trima

帯広神社は観光にも人気!変わったお守りや名物どんど焼きを楽しもう!

帯広神社は観光にも人気!変わったお守りや名物どんど焼きを楽しもう!

2020.06.16

Trima北海道編集部

北海道帯広市にある「帯広(帯廣)神社」には、かわいいお守りや御朱印帳、絵馬があると観光客にも人気となっています。また、この神社では毎年どんど焼きが行われています。今回は帯広神社の魅力を紹介します。また、人気の御朱印やシマエナガみくじについても解説していきます。

目次

  1. 緑豊かな境内!帯広(帯廣)神社
  2. 帯広神社の歴史と詳細情報
  3. 帯広神社の由緒
  4. 帯広神社の境内
  5. 帯広神社の基本情報
  6. 帯広神社のちょっと変わったお守り一覧!
  7. 新しく仲間入り!「大丈夫お守り」
  8. 縁結びにはこれ!「鈴蘭結び守り」
  9. 幸せが訪れる「幸福守」
  10. かわいい柄が特徴的!「キティーちゃん守」
  11. 車やバイクに貼るタイプのお守り!「紙垂ステッカー」
  12. その他のお守り
  13. 帯広神社の名物どんど焼き
  14. どんど焼きは古神札焼納祭!昔からの習わし
  15. どんど焼きでできること
  16. 帯広神社でもらえる御朱印!御朱印帳に記録しよう
  17. 帯広神社の名物絵馬!「ばんば絵馬」
  18. 帯広神社のかわいいシマエナガみくじがおすすすめ!
  19. シマエナガとは
  20. 別名「雪の妖精」!帯広神社のシマエナガみくじ
  21. 帯広神社の口コミ
  22. シマエナガに会いに行きました!
  23. 可愛かったです
  24. 帯広神社で流行りのお守りやおみくじを堪能しよう

緑豊かな境内!帯広(帯廣)神社

北海道は国内旅行にも人気の場所であり、国内外から多くの観光客が1年を通して訪れます。土地が広大で様々な都市があり、それぞれに特徴があります。

帯広市は北海道の南東部に位置しており、特に7月~8月がベストシーズンとなっています。農業や酪農業が盛んなため、美味しいグルメも多く、観光スポットも自然を活かしたものが多くあります。

その中でも「帯広神社」は境内の面積が7,000坪と広大であり、緑豊かな神社として人気を呼んでいます。今回は、帯広神社について詳しく紹介します。

帯広神社の歴史と詳細情報

まずは帯広神社のことについて知るため、歴史や境内について見ていきましょう。お守りやおみくじが有名ですが、しっかりと由緒などを理解しておくことで、よりご利益を感じられるでしょう。

帯広神社の由緒

View this post on Instagram

願い事 > 単焦点レンズの一本持ち > 願い事いっぱい🙇🙇🙇 どれも叶うといいな👌👌 > > ※ ~~~~~~~~~~~~~~~ ※ Location:帯広市・帯広神社 Date :2018/07/03 ※ 📷Sony α7ii 🔎CANON FD 50㎜ F1.8 ・ ・ ▼ ▼ RAW現像ソフト/Sony Imaging Edge × ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ × #写真ライフプラスα #神社#帯広神社#本殿#絵馬#祈願#夢 #お出かけ#お写んぽ #oldlens#オールドレンズ #オールドレンズの世界#オールドレンズに恋をした#オールドレンズで繋がりたい #オールドレンズ部#単焦点#単焦点レンズ #canonfd#canonfd50mm#canonfdlens #love_bestjapan#bestphoto_japan #camera_club_finderS #obihiro#帯広市#tokachi

