trima

帯広のおすすめキャンプ場10選!家族連れにも人気の場所を紹介!

帯広のおすすめキャンプ場10選!家族連れにも人気の場所を紹介!

2020.06.16

Trima北海道編集部

今キャンプは大人気です。男性はもちろん、女性もキャンプを楽しんでいます。そこで今回は、帯広でおすすめのキャンプ場を紹介。北海道、帯広でキャンプを行うなら、是非行ってみてください。ソロキャンプも家族も楽しめるので、大自然を満喫しましょう。

目次

  1. 帯広・十勝でおすすめのキャンプ場を紹介
  2. 体験施設も併設!「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」
  3. 遊び応え満点「隠れ家的オートキャンプ場 遊び小屋コニファー」
  4. 車椅子の方もキャンプ可能「十勝エコロジーパークオートキャンプ場」
  5. 全国的にも珍しいグランピングリゾート「十勝中札内農村休暇村フェーリエンドルフ」
  6. 初心者にもおすすめ「ナウマン公園キャンプ場」
  7. キャンプだけじゃない!温泉も楽しめる「晩成温泉キャンプ場」
  8. 家族連れに大人気スポット「本別町静山キャンプ場」
  9. 上級者向けのキャンプ場「オンネトー野営場」
  10. 充実したアウトドアライフを楽しめる「さらべつカントリーパーク」
  11. 広大な自然を楽しめる冒険王国「うらほろ森林公園オートキャンプ場」
  12. キャンプはyoutubeでも人気!キャンプ系Youtuberを紹介
  13. ヒロシちゃんねる
  14. タナちゃんねる
  15. natsu camp
  16. 心も身体もリフレッシュ!キャンプで大自然を体感しよう

帯広・十勝でおすすめのキャンプ場を紹介

 (875499)

ここ数年、右肩上がりに始める人が増えている「キャンプ」。「ソロキャンプ」や「キャンプ女子」というワードが生まれ、ドラマなどでも取り上げられたことで、さらに世代・年齢を問わず幅広く人気が出ています。

キャンプの醍醐味といえば、大自然の中で過ごすことで、忙しい日常を忘れて、気持ちをリフレッシュできることです。日本には身近に自然があるので、週末に近場の自然に行ってキャンプをすることも簡単にできますが、長期連休などを使って、いつも以上に自然を楽しめる場所に出向いて、キャンプをするのも楽しいです。

体験施設も併設!「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」

「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」は、北海道帯広市拓成町第2基線2-7にあるアウトドア総合メーカーとして有名な「スノーピーク」直営のキャンプ場です。スノーピークが運営していることもあり、レンタル用品と体験施設が充実しています。

場所と必要な用品を予め予約さえしておけば、あとは食材を持っていくだけで、気軽にキャンプをすることが可能です。また、キャンプ場の近くにゴルフ場や自然加工の体験施設、八千代牧場など、様々な魅力ある観光地があるのも嬉しいポイント。

キャンプのみならず、色々な自然を体験することが一度に体験できます。手ぶらで来てもいいキャンプフィールドは、初心者の方にも道外から訪れる方にもぴったりなキャンプ場です。

住所北海道帯広市拓成町第2基線2-7
電話番号0155-60-2000

遊び応え満点「隠れ家的オートキャンプ場 遊び小屋コニファー」

年中無休の隠れ家的オートキャンプ場。ログハウスやバンガローは、すべてオーナーさんが地元の木や廃材を利用して作られており、ぬくもりを感じられます。

川をはさんで整地されているため、夏には川遊びや釣りなどでも遊べる場所です。その他にも、木工製品作りやダッチオーブンでピザやパン、ベーコン作りを体験したり、自然の中で五右衛門風呂を楽しんだりできます。

大自然にあるものを使って、様々な遊びが楽しめるコニファーは、遊び応え満点なので、遊び盛りのお子さんがいるファミリーにピッタリです。

住所北海道上川郡清水町字旭山2-56
電話番号090-1642-6418

車椅子の方もキャンプ可能「十勝エコロジーパークオートキャンプ場」

十勝エコロジーパークオートキャンプ場」は、4月上旬~11月末まで利用できるコテッジやトレーラーハウスなどが併設されたキャンプ場。全棟バリアフリーに対応している設備のため、車椅子の方も安心してキャンプを楽しめます。

キャンプ場の周辺には、楽しみながら自然を学べる施設やフィールド遊具、水遊びができる場所などもあり、1日中楽しめる場所です。車で2分の場所に十勝川温泉もあるので、思う存分遊んでも、リフレッシュできます。お風呂やトイレなどの施設が使いにくい場所だと宿泊に不安がある人にも、安心して利用できるキャンプ場です。

