trima

根室で食べたい絶品おすすめグルメまとめ!B級グルメや海鮮など!

根室で食べたい絶品おすすめグルメまとめ!B級グルメや海鮮など!

2020.06.21

Trima北海道編集部

根室には「エスカロップ」をはじめとする美味しいB級グルメが多くあります。旅行でグルメを楽しみにしている人も多いでしょう。特に新鮮な海鮮を使った料理はおすすめグルメです。今回は、根室で食べられる名物グルメをランキング形式で紹介します。

目次

  1. 根室ならではの名物グルメを楽しみたい!
  2. 根室の名物グルメ!おすすめランキング
  3. 5位.根室さんまロール寿司
  4. 4位.スタミナライス
  5. 3位.別海ジャンボホタテバーガー
  6. 2位.オリエンタルライス
  7. 1位.エスカロップ
  8. 根室で人気のB級グルメ「エスカロップ」について
  9. エスカロップはどんなグルメ?
  10. 根室グルメが美味しいお店【B級グルメ編】
  11. 地元民が愛する「どりあん」
  12. 絶景を楽しみながらエスカロップが食べられる「レイクサンセット」
  13. エビフライやカキフライも人気「バードパル」
  14. B級グルメメニューが豊富「ニューモンブラン」
  15. パンチライスやスタミナライスが人気「菩提樹喫茶」
  16. エビエスカがある「薔薇」
  17. 根室グルメが美味しいお店【海鮮編】
  18. 美味しい魚介が堪能できる「すし善」
  19. ほたてを使ったピザやハンバーガーが人気「Cafe Oak」
  20. ネタがとても新鮮「根室花まる」
  21. 子連れで根室さんまロール寿司「和ダイニングすしもと」
  22. 根室グルメが美味しいお店【麺類編】
  23. 根室でそばなら「そば処東雲」
  24. つけめんが人気「扇や」
  25. 根室グルメを楽しもう!

根室ならではの名物グルメを楽しみたい!

 (882336)

ご当地ならではのグルメを旅行の楽しみにしている人も多いではないでしょうか。特に国内旅行の行き先として人気の北海道には、広大な自然や海の恵みを活かしたグルメが多いことで人気です。

北海道と言ってもかなり広いため、北海道内でもご当地グルメが異なります。今回は、根室に焦点をあて、根室ならではの名物グルメを紹介します。

根室の名物グルメ!おすすめランキング

 (882337)

札幌や旭川に比べて根室のグルメはあまり知られていません。しかし、実は根室にも絶対に現地で食べたい名物グルメは多くあります。

ここでは、根室の名物グルメを5位から順に紹介します。

5位.根室さんまロール寿司

2008年に新たに根室のご当地グルメとして誕生したのが、「根室さんまロール寿司」です。このグルメは食べる昆布を普及させる目的で作られました。

根室産の棹前昆布で巻き、昆布は甘酢で味付けしたものを使用することや、シャリには北海道産のななつぼしを使用すること、根室産さんまや北海道産の大葉やゴマを使用することなど全部で10項目のルールがあります。

これらを全て満たすもののみ根室さんまロール寿司を名乗ることができ、現在は市内7店舗のお店で食べることができます。

さんま特有の生臭さをネギやゴマがあることによって食べやすくなっており、どのお店で食べても1本840円、1貫105円とリーズナブルに食べられます。

4位.スタミナライス

1963年に漁師が手軽に食べられてお腹いっぱいになるメニューを考えたことから誕生したのが、「スタミナライス」です。発祥は根元港近くの「香」という喫茶店です。現在、ニューかおりが元祖の店として営業しています。

スタミナライスはご飯の上にトンカツが乗っており、その上から野菜炒めをかけて目玉焼きまたは生卵を乗せた料理です。そのまま食べても美味しいですが、ソースや醤油などで自分好みにアレンジすることができます。

ニューかおりではスタミナライスがスープ付きで700円となっており、元祖の味を楽しみたい常連客は目玉焼きのかわりに生卵をリクエストする人も多くいるようです。

かなりボリュームがありますが、味がそれほど濃くないので食べやすく、たっぷりと野菜を摂ることができます。

3位.別海ジャンボホタテバーガー

生乳生産量全国1位の別海町で2008年に「別海ジャンボホタテバーガー」が誕生しました。せっかくに日本一の牛乳があるなら、たくさん飲んでもらおうと考え、水のかわりに牛乳を使ったバンズが生まれました。

