trima

苫小牧のアルテンの魅力を徹底解説!おすすめ時期や予約方法・料金なども!

苫小牧のアルテンの魅力を徹底解説!おすすめ時期や予約方法・料金なども!

2020.06.21

Trima北海道編集部

北海道苫小牧にある「アルテン」というキャンプ場は、温泉が近くにあったりバーベキューを楽しめたりするスポットです。キャンプ以外にもコテージに泊まることができ、オンライン予約も可能なので人気となっています。今回はアルテンの魅力について、料金を含めて紹介します。

目次

  1. アルテンで自然を遊びつくそう!
  2. アルテンってどんな所?
  3. 高規格で快適なキャンプ場!
  4. コテージやバンガロー、キャビン泊が出来る
  5. お風呂付のログハウス!
  6. おすすめの時期は11月から3月
  7. オンライン予約で混雑情報も確認
  8. アルテンの基本情報
  9. アルテンの魅力
  10. キャンプサイトの種類が多い
  11. 充実のセンターハウス
  12. 整備が行き届いている
  13. 手ぶらでOK?充実のレンタルアイテム
  14. 豊富なアクティビティ
  15. 夏のアルテンのおすすめポイント
  16. 夏を満喫!カヌー体験
  17. 自然を感じながらのパークゴルフ
  18. 風が心地いいサイクリング
  19. 最高のロケーションでバーベキュー
  20. 冬のアルテンのおすすめポイント
  21. 冬ならではの楽しみ!ワカサギ釣り
  22. 源泉かけ流しの温泉!
  23. 雪の世界を探検!クロスカントリー
  24. 絶景の白銀世界!雪中キャンプ
  25. アルテンを手軽に楽しむデイキャンプ
  26. アルテンで最高の時間を過ごそう

アルテンで自然を遊びつくそう!

北海道苫小牧市にある「オートリゾート苫小牧アルテン」は、自然を遊び尽くせるキャンプ場として人気です。

錦大沼公園内に位置しており、総面積は236haと広大です。北海道内でも有数の広大なキャンプ場であり、キャンプだけでなくバンガローやログハウスに泊まることもできます。

今回は、オートリゾート苫小牧アルテンについて、楽しみ方やアクティビティ、魅力を含めて詳しく紹介します。

アルテンってどんな所?

 (880183)

アルテンとはどのようなスポットなのでしょうか。ここではアルテンの特徴やおすすめの予約時期、基本情報などについて紹介します。

高規格で快適なキャンプ場!

キャンプ場といっても、場所によって設備や環境は大きく異なります。アルテンは北海道内で最も広大なキャンプ場であり、設備が充実している「高規格」に属しています。

本格的なアウトドアのキャンプを楽しみたい人には物足りないかもしれませんが、道具が揃っていない人やキャンプが初めての人、家族連れも気軽に泊まることができると人気です。

泊まりに来るのは意外と北海道民も多く、アウトドアを安全に楽しめるのでキャンプに挑戦しやすいでしょう。アルテンは設備が整っているため、アウトドアの楽しさを味わってみたいという人にぴったりです。

コテージやバンガロー、キャビン泊が出来る

アルテンには希望に沿った宿泊方法ができます。キャンプはもちろんのこと、コテージやバンガロー、キャビンといった建物に泊まることもできます。

1番小さいサイズで4人定員の「バンガロー」(9,000円~)となっており、ロフトタイプの2段ベッドがあります。その次に大きいのが5人定員の「ロフトハウス」(14,500円~)で、平成14年に建てられたので新しく、ストーブや冷蔵庫が付いています。

6人定員は「デッキハウス」(23,000円~)と「ログハウス」(24,000円~)です。デッキハウスはバリアフリーとなっており、車いすの方も利用できます。

そして1番大きいのが9人定員の「キャビン」(18,000円~)で、2階部分が広くなっているので9人で泊まっても狭い感じはしません。

お風呂付のログハウス!

