trima

小樽の堺町通りは人気の観光スポット!ランチやお土産・駐車場情報など!

小樽の堺町通りは人気の観光スポット!ランチやお土産・駐車場情報など!

2020.06.15

Trima北海道編集部

小樽の堺町通りは観光スポットや人気のお土産店が集結しており、大人気の観光スポットです。また、海鮮丼やジンギスカンなど、北海道ならではのグルメを楽しめるランチ店も多くあります。堺町通りの見どころやおすすめ店、アクセス方法や駐車場の有無も確認しておきましょう。

目次

  1. 堺町通りは小樽の人気観光スポット
  2. 堺町通りの見どころ
  3. 北一硝子 三号館
  4. 大正硝子館 本店
  5. 小樽オルゴール堂 本館
  6. 堺町通りはお土産を買うのにぴったり
  7. 北菓楼 小樽本店
  8. ルタオ 本店
  9. かま栄 工場直営店
  10. おたる瑠璃工房 運河店
  11. ランチを楽しめるお店が充実している
  12. 海鮮丼が有名な「小樽ポセイ丼 堺町総本店」
  13. 新鮮なネタが楽しめる「小樽たけの寿司」
  14. 本場のジンギスカンが味わえる「俺のジンギスカン」
  15. 味噌ラーメンが美味しい「ラーメンみそら」
  16. 堺町通りに行くには?
  17. アクセス
  18. 駐車場情報
  19. 堺町通り周辺の観光スポット
  20. 小樽運河
  21. 日本銀行旧小樽支店金融資料館
  22. 堺町通りで買い物と食事を楽しもう

堺町通りは小樽の人気観光スポット

小樽といえばどんなイメージを抱いているでしょうか?小樽は海鮮ももちろん有名ですが、小樽、堺町通りは多くの観光客で賑わっています。

小樽の人気スポットの一つでもある堺町通りとはどんなところか御紹介したいと思います。小樽に行ったら堺町通りを訪れることをおすすめします。

堺町通りの見どころ

堺町通りは平成24年に設立し、900メートルにも及ぶこの堺町通りには観光関連施設や店舗が多くあります。誰もが楽しめる商店街をモットーに数々のお店が軒並みを揃えています。

小樽は小樽運河だけが魅力の場所ではないのです。小樽に行ったら是非とも堺町通りを訪れるべきです。

堺町通りのここだけは訪れるべき場所を一緒に見ていきたいと思います。きっとレトロでディープな街、堺町通りの虜になること間違いないです。

北一硝子 三号館

小樽といえばここを観光の目的として訪れる人もいるのではないでしょうか?小樽といえばガラスというイメージを定着させたのはここ北一硝子三号館です。

もともとは明治24年に漁業用倉庫として建てられた木骨石張倉庫で昭和58年に改装し、喫茶店や硝子販売の店として開店致しました。小樽の文化と伝統を守り続けている北一硝子三号館は今日も沢山の人で溢れています。

世界でここだけという石油ランプの大ホールが大の魅力で、フード&カフェでは北一硝子ならではの美しく繊細な硝子器で寛ぐ事ができ、硝子の彫刻制作体験などもできるので硝子製品好きにはおすすめです。営業時間は8時45分から18時までで年中無休です。

大正硝子館 本店

明治39年に建てられた名取高三郎商店を改装し、店舗にしているのは大正硝子館で名前の通り歴史が深いです。輝くキラキラとした硝子と小樽の歴史との交わりを大事にした大正硝子館は和風硝子器が魅力的です。

ホットコーヒー、お湯割りに使える耐熱ガラス、100点以上もあるといわれるぐいのみコレクション、銀箔をベースに3つの色でオーロラの美しさを表現しているオーロラ、お好みの商品を見つけることができるのが大正硝子館です。若者から年配の方まで足を運べる大正硝子館は店内はモダンな雰囲気で静かな中でゆっくりと硝子商品を見つけることができます。

営業時間は9時~19時までで、まるでタイムスリップしたような外観も魅力の一つです。

小樽オルゴール堂 本館

全国にもオルゴール館は存在しますが小樽オルゴール堂 本館は明治34年に建てられた非常に歴史の古い建物です。赤煉瓦造りの建物は歴史的建造物に指定されており、ガラス製オルゴールなど3400種類以上、25000点ものオルゴールを展示販売しています。

犬や猫などの動物などのオルゴール、広い吹き抜けのホールに並ぶ大小さまざまな一面オルゴールの景色は圧巻で日本人だけではなく多くの外国人も訪れます。入った瞬間素敵なオルゴールの音色に包まれ、2時間以上はここで過ごせるという人もいます。