別海ジャンボホタテバーガーは細かくルールが決められており、販売する店は全て「カフェオーク」のものを使用する決まりとなっています。また、2L以上の大きさのホタテを春まきにすることやソースは3種類提供することなどがあります。

食べる側にもルールがあることが特徴です。具材とバンズが別々に運ばれてくるので、自分で挟んでバーガーが完成します。一緒に運ばれてくる500mlのジョッキに入った牛乳も飲まなくてはいけません。

2010年・2011年の「新・ご当地グルメグランプリ選手権」や2011年の「全国ご当地バーガー」も受賞している人気のハンバーガーです。

2位.オリエンタルライス

View this post on Instagram

【キッチンABC】 📍: #池袋 🏠: #キッチンABC 🍽: #オリエンタルライス – – ダチョウ倶楽部・寺門ジモンおススメのお店と 言われたら嫌でも期待感が高くなってしまう((o(^∇^)o)) – しかも、 寺門ジモン考案メニューがあるっていうから尚更👏 – 池袋西口側の1b出口から出ると最短で行けて、 芸術劇場の目の前の立地🏃‍♂️💨 – お店入る直前まで何を頼むか悩みに悩んだ末、 "オリエンタルライス"に✨ – 何がオリエンタルなのかは一切わからないけど😂笑 – で、出来上がったものが写真の👍 – ぱっと見で絶対美味いでしょこれ!って 思ってしまうこと間違いなしのガッツリ感❗️ – 早速卵をスプーンで割って お肉、ニラ、ご飯を一気に頬張ると、、 – うまーーーーーーい😳😳😳 – 初めにピリッととした辛み、 その後ニラの旨味、ニンニクがぶわぁっと🤤 – これが豚肉に絡んでるんだから 白米に合わないわけがない‼️ – 手が止まらなくてペロッと😋 – こんなに美味しくてお味噌汁もついて 680円ってかなり安い💸笑 – 次はオムカレーを食べてみよう♪ – 是非行ってみてね(*^◯^*) 👇エリア検索 #ゆたログ池袋 👇ジャンル検索 #ゆたログ定食 #デリスタグラム #デリスタグラマー #インスタグルメショー #グルメ好きな人と繋がりたい #グルメな人と繋がりたい #グルメ #グルメ部 #グルメ旅 #グルメ日記 #グルメ大好き #飯テロ #飯テログラム #池袋グルメ #yum #yummy #foodporn #foodstagram #instafood #retrip_gourmet

A post shared by 佐藤裕太 (@yuta_sato_0117) on

「オリエンタルライス」とは、ご飯の上に牛サガリ肉(ハラミ)が乗っており、その上からステーキソースがかけられている料理のことを指します。

白ご飯を使用していることもありますが、ドライカレーでご飯にも味がついていることが多いです。オリエンタルライスで有名な「どりあん」では、玉ねぎと椎茸が具材として入っているパラパラのドライカレーを使用しています。

ステーキはミディアムレアの絶妙な焼き加減でご飯との相性も最高です。根室=エスカロップというイメージを覆す、同じくらい有名なご当地グルメとなっています。

1位.エスカロップ

View this post on Instagram

念願の#エスカロップ!

A post shared by ほぇ (@musiclifebox) on

根室グルメ堂々の1位は「エスカロップ」です。漁師が早く食べられ、お腹にたまるメニューとして作られた食べ物で、ケチャップライスまたはバターライスの上にトンカツを乗せ、上からデミグラスソースをかけています。

地元民にも広く食べられているグルメであり、「エスカ」と略して呼ぶ人も多いです。付け合わせにサラダや果物もありますが、フォークだけで食べることも特徴です。

ケチャップライスは赤エスカ、バターライスは白エスカと呼ばれており、白エスカには筍が入っています。根室グルメとしての知名度が高まってきて、根室の様々な場所で食べられるようになりました。

以前は限られた店舗でしか販売されていませんでしたが、現在は多くのレストランでも提供されているため、観光客も食べやすくなっています。

根室で人気のB級グルメ「エスカロップ」について

根室グルメおすすめ1位の「エスカロップ」は根室を代表するB級グルメであり、全国的な知名度も徐々に上がっています。

特に近年ではご当地グルメが全国区になることも珍しくないため、エスカロップが一般的に食べられるようになる可能性もあります。

それでは、エスカロップとはどのようなグルメなのでしょうか。エスカロップの歴史を含めて紹介します。

エスカロップはどんなグルメ?