 (880179)

通常、泊まる建物内にお風呂はついておらず、センターハウスにあるシャワー(無料)を使用します。中には共用のシャワーが苦手な人や自分の部屋でゆったりお風呂に入りたい人もいますよね。

そんな人におすすめなのが、「ログハウス」や「デッキハウス」です。特にログハウスはトイレと部屋が分かれているため、誰かがお風呂に入っている間でも気兼ねなくトイレを使うことができます。

お風呂付の部屋に泊まることで、シャワールームが混み合うことを心配する必要もなく、好きな時間に利用することができ、おすすめです。

おすすめの時期は11月から3月

安く泊まりたい!という人におすすめなのが、11月から3月です。なぜなら4月から10月に比べ、30%~50%安くなるためです。30%オフになるのは建物に泊まる場合で、バンガロー・ログハウス・ロフトハウス・キャビン・デッキハウスが対象です。

50%オフになるのは、オートサイトのC・D・E・G・H、キャンピングカーサイトのF・J・K・L・Mです。セミオートサイトのA・BとオートサイトのP・Q・R・Sは11月から3月は利用することができません。

冬の間は安く泊まれるため、地元の人もこの時期に多く利用しているようです。冬のキャンプは寒くなりますが、寒さ対策をしっかりすると問題なく泊まれます。

オンライン予約で混雑情報も確認

 (880181)

アルテンは公式サイトからオンライン予約をすることができます。予約ができるのは利用する月の2か月前の1日です。10月26日に予約を取りたい場合は8月1日から予約開始となります。

オンライン予約であれば混雑情報も見ることができるため、ギリギリであってもサイトの予約を取ることができます。ただし、1回の予約で1サイト1泊のみとなっているため、連泊する人や異なるサイトを同時予約したい人はオンライン予約ではなく電話予約をする必要があります。

ネット予約と電話予約は枠が異なるため、インターネット上で予約がいっぱいでも電話してみると予約に空きがある場合もあります。

アルテンの基本情報

アルテンがあるのは、苫小牧市の西部、樽前山ろくです。昭和52年以来、錦大沼公園は市民の憩いの場となっています。

昭和63年度から「オートリゾートネットワーク構想」が北海道開発庁によって提唱されたことで、自然との調和を楽しめるスポットとしてオートキャンプ場が建設されました。

アルテンは札幌から車で90分ほどのところにあり、500台が停められる駐車スペースもあります。公共交通機関を利用する場合は、苫小牧駅北口から道南バスに乗り、40分程です。

すぐ近くにお店があるわけではありませんが、大通りまで出ればスーパーがあるので食材の買い出しも比較的容易です。

住所苫小牧市字樽前421-4
電話番号0144-67-2222
ホームページhttp://www.dp-flex.co.jp/arten/

アルテンの魅力

アルテンは知名度が高く、観光客だけでなく北海道民もよく訪れているキャンプ場です。アウトドアを楽しみたい人にぴったりであり、口コミでも高評価の人が多いです。

ここではアルテンの魅力を紹介します。

キャンプサイトの種類が多い

View this post on Instagram

テントと星空✨✨✨ なかなかいい感じに撮れました😆👍🏼 冬は空気が澄んでいて星がキレイにみえますね🌟 マイナスの中寒いので、あんまり長時間撮れないのと、その場でなかなか確認出来ないのでフイルムカメラのように後でどう撮れてるのか見るのが楽しみなんですよ😊✨✨✨現像してるみたいな感覚ですね YouTubeでキャンプやグルメの動画アップしてます📺チャンネル登録、高評価、コメントもらえたら嬉しいです😊 #キャンプ #夜空 #冬キャンプ #雪中キャンプ #天体観測 #オリオン座 #星空キャンプ #天体写真 #キャンプ好きな人と繋がりたい #キャンプ好きと繋がりたい #冬の星座 #スノーピーク #スノーピークテント #テント #シェルター #リビングシェルロングpro #リビングシェル #リビロン #苫小牧アルテン #アルテン

