trima

小樽でおすすめの朝食18選!ホテルの朝食やおしゃれなカフェを紹介!

小樽でおすすめの朝食18選!ホテルの朝食やおしゃれなカフェを紹介!

2020.06.15

Trima北海道編集部

小樽は北海道有数の観光スポットで、港町ならではのおいしい海鮮が食べられることも人気です。朝市やホテルのバイキングで朝から海鮮丼などのグルメも楽しめます。小樽観光で堪能したい、おすすめのホテルバイキングや朝市、カフェの朝食まで詳しくご紹介していきます!

目次

  1. 小樽観光はおいしい朝食から!
  2. 小樽でおすすめの朝食【市場編】
  3. 早朝4時から営業!鱗友朝市の「朝市食堂 」旧店名:のんのん
  4. 鮮魚店直営で鮮度バツグン!「北のどんぶり屋 滝波食堂」
  5. 小樽駅から徒歩5分「市場食堂 味処 たけだ」
  6. 海鮮丼以外のメニューも豊富「おたる佐藤食堂」
  7. ネタもサイズもカスタマイズ自由!「さんかく亭」
  8. 小樽でおすすめの朝食【ホテル編】
  9. 朝食ランキングの上位常連!「ドーミーインPREMIUM」
  10. 北海道名物がたくさん!「ホテルノルド」
  11. 洋食派には特におすすめ!「オーセントホテル」
  12. 和モダンな雰囲気が人気「運河の宿 小樽ふる川」
  13. マリーナビューのリッチな朝食!「グランドパーク小樽」
  14. 小樽でおすすめの朝食【カフェ編】
  15. 自家焙煎のおいしい珈琲「アルチザン」
  16. 小樽駅ナカのベーカリー「小樽サンジェルマン」
  17. レトロモダンなおしゃれカフェ「cafe 色内食堂」
  18. 小樽観光の定番!「北一ホール」
  19. お土産にも人気!「小樽洋菓子店ルタオ本店」
  20. 小樽でおすすめの朝食【名物編】
  21. 創業70年のソウルフード!「亀十パン」
  22. 小樽のB級グルメが人気「かま栄 工場直営店」
  23. 北のアイスクリーム屋さん 運河本店
  24. 小樽でおいしい朝食を味わおう

小樽観光はおいしい朝食から!

View this post on Instagram

「冬を駆ける」2020/02/09撮影 龍宮橋近くの散策路のある「友達」像は躍動感あふれるモニュメントです。 像の周りをぐるり回ってみても、どの角度からも美しいシルエットを見せてくれます。 この像が雪に浮かぶシーンを撮りたくて脚立持参で撮影しました。この角度、どうしても脚立がないと撮れないんですよ。 #小樽 #otaru #小樽暮らし #故郷 #小樽愛 #小樽観光 #小樽旅行 #小樽カメラ部 #loves_camera #小樽写真倶楽部 #小樽の魅力 #小樽散歩 #小樽さんぽ #小樽の景色 #日常風景 #風景写真 #北海道ミライノート #my_eos_photo #otarucanal #小樽運河 #北運河 #キタムラ写真投稿 #hokkaidosgram #北海道カメラ部 #photo_shottrip #shigaphotoclub #loves_japan #小樽よいとこ#グルキタハタボ #小樽よいとこ

A post shared by 谷 克紀 ( Katsunori Tani ) (@katsuchan1210) on

小樽は札幌からのアクセスも良く、小樽運河やレンガ倉庫群などレトロな雰囲気の街並みや北一硝子、オルゴール堂など見どころが多く北海道有数の人気観光スポットです。人気のスポットはもちろんですが、小樽観光で同時に押さえておきたいポイントはおいしい朝食が食べられる場所。

おいしい朝ごはんを食べて始まる小樽旅行の一日は、きっと旅の満足度もより高いものにしてくれるでしょう。そこで今回は、小樽旅行で立ち寄りたいおすすめの朝食についてご紹介します!

ホテルバイキングや市場、カフェなど魅力的な朝食の情報を詳しく見ていきましょう。

小樽でおすすめの朝食【市場編】

小樽と言えば、港町ならではの新鮮な海の幸のグルメは外せません。海の幸を食べるなら、鮮度バツグンな状態でお寿司や海鮮丼などの料理が味わえる市場がおすすめ。

小樽には歩いて行きやすい市場がいくつもあり、どちらも早い時間から空いているのでとれたての海鮮を食べることが出来ます。小樽でおすすめの市場の朝食を見ていきましょう!