A post shared by yoshitomo sakai (@yuchi_sakai) on

帯広神社は、1883年に、開拓団体「晩成社」が帯広へと移住し、その2年後から祭祀を始め、1890年には祠を立てて「帯廣神社」としたことが起源とされています。

しかし、現在の帯広神社との関係性は明らかになっていません。1909年に現在の場所に神社を建設することになり、1910年に札幌神社から分霊の勧請を受けました。

ご祭神は北海道の国土の神である大國魂神、国土経営・開拓の神である大那牟遲神、国土経営・医薬・酒造の神である少彦名神の「開拓三神」の3柱です。

帯広神社の境内

7,000坪の境内は、昭和49年に北海道環境緑地保護地区に指定されました。境内には自生している木々が多く、野鳥も多く棲みついており、季節によって違う姿を見ることができます。

境内にある建造物は、社殿・祭務所・車祓所・神門・手水舎・社務所となっています。また、境内神社には昭和35年に鎮座50年を記念して建造された「頓宮」と建御賀豆智命・伊波比主命・天之子八根命・比売神をご祭神とする「春日神社」があります。

すぐ隣には「十勝護国神社」があり、鳥居をくぐることなく2つの神社が繋がっています。この2つの神社の中間地点が最もパワーが強いとされています。

帯広神社の基本情報

帯広神社があるのは、JR帯広駅から車で8分程のところです。とかち帯広空港からは車で30分程のところにあるため、レンタカーなどの車があると便利です。

公共交通機関でアクセスする場合、帯広駅のバスターミナルから7番の水光線 東13条行きに乗りましょう。「総合振興局前」で下車すると徒歩2分で帯広神社に着きます。

帯広駅から直接徒歩でアクセスする場合は、少し遠いですが徒歩25分~30分で行くこともできます。天気や気候が良い日は散歩がてら歩いてみるのもおすすめです。

帯広神社のちょっと変わったお守り一覧!

神社といえばお守りが定番となっています。それぞれの神社ではご利益が同じでも異なるデザインのものが頒布されており、自分のお気に入りのものなら持ち歩きたくなりますよね。

帯広神社ではちょっと変わったお守りが多く頒布されており、それを目当てに訪れる観光客も多くいます。ここでは、帯広神社のお守りを紹介します。

新しく仲間入り!「大丈夫お守り」

見る度に勇気をもらえる力強さがあるのが「大丈夫お守り」です。大丈夫お守りというのは、福井県護国神社が発祥であり、全国では4社で頒布しています。

帯広神社の大丈夫お守りは本体・紐・文字全てが真っ黒でシックな印象です。可愛らしいデザインのお守りが多い中で、大丈夫お守りはシンプルなので男性でも持ち歩きやすいと好評です。

大丈夫はますらお(男性の意味)とも読めます。帯広開拓の祖である依田勉三が「ますらおが心定めし北の海 風吹かば吹け 波立たば立て」と和歌を詠んだことから、大丈夫お守りは目標達成や成功のご利益があるとされています。

縁結びにはこれ!「鈴蘭結び守り」

「鈴蘭結び守り」は、金と銀2つの鈴蘭が寄り添っているように付けられている御守りです。鈴蘭は北海道を代表する花であり、「純愛」「幸福の訪れ」という花言葉を持っています。

縁結びのお守りですが、素敵な異性との出会いはもちろん、仕事や友人関係でのご縁がありますようにという願いが込められています。

女性人気の高いお守りで、実際に鈴蘭結び守りを身に着けてから良縁に恵まれた、仕事で取引相手といい関係を築けたという人もいます。

幸せが訪れる「幸福守」

帯広神社の「幸福守」(700円)は、福寿草をあしらった黄色いお守りです。福寿草というのは、キンポウゲ科の多年草で、春の訪れを知らせるかのように春になると黄色の花を咲かせます。

境内にも自生しているため、春の訪れとともに幸せも運んできてくれそうな花です。帯広は幸福の黄色いハンカチのロケ地としても有名になりましたが、それも相まって幸福守の人気が高まっています。

黄色は元気になれる色なので、身につけているだけでなんだか元気が湧いてくるかのような気分になれます。

かわいい柄が特徴的!「キティーちゃん守」

 (867199)

小さな子供も身につけやすく、各世代から人気があるのが「キティーちゃん守り」(700円)です。誰からも好かれている国民的キャラクターのハローキティーがデザインとなっているため、キティーちゃんファンにはたまりません。