A post shared by うめちゃん/UmeChan (@_u._chan) on

キャンプサイトは全209区画あり、どれも5名が定員となっています。設備に合わせて5種類のサイトに分かれ、それぞれで値段が異なります。

サイトは、センターハウスの右側にある「みずなら」、左側にあるゆったりしたスペースが「からまつ」、センターハウスから少し距離がある「しらかば」に分かれています。

みずならにあるA・Bは3,150円で利用でき、セミオートで共同トイレと共同炊事場です。C・D・Eは4,200円で共同トイレと共同炊事場を利用します。からまつにあるG・Hは5,775円で電源があり、共同炊事場を利用します。F・J・K・L・Mは6,300円で、ペット可に加え、専用の炊事場やテレビ端子、電源があります。

しらかばは5,250円で全面ペット可、共同トイレと共同炊事場を利用します。予算と希望の設備に合わせてキャンプサイトを選ぶことができるのは魅力的です。

充実のセンターハウス

アルテンのセンターハウスはとても充実しており、何か持ってくるのを忘れても大体のものはセンターハウスで購入したり借りられたりすると評判です。電子レンジやポットはキャンプ場利用者は無料で使用でき、食器類も借りられます。

カップ麺もあるので、食事を用意するのが面倒だったり夜食が欲しかったりする人も小腹を満たすことができ、その場でお湯を入れて食べられます。

センターハウスの中はフリーWi-Fiも飛んでおり、24時間使用可能のシャワーや30分100円で利用できるコインランドリー(乾燥機付)もあります。多目的室や研修室もあります。

整備が行き届いている

アルテンは細部まで整備が行き届いてあり、炊事場やトイレ、共同シャワールームなどの水回りも綺麗に掃除されています。

汚いところは1泊するのも辛く感じる人もいますが、アルテンは清潔感があるので様々な設備を問題なく使用できます。そのような口コミが多いため、キャンプ初心者にも人気のキャンプ場となっているのです。

また、敷地内には子供が自由に遊べるように遊具がありますが、そちらもしっかり舗装されており安全に遊ぶことができます。

広い敷地にも関わらずゴミが落ちていないこともアルテンの魅力です。キャンプ場内には分別してゴミを捨てられるスペースがあるため、利用者がマナーを守りやすい工夫がされています。

手ぶらでOK?充実のレンタルアイテム

アルテンにはレンタルアイテムが豊富にあり、ほとんど手ぶらの状態でも問題なく宿泊することができます。テントは5~6人の大きなサイズで1泊3,240円、2泊4,320円となっています。

他にもテレビやランタン、マット、テーブルセットなどテント泊を充実させてくれるアイテムが揃っています。また、料理道具もレンタルがあり、コンロ(870円/ガス・炭)やクッキングセット(650円/包丁・まな板・鍋)、ダッチオーブン(870円)と料理で困ることはありません。

テントを張れない人でも1,620円払えばスタッフの方がしてくれるので、心配ありません。食材は各自で買い出しする必要がありますが、設備や道具に関してはレンタルできるものがほとんどです。

豊富なアクティビティ

 (880192)

アルテンでは様々なアクティビティを楽しむことができ、北海道の豊かな自然を体感できるものも多いです。パークゴルフ、テニス、バスケットボール、サッカー、キャッチボールなどのアウトドアスポーツを楽しめます。