早朝4時から営業!鱗友朝市の「朝市食堂 」旧店名:のんのん

View this post on Instagram

小樽丼〜‼️

A post shared by HIchihara (@h_ichihara1) on

朝市食堂は、小樽の市場の中で最も早くオープンする鱗友朝市の中にある人気の食堂で、鱗友朝市と同じく朝4時から営業を開始します。小樽市民も朝ごはんに利用する人気店で、小樽の中心地に比べて比較的安く海鮮丼などの市場ならではのメニューが食べられる食堂です。

ちなみに朝市食堂では、市場で買った海鮮を調理してくれるサービスがあり、小樽の海鮮で人気のウニ丼は時価の為、市場内で買ったウニを調理してもらう方がお得な場合がありますので、店の人に聞いてみることをおすすめします。

生の海鮮が食べられない方でも、北海道ならではのホッケなどの焼き魚定食やラーメンといったメニューもありますのでご安心ください。小樽観光では早起きをして朝市食堂を訪れてみてはいかがでしょうか。

住所小樽市色内3丁目10-15
営業時間4:00-14:00
お問い合わせ0134-24-0668

鮮魚店直営で鮮度バツグン!「北のどんぶり屋 滝波食堂」

北のどんぶり屋 滝波食堂はJR小樽駅のすぐ隣でアクセスの良い三角市場の人気食堂で、マルキ滝波商店という鮮魚店直営のお店です。鮮魚店直営ならではの新鮮な海の幸を思い切り味わえる海鮮丼を中心に、小樽でとれたおいしい魚介類の料理が小樽駅から徒歩3分で行ける便利な食堂。

人気メニューは10種類の新鮮なネタから3品または4品好きなものを組み合わせて好みの海鮮丼を作ることが出来る「わがまま丼」が人気で、3品は普通サイズ2000円、小サイズ1800円です。

住所小樽市稲穂3-10-16 三角市場内
営業時間8:00-17:00
お問い合わせ0134-23-1426

小樽駅から徒歩5分「市場食堂 味処 たけだ」

市場食堂 味処 たけだは小樽駅かすぐそばの三角市場の中で高い人気を誇る食堂です。こちらも鮮魚店直営ならではの鮮度バツグンの海鮮丼が魅力的で、お店で買った海の幸を調理してもらうことも出来ます。

市場食堂 味処 たけだは三角市場の中では最も早く朝7時にオープンするので、小樽の中心地が旅の拠点の方は少し早起きして朝食に利用するのもおすすめです。

市場食堂 味処 たけだはメディアに取り上げられることも多いお店で、提携したスペシャルメニューが提供されていることもあるので、ホームページなどチェックして訪れてみてください。

住所小樽市稲穂3-10-16 三角市場
営業時間7:00-16:00
お問い合わせ0134-22-9652

海鮮丼以外のメニューも豊富「おたる佐藤食堂」

おたる佐藤食堂は小樽市民も買い物で利用する新南樽市場の中にある唯一の食事処です。市場ならではの海鮮はもちろん、地元の人が買い物に来る市場の食堂という事もあって海鮮以外のメニューも多く、生魚が食べられない方でも安心。

おたる佐藤食堂の海鮮以外の人気メニューは天丼で、アナゴや大きなエビのサクサクの天ぷらがたくさん入った天丼など、1000円前後のメニューも多く、比較的リーズナブルな事でも人気のお店です。

住所小樽市築港8-11 新南樽市場
営業時間9:00-18:00 ※水曜定休
お問い合わせ090-1308-2385

ネタもサイズもカスタマイズ自由!「さんかく亭」

さんかく亭は三角市場にある鮮魚亭直営の人気食堂で、海外からの旅行客や修学旅行など団体利用も多く、店内も広いのでグループの利用もしやすいお店です。こちらのさんかく亭も鮮魚店直営らしく、買ったものを調理してもらうことも出来ます。

