trima

帯広のおすすめ豚丼ランキング!お土産に人気の商品も合わせて紹介!

帯広のおすすめ豚丼ランキング!お土産に人気の商品も合わせて紹介!

2020.06.16

Trima北海道編集部

帯広にはとってもボリューミーで美味しい、ソウルフードとも言われている「豚丼」があります!今回はそんな豚丼を味わうことができるおすすめのお店をランキング形式で紹介していきます!人気店は行列ができるほどです。お土産にもぴったりのタレやせんべいなどもご紹介!

目次

  1. 帯広の美味しいおすすめ豚丼をランキングで紹介!
  2. 第1位:タレの材料も北海道産「豚丼一番ぶたいち本店」
  3. 豚丼の特徴
  4. 第2位:バラ肉やヒレ肉も絶品!「ぶた丼のとん田」
  5. 第3位:豚丼専門店と言えばココ!「元祖 豚丼のぱんちょう」
  6. 第4位:香ばしい秘伝のタレが美味「豚丼のぶたはげ 帯広本店」
  7. 第5位:肉のうま味を感じられる「十勝豚丼 いっぴん 本店」
  8. 第6位:天ぷら・郷土料理もチェック!「はげ天 本店」
  9. 第7位:食感のバランスがいい「豚丼のはなとかち」
  10. 第8位:あっさり味のタレ「とかち豚丼夢の蔵」
  11. 第9位:うま味とやわらかさが絶妙!「十勝豚肉工房ゆうたく」
  12. 第10位:子連れも安心「とんび」
  13. 豚丼は帯広土産にも人気!どこで買える?
  14. 豚丼のぶたはげ「豚丼セット」
  15. 買える場所
  16. ソラチ「牛丼のタレ」
  17. 豚丼味せんべい
  18. 帯広グルメは豚丼で決まり!

帯広の美味しいおすすめ豚丼をランキングで紹介!

北海道の帯広には様々な絶品グルメが存在していますが、実は「豚丼」も帯広で有名なご当地グルメということをご存知でしょうか?

地元の人からも愛されている豚丼は、非常にシンプルながらも、飽きのこない味付けになっており、何度でも食べたくなるようなグルメです。

是非、帯広へ来た際には帯広ならではの絶品ご当地グルメ、豚丼を堪能してみてください!それでは、リーズナブルで美味しい豚丼のお店を一気に紹介していきます!

第1位:タレの材料も北海道産「豚丼一番ぶたいち本店」

帯広の肉屋さんが10年かけてたどり着いた豚丼を味わえるのが「豚丼一番ぶたいち本店」です。食肉加工卸会社の直営店のため、十勝などの北海道産のこだわりの豚肉を使用しています。

そして、豚肉だけではなくごはんやタレ、味噌汁や漬物にまでこだわっています。タレも北海道産の昆布や丸大豆醤油を使用しており、お米は、ガス釜で炊いており、お客様が来店するペースに合わせて炊き、なるべく炊きたての状態を提供できるようにしているのです。

味噌汁に関しても北海道産の昆布を使用しています。「安い、早い、美味い」だけではなくて「きれい、感謝、安心」を感じられるお店です。

豚丼の特徴

炭火で焼かれた豚肉に、こだわりのタレでしっかりと味付けがされており、とにかくご飯が進みます。肉の厚さもしっかりとした厚みがあり、ボリューム満点です。

豚バラと豚ロースのミックス盛りがどちらも味わえるので非常に人気があります。ご飯が見えないほどの盛られたお肉は、初めて食べる人は少し驚くかもしれません。

タレは甘みのあるタレで、濃いめの味付けになっています。炭火の香りがふわっと広がります。そしてなんと言っても豚肉が柔らかいため、人気があります。

所在地北海道帯広市西8条南11丁目
電話番号0155-26-4129
営業時間11:00~20:00
定休日無休
URLhttp://www.obihiro-butaichi.com/

第2位:バラ肉やヒレ肉も絶品!「ぶた丼のとん田」

お肉を一枚一枚丁寧に手作業で切り分け、厳選された部位のみを使用している「ぶた丼のとん田」は、タレに関しても全て手作りで手間暇かけて作られた豚丼を堪能することができます。

