trima

帯広の焼肉に行くなら平和園!人気メニューや予約・持ち帰りも紹介!

帯広の焼肉に行くなら平和園!人気メニューや予約・持ち帰りも紹介!

2020.06.16

Trima北海道編集部

北海道は帯広に本店を構える焼き肉レストラン、平和園。こだわりの地元産の新鮮なお肉が楽しめるお店で、常に行列が耐えない人気の焼き肉レストランです。そこでこの記事では、おすすめメニューはもちろん、持ち帰りや予約方法など、平和園について詳しく解説していきます。

目次

  1. 平和園は帯広で大人気の焼肉店
  2. 平和園の概要
  3. 昭和34年に創業
  4. 地元産の食材を使用
  5. 一丁付けにこだわる
  6. 本店のほかに8店舗
  7. 平和園の人気メニュー
  8. ジンギスカン
  9. 黒毛和牛
  10. カルビクッパ
  11. 平和園は人気で混むため予約がおすすめ
  12. 平和園の料理は持ち帰りも可能
  13. 平和園 本店の基本情報やアクセス方法
  14. 平和園 本店周辺のおすすめ観光スポット
  15. ばんえい十勝
  16. おびひろ動物園
  17. オベリベリ温泉 水光園
  18. 平和園の美味しいジンギスカンを堪能しよう

平和園は帯広で大人気の焼肉店

 (870154)

帯広に本店を構える「平和園」は常に行列の耐えない、北海道でも人気の高い焼き肉レストランです。新鮮で良質なお肉が提供されるのに、コスパが抜群にいいということで大人気です。

また、平和園は今は当たり前の焼き肉スタイルで食べる「ジンギスカン」発祥の店。その味目当てで来客する方も多いようです。

一人でも気軽に焼き肉が楽しめる、帯広では超人気の焼き肉レストラン、平和園。では、ここかは焼き肉レストラン、平和園についての情報を詳しく解説していきます。

平和園の概要

View this post on Instagram

煙霧瀰漫中

A post shared by robert chan (@robertchan) on

まずはじめに、平和園について紹介します。平和園は帯広に本店を構える焼き肉レストランです。焼き肉スタイルで食べるジンギスカンを初めて提供した店としても有名です。

昭和34年に創業し、今では北海道内で9店舗を構える人気の焼き肉レストランです。創業以来、常に機械に頼らず、すべて手作業でお肉を提供しています。そして長時間タレに漬け込まず、出す直前につけることで肉の本来の味がわかるようにこだわっています。

古くからの変わらぬ味を提供する一方で、昭和62年に日本で初となるハンディターミナルによるオーダリング・システムを導入と最新システムも積極的にとりいれている店です。

昭和34年に創業

View this post on Instagram

安くて美味い‼️😭

A post shared by jun(じゅん) (@djkumakuma) on

昭和34年に帯広駅近くに焼き肉「平和園」を創業しました。今、現在においてもこの創業時と変わらないスタイルで美味しいお肉が提供されています。

昭和50年には喫茶「蘭豆」を開店し、本部事務所設置します。そして昭和51年には郊外型一号店の「札内店」をオープン。翌年には「士幌店」をオープンしました。

また、平成元年には釣堀「青魚園」と焼肉レストラン「大成店」がオープン。平成9年には札幌に「白石店」をオープンしました。そして今では9店舗をオープン。創業以来、閉店した店はありません。

地元産の食材を使用

View this post on Instagram

昨日の肉

A post shared by 鹿 (@turner_deer) on

平和園では地元さんの食材にこだわり提供しています。平和園で使われている新鮮なお肉はそのほとんどを「北海道畜産公社 十勝工場」から仕入れています。

昭和32年に設立された北海道畜産公社のモットーは「安全で安心な食肉」を企業理念とし、生産者と消費者を結ぶことです。

北海道畜産公社、十勝工場は全国有数規模の食肉検査センターで東京、大阪についで3番目の屠蓄数を誇っています。個の工場から北海道、十勝の新鮮なお肉は地元のみならず、全国にと提供されています。

一丁付けにこだわる

平和園では注文を受けたあとに、注文分の分だけタレを調合し、お肉の味付けをしています。大抵の焼き肉の場合はタレに長時間漬け込んだものが提供されることが多いのですが、平和園では肉の旨味を大切にしているのでタレ漬は直前までしません。

