

もしかしたら川底には今なお浮き上がることなく、渦に巻き込まれている遺体があるのかもしれません。先程まで元気だった人が、橋から川を見た途端に飛び降りたくなったという話もあります。雰囲気に飲み込まれやすい人、霊感がある人は行ってはいけないという話もあるほど危険度が高い心霊スポットです。

心霊現象が起きるのは「トンネル」「電話ボックス」

 (869904)

神居大橋を渡ってすぐの電話ボックス、現在もサイクリングコースとして使われている神居古潭トンネルの2箇所は、一番危険な心霊スポットと言われています。電話ボックスでは女性の霊の目撃情報があるとか。またこの電話ボックスから電話をかけると、雑音しか聞こえてこないという曰く付きの話もあります。

ただ電話ボックスよりも恐ろしいとされているのが、神居古潭トンネルです。現在も通れますが、昼間も鬱蒼とした雰囲気が漂い、怖くてこの先に行けないという人も少なくありません。実際にこの怖さを伝えた動画もYou TubeにUPされているので、気になる人は見てみてはいかがでしょうか?

またトンネル付近には神居大橋から身を投げた人々の霊が、現れると言われています。

今も残る「神居古潭の伝説」とは?

神の住む場所と直訳される名がついている神居古潭は、古くからアイヌの人々にとって特別な場所であることが想像できます。今ほど交通が整っていない時代は、川を使った移動手段が主流でした。石狩川でも急な流れで深い神居古潭では、命を落とす人も少なくなかったとか。

無事に渡れるように神に祈りながら渡った場所だと言われています。また神居古潭にはニッネカムイ(悪い神格化された霊)という魔神が住んでいて、人々に悪さをしていたそうです。その悪事を咎めようと立ち上がったのが、ヌプリカムイ(山の神)と英雄サマイクルです。

見事にニッネカムイを抑えた戦いの跡は、神居古潭おう穴群に”魔神の足跡””魔神の頭”と呼ばれ残っています。ひとつの地形としてだけではなく、神秘的なスポットとして見るのも面白いですよ!

漫画・ゴールデンカムイの聖地としても話題

View this post on Instagram

【ゴールデンカムイ】 [作者] 野田サトル [詳細] 未完 現時点 1巻〜21巻発売中 ヤングジャンプ掲載 [あらすじ] 明治末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。 [感想] サバイバルバトル漫画であり、グルメ漫画であり、アイヌ文化学書的な面もあり。とりあえず面白い。そして勉強になる。 ただ、登場人物がほぼ変態という事故。まあそれ含め好きなんですけど。 ガタイのいい男達が中学生くらいの少女に養われてるとか、もう面白いところしかないです。 私の中で面白い漫画TOP5に入ります。 #ゴールデンカムイ #ヤングジャンプ #comic #ほんと変態ばっかり

A post shared by しお (@_jiji.hobby_jiji) on

神居古潭は紅葉スポットや心霊スポットとしてだけではなく、最近ではゴールデンカムイの聖地巡礼スポットとして注目されるようになりました。日露戦争終結後の日本を舞台にしたこの漫画に、刺激を受けた人も続出。人気の作品・ゴールデンカムイとは一体どのような漫画なのでしょうか?

ゴールデンカムイとは?

2014年から週刊ヤングジャンプで連載をしているゴールデンカムイは、日露戦争後の北海道・樺太を舞台にしたサバイバルストーリーです。アイヌが残した金塊を巡り、アイヌ民族の風俗や歴史などが描かれています。生きることの尊さ、生命の根源などを学べると夢中になれる人も多いとか。

アイヌ料理を美味しそうに食べる主人公の描写も多く、グルメ漫画として楽しむ人もいるそうです。

聖地は他の場所にも

ゴールデンカムイの聖地は札幌市や小樽市に集中しています。特に北のウォール街こと小樽市は、複数ケ所の聖地を巡れます。第4巻に登場する旧百十三銀行小樽支店、旧小樽倉庫などは現存している建物です。

また少し距離は離れますが、聖地巡礼スポットとしておすすめしたいのが博物館網走監獄です。主人公たちが探している囚人が監獄されていた場所として描かれています。当時の囚人の生活が蝋人形で再現されているので、リアリティがあります。

神居古潭の基本情報

神居古潭は北海道中西部旭川市と深川市の間に位置していて、石狩岳から日本海に流れている石狩川の峡谷です。アクセス情報や車で行った際に気になる駐車場情報を見ていきましょう。秘境感がありますが、意外とアクセスしやすいのが神居古潭の魅力です。

徒歩で向かうには最寄り駅からもかなりの距離があるため、駅からバス、もしくは車でのアクセスが一般的となります。

アクセス方法

バスで向かう際にはJR旭川駅から乗車します。ルートは、北海道中央バスの芦旭線・深旭線の深川市立病院前行きに乗車するか、沿岸バスの留萌旭川線留萌十字街行きに乗車の3通りです。いずれも運賃520円、26分ほどで到着します。1時間に1本のペースで運行しています。

紅葉シーズンになると日が落ちる時間も早いので、バスに乗り遅れないよう帰りも余裕を持って行動しましょう。

車で行く際には旭川市街から約30分ほどで到着します。旭川空港からも車で50分ほどなので、比較的立ち寄りやすい観光名所です。

駐車場情報

 (869948)