店内ではとん田特製のぶた丼のたれも販売されているので、お土産にもおすすめです。柔らかい豚肉ならではの味わいを是非堪能してみてください。

豚丼の特徴

まずおすすめなのは、とにかくお肉が柔らかく豚肉そのものの味もしっかりと感じることができる「ロースぶた丼」です。山椒をかけて、少しピリッとさせるのもおすすめです。

バラぶた丼は、脂身と赤みが層になっており、まろやかな味わいです。脂身が苦手な人には「ヒレぶた丼」がおすすめです。女性にも非常に人気があります。

ロースにしようかバラにしようか迷った際には、ロース・バラ盛り合わせもあります!バラ肉を食べたいけどちょっとさっぱりさせたい…なんて方にはオニオンのせもおすすめです。

所在地北海道帯広市東10条南17丁目2番地
電話番号0155-24-4358
営業時間11:00~LO18:00
定休日日曜日
URLhttp://butadonnotonta.com/

第3位:豚丼専門店と言えばココ!「元祖 豚丼のぱんちょう」

土日祝などには観光客も、地元の人も含め行列ができることもある「元祖 豚丼のぱんちょう」は、まさに豚丼の老舗の名店なのです。

極上ロースを、丁寧に炭火で焼いているので香ばしい香りがします。豚丼の種類が松竹梅になっており、松が850円、竹が950円、梅が1050円で華が1250円です。

北海道産のお肉を使用しており、創業当時の味を現在も守り続けています。どのお店の豚丼を食べよう…と迷った際にはまずは「元祖 豚丼のぱんちょう」へ足を運んでみるといいでしょう。

豚丼の特徴

豚丼のぱんちょうの豚丼はとにかくご飯が見えないほどの豚肉がたっぷりと乗せられています。香ばしい香りと共に、肉汁がじゅわっと溢れ出してきます。

秘伝のたれに漬け込んでいる十勝産ロース肉は、非常に柔らかくて絶品です。やはり、帯広豚丼発祥のお店なだけあって、本格的な豚肉の美味しさを感じることができます。

甘辛いタレがさらに食欲をそそるので、一口食べると箸が止まらなくなってしまうほどです。お肉も分厚くボリューム満点です。

所在地北海道帯広市西一条南11-19
電話番号0155-22-1974
営業時間11:00~19:00
定休日月曜・第1、第3火曜(祝日の場合営業、翌日休、連休)

第4位:香ばしい秘伝のタレが美味「豚丼のぶたはげ 帯広本店」

View this post on Instagram

さて知床半島の付け根を出発して、ひたすら四時間くらい運転し続けて、お昼過ぎにようやく帯広に到着! つ、疲れたというか眠かった…ガム噛みまくりで口の中が甘くて気持ち悪い! そこまでしたお目当てはそう豚丼!! 駅前にある、何回か行ったことあるぱんちょうに行ってみたら永遠に終わらないようなながーい行列が! もう1時半過ぎてるのに! 慌てて食べログ先生に聞いて駅ビルに入ってるこちらも人気店、ぶたはげへ。 こっちもけっこう並んでる…でもさっきほどじゃないなと思い並んでみることに。お店は狭いですが回転はなかなか。 40分ほど待ってようやくありつけました、豚丼! 2時過ぎちゃってるので、普通サイズの並で我慢…でもこのモリモリ感! ちょっとタレが焦げた感じと豚のしっかり食べかいあるのにジューシーな味わいが相性完璧でわざわざ来て並んで待ってよかったー、報われた!っていううまさです! もう、大変おいしゅうございました😋 #北海道#帯広#豚丼#ぶたはげ #豚丼のぶたはげ #このあと晩ごはんもあるから食べすぎちゃだめ#そのこのあとこの旅のハイライトなのです#思わず豚丼のタレ買いそうになる#旅スタグラム #ひとり旅 #japan#japanesefood#food#foodies#foodgram#foodstagram#instagood#instafood#instafollow#trip#travel#hokkaido #obihiro