さんかく亭のおすすめメニューは二つあり、ひとつは一番人気の12種類から好きなネタを選んで海鮮丼を作れるメニュー。3品で1900円、5品で2600円、小盛りは1100円です。

もうひとつの人気メニューは学生以外もOKな学割丼。1100円とリーズナブルにもかかわらずボリューム満点の海鮮丼で、もともとは修学旅行生向けに作られたメニューですが、学生じゃなくてもオーダーすることが出来ます。

住所小樽市稲穂3-10-16
営業時間8:00-16:30
URLhttps://www.sankakutei.com/

小樽でおすすめの朝食【ホテル編】

小樽は北海道旅行の定番の観光地ということもあり、新旧たくさんのホテルが切磋琢磨し設備やプラン、そして宿泊において重要な朝食のレベルがどんどん洗練されていきました。朝食がおいしいホテルとして全国的にも上位ランク常連のホテルもあります。

ここからは、小樽旅行の際に立ち寄りたいおすすめのホテルの朝食を見ていきましょう。

朝食ランキングの上位常連!「ドーミーインPREMIUM」

ドーミーインPREMIUMは全国の朝食がおいしいホテルランキングにおいて、上位ランクイン常連の朝食ビュッフェが有名なホテルです。ドーミーインは全国各地にある有名なビジネスホテルですが、小樽のドーミーインでは小樽ならではの名物がたくさんのラインナップが好評。

ドーミーインPREMIUMの朝食で一番人気はやはりインパクトの強い海鮮丼で、ビュッフェに並べられた新鮮な海鮮を好きなだけ食べることが出来るのは魅力的。他のメニューも質の高いメニューがたくさんあります。

宿泊していなくても大人2000円で朝食を食べに行くことは可能ですが、ドーミーインPREMIUMの朝食は大変人気で混雑必至の為、前日22時までに予約する必要がありますので要注意。ぜひ予約のうえ大人気の朝食ビュッフェを堪能してください。

住所小樽市稲穂3丁目9-1
営業時間6:30-10:00
URLhttps://www.hotespa.net/hotels/otaru/

北海道名物がたくさん!「ホテルノルド」

ホテルノルドは小樽運河沿いに位置していて、小樽運河のレトロな街並みにマッチするヨーロッパ風の外観がおしゃれな人気のホテルです。こちらのホテルノルドの朝食もレベルが高い小樽のホテルの中でも、特に朝食がおいしいと定評があります。

ホテルノルドの朝食では、人気の海鮮丼食べ放題コーナーをはじめ、季節ごとに北海道名物を朝食からたくさん食べることが出来る豪華なラインナップが用意されており、スープカレーも好評です。

北海道のお土産やお取り寄せグルメでも人気の十勝しんむら牧場のミルクジャムなど、パンがおいしく食べられる洋食メニューも充実。ホテルノルドの大きな窓から光が差し込む洗練された空間で、リッチな朝食を味わってみてはいかがでしょうか。

住所小樽市色内1丁目4-16
営業時間7:00-9:30
URLhttps://www.hotelnord.co.jp/intro/

洋食派には特におすすめ!「オーセントホテル」

オーセントホテルの朝食は和食のご膳か洋食ビュッフェから選ぶことが出来ますが、おすすめは洋食のビュッフェです。種類豊富でクオリティの高いサラダはドレッシングも豊富に用意されており、ベーカリーで焼き上げられるパンも食事に合うものからお菓子系までたくさんあります。

オーセントホテルの洋食ビュッフェで特に人気が高いのが、シェフ特製のビーフシチュー。これを目当てにオーセントホテルに宿泊する人も多いほどの人気です。

住所小樽市稲穂2丁目15-1
営業時間7:00-9:30
URLhttps://www.authent.co.jp/

和モダンな雰囲気が人気「運河の宿 小樽ふる川」

運河の宿小樽ふる川は、古い時代のお屋敷のような建物が特長の、落ち着きのある和の雰囲気が人気の温泉宿です。こちらの朝食では、炊き立てのカマドで炊き上げたごはんをおいしく食べられる朝食メニューが豊富で、手作りで作られる総菜は派手さは無くてもどれも上質で定評があります。

また、洋食派の人もおすすめできる、目の前で焼き上げられるクロワッサンなどのパンも人気。小樽の情緒を感じられ、タイムスリップしたような感覚になれる人気の宿・小樽ふる川の朝食も注目です。