全国にキティーちゃん守りを授与している神社は増えてきていますが、発祥は原宿にある「東郷神社」とされています。原宿にキティランドがあることでお守りを作るようになったところ、それが全国に広まったと言われています。

健康や厄除けのご利益があるとされているため、常に持ち歩くバッグなどに付けておくといいでしょう。

車やバイクに貼るタイプのお守り!「紙垂ステッカー」

 (867187)

帯広神社は境内が帯広の流通の要衝ともなっている国道38号線に沿ってあります。そのため、交通安全のご利益があるとも言われています。このご利益があやかれるお守りというのが「紙垂ステッカー」(700円)です。

通常、お守りと言えばストラップの形になっているものが多いですが、こちらはステッカーで車やバイクに貼って使用する珍しいタイプのお守りです。種類は白色と赤色の2種類から選べます。

紙垂は結界を張って悪いものを寄せ付けない役割を果たしているため、交通安全にも効果てきめんと言われています。

その他のお守り

上記で紹介したお守り以外にも、帯広神社では様々な種類のお守りが頒布されています。観光客にぴったりな「旅行安全守」(1,000円)や厄がついても身代わりになってくれる「身代守」(1,000円)など、その人の悩みや願望に合わせて購入すると良いでしょう。

中でも近年人気が出ているのが「幸せ結び守」です。お守りが和装の新郎新婦になっており、これから結婚する人への贈り物としても、長年連れ添った夫婦へお祝いの気持ちを送るものとしても人気となっています。

結婚式のDIYが増えてきており、装飾の一部としてこの幸せ結び守を使うカップルも増えているようです。

帯広神社の名物どんど焼き

帯広神社では、毎年成人の日に関係なく1月15日に「どんど焼き」が行われています。地域によってどんど焼きを行う日は異なりますが、十勝地方では一律でこの日にどんど焼きが行われるようです。

ここではどんど焼きについて紹介します。

どんど焼きは古神札焼納祭!昔からの習わし

View this post on Instagram

第2回フォトコンテスト開催中✨ ◆開催期間◆ 令和2年1月1日~1月31日 詳しくはプロフィールをご覧ください😊 ⛩#神社フォトコンわたしと神社 ⛩ @jinja_photocon ではフォトコンテスト開催中、皆様より投稿された素敵な写真をご紹介しております。 . Photo by @1103jin . . 宮城県仙台市御鎮座、大崎八幡宮 「松焚祭」 . . @1103jinさま、ありがとうございました。 . . #宮城 #仙台 #大崎八幡宮 #松焚祭 #どんと祭 #左義長 #どんど焼き #正月飾り #伝統 . . #神社 #⛩ #神社好き #神社巡り #神道 #神社好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #日本 #日本の景色 #絶景 #jinja #japan #shinto #japan_lovers #photo_jpn #japantrip #japan_of_insta #lovers_nippon

A post shared by 神社フォトコンテスト (@jinja_photocon) on

「どんど焼き」というのは、お正月に使用した門松や松飾りなどを持ち込み、神社などで焼く年中行事のことを指します。

1年間の厄払いの意味が込められており、どんど焼きの風に当たると無病息災になる、どんど焼きの炎で焼いた餅を食べればいいとも言われています。

どんど焼きの起源は、左義長という宮中の年中行事だとされていますが、それよりもどんど焼きの歴史の方が古いという記録もあり、定かではありません。

「どんど」という言葉が使われるようになったのは、「尊や尊」と焼いている間にはやし立てていた言葉が訛ったからという説や火がどんどん燃える様子が語源となっているようです。

どんど焼きでできること

帯広神社では、おふだ・お守り・しめ飾り・破魔矢その他神社で頒けているものであれば燃やすことができます。ただし、プラスチックやビニール、金属、ガラスは燃やすことができません。

お守りにはビニールが使われていることが多いですが、帯広神社のものはそのまま燃やしても有害物質が出ないので燃やすことができます。神社に関係のないものや鏡餅、人形、写真といったものは持ち込んでも持ち帰ることになります。

