trima

北海道の観光といえば牧場!おすすめのソフトクリームも紹介!

北海道の観光といえば牧場!おすすめのソフトクリームも紹介!

2020.06.02

Trima北海道編集部

北海道には、花畑牧場をはじめとする観光客向けの牧場が多くあります。その中には牧場ならではのフレッシュなミルクを使った美味しいソフトクリームが味わえるところが多く、とても人気です。今回は北海道にあるおすすめの牧場を詳しく紹介します。

目次

  1. 北海道でおすすめの観光牧場を紹介!
  2. 多彩なアクティビティを楽しめる!ノーザンホースパーク
  3. おすすめポイント
  4. 詳細情報
  5. 有名な種牡馬を見れる!社台スタリオンステーション
  6. 動物と触れ合える!えこりん村
  7. タレントの田中義剛さんが牧場長!花畑牧場
  8. たくさん動物がいる!ハイジ牧場
  9. おすすめの牧場系ソフトクリーム
  10. 山中牧場の牛乳ソフトクリーム
  11. ニセコ高橋牧場ミルク工房のソフトクリーム
  12. レークヒル・ファームのソフトクリーム
  13. 観光牧場で北海道ならではの自然やグルメを楽しもう!

北海道でおすすめの観光牧場を紹介!

 (845984)

一口に「牧場」と言っても、様々な種類があります。特別な系統を守るために種の供給を行う牧場もあれば、発育期の家畜を育てる牧場もあります。

その中で北海道で最近注目されているのは、観光客からの収入が経営基盤となっている観光牧場です。本来の牧場とは少し違った形ですが、北海道ならではの広大な敷地を活かしてより自然に近い状態の動物に触れられると人気です。

今回は、北海道にあるおすすめの観光牧場を紹介します。また、牧場でとれたミルクを使った美味しいソフトクリームも紹介するので、スイーツ好きは必見です!

多彩なアクティビティを楽しめる!ノーザンホースパーク

まずはじめに紹介するのは、北海道苫小牧市にある「ノーザンホースパーク」です。ここは1989年に開園した国内最大の馬のテーマパークです。

では、ノーザンホースパークのおすすめポイントや詳細情報を紹介します。

おすすめポイント

ノーザンホースパークの魅力は何といっても、「馬」にあります。様々なアクティビティを通して、馬やポニーの色々な表情を見ることができるでしょう。

中でも人気が高いものは、「ハッピーポニーショー」「観光馬車」「観光ひき馬」です。ポニーショーは1日に2~3回公演があり、公開トレーニングも見ることができます。歩くだけ、走るだけが馬の魅力ではありません。トレーナーとの息の合った演技に驚くことでしょう。

観光馬車や観光ひき馬では、馬の上からの景色を見ながらぐるっと園内を周ることができます。冬の雪が積もっている時は「馬そり」が行われています。

詳細情報

ノーザンホースパークがあるのは新千歳空港から車で15分のところであり、観光客にとってもアクセスしやすいと人気です。土日祝日に観光客が集まるため、期間限定のイベントも多く開催され、混雑する傾向にあります。

入場料は大人(中学生以上)で800円、3歳~小学生は400円となっています。また、1日中遊びたいという人には「フリーパス」がおすすめです。冬季は入場料が無料となっています。

大人2,700円、小学生以下2,200円でテニス(30分)、ストリートバスケットボール(30分)、パークゴルフ、バルーン アーチェリー(10本)が無制限で楽しめます。1回限りで観光ひき馬、観光馬車、1人乗り自転車、レーザーシューティングも楽しめます。

有名な種牡馬を見れる!社台スタリオンステーション

牧場の中には、繁殖のための馬を育てているところもあります。そしてその施設を一部公開しているのが、新千歳空港から車で20分ほどのところにある北海道勇払郡安平町にある「社台スタリオンステーション」です。

ここでは、社台スタリオンステーションがどのような牧場であるかを紹介します。

おすすめポイント

社台スタリオンステーションでは、馬と触れ合えるようなアクティビティはありません。繋養種牡馬を育てているため、24時間体制で警備にあたっており、なるべく馬にストレスがかからないようにしています。

