trima

北海道は3月もイベント尽くし!子連れでも楽しめるイベントを紹介!

北海道は3月もイベント尽くし!子連れでも楽しめるイベントを紹介!

2020.05.31

Trima北海道編集部

北海道といえば雪のイメ―ジがありますが、3月もまだまだ雪が積もっており、イベントが多く開催されています。今回は札幌をはじめとして、北海道内で3月に開催されているイベントや子連れにおすすめのイベントを紹介するとともに、気温や服装についても紹介します。

目次

  1. 3月の北海道はイベントが盛りだくさん!
  2. 北海道の3月のおすすめイベント
  3. 旭山動物園 ペンギンの散歩
  4. 阿寒湖氷上フェスティバル ICE・愛す・阿寒「冬華美」
  5. 雪と氷のまつり
  6. 銀河水槽 音と光とイワシのコラボレーション「春」バージョン
  7. 北海道札幌市内のおすすめイベント等
  8. 筋肉の狂宴「マッスルカフェ」
  9. 肉まつり
  10. 子連れでも楽しめる北海道のおすすめイベント
  11. 層雲峡温泉氷瀑まつり
  12. 朱鞠内湖わかさぎ釣り
  13. 碧洋の迷宮2020special
  14. 北海道は雪のイベントが盛りだくさん
  15. 雪のイベントのピークは2月
  16. 3月はイルミネーションが中心
  17. 服装には要注意!北海道の冬は極寒
  18. 2019-2020の北海道の気温
  19. おすすめの服装
  20. 風邪対策をしっかりして北海道イベントを楽しもう!

3月の北海道はイベントが盛りだくさん!

 (845813)

北海道は国内外から多くの観光客が訪れる観光都市であり、1年を通して旅行をする人が絶えません。しかし、季節によってばらつきがあり、3月は雪解けが始まるため少し中途半端な季節です。

あまり知られていませんが、3月の北海道もイベントが目白押しで観光におすすめなのです。雪深い1月・2月よりも観光がしやすく、イベントによっては3月のみ開催されていることもあります。

今回は北海道の3月はどのようなイベントが楽しめるのかを紹介します。

北海道の3月のおすすめイベント

 (845811)

それでは早速、北海道内で3月に開催されているイベントを見てみましょう。

参加したいイベントに合わせて北海道旅行を計画するのもおすすめです。

旭山動物園 ペンギンの散歩

1976年に開園し、日本最北にある動物園である「旭川動物園」では、動物の自然生態をよりリアルに感じられるよう「行動展示」を行っています。

その中のひとつに、積雪時期のみに行われる「ペンギンの散歩」があります。キングペンギンは集団でエサを獲りに行く習性があるのですが、冬場の運動不足解消をかねて散歩を行っています。

3月は午前11時から1回開催されており、散歩をするかどうかはペンギンの気分次第です。コースの中には坂道もあり、ペンギンによって進み方やスピードが違うのも注目ポイントです。

近くまで寄ってきてもペンギンを触ったりフラッシュ撮影したりすることはできませんが、癒されるイベントです。

阿寒湖氷上フェスティバル ICE・愛す・阿寒「冬華美」

冬に北海道を訪れるメリットと言えば、極寒を体感できることです。冬は寒いものですが、北海道の寒さはレベルが違います。大きな湖も完全に凍ってしまうのです。それを活かしたイベントも開催されています。

釧路市にある北海道で5番目に大きい湖である阿寒湖では、凍った湖の上で遊ぶことができます。毎年2月1日から3月2日にかけて開催しており、ミニゲームや天然氷を切る体験コーナーなど家族連れでも楽しめるアクティビティがあります。

体を温めるためにワカサギの天ぷらが食べられたりホットドリンクを提供したりする屋台もあります。また、イベント開催中は毎日午後8時10分から氷上に花火が打ち上げられるため、これも見どころとなっています。

雪と氷のまつり

北海道で開催される雪の祭りと言えば「さっぽろ雪まつり」が思い浮かぶ人も多いでしょう。しかし、北海道では各地で雪や氷を楽しめることから、様々な雪と氷のまつりを楽しむことができます。

まつりの数は北海道の中だけでも30を超えており、多くが1月~2月開催ですが中には3月に開催されているものもあります。

中でも人気なのが「さっぽろホワイトイルミネーション」です。札幌市内各地で行われますが、南一条通り会場では3月15日までイルミネーションを楽しめます。

銀河水槽 音と光とイワシのコラボレーション「春」バージョン

北海道登別市にある登別マリンパークニクスでは、「銀河水槽」が見どころとなっています。水槽の中を泳ぐ約1万匹のイワシたちが同じ方向に向かって泳ぐ様子が、キラキラして銀河のようであることから名付けられました。