A post shared by @ t.i.revolution on

豚丼誕生初期から、豚丼を普及させた一人である矢野省六が作り上げた秘伝のタレ「豚丼のたれ」を引き継いだ2代目の料理人が作る豚丼を食べることができるのが「豚丼のぶたはげ 帯広本店」です。

「帯広はげ天」の時代から、なんと70余年もの間受け継がれてきた秘伝のタレをを受け継ぎ「豚丼のぶたはげ」をオープンさせたのです。

甘さを控えめにしているので、甘すぎるタレはちょっと苦手…という方にもおすすめです。帯広の歴史を感じることができる一品なのです。

豚丼の特徴

豚丼の特徴は、なんと言っても代々受け継がれてきた秘伝のタレの旨みもありますが、お肉にもかなりこだわっています。北海道の豚肉の中でも2~3%しかいない特別な豚の、さらに特別な部位だけを使用しています。

お肉は非常に柔らかく、箸で簡単に切ることができるほどの柔らかさです。それを丁寧に網で焼いているので、香ばしい香りがするのです。

黒胡椒も良いスパイスになっており、飽きのこない味わいです。開店前から行列ができることもあるほどの人気店なので、なるべく早めの時間帯などを狙って行くのが良いでしょう。

所在地北海道帯広市西2条南12 エスタ帯広 西館
電話番号0155-24-9822
営業時間10:00~19:30(L.O.)※品切れ次第終了
定休日第3水曜日
URLhttp://www.butahage.com/

第5位:肉のうま味を感じられる「十勝豚丼 いっぴん 本店」

創業60余年の「タレ屋」だからこそ作ることができる、低温熟成処理で深い味わいに仕上げたタレを使用した豚丼を食べることができるのが「十勝豚丼 いっぴん 本店」です。

焼き上げた時にも、しっかりと香ばしさとタレの香りを感じられるように工夫がされています。豚丼の量は、大盛りを選ぶことももちろんできますし、ハーフサイズを注文することもできるので、女性の方にもおすすめです。

セットにすれば、お味噌汁やサラダまでついてくるのも嬉しいポイントです。

豚丼の特徴

豚肉は北海道産豚肉の厳選豚本ロースのみを使用しています。適度な脂分と、ビタミンB1がたっぷり入っているので疲労回復に効果があるとも言われています!

タレに絡めて焼く、という工程を何度か繰り返しているため、しっかりとタレの味がロース肉に染み込んでいます。ジューシーなお肉に、備長炭のみを使用して焼かれたからこその香ばしい香りが食欲をそそります。

お米も国産米を使用しており、タレがお米に染み込みすぎてべたべたになってしまわないように工夫がされています。

所在地北海道帯広市西21条南3丁目5番地
電話番号0155-41-1789
営業時間11:00〜21:00
URLhttp://www.butadon-ippin.com/index.html

第6位:天ぷら・郷土料理もチェック!「はげ天 本店」

昭和9年創業の老舗「はげ天」も、帯広ならではの豚丼を食べることができます。また、豚丼だけではなく天ぷらや、郷土料理も楽しむことができるので、観光客の方におすすめです。

天丼や豚丼などの丼ものだけではなく、天麩羅定食や会席料理(要予約)などもあります。ほっこりとしたひとときを過ごすことができるお店です。

海の幸、山の幸どちらも味わうことができますし、店内も広々としていて高級感があります。

豚丼の特徴

はげ天の豚丼は網焼き豚丼で、香ばしい香りがふわっと広がります。豚肉にもかなりこだわっており、スーパーなどで売られている豚肉と、はげ天の豚肉を比べてみると、赤身の部分に「刺し」がたくさん入っていることがわかります。

この「刺し」がたくさんあることから、非常にやわらかく、そして肉本来の旨みを感じることができるのです。保存料や増粘多糖類などは一切使用せず、全て手作業で作られている秘伝のタレも美味しさの秘密です。

850℃の高温で丁寧に焼かれた豚肉、そしてご飯の組み合わせはまさに最強のソウルフードといえます。

所在地北海道帯広市西1条南10丁目
電話番号0155-23-4478
営業時間11:00 – 15:00 17:30 – 20:30
URLhttp://www.obihiro-hageten.com/index.html

