trima

夕張のおすすめ観光&グルメスポットまとめ!廃墟観光も人気の場所?

夕張のおすすめ観光&グルメスポットまとめ!廃墟観光も人気の場所?

2020.06.20

Trima北海道編集部

夕張は誰もが知っている高級メロンの「夕張メロン」で有名なところです。その一方で観光スポットはあまり知られておらず、冬の楽しみ方が分からないという人もいます。今回は夕張の観光スポットについて、最近話題となっている廃墟を含めて紹介します。

目次

  1. 夕張は新千歳空港から1時間の好立地
  2. 夕張の人気観光スポット6選
  3. 石炭博物館
  4. シューパロ湖
  5. 滝の上公園
  6. 幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば
  7. 夕張神社
  8. ゆにガーデン
  9. 夏の夕張はメロンを味わうのがおすすめ!
  10. 収穫時期は6月下旬~7月下旬
  11. お土産にも最適
  12. 冬の夕張はウィンタースポーツと温泉!
  13. マウントレースイスキーリゾート
  14. レースイの湯
  15. 夕張グルメが楽しめるスポット
  16. ゆうばり屋台村
  17. 夕張メロンドーム
  18. 道の駅夕張メロード
  19. 夕張は廃墟観光でも人気の場所
  20. 夕張市は2006年に財政破綻している
  21. 夕張で人気の廃墟
  22. 清水沢火力発電所
  23. キネマ街道
  24. 夕張小学校
  25. 色々な観光の仕方で夕張を楽しもう

夕張は新千歳空港から1時間の好立地

 (874587)

北海道夕張市は、空の玄関口である新千歳空港から約40kmのところにあり、車があれば1時間で到着します。また、観光の中心となっている札幌市内からも約70kmと交通アクセスが良い所にあります。

そのため、北海道旅行で夕張を訪れる人は多く、夕張メロンのおかげで知名度も高いです。今回は夕張の観光スポットを紹介します。

夕張の人気観光スポット6選

 (874588)

それでは早速、夕張の人気観光スポットを紹介していきます。ここでは人気のところを6つ選びました。

ぜひ夕張観光の参考にしてみてください。

石炭博物館

夕張市は炭鉱の町として明治初期から栄えました。しかし主要エネルギーが石油へと移行したことで役目を果たし、平成2年には最後の炭鉱が閉鎖されました。炭鉱の歩みを忘れてはならないと1980年に開館したのが「石炭博物館」です。

石炭と炭鉱をテーマに、どのように炭鉱が行われていたのかや当時の人々の様子を学ぶことができるスポットです。2018年にリニューアルオープンしたことで更に注目を集め、たくさんの人が訪れています。

中でも「模擬坑道」は実際に坑道として使用されていたものを展示しています。安全のため模擬坑道内は進入できませんが、本物の石炭層に触れるという貴重な体験ができます。

また、石炭20kgを担ぐ体験も行われており、よりリアルにその当時の様子を想像することができるでしょう。入館料は中学生以上720円、子供440円で夕張市民は無料です。

シューパロ湖

View this post on Instagram

* * ダム建設により役目を終えた旧白銀橋 * 後ろには新白銀橋 * 昨年はここまで見えなかった様な❓ * * 水没した大夕張地区は石炭最盛期で2万人程いた町だったそうです。🤔 * * そして2年前に完全水没してしまった三弦橋は再度見る事は出来るのだろうかとちょと気になる🤔 * * 久々にシューパロ湖見れて良かったー😊 * * * 4時起きで雨降り気温も12度、普段ならバイク乗るの躊躇する天候だったって事は付け加えて起きます(笑) * * お盆も過ぎ北海道の夏は7月だけで終わった感じでしょうか❓ * * * #北海道 #夕張 #シューパロ湖 #ダレカニミセタイケシキ #Instagramjapan #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #写真撮ってる人と繋がりたい #土曜日の小旅行 #Instagram #IGersJP#10年後もこの景色を残したい #retrip_nippon #retrip_nippon #hokkaidolikers #nikon #light_nikon #d750 #colors_of_day #北海道ミライノート

