trima

北海道でバンジージャンプするならどこ?おすすめの場所や価格を紹介!

北海道でバンジージャンプするならどこ?おすすめの場所や価格を紹介!

2020.05.31

Trima北海道編集部

非日常のスリルを安全に楽しめるアクティビティがバンジージャンプです。普段は勇気が出ないけれど、旅行先でなら不思議とできるような気になる人も多いのではないでしょうか。今回は北海道でバンジージャンプをしたい方におすすめの場所を紹介します。

目次

  1. 北海道でバンジージャンプができるところは?
  2. 北海道でバンジージャンプの事故はない?
  3. 北海道でのバンジージャンプでは事故なし
  4. 日本全国ではバンジージャンプの設備不備での死亡事故は無し
  5. 北海道のおすすめバンジージャンプ
  6. HOA北海道アウトドアアドベンチャーズ
  7. 実際にジャンプした方のレビュー
  8. 価格について
  9. バンジージャンプ以外のアトラクション
  10. 周辺のレストラン
  11. 周辺のホテル
  12. ニセコブリッジスイングでスリルを楽しもう
  13. 北海道のニセコ町とは
  14. ニセコブリッジスイングの特徴
  15. バンジージャンプとは違うスリル
  16. 北海道の大自然でバンジージャンプを楽しもう!

北海道でバンジージャンプができるところは?

旅行に行くと普段できないことにも挑戦したくなることがあるでしょう。北海道では広大な自然を楽しめるため、バンジージャンプでスリルを味わいたいという人が多くいます。

今回は北海道でバンジージャンプができるところについて、おすすめの場所を紹介します。また、バンジージャンプ以外のアクティビティも紹介するのでスリルを味わいたい人は必見です!

北海道でバンジージャンプの事故はない?

バンジージャンプをするにあたり、やはり気になるのが安全性ではないでしょうか。命綱があるとは言っても、それに不備があれば高い所から落ちてしまい、亡くなる可能性もあります。

今まで北海道でバンジージャンプの事故が起こったことはないのでしょうか。

北海道でのバンジージャンプでは事故なし

 (844672)

多くの人が北海道でバンジージャンプを体験していますが、現在のところ北海道で事故が起きたことはありません。バンジージャンプにはきちんと安全指導を受けたインストラクターが付き添い、説明もしっかりされます。

命綱などに不備が無いかをしっかり確認してからバンジージャンプを行うため、事故が起こる可能性は低いと言えるでしょう。

もちろん、今まで事故が起こらなかったからと言って北海道のバンジージャンプは100%安全とは言えませんが、海外に比べると死亡事故が起こる可能性は極めて低いです。

日本全国ではバンジージャンプの設備不備での死亡事故は無し

 (844673)

日本でもバンジージャンプが体験できる場所は増えてきましたが、設備不良が原因で死亡したケースは未だにありません。海外ではバンジージャンプでの死亡事故も報告されているため、日本の方が安全性は高いと言えます。

ベルトが緩んで足から抜けて落下してしまったり、ワイヤーが切れたりしたことで事故が起こったケースはあり、重軽傷を負った人もいますが、亡くなったという記録はありません。

ただし、1995年には愛知県南知多のテーマパークで、客が飛ぶときに怖くなってしまい、咄嗟に従業員の右腕を掴み、命綱がなかった従業員が亡くなってしまったというケースはあります。

何十年とバンジージャンプが行われていて、未だに設備不良の死亡事故は起こっていないため、安全面については日本のものであればそれほど心配する必要はありません。また、バンジージャンプには傷害保険に加入することがほとんどです。

北海道のおすすめバンジージャンプ

 (844674)

では本題である、北海道でバンジージャンプをするならおすすめの場所を紹介します。今回紹介するのは「HOA北海道アウトドアアドベンチャーズ」です。

アウトドア好きな人なら1度は行くべき、様々なアクティビティが楽しめる場所となっています。早速、この場所について詳しく見ていきましょう。

HOA北海道アウトドアアドベンチャーズ

HOA北海道アウトドアアドベンチャーズは、日高山脈の麓に位置しています。HOAのベースとなっている場所は、元々学校であったところが廃校になった木造校舎を使っているため、温かみがあり懐かしい印象があります。

辺りは自然に囲まれており、自然を活かしたアクティビティが充実しています。車で行くのが便利ですが、バスでも行くことができるため、レンタカーで移動しない観光客にとってもアクセスしやすいです。

1日まるごとプランもあり、北海道の自然を全身で浴びることができると人気です。公共交通機関でアクセスする場合は、市街地まで無料で送迎してもらえます。

4人以上のグループの場合、JR占冠駅から送迎してもらえるので予約の際に問い合わせてみましょう。

実際にジャンプした方のレビュー

実際にHOAでジャンプした人のレビューには、「きちんと説明を受けてから飛んだので安心できた」「インストラクターの人が優しくて勇気を出せた」という言葉があります。

一方で、「たった20mでここまで怖いと思わなかった」「間違いなく人生で1番体が震えた」「飛んだ瞬間に後悔した」「見た目以上のスリルで興奮した」と極限のスリルを味わえたようです。

ジャンプに参加しない人でも現地で見学することは可能なので、グループ全員が参加しなくてはいけないわけではないことも嬉しいポイントです。度胸試しをしたい人はぜひ挑戦してみてください。