第7位:食感のバランスがいい「豚丼のはなとかち」

脂身のバランスが絶妙な北海道産の豚肉を使用している「豚丼のはなとかち」の豚丼は、食感のバランスまでも考えられているこだわりの詰まった美味しさです。

2種類の豚丼があり、ロースの豚丼か、ロースとバラ肉どちらも味わうことができる「半ばら豚丼」も非常に人気です。お子様豚丼もあるので、お子様連れの方にもおすすめです。

ほかにも、キャベツ豚丼や十勝豚丼のひつまぶし、やまかけ豚丼など、ここでしか味わえないメニューもあります!冬限定の味噌豚丼もおすすめです。

豚丼の特徴

お肉の脂身のバランスなどにも非常にこだわりを感じられますが、なんと言ってもひと鍋ごとに、丁寧に作られたタレもコクのある味わいです。

タレだけでもごはんが進む!と言われているほどです。網焼きで、しっかりと余分な脂を落としているので脂っこい…ということもありません。そしてタレを塗って焼く…ということを繰り返すことで、コクのある美味しさになります。

ご飯は、契約農家である道産米「ふっくりんこ」を使用しており、ふっくらとした美味しいご飯です。枝豆も帯広市近郊の中札内村の枝豆なのです。

所在地北海道帯広市大通り南12丁目2-4 佳ビル1F
電話番号0155-21-3680
営業時間11:00-19:00 ※平日中休み有 15:00-18:00
定休日火曜日 ※祝日は営業
URLhttp://hanatokachi.com/index.php

第8位:あっさり味のタレ「とかち豚丼夢の蔵」

ベーシックな豚丼だけではなく、様々な豚丼を味わうことができるのが「とかち豚丼夢の蔵」です。通常の豚丼と、あっさり塩味の豚丼を食べ比べすることができる「食べ比べ豚丼」もあります。

そして、十勝のフロマージュチーズを使用した「ラクレットチーズ豚丼」や、温玉を乗せた「温玉豚丼」、ぴりっと山わさびが癖になる「山わさび豚丼」などがあります。

是非、自分の好みに合った豚丼を見つけてみてください。甘めの味付けが苦手な人には、塩豚丼がおすすめです!

豚丼の特徴

View this post on Instagram

豚丼食べ比べセット(北海道 西帯広 とかち豚丼 夢の蔵) お昼は豚丼を食べに。仕事なのに帯広グルメ。 塩ダレ豚丼がメニューにあり、食べ比べセットもある。塩ダレは初めてだったので食べ比べセットにしてみました。 右が塩ダレ、左がしょう油ダレ。 塩の方が想像どおりサッパリした味。 とにかく豚肉がおいしいのでそれだけでも満足でした。 豚丼の種類が多いので全て食べてみたいお店でした。 #豚丼 #北海道 #帯広 #帯広グルメ #西帯広 #とかち豚丼 #とかち豚丼夢の蔵 #食べ比べセット #塩ダレ豚丼 #ラクレットも食べたかった #hokkaido #obihiro #nishiobihiro #butadon

A post shared by Toru Seki (@sekitoru) on

何と言っても、塩豚丼があるのが一番の特徴です。あっさりとした味わいで、他ではなかなか食べることのできないメニューです。

十勝野ポークを、炭火で丁寧に焼いており家製こだわりタレを使用しています。厚みのある十勝野ポークは、ボリューミーで食べ応えがあります。

豚肉は、非常にやわらかくしっかりとお肉ならではの味を感じることができ、お米は北海道新十津川町の「ななつぼし」を使用しているほどのこだわりっぷりです。

所在地北海道帯広市西23条北1-5-5
電話番号0155-37-9800
営業時間11:00~14:30 17:00~19:30
定休日月曜日

第9位:うま味とやわらかさが絶妙!「十勝豚肉工房ゆうたく」

「十勝豚肉工房ゆうたく」の豚丼は、とにかくうま味とやわらかさのバランスが絶妙です!豚丼はもちろんですが、そのほかにも網焼き生姜定食やトンテキ定食、などもボリュームがあり人気です。