1階から3階まである小樽オルゴール堂 本館でオルゴールを手に取って回してみて、お気に入りの物を見つけてみて下さい。営業時間は9時~18時までノスタルジックな雰囲気に引き込まれるはずです。

堺町通りはお土産を買うのにぴったり

堺町通りは歴史の古い町並みですが、観光することはもちろんのこと、お土産選びをするのにも最適な場所です。堺町通りで買い物をしたい人も多くいます。

観光地に行ったらウキウキワクワクするのがお土産選びですよね。そんなあなたと一緒におすすめなお土産を見ていきたいと思います。

北菓楼 小樽本店

堺町通りで一際目立つ石の蔵があり、それが北菓楼 小樽本店です。小樽市の都市景観賞を受賞もした北菓楼 小樽本店は店内に入ると甘い香りが漂います。

店内ではバウムクーヘンの実演を行なっているため、カフェスペースではできたてあつあつのバームクーヘンが食べられます。実際に試食してみて美味しいと感じたら、家族にお友達に恋人にお土産にするのもいいかもしれません。

スイーツも有名な小樽の街、堺町通りに行ったら北菓楼 小樽本店に立ち寄ってみて下さい。北菓楼 小樽本店は営業時間9時~18時30分です。

ルタオ 本店

ルタオといえば全国にもありますが、ルタオの本店は小樽にあります。ノスタルジックな街並みに、これまでに無いような新しい洋菓子の文化を創りたいという創業者の思いからルタオの歴史は始まりました。

小樽の観光の中心であるメルヘン交差点にあるのが大きな塔のようなお店がルタオ本店で、フランス語「La Tour Amitié Otaru」の頭文字に、小樽の地名にアレンジを加えて、ルタオと名付けられました。1998年6月に開業し多くの人から今も愛されるドゥーブルフロマージュは濃厚なチーズの味わいのベイクドチーズケーキと、ふんわり軽くミルク感あふれるレアチーズケーキを2層に重ねており人気が高いです。

乳製品が有名な北海道のお土産に最適なものだとも言えます。営業時間は9時~18時までですので是非足を運んで見て下さい。

かま栄 工場直営店

ここまでスイーツのお土産について述べてきましたが、スイーツだけではありません。新鮮な魚介物を練りこんだかまぼこも地元の有名なお土産にランクインしています。

小樽運河の近くにあり、工場見学もでき、焼きたても召し上がることもできる、かま栄 工場直営店は美味しいかまぼこを買えるのはもちろん、売店では北海道らしいお土産が揃っています。工場見学をしていると買いたくなること間違いなしです。

営業時間は9時~19時までですが、かま栄 工場直営店は行列もできるくらい人気店なので混み合うことを覚悟して訪れてみて下さい。

おたる瑠璃工房 運河店

View this post on Instagram

おたる瑠璃工房 旧広海二三郎商店事務所 広海二三郎(ひろうみにさぶろう) 石川県加賀市の北前船主で、名前は代々世襲の5代目。 大阪、北海道間の物産の運搬、販売をさらに発展 させた。 新造船へ切りかえ、明治初年(1868)の和船8隻から、明治36年(1903)汽船6隻となる。 明治17年(1884)大阪進出 広海商店創設 明治30年(1897)小樽に石造建築の支店設置 そのほか九州で硫黄、石炭の鉱山経営、日本海上保険を創設、貴族院議員、拓銀創設委員など。 おたる瑠璃工房のある建物は、明治44年(1911)以前の建築とされる。 暫くの間、昨年の北海道旅行を振り返る✈️😌 #北海道旅行 #小樽 #堺町通り #おたる瑠璃工房 #旧広海二三郎商店 #α7iii #otaru #ig_japan #otaru_rurikobo #former_hiroumi_nisaburo_shoten #sakaimachi_street #ig_travel #traveling #travelpics

A post shared by Overseas_trip中浜777 (@foreigntravel_naka777) on

観光地に行って女性の心を掴むお土産と言ったらアクセサリーです。中でも硝子のネックレスやストラップ、ステンドグラスや道内作家が手がけた豊富な品揃えです。

女性は綺麗なものを見るとワクワクしますから、ガラス製品好き、アクセサリー好きの方には自分用に買っても旅の思い出になりますし、友達用にお土産にすると喜ばれます。特に女性用のお土産に迷っている方にはおたる瑠璃工房 運河店のアクセサリーなんかがいいと思います。

営業時間は9時~18時までです。キラキラと輝くアクセサリーを手に入れてみませんか?