A post shared by H.Isamu (@i_sa_mu555) on

夕張市にある「シューパロ湖」は、面積としては日本で2番目、貯水量としては日本で4番目のダム湖です。シューパロとは「夕張川本流」を意味するアイヌ語です。

1962年に竣工された大夕張ダムによって形成され、その後の夕張シューパロダムで水域を拡大しました。大夕張ダムは貯砂ダムとして機能するためにそのまま水没させています。

このダムがあった場所は炭鉱時代に最も栄えた鹿島地区であり、最大2万人もの人が住んでいたところでした。秋は紅葉スポットとしても人気であり、「鹿島眺望公園」からは湖と紅葉の美しいコントラストを見ることができます。

また、水上アクティビティも行われており、「シューパロダム湖ツアー」ではカヌーまたはラフトボートでダム湖を満喫することができます。こちらは中学生以上4,500円、子供4,000円となっています。

滝の上公園

View this post on Instagram

#滝の上公園

A post shared by i am i (@i_am_i148) on

夕張の美しい四季を感じられるスポットとしておすすめなのが「滝の上公園」です。ここはアイヌ語で「ポンソウカムイコタン」と呼ばれており、北方の神々が住むところと称されていたほどの美しさです。

長い歴史の中で夕張川が浸食してできた渓谷では、奇岩や無数の滝が見られ、自然の壮大さが感じられます。竜仙峡や千鳥ヶ滝と紅葉のコントラストは素晴らしく、北海道内でも有数の紅葉スポットとして知られています。

北海道は他の地域より紅葉が早いため、見頃は10上旬~中旬です。10月中旬の土日には「紅葉まつり」が開催され、地元の人も多く参加します。すぐ近くには「滝の上発電所」もあり、紅葉まつり開催時期のみ限定で内部が一般公開されます。

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば

1977年公開の山田洋次監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」は、第1回日本アカデミー賞を受賞した名作です。そのラストシーンでは、主人公の島勇作が妻の光枝と感動の再会を果たしました。

そのシーンが撮影された場所が「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」として一般公開されています。鉱山が閉山となり、炭鉱住宅は次々に取り壊されましたが、撮影で使用された炭往長屋だけはそのまま保存されました。

長屋の中には当時の写真やポスター、セットの再現などが展示されています。また、目を引く赤いファミリアも実際に撮影で使用されたものが寄贈されています。壁一面には黄色の紙に来場者が書いたメッセージが飾られており、まさに写真映えするスポットでしょう。

広場では北海道のお土産を購入できるスペースもあり、オリジナルコーヒーやスイーツが楽しめる「ハママツカフェ」も併設されています。入場料金は中学生以上550円、小学生300円となっています。

夕張神社

View this post on Instagram

#御朱印#夕張#夕張神社 #神社

A post shared by アヤノ (@wabixsabi) on

「夕張神社」は、夕張炭山と鉄道敷設の安泰を願って神殿を建てたのが発祥とされています。これが1889年の他移動炭鉱鉄道株式会社の設立と同時期でした。

その後、神社が鬼門にあたるとして現在の場所へと移転し、「登川神社」と称しました。1921年に全焼して2年後に再建されたときに「夕張神社」と改称しました。

ご祭神は炭山守護とされる「大山津見神」・開拓やむすびの神である「大国主神」・商工隆昌の神「鹿屋野比売神」・教育の神「菅原道真公」の4柱です。

登川神社彫掲額や東郷平八郎直筆の書、欅の大杯は夕張市の有形文化財に指定されている貴重なものです。

ゆにガーデン

札幌から南に1時間ほど行ったところにある「ゆにガーデン」は、5月から10月まで毎週メインとなる花が入れ替わり、訪れる時期によって異なる光景を見せてくれます。

春は桜の季節で園内がピンクに色づき、5月下旬からはいちごの摘み取り体験ができます。6月にはリナリアが102万本も咲き誇り、7月中旬まで夜の時間はライトアップされています。8月になるとユリやアジサイのライトアップ、秋は50万本ものコスモスと花好きにはたまらないスポットです。

ゆにガーデン内には、由仁町近郊で収穫された野菜を使ったビュッフェレストランの「レストランチャイブ」があります。

由仁の野菜はとても甘みがあり、苦味が少ないので小さな子供でも美味しく食べられるものが多く、素材が良いのでどのような料理にも合います。平日でも多くの人が訪れる人気ぶりです。

夏の夕張はメロンを味わうのがおすすめ!