普段は公開されていませんが、施設の一部で一般展示が行われており、繋養種牡馬を間近で見ることができます。エリアは限られていますが、テレビなどでも目にする有名な馬の繋養種牡馬を見られるのは貴重な体験です。

また、ディープインパクトやキングカメハメハ、トウカイテイオーといった有名な馬のお墓参りをすることもできます。ただし繁殖期は一般公開されることは無いため、公式サイトで見学できるか確認していきましょう。

詳細情報

繁殖シーズンは年によって前後することがあるため、馬の状態で一般展示の時期は異なります。2020年は2月15日から見学を中止し、4月中の見学再開は予定されていません。

展示と放牧の2種類がありますが、馬の機嫌や体調に左右されるため、どの馬を見られるかはその日次第です。大きな音を出さないようにし、フラッシュ撮影も禁止です。

見学エリア以外は立ち入り禁止となっているため、係員の指示に従ってそっと見学しましょう。

動物と触れ合える!えこりん村

びっくりドンキーを経営している株式会社アレフの子会社によって2006年にオープンしたのが「えこりん村」です。広大な敷地の中には牛や羊が放牧されており、動物と触れ合えると人気です。

では、えこりん村のおすすめポイントや詳細情報を見ていきましょう。

おすすめポイント

View this post on Instagram

#えこりん村

A post shared by りらくん (@yy20200319) on

有料エリアである「銀河庭園」と「みどりの牧場」がえこりん村のおすすめポイントです。銀河庭園では30を超えるイングリッシュガーデンが広がり、写真映えすること間違いなしです。シーズンによって咲く花が違うので景色も異なります。

みどりの牧場では、アルパカ、羊、リャマ、ヤギなどが放牧展示されています。1日3回行われる「みどりの牧場ショー」や「ひつじレース」はぜひ見ておきたいもののひとつです。

えこりん村では地元の人向けのアクティビティも用意されています。それが「えこりん村学校」です。小学校3年生~6年生が対象のプログラムで「森・羊・野菜・米」の4つのコースがあり、半年間それぞれがどのように作られるかを学びます。

詳細情報

有料エリアへの入園料は大人1,200円、中学生以下600円となっています。ただし大人1名につき中学生以下5名まで無料となります。また、障がい者や高齢者は割引があります。

有料エリアは11月~4月下旬まで冬季休園となっているため、動物たちと触れ合えるのは4月下旬~10月末です。1年を通して営業しているのはレストランらくだ軒とウェルカムセンターなので、訪れる時期に注意しましょう。

えこりん村があるのは北海道恵庭市であり、札幌駅や新千歳空港駅から快速エアポートで恵庭駅を目指しましょう、恵庭駅からは無料送迎バスがあります。車でアクセスする場合は恵庭ICで一般道に下りて600mほどで着きます。

タレントの田中義剛さんが牧場長!花畑牧場

View this post on Instagram

2019年4月19日(金)より今季営業再開 🌸🌸🌸 【営業再開のお知らせ】 温かい春が間もなく訪れる時期を迎えました 🍀 「花畑牧場ショップ」「花畑牧場 ラクレットカフェ」「花畑牧場ファームランド」は、2019年4月19日(金)より、冬季休業を終え今季営業再開いたします。 皆様のお越しを従業員一同、お待ちしております😃 ・ 📍花畑牧場ショップ 生キャラメルや手造りチーズ、スイーツなどのお土産品を各種ご用意しております。 ・ 📍花畑牧場ラクレットカフェ お客様の目の前で熱々とろ~り「ラクレット」をかけるメニューが大人気♪ 生モッツァレラ~ブラータ~を使用したメニューもございます。 ・ 📍花畑牧場ファームランド 動物たちと直にふれあう事ができ、子供たちはもちろん、大人でも存分に北海道の大自然をお楽しみ頂けます。晴れたお休みの日には、ファームショーも開催しております。 ・ #花畑牧場 #北海道 #観光 #GW #レジャー #チーズ #ラクレット #食事 #生キャラメル #お土産

A post shared by 花畑牧場(公式) (@hanabatakebokujou) on

酪農家でタレントの田中義剛さんが代表取締役を務める「花畑牧場」は、1992年に開園しました。2007年に生キャラメルが一大ブームとなったことで花畑牧場の名が全国的に有名となりました。