住所北海道河東郡音更町十勝川温泉南18-1
電話番号0155-32-6780

全国的にも珍しいグランピングリゾート「十勝中札内農村休暇村フェーリエンドルフ」

北海道河西郡中札内村南常盤東4線にある「十勝中札内農村休暇村フェーリエンドルフ」は、全国的にも珍しいグランピングリゾート施設。キャンプには行きたいけど、テントで寝泊まりするのは少し抵抗がある人でも楽しめるグランピングは、近年注目が高まっています。

フェーリエンドルフには、4タイプのグランピングスタイルコテージがあり、ドイツ風の個性的なインテリアに囲まれた空間で、雄大な自然や充実したBBQを体験可能です。

また、フェーリエンドルフにはペット同伴専用棟やドッグランが併設されているので、愛犬も一緒にキャンプを楽しみたい愛犬家の方にもおすすめ。自然に囲まれた充実したコテージで、別荘に来たような優雅な時間を過ごすなら、フェーリエンドルフがいいでしょう。

住所北海道河西郡中札内村南常盤283
電話番号0155-68-3301

初心者にもおすすめ「ナウマン公園キャンプ場」

「ナウマン公園キャンプ場」は、キャンプ初心者にもおすすめの場所です。4月下旬~11月初旬までの期間限定のキャンプ場ですが、施設利用料が無料で、気軽にキャンプを楽しめます。トイレなどの施設もきれいに管理されており、徒歩圏内に温泉やコンビニもあるので、初心者の方にも安心です。

また、パークゴルフ場も併設されているため、ゴルフも楽しめます。キャンプをしてみたいけど、結構なお金をかけたのに楽しめなかったらどうしようと悩んでいる人のファーストステップとして利用するにはおすすめの場所です。

住所北海道中川郡幕別町忠類白銀町
電話番号01558-8-2111

キャンプだけじゃない!温泉も楽しめる「晩成温泉キャンプ場」

View this post on Instagram

昨日は、様似→えりも→広尾→大樹→忠類→広尾→大樹…と謎の道順でここ晩成温泉にたどり着いた。 広尾シーサイドパークの予定だったが、雨上がりの為か蚊の異常発生のせいで泣く泣く退散…ロケーションは凄く良かっただけに残念。 ・ ・ ここ晩成温泉は当日中にお風呂に入ることが条件だが無料でこのロケーションを味わえてセミオートができたのは私のようなズボラキャンパーには最高の場所と言えるだろう。 ※キャンプ場ガイド風 ・ さて、夏休み3日目はどこに行こうか。 #晩成温泉キャンプ場 #とても静か#ライダーさんが多い#早寝早起きなキャンプ場#ルーフトップテント#オートホーム #ヘリノックステント #tacフィールド4

A post shared by mokiyasan (@mokiyasan) on

「晩成温泉キャンプ場」は、温泉に入ると使える穴場のキャンプ場。町営キャンプ場として利用されていた場所が2009年に閉鎖となったのですが、現在は目の前にある晩成温泉を利用すると無料で開放されます。海沿いに面した立地のため、キャンプ場も温泉も太平洋を一望でき、海も堪能できるのが嬉しいポイント。

昼はキャンプをしながらBBQを楽しみ、夜はゆっくりと温泉に使って疲れを癒すまでを同じ場所でできるのはなかなかないので、キャンプ・海・温泉を楽しみたい人にはもってこいのキャンプ場です。外で食事を準備するのが面倒という人は、温泉に併設された食堂を利用することもできます。

住所北海道広尾郡大樹町字晩成2
電話番号0155-87-8161

家族連れに大人気スポット「本別町静山キャンプ場」

4
家族連れに大人気のキャンプ場は、北海道中川郡本別町東町にある「本別町静山キャンプ場」です。本別町市街地の近くにある本別公園に併設されたキャンプ場のため、スーパーやホームセンターなどが近くにあり、買い出しにも困りません。

公園内にはアスレチックやボートがある池があるため、子どもたちも1日中飽きることなく、思う存分楽しめます。遊び疲れたら、芝生地に張ったテントでゆっくりとお昼寝をするのもいいでしょう。近くには温泉もあるので、帰り寄って帰ることもできるため、ファミリーにはぴったりのキャンプ場です。

住所北海道中川郡本別町東町51-2
電話番号0156-22-4441

上級者向けのキャンプ場「オンネトー野営場」

「オンネトー野営場」は、上級者向けのキャンプ場です。神秘の湖と言われるオンネトーに隣接したキャンプ場は、6月上旬~10月末まで営業しており、団体でなければ予約は必要ないため、気軽にキャンプができます。湖と樹木に囲まれた環境は、自然をゆっくりと楽しみ、リフレッシュしたい上級者キャンパーにはうってつけの場所です。

国立公園内のキャンプ場のため、キタキツネなどの動物にも遭遇することもあります。最低限の灯りや設備しかないので、初心者にはなかなかハードルが高い場所ではありますが、自然を全身で感じてキャンプをしたい人は行ってみる価値ありです。ぜひ一度オンネトーの絶景を味わってみてください。