価格について

HOAのバンジージャンプは中学生以上から参加することができ、1人あたり6,600円で参加できます。2名以上の参加が無ければ開催されないため、違うグループの人と一緒に飛ぶこともあります。

午前コースは9時から、午後コースは12時半から開始し、所要時間は2時間~3時間ほどです。参加人数や飛ぶ回数によっても時間が異なるので、時間には余裕を持っておきましょう。

料金にはハーネスやロープなどの装備に必要なものの料金と、万が一のための傷害保険が含まれています。追加料金はかかりません。

バンジージャンプ以外のアトラクション

HOA北海道アウトドアアドベンチャーズでは、バンジージャンプ以外にもアクティビティが充実しており、様々なアトラクションに参加することができます。

人気があるのは「ラフティング」となっています。2~7人が1つのゴムボートに乗り、川を下ります。雪解けの4月や台風の後、雨の翌日は一時的に川の水流が増すため、いつも以上に激流が楽しめるでしょう。

泳ぎが苦手でも、ラフティングが初めてでも関係なく楽しむことができ、ガイドが1名同乗しているので安心です。HOAではラフティングに3つのコースがあり、日高エリア・旭川エリア・札幌エリアで楽しめます。

他にもキャニオニングやカヤック、SUPが楽しめるアクティビティが用意されています。

周辺のレストラン

HOA北海道アウトドアアドベンチャーズがある日高町には、レストランがあるためアクティビティの前後に食事をとることができます。

極太の田舎そばが味わえる「いずみ食堂」やボリューム満点のランチが味わえる「いこい食堂」を始めとして様々なジャンルのお店があるので、食べたいものが食べられないことはありません。

ただしHOAから10kmほど離れているところも多いため、車が無い場合は事前に食事を済ませておく方が無難でしょう。なお、1日プランの場合はランチが付いているので心配する必要はありません。

周辺のホテル

HOAには1日楽しめるプランもあるため、たっぷり楽しみたいのであれば周辺のホテルに宿泊するのがベストです。疲れてもすぐに休めるところがあるので、体力の限り思いっきり遊ぶことができます。

HOAになるべく近く、山奥よりも都市部が良いのであれば3軒のホテルがあります。「富川シティホテル」「ゲストハウス二風谷ヤント」「びらとり温泉ゆから」です。

シーズン中は多くの人が訪れ、中には宿泊する人もいるので予約はなるべく早めにしておくのが良いでしょう。

ニセコブリッジスイングでスリルを楽しもう

北海道では、バンジージャンプのほかにも「ニセコブリッジスイング」というアクティビティが楽しめます。更なるスリルを求める人にはぴったりで、ぜひ挑戦してもらいたいものです。

ここではニセコブリッジスイングについて詳しく紹介します。

北海道のニセコ町とは

北海道虻田郡にあるのが「ニセコ町」です。アイヌ語で峡谷にある川を意味する「ニセイコアンペッ」が名前の由来となっています。

札幌市からは車で2時間ほど、函館市からは3時間ほどです。鉄道やバスでもアクセスできるため、北海道旅行で立ち寄る人も多いです。

主な産業はサービス業と農業で、全国で初めて観光協会である「ニセコリゾート観光協会」が株式会社化し、様々なイベントを開催しています。1年を通してアウトドアやインドア体験ができると、国内外から多くの観光客が訪れています。

ニセコブリッジスイングの特徴

ニセコブリッジスイングでは、ロープを橋の欄干の中央に張り、ロープのテンションを張った状態でジャンプします。そしてそのままスイングをし、終わればボートに乗って陸に上がるというアクティビティです。

ニセコでは大人1人7,600円で、4月から10月の間体験できます。3人から体験でき、2時間~3時間で1人あたり3回ほどジャンプすることができます。

メディアにも取り上げられているため、年々挑戦者が増えています。

バンジージャンプとは違うスリル

 (844691)

橋の上から飛ぶというのは同じでも、バンジージャンプとブリッジスイングはスリルの度合いが異なります。世界の様々な場所でバンジージャンプをした人でも、ニセコブリッジスイングが1番怖かったという人は少なくありません。

バンジージャンプは飛んだら終わりなのに対し、スイングは1本のロープを信じて飛んだ後もスイングが続くのでスリルを味わう時間が長いです。また、飛び方も様々であり、前向きに飛ぶだけでなく、後ろ向きや橋の欄干の上に立って飛ぶこともできます。

ブリッジスイングはただ落ちるだけではなく、自分の意思で飛ばなくてはいけないので恐怖感が増します。

北海道の大自然でバンジージャンプを楽しもう!

 (844693)

今回は北海道で楽しめるバンジージャンプについて紹介しました。日本で行うバンジージャンプは安全性が確立されており、安心してスリルを味わえます。

北海道では自然を楽しめるアクティビティが多くありますが、その中でもバンジージャンプは全身で自然を楽しめるアクティビティであり、日ごろのストレスなども吹っ飛んでしまいます。

大自然の中で行うバンジージャンプは、思い出に残ること間違いなしです。北海道に旅行に訪れた際はぜひ少し勇気を出して挑戦してみてください。また、今回紹介したHOAはラフティングなどのアウトドアも楽しめるので要チェックです。

関連する記事