trima

釧路のおすすめ観光名所まとめ!夜景スポットや美味しいグルメも紹介!

釧路のおすすめ観光名所まとめ!夜景スポットや美味しいグルメも紹介!

2020.06.17

Trima北海道編集部

釧路は道東の中心的な都市のひとつで、釧路湿原や釧路発祥のグルメ、夕日や夜景、夏や冬で表情が変わりそれぞれ見どころが満載です。釧路の周辺には阿寒湖などの人気の観光名所もあり、北海道内外問わず多くの観光客に人気。魅力あふれる釧路のおすすめ情報をご紹介します!

目次

  1. 釧路は国立公園がある自然豊かな観光地
  2. 釧路周辺のおすすめ観光名所
  3. 釧路湿原
  4. 釧路市動物園
  5. 鶴見台
  6. 阿寒湖
  7. 塘路湖
  8. 釧路で冬に楽しみたいレジャー
  9. 冬の湿原号
  10. 氷上のわかさぎ釣り
  11. 釧路で夏に楽しみたいレジャー
  12. くしろ湿原ノロッコ号
  13. 釧路川のカヌー
  14. 釧路には夜景スポットが多い
  15. 幣舞橋
  16. 久寿里橋
  17. 米町展望台
  18. 釧路のおすすめグルメ
  19. ザンギが食べられる「鳥松」
  20. 釧路ラーメンが美味しい「まるひら」
  21. 勝手丼が試せる「和商市場」
  22. 釧路の観光モデルコース
  23. 釧路の豊かな自然を堪能しよう

釧路は国立公園がある自然豊かな観光地

View this post on Instagram

外出自粛ですが、自分はインドアでいくらでもやることがあるのであまり生活に影響はありません(´∀`)笑 驚いたのはテレビ番組が軒並み総集編になってたこと。 更に野ブタをプロデュース。がやっていたことw location 釧路湿原 #北海道 #北海道旅行 #釧路湿原 #道東 #風景写真 #北海道好きな人と繋がりたい #道東旅行 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #カメラ初心者 #写真撮ってる人と繋がりたい #レタッチ #レタッチ練習中 #自然が好きな人と繋がりたい #カメラ男子 #京都人 #旅行好きな人と繋がりたい

A post shared by kazh_nishinari (@kazh_nishinari) on

道東の中心都市のひとつ、釧路は太古からの豊かな自然が手つかずのまま残されていて、世界的にも貴重な自然の景観と栄えた都市がうまく共存している魅力的な観光地です。釧路湿原は国立公園に指定されており、独特の植物や丹頂鶴の自然な姿を見られることでも人気。

今回は、北海道の中でも独特な景観を誇る釧路の魅力をご紹介します!夏と冬ではまた違った見どころがあり、釧路ならではのグルメなど盛りだくさんな釧路の魅力を、ぜひチェックしてください!

釧路周辺のおすすめ観光名所

釧路やその周辺にはありのままの自然が残されている場所が多く、日本では他に見ることが出来ないような景色に出会える場所がいくつもあります。運が良ければドライブ中に丹頂鶴を見かけることも…。

釧路湿原や阿寒湖などは全国的にも有名で、ここにしかないような雄大な風景を見られるスポットです。釧路周辺で絶対に訪れたい、おすすめの観光名所をご紹介します!

釧路湿原

View this post on Instagram

#釧路湿原 #北海道旅行

A post shared by SEISHIRO (@seishiro0203) on

釧路の観光において、釧路湿原は絶対に外せません。釧路湿原は釧路の中心部から車で40分、JR釧路湿原駅からは徒歩10分とアクセスが良いにも関わらず、まるで日本ではないような別世界の大自然に触れられる観光スポットです。

釧路湿原は天然記念物の丹頂鶴をはじめ、絶滅危惧種のオジロワシやシマフクロウ、キタサンショウウオなどの貴重な生物が多数生息しており、1980年には世界的に重要な湿地としての認定である「ラムサール条約」に登録されました。それにより、釧路湿原は一切人の手が入る事のない自然が残っています。