ランチを楽しめるお店が充実している

小樽堺町通りといえばタイムスリップしたような街並みが魅力的ですが、見る、買うだけではなく食べることもできるお店は多いです。小樽といえばどんな食べ物が有名なのでしょうか?

堺町通りに来たらランチも楽しみの一つです。どんなお店が人気店なのか見ていきたいと思います。

海鮮丼が有名な「小樽ポセイ丼 堺町総本店」

北海道小樽といえば何といっても海鮮が有名なことはみなさんご存知かと思います。そんな海鮮丼が食べられるお店で有名なお店には「小樽ポセイ丼 堺町総本店」があります。

小樽名物ダントツNO1といったポセイ丼はお店の看板メニューで2200円で新鮮な海鮮丼を召し上がることができます。魚介類がたくさん詰まったこのポセイ丼、歩き疲れたら休憩のランチタイムにぴったりだと思います。

また、ホタテ、カキ、アワビの炉端焼きは絶品です。営業時間は11時~21時までですのでお腹がすいたら立ち寄ってみて下さい。

新鮮なネタが楽しめる「小樽たけの寿司」

観光地に行ったら観光地のおいしいものを食べたい、小樽に行ったら寿司を食べたいという人もいるかと思います。そんな方に是非ともおすすめしたいのが「小樽たけの寿司」です。

平成25年3月にオープンしたまだ新しい「小樽たけの寿司」は「旧中山倉庫宅」を改築した店で昔ながらの外観が印象的です。1階席2階席がありレトロな雰囲気が何とも言えません。

もちろん味も確かで寿司職人が、小樽近海で水揚げされた魚やホタテ、ホッキなど新鮮なネタを一つひとつ丁寧に握ってくれます。「おまかせ握り」や「小樽握り」が人気であり、営業時間は11時~16時、17時~21時です。

本場のジンギスカンが味わえる「俺のジンギスカン」

北海道といえばジンギスカン、北海道家庭の焼肉と言ったらジンギスカンと北海道ではメジャーな食べ物です。堺町通りでもジンギスカンが味わえるお店が有り、それが「俺のジンギスカン」です。

肉質にこだわった柔らかいラム肉にさっぱりとした秘伝のたれをつけていただくことができます。独特のジンギスカンの臭みのないとリピーターも多く、地元の人から、観光客まで愛され続けています。

営業時間は夏期10時~20時、冬期10時~19時です。美味しいジンギスカンを召し上がってみませんか?

味噌ラーメンが美味しい「ラーメンみそら」

北海道へ行ったら札幌は味噌ラーメン、旭川は醤油ラーメン、函館の塩ラーメンの3大ラーメンが有名ですが、小樽でも美味しいラーメンを食べることができます。その中でも有名なラーメンのお店といえば堺町通りにある「ラーメンみそら」です。

「ラーメンみそら」のラーメンはまた一味違うのです。味噌ラーメンが特に有名で炙った味噌が何とも言えず香ばしく美味しいとのことです。

焼きつけた味噌ダレが熟成卵麺と絡み濃厚なスープでまた行きたいと思わせてくれます。営業時間は11時~17時までです。

堺町通りに行くには?

堺町通りに行くのにはどう行ったらいいの分からない方も多いと思います。そんなあなたに堺町通りまで迷わずに行ける方法をご紹介します。

アクセス

堺町通りに行くのには徒歩、車、バスの3種の方法があります。まず徒歩で行く場合はJR南小樽駅から堺町通りまで徒歩8分、JR小樽駅から堺町通りまで徒歩11分です。

車では札樽自動車道小樽ICから堺町通りまで車で4分、JR小樽駅から堺町通りまで車で6分です。バスで行く場合は堺町通りのどこを観光したいのかにもよりますが、おたる散策バスで、小樽運河ターミナル、堺町、北一硝子三号館前、ヴェネツィア美術館、かま栄本社前で降りるとメインの観光地に行けます。

駐車場情報

硝子製品など楽しめる約900メートルの小樽堺町通り商店街には多くの駐車場・コインパーキングがありますので車で行って停めるところに困ることはありません。指定駐車場・特約駐車場にて一定金額以上の買い物で最初の1~2時間無料になることもあります。

今回は安心な「最大料金がある駐車場」を御紹介します。一番のおすすめはタイムズ小樽堺町第3で24時間営業、駐車台数がなんと36台で、最大料金1000円ととてもお得です。