店内はスタイリッシュで広々としており、バリアフリーになっています。

豚丼の特徴

View this post on Instagram

十勝豚肉工房 ゆうたく 厳選された十勝豚のみを使用した豚肉の店。 今回は豚丼。 豚220g米420gでボリューム満点の昼食でした。 豚丼の他にも、豚カツ、豚テキ、ポークチャップなどなど、十勝豚を堪能できる豊富なラインナップ。 店内には豚のぬいぐるみが並んでいて、豚ファンのちびっ子には堪らんと思います。 . . 豚肉工房の名の通り、こだわりの強い名店でした。 帯広に来た際には是非。 #十勝豚肉工房ゆうたく #豚の名店 #豚丼 #もう豚がたまらん美味い #美味さの権化 #次はトンテキ食す #出張飯シリーズ #ランチ充 #ランチみつる #夜も充説濃い #連休前の走り込み気張るゴン

A post shared by Nagomu Tomita (@na5na5na5n) on

十勝産の豚肉を、じっくり丁寧に網焼きしています。北海道産の有名なお米「ゆめぴりか」を使用しており、しっかりとお米の美味しさも引き立つような味わいです。

お肉はとてもジューシーで甘辛いタレとよく絡みあっています。老舗の地元精肉店直営の店なので、お肉も厳選されたものが使用されています。

「とんかつ」も非常に人気なお店です。

所在地北海道帯広市東二条南12-2
電話番号0155-27-8060
営業時間11:00~14:30 17:00~19:30
定休日水曜日
URLhttp://www.yuutaku.hokkaido.jp

第10位:子連れも安心「とんび」

まるで普通の住宅のような店内の「とんび」は、ほっこりとしたひとときを過ごすことができるお店です。ロース、バラ、ミックスを選ぶことができます。

アットホームな店内で、座敷もあるのでお子様連れの方にもおすすめです。まさに、超穴場な豚丼専門店です。

豚丼の特徴

しっかりと味付けされた豚丼に、プラス料金でバターや温泉卵、チーズなどをトッピングすることもできます!そのため、自分好みの豚丼にすることができます。

豚バラはとってもジューシーで、ロースはしっかりとお肉そのものの味を感じることができます。甘さと辛さのバランスも絶妙です。

所在地北海道帯広市西1条南24-8-1
電話番号0155-26-7311
営業時間11:00~14:30 17:30~20:00
定休日水曜日

豚丼は帯広土産にも人気!どこで買える?

実は、帯広で人気の豚丼は、お土産として購入することもできるのです!是非、本格的な帯広の味を家庭でも楽しんでみてください。

豚丼のぶたはげ「豚丼セット」

豚丼の名店「ぶたはげ」では、2人前の豚丼セットがあり、真空パックになっている豚丼を持ち帰ることができます!タレやスパイスなどもセットになっています。

豚丼の味を気に入った方は、是非お土産として持ち帰ってみてください。タレのみの販売もしているので、タレだけ購入するのもおすすめです。

買える場所

豚丼セットは、店舗で購入することもできますが、公式ホームページのウェブショップからでも購入することができます!そのため、帯広観光を終えたあとでも、自宅から注文することができます!

ソラチ「牛丼のタレ」

北海道のタレ屋さん「ソラチ」では牛丼のたれや豚丼のたれが販売されています。ロングセラー商品で、甘すぎず絶妙なバランスのタレになっています。

水を一滴も使用せずに鰹風味がきいている本格的な味わいです。ネットでも購入することができます。

豚丼味せんべい

せんべい, クッキー, クラッカー, 朝, 食欲をそそる, 味, 朝食, 食べる

北海道産のお米と帯広の名物豚丼のたれを使用して作られた「豚丼味せんべい」はお土産に最適です。大きな袋ですが、4つに分かれて個包装されています。

かわいい星の形をしていて、豚丼の甘辛い味がしっかりと再現されています。

帯広グルメは豚丼で決まり!

帯広市に来たからには、豚丼がおすすめです!なかなか他府県では味わえない味で豚肉のボリュームがすごいです!お肉も北海道産のものを使用している店がほとんどで、分厚く食べ応えがあります!

是非、帯広のソウルフードを堪能してみてください!

関連する記事