View this post on Instagram

#ブランチ #エスロカップ

A post shared by あるぽ (@alpo) on

エスカロップができたのは、1963年頃です。根室市にあった「モンブラン」のシェフが考案し、すぐに市内に広まりました。エスカロップという名前は、フランス語で肉の薄切りを意味する「エスカロープ」から来ているとされています。

はじめは仔牛肉のソテーまたはカツレツをナポリタンの上に乗せて食べる料理でしたが、トンカツへと変わり、ライスの上に乗せられるようになりました。

赤エスカの方が先に出されるようになり、マッシュルームをライスに混ぜていました。現在でもエスカロップに乗せるトンカツは薄い肉を使っているところが多く、カツレツの名残があります。

現在ではトンカツだけでなく、カキフライやエビフライをエスカロップにして食べるメニューもあります。また、地元グルメを楽しんでもらおうと根室の名産であるサンマを肉のかわりに用いることもあるようです。

根室グルメが美味しいお店【B級グルメ編】

 (882350)

ご当地グルメは有名になればなるほど、コンビニなどで気軽に食べられたり販売するお店も増えたりします。しかし、せっかくなら発祥のお店や有名店で食べたいという人も多いでしょう。

ここでは、根室のB級グルメが食べられるおすすめのお店を紹介します。

地元民が愛する「どりあん」

エスカロップが誕生したモンブランからニューモンブランが独立開業し、更に独立したのが「どりあん」です。根室駅から徒歩10分以内と観光客も足を運びやすいところにあります。

昭和44年創業以来、エスカロップに使うデミグラスソースは継ぎ足しで作られてきました。1週間以上煮込んで作られるため、濃厚で深い味わいを感じられます。

通常のエスカロップは870円ですが、大きく分厚いカツを乗せた「エスカロップスペシャル」(1,300円)もあります。ハンバーグやスパゲッティといった洋食が揃っているので、家族連れにもおすすめのお店です。

住所北海道根室市常盤町2丁目9
営業時間10:00-20:40
電話番号0153-24-3403

絶景を楽しみながらエスカロップが食べられる「レイクサンセット」

View this post on Instagram

#ホタテフライエスカロップ

A post shared by Kazumasa Kasajima (@kazumasakasajima) on

根室市の入口には風蓮湖があります。この風蓮湖の目の前に位置している建物が「レイクサンセット」です。JR根室駅から車で15分、バスを利用する場合は東梅バス停から徒歩10分でアクセスも良いです。

宿泊用ログコテージが7棟とカフェやレストランがあり、建物の窓からは綺麗な湖や野鳥を見ることができます。そんな絶景の中で楽しめる食事は、宿泊者以外にも人気です。

根室名物のエスカロップは1,000円となっています。他にも「ホタテフライエスカロップ」(1,200円)、「カキフライエスカロップ」(1,200円)、「エビフライエスカロップ」(1,200円)と様々なエスカロップを味わえます。

「ミックスフライエスカロップ」(1,500円)は全部のフライがセットになったお得なメニューです。全てプラス200円で大盛りにしてもらうことができます。

住所北海道根室市東梅218−6
営業時間10:00-21:00
電話番号0153-25-3510
公式サイトhttp://www.lakesunset.jp/

エビフライやカキフライも人気「バードパル」

国道44号線沿いにある道の駅スワン44ねむろの中には、「バードパル」というレストランがあります。風蓮湖が一望できるようにガラス張りになっており、野鳥の姿を見ながら食事をすることができます。

特に1月上旬から2月中旬まではオオワシやオジロワシが飛来し、迫力ある姿を見られると人気です。根室発祥のエスカロップ(950円)はもちろんのこと、カキフライ版の「カキエスカ」(1,200円)も美味しいと定評があります。

バードパルのおすすめメニューは「秋刀魚ねぎトロ丼」(1,100円)で、さんまが旬の時期しか食べられない期間限定のメニューとなっています。

住所北海道根室市酪陽1 道の駅スワン44ねむろ 内
営業時間11:00-14:30
電話番号0153-25-3055

B級グルメメニューが豊富「ニューモンブラン」

エスカロップ発祥の「モンブラン」というお店は閉店してしまいましたが、モンブランで働いていたコックさんが「ニューモンブラン」をオープンさせ、元祖と変わらない味を受け継いでいます。