世界的にも貴重な自然が残る場所であり、めずらしい動植物が生息している釧路湿原。釧路を訪れたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

釧路市動物園

釧路市動物園は日本最東端、北海道最大の動物園として1975年にオープンしました。釧路市動物園には丹頂鶴やエゾヒグマ、シマフクロウなど北海道ならではの動物がいる北海道ゾーンや、ホッキョクグマ、アミメキリンがいる中央広場、アムールトラがいる猛獣舎など各コーナーにユニークな動物がいます。

特に人気なのは2012年生まれのホッキョクグマの「ミルク」、熊の足跡と熊出没注意の看板の先にいる可愛らしいエゾクロテン。どちらも愛嬌たっぷりの、遊具で遊ぶ無邪気な姿を見せてくれます。

鶴見台

鶴見台は広大な面積を誇る釧路湿原の北側にある、名前通り湿原に飛来した丹頂鶴たちを見ることが出来るスポットです。丹頂鶴は時期によっては釧路をドライブしている時も、運が良ければ飛んでいる姿や遠くにいる姿を見かけることはありますが、警戒心が強いのであまり観察はできません。

その点こちらの鶴見台では、警戒心の強い丹頂鶴たちに配慮した作りと距離感でリアルな姿を観察できます。丹頂鶴が釧路湿原に訪れるピークは11月から3月の冬がピークです。

ピーク時には200羽ほども集まることもあり、その美しく優雅な姿を存分に見ることが出来ますので、冬に釧路を訪れる方はぜひ鶴見台を訪れてみてください。

阿寒湖

阿寒湖は道東の大きな湖の代表格で、周りには大きな温泉街や山に囲まれた景色、アイヌ文化に触れられる観光スポットとして人気。阿寒湖は釧路から車で2時間弱ほどの距離ですが、札幌から向かう場合ルートによっては釧路よりも手前になります。

阿寒湖では温泉での宿泊はもちろん、季節ごとに見どころがあり、特に湖面が凍結する冬は湖の上でのアクティビティや花火、わかさぎ釣りなどが人気です。また、アイヌコタン(アイヌの集落)ではアイヌの伝統工芸の手作り体験があり、アイヌ民族の楽器「ムックリ」の制作もできます。

阿寒湖は冬に見どころが多いですが、冬期間は晴れている昼間でも氷点下になり、特に湖面では体感気温も下がるので注意が必要。しっかり寒さ対策をしたうえで阿寒湖の観光を思い切り楽しんでください。

塘路湖

塘路湖(とうろこ)は釧路湿原がまたがるエリアの中で最も大きな湖で、もともと海だった土地から水が引いて出来た海跡湖です。ちなみにこちらの塘路湖とシラルトロ沼、達古武(たっこぶ)沼の3つをまとめて「塘路三湖」と呼ばれています。

塘路湖には自然豊かな湿地ならではの風景を一望できるサルボ展望台とサルルン展望台の二つの展望台があり、どちらも1キロほどの遊歩道が作られていて、自然と景観を楽しみながら散策が出来るので天気が良い日はおすすめです。

塘路湖ではカヌーなどのアクティビティもあるので、釧路湿原の観光の際に塘路湖は外せないスポットのひとつと言えます。夏はカヌーや散策、冬はわかさぎ釣りなど、季節ごとに違った楽しみ方がありますので、ぜひご確認のうえ訪れてみてください。

釧路で冬に楽しみたいレジャー

釧路で楽しめるアクティビティや観光は、夏のハイシーズンだけではありません。雪が積もる冬だからこそできるアクティビティや、白い雪に包まれた冬ならではの景色など、冬にも魅力はたくさんあります。

ここからは、釧路で楽しめる冬ならではの観光情報を見ていきましょう!