View this post on Instagram

Have you tried HOKKAIDO MELON aka Hokkaido Cantaloupe🍈 I tried it at Otaru, Hokkaido! I love it😍SO SWEET that I think it’s soaked in Sugar syrup😅 – Have you been to Hokkaido? Do you have any coming vacation plans✈️ – Thanks @hungry.yyc Travel Style Template Thanks @goaheadfoodies & @pandafoodiecouple tagged me!I looked thru my Japan Trip Photos again😅! I miss Japan🇯🇵Coronavirus definitely makes me less motivated to think & plan vacation😥 I hope this will end soon & more people will be happier. Things will get better🙏🏼 – #hokkaido #otaru #hokkaidomelon #yubarimelon #melon #cantaloupe #foodtrip #japantrip #imissjapan #vacation #travel #foodblog #vancouverfoodie #igersvancouver #japanesefood #foodporn #foodlover #eatfamous #foodstagram #cantaloupemelon #travelgram #traveltheworld #cameraeatsfirst #美味しい #インスタ映え #夕張メロン #メロン #相機食先 #北海道 #北海道旅行

A post shared by SAM | Vancouver Foodie (@blogoodies) on

夕張観光もいいですが、やはり気になるのは「夕張メロン」ではないでしょうか。夕張メロンはスパイシーカンタロープとアールスフェボリットを掛け合わせて作られた赤肉メロンです。

夕張市で栽培され、農協の厳しい基準を満たしたものしか夕張メロンを名乗ることはできません。メロンには旬の時期があり、夏に訪れると夕張メロンを味わうのは簡単です。ここでは夕張メロンについて紹介します。

収穫時期は6月下旬~7月下旬

夕張メロンの種は農協で厳重に保管されています。1月から種まきが始まり、ミツバチによる受粉や植え替えを経て4ヶ月ほどで収穫となります。

夕張メロンにはハウス栽培とトンネル栽培がありますが、ハウス栽培の方が収穫時期は早く、7月中旬までに出荷されます。対してトンネル栽培では9月までに出荷しています。

夕張メロンが最もおいしくなる時期は6月下旬~7月とされているため、その時期を目安に購入することをおすすめします。夕張市内では夕張メロンを使ったスイーツや食べ放題も多く開催されているため、ぜひ贅沢に夕張メロンを味わってみましょう。

お土産にも最適

夕張を訪れるのであれば、夕張メロンはお土産にもおすすめです。高級メロンの部類に属している夕張メロンですが、直売所などを利用するとインターネット経由で注文するよりも安く購入できることがほとんどです。

化粧箱に入ったものはギフト用として値段が高くなる傾向にありますが、通常の段ボールに詰められているものは比較的安く購入でき、購入金額によっては送料無料で発送してくれることも多いです。

メロンを丸ごと送るのはちょっと・・・という人には、夕張メロンを使ったスイーツがおすすめです。モンド・セレクション金賞を受賞した「HORI」は、香りも食感も夕張メロンを食べているかのように感じられるとお取り寄せでも人気です。

また、「ポッキー夕張メロン味」や「夕張メロンキャラメル」も北海道でしか買えない限定ものなので喜ばれるでしょう。

冬の夕張はウィンタースポーツと温泉!