現在でも花畑牧場ブランドは強く、様々な企業とコラボしてヒットを生み出しています。生キャラメルが有名になりすぎたあまり、本来のファームは知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは花畑牧場について詳しく紹介します。

おすすめポイント

View this post on Instagram

おはようございます!  ▼7時半頃 プロテインモリンガ、ゆで卵  今朝はマイプロのゴールデンシロップ😍 美味しすぎて至福🥰  今日も朝のうちにゆで卵を食べました😋 朝食べちゃうのと少し時間を置いてからとどっちがいいのかな🤔  今週は朝一緒に食べてみます😋 プロテインもゆで卵も美味しかったです☺️  昨日もイマイチだったので、今日こそ下っ腹をスッキリさせたい😩 まだ若干ポッコリしているのも気になります💦  毎回週末増えた分をちゃんと戻せるのか不安になってしまいます😱 今回も不安でそわそわ😅  毎週体重を測っているわけではないので体感でしかないですが、なんとなくはわかりますもんね😫  土曜日はいつも運動量は半分くらいになってしまいますが、今週は予定もあって更にできない予定です😱💔  なので今日を含め残りあと3日はしっかりめにやっておきたいです🏋️‍♀️ カロリーたっぷり消費しなきゃ!早く痩せて〜🙏  天気よくてぽかぽかしてそうだし、公園にも行けそうです😉🎶 今日も一日ニコニコ元気に動いて楽しく過ごしたいです😊 いい一日になりますように🌈  写メの生キャラメルはこの間頂きました😄 生キャラメル久しぶりに食べました😳  初めて食べた時はこのとろける食感にびっくりしたなあ🤭 口に入れた瞬間すーっと溶けてなくなってほんとびっくりします😳  甘くてミルキーで美味しかったです🤤❤️ 小さいのであっという間になくなりました🥺 子供にも初めて食べさせてみようとしましたが、初めてだったので警戒して食べませんでした🤣 #ダイエット#ボディメイク#ダイエッターさんと繋がりたい#筋トレ#宅トレ#トレーニング#ワークアウト#公開ダイエット#ダイエット記録#食事記録#ダイエット仲間募集#甘党#デトックス#腸活#マイプロテイン#ホエイプロテイン#ゴールデンシロップ#モリンガ#ゆで卵#花畑牧場生キャラメル#花畑牧場#生キャラメル#有酸素運動#踏み台昇降#155cm#34kgに戻りたい

A post shared by あまとうさん (@amatou_mama) on

花畑牧場の生キャラメルは美味しいのですが、それだけで魅力は語れません。花畑牧場の中には動物たちと無料で触れ合える「ファームランド」があります。晴れた休日はファームショーも開催されており、動物たちの可愛い姿が見られます。

また、園内にある「チーズ工房」では、2011年度「ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」で全国1位に輝いたラクレットチーズの製造過程が見学できます。熟成庫の中には5,000個ものチーズがあり、3か月かけて熟成されている様子が見られます。

そしてそのラクレットチーズを使った「花畑牧場ラクレットカフェ」も人気です。ラクレットチーズカレー(1,280円)や自家製ソフトクリームはマストで食べたいメニューです。

詳細情報

花畑牧場があるのは北海道河西郡中札内村です。JR帯広駅から車で約50分、とかち帯広空港からは約20分のところにあります。入園は無料で、園内にはチーズ工房や動物たちと触れ合えるコーナー、カフェがあります。

一時期はブームすぎてどこに行っても変えなかった生キャラメルも、今はブームが落ち着いているのですんなりと買うことができます。変わらず美味しい生キャラメルが作られているため、お土産にも喜ばれることでしょう。