冬の湿原号

冬の湿原号とは1月下旬から2月の1か月間、1日2本限定で釧路から標茶までの約90分ほどの距離を運行するSLが復刻された観光列車で、釧路の冬の風物詩のようなイベントです。釧路湿原駅なども通るので、冬の自然風景を見ながら今は無いSLに揺られて観光が出来ます。

雪景色の中、煙を上げて走るSLは迫力満点で乗車するだけでなく、SLが走る姿を写真に収めようと鉄道ファンを中心に多くの人が冬の釧路を訪れる程の人気です。外からSLが走る姿を見るのも貴重な体験ですが、おすすめはやはり実際に動いているSLに乗車しての旅。

冬の湿原号では90分ほどの旅になるので釧路駅で駅弁を買うか、冬の湿原号の2号車のカフェカーで限定販売のお弁当を買うのもおすすめ。駅弁を食べながらのSLの旅は格別で、運が良ければ丹頂鶴も見れる冬の釧路湿原をのんびり進むSLの旅は、特別な思い出になるでしょう。

氷上のわかさぎ釣り

釧路の冬の楽しみのひとつと言えば、わかさぎ釣りは外せません。釧路湿原周辺の川や沼には多くの天然わかさぎが生息しており、釣り好きの人は川や沼に張った氷に穴をあけるアイスドリルを持っているほど、わかさぎ釣りはファンが多い冬の楽しみです。

もちろん観光で訪れるのに道具を持っていくのは難しいですし、初心者は何が必要かもわからないと思いますがご安心ください。塘路湖では釣り経験が全くない方でも道具一式のレンタルから釣れる場所、釣り方を教えてくれるガイドまで整えられた環境で、手軽にわかさぎ釣りを楽しむことが出来ます。

もちろん釣れたわかさぎは併設の施設内でから揚げにして食べられるので、持ち帰りや準備の心配なく手ぶらでOK!冬の釧路観光では、冬ならではの楽しみであるわかさぎ釣りにぜひチャレンジしてみてください!

釧路で夏に楽しみたいレジャー

冬ならではのアクティビティや景色が有名な釧路ですが、釧路湿原周辺は夏には緑が生い茂り、冬とはまた違った表情を見せてくれます。夏にしか見ることの出来ない景色やアクティビティも、釧路の自然を堪能できる魅力がたくさん!

ここからは、夏の釧路で楽しみたいおすすめの観光情報をご紹介します!

くしろ湿原ノロッコ号

釧路湿原を列車に揺られながらのんびり観光出来るプランは、冬のSLだけではありません。こちらのくしろ湿原ノロッコ号は釧路駅から塘路湖までをのんびり走る列車で、雪に覆われた冬よりも釧路湿原の広さを感じられる風景を眺めながら楽しめるのが特長です。

くしろ湿原ノロッコ号にも3号車でお弁当の販売がされており、名物の「のんびり弁当」が人気。釧路名物である釧路ザンギが入ったお弁当を食べながら、運が良ければ野生動物も見ることが出来るかもしれません。

くしろ湿原ノロッコ号がたどり着く先の塘路駅では、帰りの列車までの時間を過ごせるカフェやソフトクリーム屋さん、アクティブ派の人には塘路湖でのアクティビティもあります。釧路の自然を満喫するなら、くしろ湿原ノロッコ号がおすすめです。

釧路川のカヌー

釧路湿原の広大な自然を最も近い、臨場感ある距離感で体感できるのがこちらのカヌーです。アクティブ派の人はもちろん、そうでない方でもガイドが付くので安心して安全に楽しむことが出来ます。

釧路湿原はラムサール条約により保護されており、指定の場所に人工物を立てたり入ったりすることが出来ない国立公園です。カヌーでしか入ることの出来ない場所もあるので、釧路湿原を満喫するにはカヌー体験は外せません。

手つかずの人が入り込めない自然の領域に入れるカヌーは、ちょっとした冒険のような気分も味わえますので、天気が良ければぜひ体験してみることをおすすめします。

釧路には夜景スポットが多い

釧路の地形は高低差があり、高台から海を見下ろせる場所が多いので、もちろん夜景がきれいに見えるスポットも多くあります。また、釧路は湿原がある事からもわかるように霧がかかる事が多く湿度が高くなる気候の影響で、他の街ではあまり見ることのないような夕日や夜景が見れることも特長です。