当日訪れることができない場合、その日まで事務所で預かってもらえるので都合のいい日に持ち込みましょう。分別作業が大変となるため、できる限りも痩せないものは予め外してから持ち込むことをおすすめします。

帯広神社でもらえる御朱印!御朱印帳に記録しよう

帯広神社の御朱印は授与所でいただけます。初穂料は300円で、「帯廣神社」と書かれた上に御朱印が押されています。夏限定の御朱印もあり、デザインが可愛いと夏に御朱印を頂く人が多くいます。

帯広神社ではオリジナルの御朱印帳(2,000円)も頒布しており、御朱印帳にもシマエナガが描かれています。白くて丸々したフォルムのシマエナガが4羽枝に乗っています。

シマエナガは先導する鳥とも言われており、これからの御朱印巡りの旅を安全に導いてほしいとの願いが込められているようです。見ているだけで幸せになれそうな可愛らしい見た目です。

帯広神社の名物絵馬!「ばんば絵馬」

通常、絵馬と言えば家のような形をしている木の板です。これは平安時代から一般的になったもので、板の上に屋根をつけていたことが今でも受け継がれているようです。

しかし、帯広神社には「ばんば絵馬」という馬の形をした絵馬があります。これは、漫画「銀の匙 Silver Spoon」の中で登場したことから存在が広く知られるようになりました。

帯広神社が今の場所に鎮座する前、帯広神社という名前が付いていた祠や大木の前では競馬が行われていたと言われています。そのため、馬の形の絵馬が作られました。

このばんば絵馬は、ばんえい競馬が数々の障害を乗り越えることから特に合格祈願を行う人が多いです。他にも、壁を乗り越えていくという願いを込める人もいます。

帯広神社のかわいいシマエナガみくじがおすすすめ!

View this post on Instagram

もー!!! と絶叫しているシマエナガがいました。 ※ピンもあっていないおもしろPhotoです😂 Body:EOS-1D X Mark II Lens:EF500mm F4L IS II USM  Location:Hokkaido   #natgeo  #best_moments_nature  #yourshotphotographer #my_eos_photo #tokyocameraclub  #東京カメラ部 #シマエナガ #野鳥 #birdphotography  #bird #wildbird #nature_brilliance #exclusive_wildlife #team_jp_  #bestjapanpics  #art_of_japan_  #IG_PHOS  #instagramjapan  #birders_gallery  #naturegeography  #retrip_news  #japan_photo_now #Japan_Daytime_View #bestjapanpics_ #WWTTY #daily_photo_jpn  #photo_jpn #wildlife  #wildanimals  #animalcrossing

A post shared by 小林 誠 | makoto kobayashi (@makophoto26) on

帯広神社では様々な種類のおみくじをひくことができ、今後の運勢を占ったりアドバイスをいただいたりします。「鯉みくじ」も有名ですが、可愛いと話題のおみくじが「シマエナガみくじ」です。

ここでは、シマエナガがどのような鳥かを紹介するとともに、シマエナガみくじについて詳しく紹介します。

シマエナガとは

「シマエナガ」はスズメ目エナガ科エナガ属の鳥で、7種類いるうちの1種類です。体長は14cm程と小さく、正面から見ると真っ白、後ろから見ると黒色や茶色の羽毛です。丸いフォルムとつぶらな瞳が印象的です。

見た目の丸っぽさとは対照的に動きは俊敏で、2月ごろになると樹液を舐めている姿を見かけることが増えます。繁殖期以外は群れで行動するという特徴があるため、集団で見かけることも珍しくありません。

警戒心はそれほど強くないため、驚かせないようにすると手の届く距離まで近づけることもあるようです。帯広神社の境内にある木々にもシマエナガが止まることが多いので、よく観察してみましょう。