店内は昔懐かしい喫茶店のような雰囲気で、長居したくなるような居心地のよさがあります。エスカロップに使うデミグラスソースは、1週間~10日かけて作っており、マイルドでコクのある味です。

ニューモンブランのエスカロップは890円で、オリエンタルライスやスタミナライスといった根室のご当地グルメが幅広く楽しめます。

ハンバーグとチキンライスがコラボしたニューモンブランオリジナルの「ビドックライス」も人気メニューです。

住所北海道根室市光和町1-1
営業時間9:00-20:00
電話番号0153-24-3301

パンチライスやスタミナライスが人気「菩提樹喫茶」

根室の緑町通りにある黄色と緑色の建物が目を引く「菩提樹喫茶」では、エスカロップ(830円)やスタミナライス(830円)などのご当地グルメ以上に人気のメニューがあります。

それが「菩提樹パンチ」(830円)です。地元の人は「パンチライス」と呼んでいるこのメニューは、ご飯の上にスパゲティーと目玉焼き、豚肉が乗った見た目がインパクトの強い料理です。

甘辛いタレが豚肉にかかっており、スパゲティーはケチャップの酸味とブラックペッパーの風味が感じられます。それをトロッとした目玉焼きが綺麗に味をまとめています。

ここでしか食べられないオリジナルの料理なので、ぜひ味わってみてください。

住所北海道根室市松ケ枝町3丁目5
営業時間10:00-19:30
電話番号0153-24-3103

エビエスカがある「薔薇」

「食事と喫茶 薔薇」は、根室市弥生町にあります。名物グルメのエスカロップは3種類あり、通常のエスカロップは950円、エビエスカは1,050円、トンカツとエビフライが乗ったミックスエスカは1,050円です。

薔薇では綺麗な色のお皿を使っているため、他のお店以上にお洒落な料理に見え、写真映えすると人気です。薔薇のトンカツは分厚いことが特徴で、食べごたえがあります。また、バターライスににんにくが入っていることもポイントです。

ピラフの上にエビフライが乗った「エビピラフ」(1,200円)やご飯の上に甘辛い豚肉が乗った「肉ライス」(950円)も人気があります。

住所北海道根室市弥生町2丁目9
営業時間10:00-15:00,16:30-20:00
電話番号0153-24-4746

根室グルメが美味しいお店【海鮮編】

 (882351)

北海道を訪れたらぜひ食べたいもののひとつに「海鮮」があります。ご当地グルメはお取り寄せで食べられるものも増えてきましたが、とれたての魚介類は現地でしか食べることができません。

北海道ではとれたての魚介類を使うのが当たり前であり、生でも食べられるものが多いです。ここでは、魚介を使った名物グルメが食べられるお店を紹介します。

美味しい魚介が堪能できる「すし善」

 (882364)

創業約20年の「すし善」は、親子2代で寿司を握っているお店です。ガラスケースの中には新鮮な魚介類が並んでおり、本州ではなかなか手に入らないネタも多くあります。

単品でオーダーすることもできますが、おすすめはおまかせで握ってもらうことです。特上生にぎり(2,270円)、上生にぎり(1,940円)、中生にぎり(1,400円)、生にぎり(1,100円)があり、その日仕入れた魚によってネタは変わります。

また、すし善では「根室さんまロール寿司」を提供しています。ランチタイムには10食限定の「根室さんまロール寿司セットメニュー」が登場し、味噌汁・漬物・花咲かにのサラダ・デザートがついた大満足のセットです。

住所北海道根室市梅ケ枝町2丁目6
営業時間17:00-22:00
電話番号0153-22-3938

ほたてを使ったピザやハンバーガーが人気「Cafe Oak」

「Cafe Oak」は、別海町の道道8号線沿いにある「柏の実学園」という障がい者支援施設の直営カフェです。北海道産の小麦と天然酵母を使い、心をこめて作られた無添加のパンが美味しいと評判です。

人気のパンは昼頃には売り切れてしまうほどの人気があるので、早めの時間に訪れることをおすすめします。別海ジャンボホタテバーガーは根室グルメですが、そのバンズはこのカフェで作られたバンズのみ使用されています。