住所北海道足寄郡足寄町茂足寄国有林内
電話番号0156-25-2141

充実したアウトドアライフを楽しめる「さらべつカントリーパーク」

「さらべつカントリーパーク」は、30haの広大な土地にあるキャンプ場です。キャンパーが一層楽しめるようバックアップするために作られたさらべつカントリーパークには、トレーラーハウスやヨーロッパ風コテージ、充実したテントサイト、パークゴルフなど、快適なキャンプライフに必要なものが色々と取り揃えられています。

センターハウス内には、お土産をはじめ、ビールやジンギスカン用のお肉なども購入できるため、忘れ物があっても安心。キャンプ上級者から初心者の人にも満足できるキャンプ場です。

住所北海道河西郡更別村字弘和541-62
電話番号0155-52-5656

広大な自然を楽しめる冒険王国「うらほろ森林公園オートキャンプ場」

「うらほろ森林公園オートキャンプ場」は、総面積120haの広大な土地に作られたうらほろ森林公園内に作られたオートキャンプ場。公園内にはパークゴルフ場、フィールドアスレチック、遊歩道などがあり、1日遊んでも遊びきれないくらい充実しています。

オートキャンプ場には、フリーサイトエリアとバンガローの2種類から選ぶことができるので、夏には上級者・初心者問わず、大勢の人がキャンプを楽しんでいる場所です。公園内にはレストランもあるため、手ぶらで行っても問題ありません。キャンプには行きたいけど、バーベキューまでは用意が大変で気が進まない人にもおすすめです。

住所北海道十勝郡浦幌町字東山町22-1
電話番号015-576-3455

キャンプはyoutubeでも人気!キャンプ系Youtuberを紹介

 (875511)

最近のキャンプ人気はYoutubeにも広がっており、様々なキャンプ系Youtuberが誕生しています。キャンプは、どういうスタイルのキャンプをしたいかによって、準備する道具やキャンプ場選びが異なるため、初心者の人は特に事前に調べることが重要です。

そんな時におすすめのキャンプ系Youtuberをご紹介します。新しいアウトドア用品情報や色々なスタイルのキャンプを勉強したりするのに、とても便利なので、ぜひ色々な人の動画を見て、自分のスタイルに合うお気に入りのYoutuberを見つけてみてください。

ヒロシちゃんねる

芸人としても活動しているヒロシさんが作っている公式Youtube「ヒロシちゃんねる」は、チャンネル登録者数が68万人を越える大人気のアウトドア動画です。生粋のキャンパーであるヒロシさんが最新のキャンプ道具を紹介したり、世界各国色々な場所でキャンプをしてみたりと、見ているだけでも楽しめる動画がたくさんアップされています。

キャンプ場やキャンプ用具の紹介、料理方法など実際に使える情報もたっぷり紹介されているので、キャンプスキルを上げて行きたい人には勉強になること間違いなしです。

タナちゃんねる

ソロキャンプを極めたい、焚火を使った料理を勉強したい人におすすめのYoutuberは、チャンネル登録者数11万人を誇る「タナちゃんねる」。タナちゃんねるは写真家としても活動しているタナさんがアップしている動画なので、とにかく画がきれいです。

そして、出発からキャンプ終わりまで、あたかも自分がキャンプをしているかのように見ることができます。そして、要所に今回使用したグッズや料理の説明なども入っているので、余すことなく勉強できる動画です。男性でソロキャンプ好きの人には、とてもワクワクできる動画でしょう。

natsu camp

女子ソロキャンパーにおすすめのYoutuberは、チャンネル登録者数8万人を誇る「Natsu Camp」。大阪府出身の女性ソロキャンパーナツさんがアップしている動画は、女性がワクワクするポイントがいっぱいあります。キャンプ道具やキッチン用品、キャンプの時の服装などがとてもかわいく、マネしたい部分がいっぱいです。

そして、キャンプ中に作っている料理も簡単に作れるうえにおしゃれなので、アウトドア飯レシピもとても勉強になります。女性でソロキャンプに挑戦してみようと考えている人は、ぜひ一度ナツさんの動画をみて勉強してみてください。

心も身体もリフレッシュ!キャンプで大自然を体感しよう

 (875515)

昔はファミリーで行くイメージが強かったキャンプですが、近年のキャンプはスタイルも様々になり、身近で気軽なものとなりました。便利グッズもたくさん売られていて、1人でも始められる趣味として、そろそろ定番化する勢いです。

今までは1人で始めるには大変そうでキャンプに縁がなかった人も、この機会に一度大自然に飛び込んでみてください。時間の流れが早く、なかなか落ち着くことができなかった人も、自然を体感することで、きっと心も身体もリフレッシュできるでしょう。きっとあなたもキャンプに魅了されること間違いなしです。

関連する記事