ここからは、夕日の街と称される釧路の夜景を堪能できるおすすめのスポットをご紹介します。

幣舞橋

View this post on Instagram

* * kusiro 夜景 Love 幣舞橋 💟 2020/04/06 ウニ 多め 🌟🌟🌟 🧡 ここから見る花火も綺麗なんだよね🎇 今年は見れるかなぁ… すっかり おウチご飯になって 。゚(゚´🐽`゚)゚。←こんなんなってます どうしてくれるコロナ 😤 夏までには消えてほしいね😌 * * #夜景 #幣舞橋 #ライトアップ #過去pic #リフレ #ファインダー越しの私の世界 #道東カメラ部 #北海道ラボ #japan_photo_share #japan_night_view #nightphotography #night_captures #best_moments_water #best_moments_silhouette #be_one_bridges #ig_nature_naturally #Insta_reflection #reflectionphotography #ig_captures_landscape #total_night #explorejapan #loves_amazing_group #look_japan #loves_nippon #kusiroriver #hokkaidolikers * 緊急事態宣言 全国へ 😷🤐 そろそろジグゾーパズルとかやり始めるぞ💧 *

A post shared by Hina (@photohina) on

幣舞橋は釧路のランドマークのひとつで、夕日の街・釧路の中でも最も美しい夕日を見ることが出来るスポットとして有名です。幣舞橋はマリーナ近くの道にあり、釧路の中心地や観光地からアクセスも良く、晴れた日の夕日が沈むタイミングには、多くの観光客が訪れています。

幣舞橋で美しい景観を見るのにおすすめの時間は、やはり釧路ならではの夕日が見れる夕方から日が沈むタイミングがベスト。釧路の霧がかった空気と海にぼやけた夕日が沈み、空の色がオレンジから藍色に変わる頃に街の灯がつき始めていく景色の移り変わりは、時間が経つのも忘れてしまう事でしょう。

夜には幣舞橋自体もライトアップされるので、マリーナ沿いの道からライトで照らされた幣舞橋やマリーナ、花時計が見える場所から眺めるのがおすすめです。

久寿里橋

釧路川に架けられた橋としては幣舞橋の影に隠れがちな久寿里橋(くすりばし)ですが、海から見て二番目の場所にある為、幣舞橋やマリーナ周辺のライトアップされた夜景の全貌が見渡せるスポットとして人気です。

久寿里橋も幣舞橋と同じく、夕日が海に沈む景色もきれいに見ることが出来るので、夕日が出ている時間からインスタ映え間違いなしの景色を楽しむ人が多く集まります。

また、幣舞橋と久寿里橋はマリーナ沿いの道でつながっているので、夕景から夜景に変わる時間に、散策しながら景色を眺めるのもおすすめ。暖かい季節や天気が良い日には、ぜひ散策しながら釧路の美しい夜景を満喫してください。

米町展望台

米町展望台は高台に位置している米町公園の中にある、灯台をイメージして作られた展望台です。天気が良ければ摩周岳や日高の山まで見渡すことが出来て、足元に釧路の街と海を一望することが出来ます。

米町展望台からは海沿いの街ならではの夜景を見ることが出来ますが、こちらも幣舞橋や久寿里橋と同じく夕日が出ている時間からの風景がおすすめです。展望台ならではの高い場所にある為、空の色が移り変わる様子をより美しく見ることが出来ます。

釧路を訪れたら、夕日と夜景は外せません。他の街とはまた違った魅力的な釧路の夜景を、存分に楽しんでください。

釧路のおすすめグルメ

釧路には港町ならではの新鮮な海の幸が堪能できる市場グルメはもちろん、釧路ラーメンやザンギなど、魅力あふれる釧路発祥の地元グルメも人気です。

ここからは、釧路でぜひ食べてほしいおすすめグルメ情報をご紹介します。

ザンギが食べられる「鳥松」

北海道では鶏のから揚げの事を「ザンギ」と呼ぶことをご存じでしょうか?今は北海道内でも一般的に使われる言葉で、普通の鶏のから揚げの事もザンギと呼ばれますが、釧路発祥の本来のザンギは普通の鶏のから揚げとは少し違います。