また、カヌー体験やサイクリング、乗馬体験など他のキャンプ場ではあまり見かけないアクティビティも充実しており、1泊では楽しみ尽くせないほどです。

汗をかいたり汚れたりしてもすぐに温泉に行ける手軽さも、アクティビティに参加しやすい理由のひとつとなっています。

夏のアルテンのおすすめポイント

北海道は夏は暑くなりますが他の地方と比べると冷涼のため、猛暑とまではいきません。なので夏の時期にキャンプをすると、風の心地良さなどを感じられるでしょう。

ブヨなどの虫対策は必須となりますが、冬に比べて気候は過ごしやすいため、初心者は夏のキャンプがおすすめです。

ここでは、夏のアルテンのおすすめポイントやアクティビティを紹介します。

夏を満喫!カヌー体験

View this post on Instagram

#キャンプ#アルテン#苫小牧#楽しい#よん

A post shared by rs (@red_and_white_blood_cells) on

天気がいい日は「カナディアンカヌー」がおすすめです。静かな湖面なので、カヌーの扱いに慣れていない初心者でも風を気持ちよく感じる余裕があるでしょう。基本的に2人乗りなので小さな子供を連れている場合も楽しむことができます。

カヌー体験は1時間2,160円となっており、4月末から10月まで楽しめます。午前9時半から午後4時半までが利用可能時間となっており、事前予約と利用申込書の記入が必要となります。

利用する日が悪天候の場合はカヌー体験ができないこともありますが、夏を感じるには絶好のアクティビティです。

自然を感じながらのパークゴルフ

レストハウス内で受付をすると、無料駐車場の奥で「パークゴルフ」が楽しめます。本格的なゴルフのコースではないため、ゴルフをしたことが無い人でも気軽に挑戦でき、小さな子供からお年寄りまで年齢も問いません。

ボールやクラブも貸してもらえるので手ぶらで楽しめ、自然を感じながらのパークゴルフはハマる人が続出している人気のアクティビティです。午前8時から午後6時までプレイでき、1Rで400円、2Rで700円となっています。

半日プレー(850円)や1日プレー(1,000円)もあり、3R以上する場合はこちらがお得になります。入浴やジンギスカンとのお得なセットもあります。

風が心地いいサイクリング

 (880193)

アルテンの敷地は広大なので、徒歩での移動は限界があります。車が入れる範囲も決まっているので、敷地内をくまなく探検してみたいという人は「サイクリング」がおすすめです。

2人乗り自転車(1,080円/1時間)やママチャリ(540円/1時間)、マウンテンバイク(540円~760円/1時間)などレンタサイクルの種類も豊富で、選ぶのも楽しくなります。

敷地内はアップダウンがあるため、のぼりは少しきついですが下りは風がとても心地よく感じられるでしょう。マウンテンバイクやママチャリは1泊レンタルも可能で、1,830円~となっています。

自転車4台を借りられ、途中でキックボードに変更もできる「家族お得セット」(1,950円/1時間)もあります。

最高のロケーションでバーベキュー

キャンプの定番と言えば「バーベキュー」です。全ての道具をそろえることや食材を準備することは意外と難しく、バーベキューを自分たちでするのはハードルが高いことも多いですよね。

アルテンにはバーベキューコーナーがあり、屋根付きで天候に関係なくバーベキューを楽しむことができます。食材の販売もしており、肉や野菜を事前に買わなくてもよく、食べたいものがあれば買って持ち込むこともできます。

BBQ一人前はジンギスカン300g、野菜、おにぎり2個もしくは塩ホルモン250g、おにぎり2個から選べ、単品でも注文可能です。食材を注文すると、2時間の飲み放題(1,500円)も注文できるのでおすすめです。

冬のアルテンのおすすめポイント

キャンプは夏に楽しむイメージがある人も多いのではないでしょうか。冬のキャンプは寒いから無理、ましてや北海道でのキャンプは凍えてしまうと思っている人も多いです。

しかし、実際には防寒対策さえしっかりすれば、夏のキャンプと同様楽しむことができます。特に北海道は夏と冬で見られる光景が180度異なるため、冬のキャンプでしか見られない雪景色は見ものです。

ここでは冬のアルテンのおすすめポイントやアクティビティを紹介します。

冬ならではの楽しみ!ワカサギ釣り

アルテンにある「錦大沼」は夏場はカヌー体験ができるところですが、冬になると湖全体が氷、ワカサギ釣りができるようになります。1月下旬から3月上旬頃まで無料で楽しめます。テントは使用できないため、万全の防寒対策が必要となります。

また、竿のレンタルは行っていないので、ワカサギ釣りを楽しむためには道具一式をそろえておく必要があります。上手く釣ることができたらその日のご飯として食べることもできるため、冬はワカサギ釣りを楽しむ家族連れも多いです。

源泉かけ流しの温泉!