 (874582)

夕張に限らず北海道には夏限定で営業しているお店が多く、冬になるとお休みになるところが多いです。では、冬に夕張を訪れる場合はどのように楽しめるのでしょうか。

ここでは、冬の夕張を楽しむのにおすすめのスポットを紹介します。

マウントレースイスキーリゾート

新千歳空港から55kmとアクセス便利であることから、外国人の利用も多くなっているのが「マウントレースイスキーリゾート」です。初心者向けのコースから超上級者向けのコースまで18種類ものコースがあります。

スキー場は12月はじめから4月はじめまで営業しており、3月中旬まではナイター営業も行っています。レンタルやスクールもあるため、道具を持っていない初心者も楽しむことができます。1日券は大人が5,100円、シニアと中高生は4,100円、小学生は3,100円です。

スキー場からホテルが直結しているため、ホテルに泊まって2日間たっぷりと雪遊びを楽しむ人も多いです。また、冬がメインですが、雪が無い時期は「冷水山トレッキング」を楽しむこともできます。

レースイの湯

スキーやスノーボードで疲れた体を癒すのにぴったりなのが、「レースイの湯」です。ホテルマウントレースイに併設されている温泉で、宿泊客でなくても日帰り温泉を楽しむことができます。

天然温泉で、泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉となっており、角質を柔らかくする効果が期待できるので「美肌の湯」として知られています。露天風呂やミストサウナもあり、充実した内容です。

おとな700円 、小学生380円 、3歳~未就学150円となっています。

夕張グルメが楽しめるスポット

 (874589)

夕張を訪れたら観光スポットと並んで楽しめるのが、グルメスポットです。観光の前後で何を食べようか迷ってしまいますよね。

ここでは夕張のグルメが楽しめるスポットを紹介します。

ゆうばり屋台村

バリー屋台という愛称で親しまれているのが「ゆうばり屋台村」です。赤ちょうちんが昔懐かしい雰囲気を醸し出しており、子供から大人まで世代を問わずワクワクする空間です。

4つの飲食店が軒を連ねており、ラーメンの「夕張ラーメン」、飲み食い処の「時代屋」、寿司や一品料理の「鶴が亭」、カレーそばの「鹿の谷3丁目食堂」です。ゆうばり屋台村のシステムは、まず席を決めて座ります。

机に全店舗のメニューがあるので、注文するものを決めましょう。どの店舗のスタッフも対応できるため、店まで行く必要はありません。会計は基本的に料理と引き換えとなっており、希望であればまとめて払うこともできます。

中でもおすすめは夕張ラーメンの「くろラーメン」(850円)です。北海道産の小麦粉を100%使用した麺に石炭をイメージした竹炭を練り込み、真っ黒な麺に仕上がりました。スープも黒く、炭鉱の町ならではのラーメンとなっています。

夕張メロンドーム

夕張の農産物やメロンが楽しめる交流パークが「夕張メロンドーム」です。元々夕張メロンの直売所だった施設がリニューアルし、夕張メロンの情報を発信する施設になりました。

夕張メロンが購入できるのはもちろん、ビニールハウスの見学や農協のメロン選果場の様子を見学できるツアーも開催されています。最盛期は6月~7月となっており、地方発送もしているのでお土産の購入にもおすすめです。

メロンは1玉で購入することがほとんどですが、夕張メロンドームでは1/4カットにされたメロンが300円、1/2カットされたメロンが500円程度とその場で食べきれるサイズで購入することができます。

他にも熟したメロンを絞って作ったメロンのソフトクリームが360円で食べられると多くの観光客が訪れています。また、最盛期にあたる6月中旬から8月にかけては30分のメロン食べ放題が中学生以上2,500円、小学生以下1,500円で楽しめます。

道の駅夕張メロード

JR新夕張駅の隣には「道の駅夕張メロード」があります。ここは夕張メロンをはじめとする収穫されたばかりの農産物が並ぶ道の駅です。夕張メロードは2011年に北海道で111番目の道の駅としてオープンしました。

夏の時期はメロンのソフトクリームが300円で食べられ、ドライブの疲れを癒すのにもぴったりです。また、メロンが小さなうちに間引きされた「すぐりめろん」も売られており、浅漬けは瓜以上の美味しさでマダム世代に絶大な人気があります。

そして夕張メロードでは、ここでしか買えない「妖精の森バウムクーヘン夕張メロン味」(1,330円)が販売されています。

季節関係なく買えるため、メロンが出回っていない冬でもお土産として大人気です。ただし数量限定となっているので、売り切れて買えないこともあるようです。

夕張は廃墟観光でも人気の場所

 (874596)