この方法を「一丁付け」といい昔はほとんどの焼き肉店で取り扱われていたのですが、現在ではとにかく手間がかかるので今では取り入れてる店はごくわずかです。

平和園では肉の味を大切にしたいため、今でもこの手法を取り入れています。

本店のほかに8店舗

帯広に本店を構える平和園では、他にも8店舗、店を構えています。内訳は十勝管内6店舗、札幌市内3店舗です。十勝管内は本店、札内店、士幌店、東銀座店、緑ヶ丘店、大成店です。札幌市内は蘭豆店、太平店、白石店です。

どの店舗も外装はまったく異なり、サービスも違います。一例として士幌店は店内には大きな子供の遊び場、店の外にはミニSLなどがあり、家族連れが利用しやすい店となっています。

大成店は池のそばにあることから自然の中でまるでバーベキューを楽しんだような気分になれます。太平店は洋館風の外観の店舗に入ると、中にはエスニック、アメリカンファミリー、韓国、ウエスタン、新日本風など、個性ある部屋が用意されています。

平和園の人気メニュー

では、ここからは平和園の人気メニューを紹介します。例えば、平和園といえばジンギスカンが人気ですが、十勝管内と札幌市内ではメニューが少し違います。また、値段少しですが、差があります。それでも他の焼き肉店に比べれば、かなりコスパがいいのは間違いないです。

特性の秘伝のタレはご飯にかけても美味しいと通の間ではもはや暗黙の常識。そのタレにつけた新鮮なお肉が美味しいのは言うまでもないでしょう。

基本のメニューはジンギスカン、黒毛和牛、道産牛となりますが、その他にも店舗によっていろいろ提供されているのでぜひ、参考にしてください。

ジンギスカン

平和園といえばジンギスカン。平和園では1枚1枚丁寧体に包丁で削ぎ切りされた羊肉が提供されます。今では当たり前に食べられているジンギスカンは平和園が普及したことで知られるようになりました。

元祖手切りジンギスカンは十勝管内と札幌市内では提供されるメニューが違います。十勝管内では、「ジンギスカン」「上ジンギスカン」「特上ジンギスカン」の他にリュクスラム(子羊の骨付き肉)が提供されます。

札幌市内では「ジンギスカン」「ジンギスカンロース」「※ジンギスカンカルビ」「※ジンギスカンヒレ」が提供されます。(※は店舗限定、数量限定です。)

黒毛和牛

焼肉屋といえば国産和牛ということで、平和園では黒毛和牛も提供しています。どちらのエリアでも黒毛和牛上骨付きカルビ、黒毛和牛特選カルビが提供されます。

メニューの違いは十勝管内では、「十勝和牛上カルビ」札幌市内では「道産上カルビ」が提供されていまます。また、十勝和牛はまだまだ市場では見かけずらいので、頼むべき1品と言えます。

また、札幌市内では十勝管内ではあまり取り扱われていない豚肉メニューが充実しています。どちらも道産のものを提供しているので味の違いなどはありません。

カルビクッパ

平和園のサイドメニューとして人気なのがスープです。平和園ファンなら絶対に頼むのがスープなのだそうです。「どのスープでもとにかく美味しい!」とファンなら口を揃えて言うほど。

とにかく美味しいスープは、しっかりとしたダシの味がし、卵スープであればふわふわで絶品なのだそうです。そんなスープを使ったクッパもとても人気です。

美味しいスープと美味しいカルビ肉、両方が味わえる「カルビクッパ」は平和園の人気メニュー。ただし、量が多いので初めて頼むときはハーフサイズを頼むのがおすすめです。

平和園は人気で混むため予約がおすすめ

平和園は行列必須の超人気店です。そのため事前予約しておくと待たずに入ることができます。予約方法は電話かメールになります。大人数で行く場合は必ずお店に事前確認しましょう。

ただし、予約も必ず取れるとは限りません。特に当日予約などはだいたいの確率で断られることが多いようです。その場合はおとなしく並んで待つしかありません。

旅行などで前もって計画していたならできるだけ早めに予約しておきましょう。特に長期休暇などのシーズン時は混雑必須です。場合によっては1時間以上待たされることもあるので、予約はなるべく早めにしましょう。

平和園の料理は持ち帰りも可能

平和園ではお持ち帰りも可能です。電話で予約しておけば待たずにお持ち帰りができます。店舗によってはお持ち帰りできるものが違いますが、基本お肉はお持ち帰りができます。

店内で食べるのもいいのですが、お家で焼肉もいいのではないでしょうか。また、お持ち帰りしておくことで天気の良い日に平和園のお肉を使ってバーベキューを好きな場所で楽しむことができます。