釧路発祥のザンギの元祖と言われているのがこちらの焼き鳥屋さんである鳥松です。鳥松で食べることが出来るザンギはタレが特長で、ウスターソースをベースにスパイスを加えたオリジナルのタレにつけて食べるザンギは釧路市民のソウルフードとして愛されています。

ビールなどお酒との相性もバツグンなので、お酒好きな方やボリューミーなものを食べたい方には、鳥松のザンギはおすすめです。

住所釧路市栄町3丁目1
営業時間17:00-0:30 ※日曜定休
お問い合わせ0154-22-9761

釧路ラーメンが美味しい「まるひら」

まるひらは創業60年になる老舗のラーメン屋さんで、細く縮れた卵麺、カツオのダシがベースであっさりした味わいの澄んだ醤油スープなど、釧路ラーメンの元祖、昔ながらの釧路ラーメンと呼ばれ長く愛されているラーメン屋さんです。

釧路のあっさりした醤油味のラーメンは、こってりした味噌ラーメンとは全く違って、飲んだ後や朝からでも食べられるラーメンで、あまり人を選ぶようなクセもなく食べやすい仕上がり。女性でもスープを最後まで飲み干す方は多いようで、食べやすい中にも虜になる豊かな風味が人気です。

住所北海道釧路市浦見8-1-13
営業時間9:30-17:00 ※水曜,第2・第4木曜定休
お問い合わせ0154-41-7233

勝手丼が試せる「和商市場」

和商市場は北海道の三大市場にも数えられる釧路最大の市場で、和商市場名物の「勝手丼」の名前は全国的にも有名です。勝手丼とは和商市場内を周って、魚屋さんでさばいた新鮮なお刺身とごはんを買って、自分の好きなものを好きなだけごはんにのせて作る海鮮丼の事を言います。

季節ごとに旬の魚が入り、いつもとれたての新鮮な海の幸を、自分の好きなものだけのせて食べることが出来る勝手丼はインスタ映えする事間違いなしです。

生の海鮮が食べられない方でも、焼き魚やくしろジビエ、エゾシカバーガーが食べられるお店もありますので、釧路を訪れたらぜひ和商市場で朝から漁師町ならではの贅沢な朝食を味わってみてください。お土産を買うのにも便利なのでおすすめです。

住所北海道釧路市黒金町13丁目25
営業時間8:00-16:00
URLhttps://www.washoichiba.com/

釧路の観光モデルコース

釧路観光のおすすめスポットをここまでご紹介してきましたが、北海道は広く、釧路湿原もまた釧路だけでなく標茶町にもまたがっており、思っている以上に移動時間がかかることもあります。

釧路観光では、まず釧路湿原を訪れて冬はSL、夏はノロッコ号に乗って塘路湖でアクティビティを楽しんでから幣舞橋で夕日と夜景を見て、夜は鳥松、朝は和商市場で釧路のグルメを堪能するコースがおすすめです。日程に余裕があるのなら阿寒湖の温泉に立ち寄るのも良いでしょう。

道東のドライブでは鹿などの野生動物の飛び出しもあるので、運転される方はくれぐれも気を付けて、自然の中のドライブを楽しんでください。

釧路の豊かな自然を堪能しよう

夕日の街・釧路には中心部を少し離れると手つかずの雄大な自然が広がっており、ドライブをしていると道の向こうに天然記念物の丹頂鶴や鹿に出会うことも。

世界的にも貴重な釧路湿原は訪れる時期により、それぞれの魅力がたくさんあります。ぜひ釧路の大自然の世界を、思い切り楽しんでください!

関連する記事