住所小樽市色内1丁目2-15
営業時間7:00-9:30 ※冬季は7:30-9:30
URLhttps://www.otaru-furukawa.com/dining/

マリーナビューのリッチな朝食!「グランドパーク小樽」

グランドパーク小樽は小樽築港という港沿いにある大きなシティホテルで、JR小樽築港駅やウイングベイ小樽という大型ショッピングモールと直接つながっている便利な立地も人気です。

グランドパーク小樽の朝食はテラスブラッセリーという、開放的で広く窓の大きいダイニングで朝食を食べることが出来て、大きな窓からは港や海が見える絶好のロケーション。料理も甘えびのスープカレーなど北海道ならではのラインナップで満足度の高い朝食です。

住所小樽市築港11-3
営業時間6:30-10:00
URLhttps://grandparkotaru.com/

小樽でおすすめの朝食【カフェ編】

小樽の観光で朝食を食べる場所はホテルや市場だけではありません。小樽には老舗や小樽の街並みの雰囲気によくマッチする、おしゃれなカフェが多く、カフェでの朝食もおすすめです。

ここからは、小樽の朝食に利用したいおすすめのカフェをご紹介します。

自家焙煎のおいしい珈琲「アルチザン」

アルチザンは小樽運河からも小樽駅からも近い場所にあるカフェで、小樽にはあまりない炭火で自家焙煎したスペシャルティコーヒーが飲めるお店です。こだわりと情熱を持って丁寧に淹れられるコーヒーは、目覚めのモーニングコーヒーにも最適。

フードメニューはそこまで多くありませんが自家製でパンも焼いており、オープンサンドやマフィン、ホットドッグなどを香り高いコーヒーと一緒に味わうことが出来ます。小樽市内の主要な場所からのアクセスも良いので、朝食の後の観光にも便利でおすすめです。

住所小樽市稲穂2-5-110
営業時間9:00-19:00
お問い合わせ0134-23-3300

小樽駅ナカのベーカリー「小樽サンジェルマン」

小樽サンジェルマンは北海道内に展開するベーカリーチェーンのひとつで、チーズフォンデュのパンや塩パンなど、ハード系もソフト系もクオリティが高い人気店。こちらの小樽サンジェルマンは朝7:30オープン、さらに小樽駅構内にある便利さから、地元民にも観光客にも利用されています。

アンデルヌあんぱんやふんわり仕立てのクリームパンなど、小樽サンジェルマンの限定商品も人気で、その他にも北海道のミルクを使ったミルクパンなどラインナップは全70種類!イートインスペースもあるので、朝は手軽に、でもおいしいものを食べたい!という方には特におすすめです。

住所小樽市稲穂2-22-15 小樽駅構内
営業時間7:30-20:00
URLhttp://www.h-saint-germain.co.jp/shop/_otaru/index.shtml

レトロモダンなおしゃれカフェ「cafe 色内食堂」

cafe 色内食堂は小樽駅や小樽の主要な観光地からも近く、歴史を感じるレトロな雰囲気の古民家が目を引くおしゃれなカフェです。小樽の街並みによく似合うレトロで情緒あふれる店内は、いかにも小樽に来た!という気分にしてくれます。

cafe 色内食堂は朝9時からオープンし、小樽の観光通りや運河にも近いので便利です。cafe 色内食堂はランチも人気ですが、モーニングセットはドリンクにプラス100円でトーストにサラダ、ベーコンと卵料理が付いてくるお得な内容。

朝からオーダーできる人気のぜんざいやお団子などの和のスイーツメニューもおすすめです。

住所小樽市色内1-6-27
営業時間9:00-22:00
お問い合わせ0134-55-2999

小樽観光の定番!「北一ホール」

北一ホールは小樽観光におけるマストスポットのひとつ、北一硝子の3号館にあり、たくさんの石油ランプのあたたかいオレンジの灯が揺らめくインスタ映え間違いなしのカフェです。北一ホールは朝8時45分からオープンしており、朝のコーヒータイムにも利用できます。

北一ホールの朝は、朝食というよりも店内を照らす167個もの石油ランプに火が灯っていく様子が見られる、という点で人気です。クラシックな雰囲気の北一ホールの店内にオレンジの灯に包まれていく様は幻想的で必見の価値あり。