みずならサイトから歩いて10分以内のところに「天然温泉ゆのみの湯」があります。サイトによっては少し距離があるので車で行く人も多いですが、夜でなければ運動がてら歩いていくのもおすすめです。

ゆのみの湯は10時から22時まで営業しており、ナトリウム塩化物強塩泉の源泉かけ流しの贅沢な温泉です。通常、大人600円、子供300円かかりますが、アルテンのセンターハウスにある券売機で購入すると特別料金で入浴することができます。

3日間何度でも入れるフリーパスは600円と、かなりお得です。チェックアウト後も利用することができるため、汗を流してから帰路につけ、食事や休憩もできます。

雪の世界を探検!クロスカントリー

 (880195)

冬になるとアルテンは辺り一面が雪で覆われるため、夏のように緑でいっぱいの自然を楽しむことはできません。その代わり、雪の世界を満喫することができます。冬にアルテンを訪れるのであれば、ぜひクロスカントリーを楽しみましょう。

ゲレンデスキーは山の斜面を滑り降りるものですが、クロスカントリースキーでは平地でも滑ることができ、雪の世界を冒険するのに向いています。

夏場はやぶなどで覆われている部分もクロスカントリースキーを使うことですいすいと移動でき、全身運動にもなるので子供にもおすすめです。

絶景の白銀世界!雪中キャンプ

苫小牧は北海道の中でも積雪が少ない地域です。1mを超える積雪がある地域もある一方、札幌や千歳の都市部と比べても苫小牧は数センチしか積もらないことも珍しくありません。

アルテンがあるのは苫小牧の市内から16km離れたところで、市街地と比べると少し積雪があります。そのため、雪中キャンプを楽しむにはちょうどいいロケーションなのです。

電源があるサイトでキャンプをすれば電源が必要な防寒アイテムも問題なく使え、薪も売られているので薪ストーブをテント内で使用することもできます。

雪中キャンプはいかに防寒対策を行うかがカギとなりますが、工夫次第では寒さで凍えることはありません。テントを一歩出ると周りは白銀世界が広がっており、空も澄んで綺麗な星空を満喫することができるでしょう。

アルテンを手軽に楽しむデイキャンプ

アルテンでは、デイキャンプも楽しむこともできます。泊まりではないので荷物も少なく済み、充実した1日を過ごすことができるでしょう。

デイキャンプは16時までの利用となっており、電源無しのサイトであれば1,620円、電源ありのサイトは2,160円となっています。また、建物も利用することができ、宿泊料金の60%の価格とリーズナブルにデイキャンプを楽しめます。

デイキャンプの魅力は何といっても自然の中でアクティビティやご飯を楽しめることでしょう。自然の中で食べるご飯は格別で、アルテンならバーベキューコーナーも利用できるので早めの時間に訪れれば、ご飯もアクティビティも十分楽しむことができます。

最初から宿泊するキャンプはハードルが高い、子供が小さくてお泊まりは難しいという人も、デイキャンプであれば限られた時間で最大限キャンプの雰囲気を味わうことができます。

アルテンで最高の時間を過ごそう

今回は北海道苫小牧にある「オートリゾート苫小牧アルテン」について紹介しました。アルテンは高規格のキャンプ場であり、バンガローやログハウスにも泊まることができるのでアウトドア初心者にもおすすめです。

冬季は通常価格より安く利用できるのに加え、冬の北海道を満喫できるアクティビティが充実しているので、ぜひ挑戦してみてください。

思っているよりも快適に、最高の時間をアルテンで過ごすことができるでしょう。

関連する記事