行列に並ぶのは何かとストレスも溜まります。事前予約しておけば待つことなく、お持ち帰りできるので利用してみてはいかがでしょうか。

平和園 本店の基本情報やアクセス方法

平和園、本店の基本情報です。住所:帯広市大通り南12丁1。TEL:0155-22-6151。営業時間:PM5:00〜AM1:00、定休日:木曜日(定休日が祝祭日の場合は営業。)、12/31.1/1休み。

アクセス方法:JR帯広駅から徒歩3分、帯広駅から約300mです。駐車場もあります。平和園、本店h帯広駅前に焼肉の「平和園」の「のれん」を揚げた最初のお店となります。

1階にはイス席(ホール)と個室、2階には和室があり、大人数での利用も可能です。(※事前予約必須)。

平和園 本店周辺のおすすめ観光スポット

View this post on Instagram

🎈早朝熱気球体験が始まります🎈  今シーズンも熱気球体験が始まります✨  例年より一足早く、この週末より体験ができます。  ぜひ気持ちの良い、爽快感を味わいくださいね👍  4月18日(土)、4月19日(日)、4月25日(土)、4月26日(日)、4月29日(水・祝)より、今シーズンの体験が始まります。  ✅早朝熱気球体験の詳細はこちら: http://www.nature-tokachi.co.jp/menu_summer_bl.html   ───────────────────── ♨️十勝川温泉第一ホテル 豆陽亭・豊洲亭♨️ 所在地|北海道河東郡音更町十勝川温泉南12 電話番号|0155-46-2231 https://www.daiichihotel.com/ ─────────────────────  #北海道旅行 #北海道観光 #北海道温泉 #北海道旅館 #北海道イベント #帯広旅行 #帯広観光 #帯広温泉 #帯広旅館 #帯広イベント #十勝旅行 #十勝観光 #十勝温泉 #十勝旅館 #十勝川温泉 #モール温泉 #旅の玉手箱北海道 #熱気球 #熱気球体験 #体験

A post shared by Tokachigawaonsen Daiichi Hotel (@hoshutei.toyotei) on

平和園でのお食事を楽しむなら、周辺で観光はいかがでしょうか。北海道は広大で感光スポットがたくさんあります。そして帯広にもたくさん見どころがあります。

北海道のお土産で有名なマルセイバターサンド・ホワイトチョコレートで有名な六花亭本店や、ここで気風を買うと「愛と幸せがやってくるとしてブームとなった愛国駅、幸福駅など数多くの観光スポットがあります。

その中でもおすすめのスポットを3つ紹介します。北海道ならではの観光スポットです。ぜひ、参考にしてください。

ばんえい十勝

ばんえい十勝は世界でただ一つ、ここでしか見ることのできない「ばんえい競馬」です。競馬というとスラッとした競走馬が速さを競うものがイメージされますが、ばんえい競馬は競争する以外は全く違います。

ばんえい競馬は体重1トンを超える馬が重りをのせた鉄ソリを引いて直線コースで力とスピードを競います。これは、北海道開拓時代の農耕馬が現代のレースへ受け継がれたもので、今では北海道遺産として観光スポットとなりました。

一般的な競馬とは迫力が違うので一見しておく価値ありです。

おびひろ動物園

それほど大きくはないので、のんびり歩いて散策できる「おびひろ動物園」。約100種類の動物が飼育されています。

北海道ではここでしか見ることのできないアジア象もいて、家族連れにも人気の動物園です。

おびひろ動物園では公式SNSで可愛い動物たちの日常をアップしてくれています。SNSで見るのも十分可愛いですが、北海道まで足を運んだなら、会いに行ってみませんか。

オベリベリ温泉 水光園

帯広市内にあるスーパー銭湯「オベリベリ温泉 水光園」。モール温泉をリーズナブルな価格で楽しめるモール泉100%の温泉です。ちなみに、モール泉とは植物性の有機質を含む温泉のことを言います。

温泉の色は普通、出てくるときは透明で空気に触れると乳白色のような温泉ができるのですが、モール泉の場合は出てくるときから茶褐色のような色で出てきます。

北海道では、北海道遺産として登録されている温泉です。水光園ではタオルなどにレンタルもあるので北海道ならではの温泉でゆったりしてみませんか。

平和園の美味しいジンギスカンを堪能しよう

北海道電気ジンギスカンを食べるならどこがいいかを地元民に尋ねると、こぞって紹介されるのが平和園です。昔ながらのスタイルでしかもリーズナブルな価格で美味しいお肉が食べられるのは、ここしかないといわれるほどです。

超人気の焼き肉店なので並ぶ覚悟でいかなければいけませんが、どれだけ並んでも、食べる価値ありという声も多いです。

帯広に観光に行ったならぜひ、平和園で美味しい焼き肉を食べましょう。

関連する記事