そのまま北一硝子の観光も出来るので、北一ホールの営業に合わせて見に行ってみてください。

住所小樽市堺町7-26 北一硝子三号館
営業時間8:45-18:30
URLhttp://www.kitaichiglass.co.jp/shop/kitaichihall.html

お土産にも人気!「小樽洋菓子店ルタオ本店」

View this post on Instagram

♡ルタオ本店 @小樽 ♡【本店限定の奇跡の口どけセットはリアル天国レベルのおいしさ】 ⠀ GWはだいすきな北海道行く予定だったのにな〜、って思いを馳せて、前に行った北海道のPRの引っ張り出してきた🌸 北海道行きたいよぉぉお!北海道だいすきなんだよーーー! ⠀ ・奇跡の口どけセット ¥1430 あの超人気のドゥーブルフロマージュとヴェネチアランデブー、そして生クリームとフルーツのセットプレート!本店限定なんだって、そんなの聞いたらもうこれをオーダーするしかない!!(笑) もう見るからにおいしそう。すでに眼福。わたしチーズケーキ死ぬほど好きだからほんと幸せな画👼🏻💕 ⠀ ドゥーブルフロマージュはさすがのおいしさ!!!空港で売ってるだけある!!(笑) 上はやわらかすぎて心配になるくらいふわふわなレアチーズケーキ。もはやムースに近いんだけど、ミルク感濃厚で超ミルキー!って感じなのに口の中でさぁっと溶けるのが至福すぎる😋💕 レアチーズケーキってサワークリームとかレモンとかそういう酸味入りがちだけど、これは酸味全然なくて、だからこそミルク感がしっかり味わえるのがすてき!!!そして下の層のちょいベイクドなチーズケーキがまたたまらんのだよこれ!!チーズのコクがものすごいの。北海道のチカラを見せつけられるケーキ🥰 ⠀ ヴェネチアランデブーはブリュレタルトみたいな感じで、すっごいなめらかでこれまたチーズが濃厚なブリュレちゃんがめちゃうまなの🥺 パイは固めでフォークで割るのが大変だった覚えがあるけど(笑)、でもさくさくしてこのブリュレと最高に合うよ!!バニラの風味もすごくいいアクセントなんだ〜、これすきだったなぁ… ⠀ ルタオ好きすぎて母の日のギフトはルタオにした🙋🏻‍♀️💕(笑) 今日届くんだ〜、わたしの好物の押し付けだけどよろこんでくれるはず!なぜならマミーもチーズケーキ大好きだから😆💕 親子〜!(笑) コロナ収束したらすぐ北海道いく。飛んでく。ぜったい!!! ⠀ #letao #ルタオ #ルタオ本店 #ドゥーブルフロマージュ #ヴェネチアランデブー #北海道グルメ #北海道旅行 #北海道グルメ #北海道観光 #グルメ女子 #グルメ好きな人と繋がりたい #小樽観光 #小樽カフェ #小樽グルメ #スイーツ好きな人と繋がりたい #小樽よいとこ #北海道大好き

A post shared by グルメOL ななまる🌸 (@gourmet_ol_nana) on

小樽洋菓子店ルタオ本店は北海道のお土産や、お取り寄せグルメとしても大人気の、北海道を代表するスイーツのひとつである「ドゥーブルフロマージュ」が有名なスイーツメーカーの本店です。

小樽洋菓子店ルタオ本店の洋館のようなおしゃれな建物の2階はカフェになっているので、販売だけでなくコーヒーやスイーツを食べていくことが出来ます。おすすめはドゥーブルフロマージュとヴェネチアランデブーの2種類の人気スイーツが楽しめる、小樽洋菓子店ルタオ本店限定の「奇跡のくちどけセット」。

小樽洋菓子店ルタオ本店はメルヘン交差点にあり観光にも便利。スイーツがメインのお店ですが、見どころが多い小樽ではルタオのスイーツとコーヒーやハーブティから始まる1日、というのもおすすめです。

住所小樽市堺町7-16
営業時間9:00-18:00
URLhttps://www.letao.jp/

小樽でおすすめの朝食【名物編】

小樽には、かま栄のかまぼこをはじめとした名物やローカルグルメが多く、地元民にも観光客にも人気の名物はたくさんあります。旅行では、「ここでしか味わえない」というグルメを食べてみるのも楽しみのひとつです。