観光名所ですが嬉しいことに駐車場は無料で利用できます。30台分停められるスペースがありますが、紅葉シーズンになると満車になることもあるので注意が必要です。シーズンによっては公共交通機関を利用した方が良いかもしれません。

駐車場は国道12号線沿いにあるので、迷うことなくたどりつけます。道幅は広めですが、交通量も多いため駐車場に入る際や道路を渡る際には気をつけましょう。

絶景を見た感想は?神居古潭の口コミ

View this post on Instagram

. . (10月22日 撮影 神居古潭) . 少し前の紅葉🍁なので 今はどんなかんじかな? . 神居古潭は、 子供の頃はサイクリングや 小学生の頃は遠足でもきたことがあるような場所なのですが . 大人になってからは、 近くの国道を車で通る時に ちらりと眺めるだけになっていました。 . でも、 . ブラタモリでタモリさん😎が . 充電させてもらえませんか?で出川さん🛵が訪れていたのをテレビで見て . 今年は久しぶりに行ってきました。 ・ ・ ・ #日本 #北海道 #旭川市 #旭川 #あさひかわ #神居古潭 #カムイコタン #秋 #紅葉 #キャノン #シグマ #Japan #Hokkaido #asahikawa #kamuikotan #autumn #fall #redleaves #canon #canoneoskissx7 #siguma #autumnleaves

A post shared by Rieko (@dragon__mom) on

やはりこの絶景を目にすると、来てよかったと思う人がほとんど。神の住む場所と呼ばれているのが、わかるくらいに清々しい空気が流れています。空気が澄んでいるので、紅葉の色づきも美しいの一言です。実際に訪れた人たちの口コミを一部紹介します。

ぶらっと立ち寄ってみました

実は立ち寄る予定は無かったのですが、車で通りすぎる際に見かけせっかくだからと行ってみました。夏に行きましたが、車から降りた途端に心地よい風が体を包み癒やされました。神居大橋はギシギシと音が鳴り、雰囲気が抜群。案内によると100人までしか橋に乗れないそうです。

橋を渡るとSLや神居古潭駅などがありました。これまた雰囲気が抜群!自然があるだけの場所かと思っていた自分を恥じました。このまま自然を感じたいと思い、ハイキングコースも行ってみました。グルっと一周するコースでしたが、無理なく歩けるため純粋に大自然を堪能できました。

ぬかるみや倒木も多いため、歩きやすい靴・汚れても良い服で行った方が良いです。(30代・女性)

美しい紅葉を見に

毎年、神居古潭の紅葉を見に行っています。以前は観光客も少なく、川の流れと木々の揺れる音だけが聞こえる静かな雰囲気の中で紅葉を楽しめましたが、最近は土日になると賑わうようになりました。混雑を避けるなら平日や早朝が良いかもしれません。

少し肌寒いですが、自転車で風を感じながら紅葉狩りもおすすめです。(40代・女性)

他にもある!北海道の絶景スポット

 (869946)

神居古潭以外にも美しい紅葉を見られるスポットは他にもあります。神秘的な雰囲気を感じられるスポットから、ドライブがてら眺められる場所までさまざまです。この秋は広大な北海道で紅葉狩りを堪能してみませんか?

層雲峡

日本で一番早い紅葉を見られる大雪山国立公園の入口に位置するのが、層雲峡です。温泉街も近くにあるため1日中美しい紅葉の中で過ごしたい人にもおすすめのスポットとなっています。約24kmに渡り連なっている断崖絶壁は、約3万年前の噴火により誕生したもの。神秘的な光景は層雲峡で一番の見所です。

秋になると渓谷全体が美しく彩られます。その中でもおすすめの紅葉スポットは2ケ所。流星の滝・銀河の滝と紅葉谷です。滝は双瀑台から眺めれば、2つの滝を一望することができます。また700mほど沢に沿って作られている散策路の先にあるのが紅葉谷です。紅葉滝の水爆と共に紅葉を楽しむことができます。

大雪山の紅葉は8月下旬から始まります。層雲峡は10月上旬から中旬にかけて見頃をむかえるため、この一帯では1ヶ月半に渡り秋の風景を楽しむことができます。

住所北海道上川郡上川町層雲峡 層雲峡温泉
アクセスJR上川駅前・上川森のテラスバスタッチ(道北バス)乗車「層雲峡温泉」から徒歩5分
駐車場有り

名母トンネル

1842mの長さを誇る名母トンネル。実はこの場所、北海道内でも穴場的な紅葉スポットです。10月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。ドライブがてら通るのも良いですが、停車してじっくり堪能するのがおすすめです。

特にみずほパーキングからの見晴らしは最高!秋色に染まった市内を一望することができます。広大な敷地面積を持つ北海道ならではの開放感ある絶景は、一度みたら忘れられません。早朝には幻想的な雲海を見れることでも有名な場所となっています。

駐車場にはトイレもあるため、長距離ドライブの際にも嬉しいポイントです。

住所北海道名寄市瑞穂 名母トンネル付近
アクセス名寄美深道路名寄北ICから約20分
駐車場有り

秋だけじゃない!神居古潭は春夏秋冬楽しめる観光スポット

おすすめの紅葉スポットとして紹介しましたが、1年を通してどの季節に行っても美しい風景を魅せてくれるのが神居古潭です。春には桜が咲き、夏には緑の中で心地よい風を感じられます。冬になると歩くスキーコースとして開放される場所も。さまざまな伝説が残る神居古潭で、豊かな大自然を堪能してみませんか?

関連する記事