カフェオークでも「別海ジャンボホタテバーガー&ジャンボ牛乳セット」(1,000円)が販売されており、自家焙煎コーヒーまたは別海アイスも付いてきます。

ただし、月曜日と火曜日は定休日となっているので気をつけましょう。

住所北海道野付郡別海町別海宮舞町256
営業時間10:00-16:30
電話番号0153-75-0995

ネタがとても新鮮「根室花まる」

ネタの新鮮度にこだわり、鮮度を維持することに情熱を注いでいるのが「根室花まる」です。このお寿司屋さんは、回らない寿司屋ほど敷居が高くなく、回転寿司より落ち着いているため、女性1人でも立ち寄りやすいと話題です。

根室で人気となり、北海道内だけでなく東京にも進出しました。北海道内であれば、根室本店・キラリス函館店・手稲前田店・西野店・中標津店・南郷店・南25条店・JRタワーステラプレイス店があります。

東京にはKITTW丸の内店と銀座店の2店舗があります。1皿206円とリーズナブルで、オープンキッチンで目の前で握られるお寿司は格別です。

住所北海道根室市花園町9丁目35(根室本店)
営業時間11:00-21:00
電話番号0153-24-1444

子連れで根室さんまロール寿司「和ダイニングすしもと」

お寿司や魚介のお店は何となく敷居が高いイメージがあり、子連れは行きにくいと感じる人も多いです。「和ダイニングすしもと」では、若い世代からご年配まで誰でも味わえることをコンセプトにしているため、家族連れにも人気があります。

何度も足を運ぶ常連客のことを考え、定期的にメニューを更新して飽きさせない工夫がなされています。食後のデザートを含めると常に90種類以上とメニューが豊富で、魚介も新鮮なものばかりです。

根室さんまロール寿司(840円)が味わえるお店であり、まずはそのまま食べ、温かいつゆも一緒に運ばれてくるのでお茶づけにして食べてみましょう。〆にもぴったりで、クセになること間違いなしです。

住所北海道根室市緑町2丁目10
営業時間17:30-23:00
電話番号0153-24-1148

根室グルメが美味しいお店【麺類編】

 (882352)

今まで紹介してきた根室グルメはご飯ものが多いですが、麺も美味しいお店は多くあります。麺類はラーメンやそば、うどんなど手軽に食べられてランチにもぴったりです。

ここでは、根室で食べられる麺類の美味しいお店を紹介します。

根室でそばなら「そば処東雲」

根室市常盤町にある「そば処東雲」は、根室でそばを食べるならココ!と地元の人からも絶賛されているお店です。店内には小上がりがあり、個室のようになっているので小さな子供を連れている家族でも利用しやすいです。

東雲の麺は更科で繊細であり、ダシのきいたつゆとの相性抜群です。冷たい麺類はそばのみであり、温かい麺類であればそばとうどんから選べます。もりそばやざるそばなどシンプルなメニューはそば本来のおいしさを堪能できると人気です。

また、「あじさい」(970円)は揚げたえびがそばの上に乗っており、プリプリ食感も楽しめます。がっつり食べたいという人は、「お好みセット」で好きなそばと丼を組み合わせることができます。

「東雲御膳」(1,650円)は、えび天丼・ざるそば・かしわぬき・鴨スモーク・サラダ・ワインまたはビールがセットになったお得なメニューであり、ディナーにもおすすめです。

住所北海道根室市常盤町2丁目26
営業時間11:00-19:00
電話番号0153-22-3232

つけめんが人気「扇や」

つけめんと油そばの専門店である「扇や」は、2017年の「北海道ラーメン大全」や「ミシュランガイド特別版」に掲載されたこともあるほどの有名店です。

2005年に札幌市で開店し、2011年に根室に移転しました。根室駅から徒歩2分とアクセスが良いため、観光客も多く訪れています。麺は自家製麺を使用しているため、売り切れとなる日もあります。

メニューはつけめんと油そばのみのシンプルさです。つけめん(800円)や油そば(750円)は、通常の他に特製や味噌味もあります。特製は通常メニューに味付け玉子が入り、チャーシューとメンマが増量となります。

麺の量はお子様・普通盛り・中盛り・大盛り・特盛りとあり、量によってプラス料金が異なるシステムです。

住所北海道根室市大正町2−32
営業時間11:00-14:00,17:30-19:30
電話番号0153-24-4800

根室グルメを楽しもう!

 (882353)

今回は美味しい根室グルメとお店について紹介しました。根室には美味しいグルメが多くあり、北海道グルメはもちろんのこと、根室でしか食べられていないグルメもあります。

根室を訪れる際は、ぜひグルメも堪能してみてください。

関連する記事