ここからは、小樽でおすすめしたい、朝から食べることが出来る名物やローカルグルメについてご紹介します。

創業70年のソウルフード!「亀十パン」

View this post on Instagram

やっと来られたー。

A post shared by Kaori Oka (@kaorin.oka) on

亀十(かめじゅう)パンは創業70年の老舗パン屋さんで、非常に長い間小樽市民に愛されてきました。ずっと愛されるおいしいパンを作り続けているという事ももちろんですが、亀十パンは早朝4時から営業しているという点も特徴として挙げられます。

亀十パンで人気のパンは焼きそばパンやスパゲッティ(ナポリタン)サンド、たまごサンドなどの調理系のパン。どれもどこか懐かしさを感じられる味わいが評判で、小樽市民のソウルフード的存在です。

住所小樽市入船1-5-12
営業時間4:00-18:30 ※日曜・祝日定休
お問い合わせ0134-33-8044

小樽のB級グルメが人気「かま栄 工場直営店」

かま栄 工場直営店は、ルタオと並び小樽はもちろん北海道を代表するお土産やローカルグルメの代表格で、こちらの直営店は小樽の観光地の中でも人が集まるメルヘン交差点の近くにある事から、食べ歩きグルメとしても人気です。

かま栄はかまぼこ屋さんですが、お土産に人気のかまぼこの販売だけがこちらのお店の魅力ではありません。名物となっているパンロールやハンバーガーが人気で、カフェも併設しているのでゆっくり食べていくことも出来ます。

名物のパンロールは豚ひき肉や玉ねぎを加えたすり身をサクッと揚げた食べ応えのある逸品。小樽で外せないグルメとして人気の、かま栄のパンロールをぜひ味わってみてください。

住所小樽市堺町3-7
営業時間9:00-19:00
URLhttps://www.kamaei.co.jp/store_introduce/chokubai/

北のアイスクリーム屋さん 運河本店

こちらは少々番外編、といったご紹介になりますが、北のアイスクリーム屋さん運河本店も小樽観光でおすすめしたい、朝から営業しているお店のひとつです。名前通りのアイスクリーム屋さんで、小樽駅からも近い場所にある為アクセスも良く、観光客の間では話題になりやすいお店。

北のアイスクリーム屋さん運河本店では、ぜひトライしてもらいたいアイスクリームがあります。それは、イカスミやウニなど、通常アイスクリームでは考えられないような面白いフレーバーのアイスクリームです。

もちろん、ただ悪ふざけで作ったものではなく、バニラをベースに味のバランスが整えられたおいしいアイスクリームに、後味に風味を感じられるよう調整されているのでご安心ください。話題になること間違いなしのアイスクリームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

住所小樽市色内1-2-18店
営業時間9:30-19:00
お問い合わせ0134-23-8983

小樽でおいしい朝食を味わおう

View this post on Instagram

「朝・北浜橋」2020/02/10撮影 冬の朝、北浜橋にたどり着くと「カモメ呼ぶ少女」像が立っています。 凛としたその姿は周囲の空気をも研ぎ澄ませているかのようにたたずんでいます。 #カモメ呼ぶ少女 #小樽 #otaru #小樽暮らし #故郷 #小樽愛 #小樽観光 #小樽旅行 #小樽カメラ部 #小樽写真倶楽部 #小樽の魅力 #小樽散歩 #小樽さんぽ #小樽の景色 #小樽の絶景 #絶景写真 #風景写真 #北海道ミライノート #otarucanal #小樽運河 #北運河 #キタムラ写真投稿 #hokkaidosgram #北海道カメラ部 #小樽よいとこ #グルキタハタボ #loves_camera #小樽よいとこ

A post shared by 谷 克紀 ( Katsunori Tani ) (@katsuchan1210) on

小樽には、海沿いの街ならではの新鮮な魚介類が食べられる市場やホテルの朝食バイキング、カフェなどおいしい朝食が食べられるお店がたくさん!

1日の始まりに小樽ならではのおいしい朝食を食べて、より良い旅の1日をスタートしてください!

関連する記事