別名「雪の妖精」!帯広神社のシマエナガみくじ

View this post on Instagram

【特別企画】 シマエナガさんの未公開写真を 凡そ3日に一度投稿します その③ (計6回予定) 写真家 嶋田忠さんのネイチャーフォトギャラリー The Bird Watching Cafe (千歳市) にて 今年2月上旬に撮影した 公開する予定のなかった秘蔵写真6点を 特別に公開します お楽しみに! 《その③》 よーーく見て 綺麗な瞳ですね シマエナガの雛の生存率は大変低く 3割以下とも言われています 私たちが目にできるシマエナガさんは そんな厳しい自然を生き抜いてきた 実は逞しいシマエナガさん達なんです 私たちもこの大変な時を乗り越えて 逞しく生きて行きたいものですね 次回もお楽しみに! #北海道 #千歳市 #ザバードウォッチングカフェ #シマエナガ #帯廣神社 #帯広神社 #hokkaido #chitose #thebirdwatchingcafe #longtailedtit #birdwatching #eye_spy_birds #birdfreaks #birding_lounge #your_best_birds #allmightybirds #nuts_about_birds #birdlife_insta

A post shared by Kiyonori Ohno (@obihirojinja) on

シマエナガは別名「雪の妖精」と呼ばれています。野鳥好きの宮司さんが2年かけて構想を練り、2018年から始まったのが「シマエナガみくじ」です。

初穂料は500円で、その可愛さからSNSを中心に話題になり、品切れ状態が続いていました。シマエナガみくじは陶器で作られており、少し顔を傾げた表情がシマエナガの可愛さを表現しています。

普段はおみくじをひかないという人も可愛さにつられて引く人が多く、海外の人にも人気となっています。シマエナガみくじをきっかけにテレビの取材が増え、このおみくじを目当てに訪れる人も少なくありません。

帯広神社の口コミ

 (867170)

それでは、実際に帯広神社を訪れた事がある人の口コミを見てみましょう。帯広の観光はどこに行こうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

シマエナガに会いに行きました!

野鳥観察が好きで、北海道に行くならぜひバードウォッチングを楽しみたいと思っていました。北海道旅行が決まってからたまたま「シマエナガ」というマシュマロみたいな可愛い鳥がいることを知り、帯広神社がおすすめであるという口コミを拝見しました。

それを知ったときは胸が高鳴り、私が住んでいる所では見ることができないからこそ絶対に見たいと思っていました。訪れたのは冬で、一面雪景色の写真のような世界が境内には広がっていました。

たっぷりバードウォッチングに時間が使えるよう早めの時間に訪れたので、境内には人もまばらで木々の観察がしやすかったです。しばらくゆったり歩いていると、3羽ほどのシマエナガが木の枝にいるのを発見しました。

見つけた時の感動は大きく、今まで見たどの鳥よりも可愛かったです。北海道まで来て正解でした。(50代・女性)

可愛かったです

今まで神社などはあまり興味が無かったのですが、SNSで花がたくさん水に浮かべられている画像を見て「可愛い!自分の目で見たい!」と思いました。

ちょうど友達と北海道旅行が決まっていたので、友達に帯広神社に行きたいということを伝えると、彼女もその画像を見た事があり、観光プランに入れてもらえました。北海道旅行で一番楽しみにしていた場所でした。

夏でも北海道は涼しいと思っていたのですが、想像以上に暑かったです。しかし、花があることで涼しげに感じ、爽やかな気分になりました。花も私好みの可愛い感じで女性の参拝客がたくさん写真を撮っていました。

このようなイベントを通して神社が若い人たちにとっても身近なものになるのは良いと思いました。(20代・女性)

帯広神社で流行りのお守りやおみくじを堪能しよう

今回は北海道・帯広氏市にある「帯広神社」について詳しく紹介しました。可愛らしいお守りやおみくじ、御朱印帳があり、思わず訪れたくなるような魅力があります。

パワースポットとしても人気があるため、この神社を訪れてから良いことが起きた、人生が好転したという人も少なくありません。

北海道で美味しいグルメや綺麗な自然を楽しむのも良いですが、旅の思い出として帯広神社に訪れることもおすすめします。

関連する記事