また堺町通りの駐車場としてタイムズ小樽堺町第5もあります。24時間営業、駐車台数14台、最大料金1000円ですので車で堺町通りに行くのもおすすめです。

堺町通り周辺の観光スポット

View this post on Instagram

旧岩永時計店 小樽オルゴール堂堺町店 時計卸商 明治29年(1896)創業の岩永時計店は信香町、次いで若松、さらに堺町通りに移転。 明治30年代(1897〜)建築 木骨石造2階建 平成3年(1991)改修工事、正面2階のバルコニー、半円アーチ扉、手すりなどが修理され、ほぼ創建時の姿を取り戻した。 現在は、店舗を小樽オルゴール堂へ貸出しており、時計店は小樽駅に近い都通りにて営業している。 屋根の上のシャチホコが特徴の歴史的建造物 写真は左側から旧岩永時計店、利尻屋みのや不老館、旧第百十三国立銀行小樽支店。 #北海道旅行 #小樽 #堺町通り #旧岩永時計店 #小樽オルゴール堂堺町店 #α7iii #otaru #ig_japan #former_iwanaga_clock_store #otaru_orugirudo_sakaimachiten #sakaimachi_street #ig_travel #traveling #travelpics

A post shared by Domestic_travel中浜555 (@jptravel_naka77t) on

ここまで堺町通りの周辺の観光スポットを見てきましたが、小樽には堺町通り周辺にも観光する場所が存在します。堺街通り周辺のここだけ行って欲しい観光スポットをご紹介します。

小樽運河

View this post on Instagram

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ◈ ✨ 🎃 小樽_雪あかりの路 🎃 ✨ ◈ ㅤㅤㅤㅤ 小樽運河の中で、これが1番人気で安定の構図じゃないですかね?😁 ㅤㅤㅤㅤㅤ Camera:Canon EOS70D Lens: EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 撮影場所:北海道 小樽運河 Location: Hokkaido Otaru_Canal ㅤㅤㅤㅤ ─★* 2020 March *☆─ #pt_life_ #tv_asia #Loispot #pixlib_jp #whim_life #ap_japan_ #total_shot #Nipponpic #look_japan #RSA_Night #gf_afterdark #night_mania__ #magic_at_night #pocket_nights #Rox_Captures #my_eos_photo #great_myshotz #world_bestnight #daily_photo_jpn #total_technology #POLICE_NIGHT #tokyocameraclub #japan_night_view #japan_great_view #Japan_photogroup #longexposure_japan #best_moments_night #everyones_photo_club #ADDICTED_TO_NIGHTS #freestyle_photo_shooting ⿻ ──☆*★* 2020 March *☆*★──

A post shared by 𝙎𝙝𝙞𝙣𝙞𝙘𝙝𝙞 𝙏𝙖𝙠𝙖𝙮𝙖𝙢𝙖 (@takataka___gram) on

北のウォール街と呼ばれた色内地区の隣にあるのが小樽運河です。小樽港は北海道開拓の玄関口として発展し、海面を埋め立てることによってできたのが「小樽運河」です。

昭和61年、運河は幅の半分が道路となり、散策路や街園が整備されて現在の小樽運河に生まれ変わりました。小樽運河はインスタ映えすると観光の思い出として写真を撮る人も多くいます。

昼間もおすすめですが、夕暮れ時には、ガス灯が灯り、石造倉庫群がライトアップされ何とも言えない雰囲気を演出しています。堺町通りをプラプラ歩いていると小樽運河に辿り着くことができます。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

もう一つ有名な観光地をご紹介しますとメルヘン交差点から堺町通りを約10分直進、郵便局のある交差点を左折し坂を上り、坂上左手に日本銀行旧小樽支店金融資料館が見えてきます。築100年を越える歴史的な建築物で、ここでは日本銀行の歴史、金融の仕組みなどを知ることができます。

なんと入場料無料でその上見所が満載です。ボランティアガイドさんが案内してくれ、小樽まで来た甲斐があると訪れた人は言います。

開館時間は夏季は9時30分~17時まで、冬季は10時~17時までです。日本銀行旧小樽支店金融資料館に是非足を運んでみて下さい。

堺町通りで買い物と食事を楽しもう

 (876211)

ここまでディープでレトロな街並み堺町通りを見てきましたがどうでしょうか?堺町通りに行ってみたくはありませんか?

特に硝子製品が好きな方にはおすすめなところです。買い物をするのもよし、ウィンドウショッピングをするのもよし、食事まで楽しめる堺町通り是非とも訪れてみて下さい。

日々の忙しさを忘れてのんびりとできるはずです。ゆっくりゆったりできるので女性の方には特におすすめです。

関連する記事