パフォーマンスタイムでは、担当スタッフが餌をあげながら話をしてくれます。餌を食べるために大きく口をあけながら泳ぐイワシは必見です。

この銀河水槽では、季節によってライトの色と音楽で四季を表現します。3月は桜や芽吹きをイメージした春バージョンが楽しめます。季節によって全く見た目が異なるので、何度も足を運びたくなります。

北海道札幌市内のおすすめイベント等

 (845802)

北海道は広く、滞在期間が短ければ都市を絞る必要があります。ここでは北海道の中でも観光に人気の札幌市に焦点を当ててみました。

札幌市内で楽しめるイベントを見てみましょう。

筋肉の狂宴「マッスルカフェ」

View this post on Instagram

#マッスルカフェ札幌 行ってきました💪

A post shared by (@mogmog618) on

「筋肉紳士」をコンセプトに、イケメンのマッチョたちが活動している集団が「ALLOUT」です。彼らが作り出す「マッスルカフェ」は札幌・東京・福岡・名古屋・大阪・松山・鹿児島などで開催されており、女性限定で参加できます。

男性の筋肉は触り放題・熱狂し放題の変わったコンセプトカフェであり、毎年前売り券がすぐに売り切れてしまうほどの盛り上がりです。2020年は3月14日に札幌公演が行われる予定でしたが、5月30日開催に変更となっています。

前売りは4,000円、達人(VIP)は8,000円となっています。1人でも十分楽しめ、マッチョのイケメンと触れ合えるイベントです。

肉まつり

 (845799)

ジャスマックプラザ6階のパーティープラザ ザナドゥで3月27日・28日開催予定であったイベントが「肉まつり」です。今年は残念ながら開催延期となってしまい、延期時期については明らかになっていません。

肉まつりでは会場内の料理が2時間食べ放題となっています。ホテルのシェフが目の前で料理をしてくれるオープンキッチンをはじめ、牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉といった肉をお腹いっぱい味わえます。

前売り券は6,000円、当日券は7,000円です。お肉だけでなく、冷製料理やサラダバー、デザートといった他のものも楽しめるので贅沢な2時間を過ごせるでしょう。

子連れでも楽しめる北海道のおすすめイベント

 (845785)

イルミネーションが多いため、カップル向けかと思う人もいるかもしれません。しかし、3月の北海道では子連れにもおすすめのイベントが多く開催されています。

雪のベストシーズンに比べて積雪量も少なく、歩きやすいので子連れにはおすすめの時期です。では、どのようなイベントがあるのか見ていきましょう。

層雲峡温泉氷瀑まつり

石狩川の河川敷を利用して大規模な会場が作られる「層雲峡温泉氷瀑まつり」は、北海道の冬の風物詩ともなっています。場所は上川町層雲峡温泉で、2020年は1月23日 から3月15日まで開催していました。

30基もの氷像が立ち並ぶ景色は圧巻であり、夜になるとライトアップされてさらに幻想的になります。会場内には13mの展望台や滑り台があり、子供も寒さを忘れて心踊らされるでしょう。

また、この特設会場では来場者にお祝いしてもらえる「氷瀑ウェディング」も人気となっています。一生に一度の結婚式を忘れられないものにしたい人は要チェックです。

朱鞠内湖わかさぎ釣り

極寒の湖として知られる朱鞠内湖は、ワカサギ釣りの名所としても有名です。わかさぎのシーズンは1月~4月で、朱鞠内湖では1月10日から4月10日までわかさぎ釣りを楽しめます。

大人1,100円、中学生以下は550円で楽しめ、600円で釣り道具をレンタルできるほか、テントも借りられるので手ぶらでも快適に楽しめます。シーズン中は多くのわかさぎが氷の下を泳いでいるので、初心者でも簡単に釣り上げられます。

車でのアクセスは札幌から3時間半、旭川から2時間と少し遠いですが、綺麗な景色の中で行うわかさぎ釣りは年齢問わず盛り上がります。

碧洋の迷宮2020special

サッポロファクトリー2階にある特設会場で行われているのが「碧洋の迷宮2020special」です。これは2020年3月20日から始まったイベントで、5月10日まで開催予定です。

「砂塵の迷宮」の姉妹作である「碧洋の迷宮」が2年ぶりに復活しました。頭と体を使って7つの空間を脱出できればクリアとなります。今まで以上に日本語の暗号が多く、大人も本気で考えなければいけません。