近年、廃墟を巡る観光が人気となっています。廃墟に歴史やロマンを感じたり、スリルを楽しんだりと廃墟を訪れる人は多くなっています。

夕張市の観光スポットは様々ありますが、廃墟も貴重な観光資源となっています。

夕張市は2006年に財政破綻している

 (874598)

夕張市はかつて炭鉱で栄え、ピーク時には12万人もの人が住んでいました。しかし世界が石油中心となり石炭が必要でなくなるとともに財政難に陥ってしまいました。財政破綻後、夕張市の人口は1万人をきるまでに減少しました。

炭鉱が閉鎖され始めたことで産業都市としてではなく、観光都市として財源を確保しようと試みましたが、観光資源が乏しかった夕張市は切り替えに失敗してしまったのです。

2007年には「財政再建団体」に指定され、国の管理下で再建を目指すこととなりました。

夕張で人気の廃墟

 (874597)

廃墟を巡る人が多くなり、廃墟ツアーを組むところも出てきました。通常は立ち入り禁止となっている場所でも、ツアーであれば立ち入れるようになるところもあります。

ここでは、夕張で人気の廃墟を紹介します。どのような経緯で廃墟となり、人々が廃墟巡りに訪れるようになったのでしょうか。

清水沢火力発電所

清水沢ダムから全体像を見ることができる「清水沢火力発電所」は、1926年に自家発電所として建設されました。最大74,500キロワットもの出力は国内有数の自家発電施設であり、夕張の炭鉱業を支えました。

炭鉱が廃れることに伴い、1992年に発電所も閉鎖となりました。現在は3/4は取り壊されていますが、残りの一部は後悔されています。保有しているのは企業で、今でも内部で作業が行われているようです。

現役で使用されていますが、発電設備などを含めて廃墟感はありありと残っており、炭鉱の遺産として扱われています。前日までの予約をすれば内部のガイドツアーをしておくれ、コスプレなどの個人撮影にも使用できます。

安全に廃墟を楽しめ、ガイドツアーもたっぷり1時間あるため予約も多いようです。5月から10月までの夏季限定となっています。

キネマ街道

夕張市本町にあるのが「キネマ街道」です。ここはかつて炭鉱で働いていた人々やその家族たちが娯楽のために利用していたところで、夕張の銀座とも呼ばれていました。

最盛期には17館もの映画館が存在し、映画の街としても有名でした。しかし炭鉱が廃れた事によって夕張を出ていく人も増え、映画館は次々に閉鎖されてしまいました。

キネマ街道には今でも建物がいくつも残っていますが、ほとんどすべてが廃墟となっています。まるで時が止まったかのような昭和レトロの雰囲気が今でも流れているため、訪れると懐かしいと感じる人も多いでしょう。

最近では「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が浸透し、映画の街として再び盛り上がってきていますが、キネマ街道は廃墟好きや昭和レトロが好きな人にはたまらないスポットとなっています。

夕張小学校

 (874604)

夕張市が財政破綻したことで、市内の学校にも大きく変化がありました。市内にあった3つの中学校と6つの小学校は1校ずつに統合され、廃校となる学校が多かったのです。「夕張小学校」もそのうちのひとつです。

夕張小学校は1983年に開校しました。現在は主に障がい者の自立支援施設として機能しているほか、空き教室を借りることもできます。1階部分は既に改修が終わっており、喫茶店やサロンなどとして活動しています。

体育館は再生エネルギーの研究や温室栽培で野菜を育てており、その加工は障がい者が行っています。建物自体はそのまま使用されているため、廃墟の雰囲気がありますが、中は常に人がいる状態です

学校内のあちこちに学校として機能していた頃の跡が残っているので、ノスタルジックになることでしょう。

色々な観光の仕方で夕張を楽しもう

 (874606)

今回は北海道・夕張の観光スポットについて紹介しました。夕張=メロンというイメージが強く、もちろんメロンを使ったスイーツやお土産が多いです。

しかし、それだけが夕張の魅力ではありません。観光スポットは多くあり、それぞれで楽しみ方が異なるため、ぜひ様々な観光の仕方を楽しんでみてください。

関連する記事