小さな子供がいても一緒に楽しめるため、特に子連れにおすすめのイベントです。

北海道は雪のイベントが盛りだくさん

 (845784)

北海道の魅力は何といっても雪です。雪に関するイベントが多く開催されており、普段は雪が降らないというところからやって来る観光客は全てが新鮮で、楽しめると好評です。

では、どのようなイベントが何月に開催されることが多いのでしょうか。

雪のイベントのピークは2月

 (845779)

北海道で雪に関するイベントが開催されるのは1月中が多く、2月にピークを迎えます。雪のイベントを何件もハシゴして楽しみたい人は2月がぴったりかもしれません。

北海道で1番メジャーである「さっぽろ雪まつり」の開催も2月上旬から中旬にかけて行われます。雪のイベントでは雪を使ったゲームなどを楽しめるだけでなく、雪や氷を使った芸術作品を見て楽しめます。

雪深い北海道ならではのイベントなので、冬の時期に旅行する人はぜひ訪れてみてください。

3月はイルミネーションが中心

 (845778)

2月が雪のイベントの開催時期とすれば、3月はイルミネーションのイベントが多く開催される時期です。雪や氷に関するイベントが落ち着くため、雪の中で見られるイルミネーションはまた違った種類の幻想的世界が楽しめます。

イルミネーションといえばクリスマスシーズンのイメージがあるかもしれませんが、北海道では3月もイルミネーションのシーズンであり、各地でイベントやイルミネーションが見られます。

何色にも輝くイルミネーションは綺麗であり、昼の銀世界とは全く違う景色を見せてくれるでしょう。特に氷像をイルミネーションでライトアップするイベントは見ものです。

日没時間が早いので、子連れでも晩御飯の時間にはイルミネーションを見られるため、夜遅くならないことがおすすめポイントです。

服装には要注意!北海道の冬は極寒

 (845776)

北海度はイメージ以上に寒いです。特に雪国出身でなければ、予想以上の寒さに驚いてしまうでしょう。

服装を知らずに準備してしまえば寒すぎて体調を崩してしまったり、現地で防寒着を買うはめになったりします。北海道旅行を楽しめるかは服装にかかっていると言っても過言ではありません。

では、北海道はどれくらいの気温で、どのような服装が適しているのでしょうか。

2019-2020の北海道の気温

 (845774)

北海道は広大なため、北海道南部と北部では気温が大きく異なります。また、海側と内地でも温度差が出てきます。そのため、旅行先の気温を調べる際はまず都市部で検索することを忘れないようにしましょう。

12月が本格的な冬の到来であり、中旬になると常に雪が積もっていることが大半です。2019年12月は札幌市で最高気温が氷点下になる日も多く、最低気温は-5度程度です。

そして1月~2月が1年でも最も寒い時期と言われています。平均気温を見てみると、札幌市で-3.6度、旭川で-7.5度、函館で-2.6度、釧路で-5.4度でした。日照時間も短いので体感温度はもっと寒いでしょう。

4月でも雪が残っていることが珍しくない程の寒さなので、住んでいるところが温かくなってきても気を抜かずに防寒対策をしっかりする必要があります。

おすすめの服装

 (845773)

北海道旅行で体調を崩さずに楽しむポイントは服装にあります。北海道を訪れる時期によっても多少異なりますが、冬の時期はとにかく防寒対策に力をいれましょう。せっかくの旅行でお洒落を楽しみたい気持ちは分かりますが、やせ我慢は体に良くありません。

風を通さない厚手のダウンジャケットを着用し、フード付きが望ましいです。フードが無い場合はニット帽で頭を寒さから守りましょう。耳が出ていると寒いので耳あても活用しましょう。マフラーや厚手の手袋も必須です。

ズボンもヒートテックなどで層を作り、寒がりな人はオーバーズボンがあると安心です。靴はスノーブーツがよく、取り外し可能な滑り止めがあると雪道での転倒防止となります。

防寒の基本は肌を露出させないことと層を作ることです。外は寒くても部屋の中は暖かいことがほとんどなので、簡単に脱ぎ着できるとスムーズです。

風邪対策をしっかりして北海道イベントを楽しもう!

 (845771)

今回は3月の北海道で開催されているイベントについて詳しく紹介しました。雪のイベントのピークは2月ですが、3月でもイルミネーションを中心に十分楽しむことができます。

3月になっても北海道の寒さはまだまだ厳しいので、風邪をひかないように防寒対策をしっかりして楽しみましょう。家族連れにもおすすめのイベントがたくさん開催されており、雪と戯れた思い出を作ることができます。

関連する記事