この他にも北海道内に店舗を展開しており、「新千歳空港店」と「小樽店」があります。

たくさん動物がいる!ハイジ牧場

View this post on Instagram

. . この写真でハイジ牧場フォトコンテスト 優秀作品賞をいただきました❗️ お気に入りの写真だったので嬉しいな〜🐑🐑 飼育員の方々から好評だったとのこと えへへ(*pωq*)❤️ . ハイジ牧場はわたしが小学生のころ 捨て猫で保護された子猫を 譲り受けた思い入れのある牧場です 本当に本当にいい子だったんですよ🐈♬ . 必ず来年も遊びに行きます❗️✨✨ . ★現在ハイジ牧場は冬季休業中です★ . . . 📍北海道夕張郡長沼町 🗓2019年11月2日撮影 . . . #ハイジ牧場#長沼町#北海道#japan_daytime_view#LINES_and_POINTS#whim_life#whim_fluffy#jp_gallery#bestphoto_japan#bestjapanpics#photo_jpn#igers_jp#icu_japan#loves_nippon#Lovers_Nippon#art_of_japan_#japan_of_insta#team_jp_#IG_PHOS#as_archive#広がり同盟#どんつき同盟#eye_for_earth#unsquares#nature_brillance#light_nikon#daily_photo_jpn#japan_bestpic_ #NikonD500

A post shared by 🄺🄰🄾🅁🅄 (@_sealiz) on

牛しかいない、馬しかいない牧場はアクティビティが充実していても長時間滞在するには向いていません。特に好奇心旺盛な子供は、多くの種類の動物と触れ合える牧場の方が楽しめる傾向にあります。

そこでおすすめしたい観光牧場が「ハイジ牧場」です。ここは小動物が多くいるのでふれあい体験が多く、子供連れはもちろん、カップルや友人とも楽しめる牧場です。

それではハイジ牧場のおすすめポイントや詳細情報を見ていきましょう。

おすすめポイント

ハイジ牧場の魅力は、動物との距離が近く、アクティビティが多くあることです。乗馬体験やふれあい体験、餌やり体験といった定番の物から、仔ヤギへの哺乳体験や牛の乳しぼり体験もあります。ふれあい体験は無料です。

実施時間がバラバラなのでタイムスケジュールがうまくいくと全ての体験にまんべんなく参加できます。また、ふれあい体験以外にも手作り体験ができます。

バターや生キャラメル、アイスクリームをミルクの状態から手作りし、自分で作ったものは食べることができるので子供の食育にもおすすめです。

詳細情報

View this post on Instagram

. . この写真でハイジ牧場フォトコンテスト 優秀作品賞をいただきました❗️ お気に入りの写真だったので嬉しいな〜🐑🐑 飼育員の方々から好評だったとのこと えへへ(*pωq*)❤️ . ハイジ牧場はわたしが小学生のころ 捨て猫で保護された子猫を 譲り受けた思い入れのある牧場です 本当に本当にいい子だったんですよ🐈♬ . 必ず来年も遊びに行きます❗️✨✨ . ★現在ハイジ牧場は冬季休業中です★ . . . 📍北海道夕張郡長沼町 🗓2019年11月2日撮影 . . . #ハイジ牧場#長沼町#北海道#japan_daytime_view#LINES_and_POINTS#whim_life#whim_fluffy#jp_gallery#bestphoto_japan#bestjapanpics#photo_jpn#igers_jp#icu_japan#loves_nippon#Lovers_Nippon#art_of_japan_#japan_of_insta#team_jp_#IG_PHOS#as_archive#広がり同盟#どんつき同盟#eye_for_earth#unsquares#nature_brillance#light_nikon#daily_photo_jpn#japan_bestpic_ #NikonD500

A post shared by 🄺🄰🄾🅁🅄 (@_sealiz) on

ハイジ牧場は4月11日~11月8日まで、午前10時から午後4時まで営業しています。入園料は、中学生以上で1,000円、3歳~小学生は500円です。

夕張郡に位置しており、新千歳空港から車で40分、札幌や小樽からは1時間ほどの距離にあります。牛がついたレンガの塔が目印であり、緩やかな坂を上った先にあります。

ハイジ牧場で出会える動物は、ウシ・ヒツジ・ヤギ・ポニー・ミニブタ・ニワトリ・小動物などです。時期によっては出産シーンに立ち会えることもあるようです。

おすすめの牧場系ソフトクリーム

 (845960)

観光牧場で動物たちとの触れ合いも思い出に残りますが、牧場で食べるソフトクリームもおすすめです。

ここでは牧場系のソフトクリームの中でも特におすすめのものを紹介します。この他にも牧場でとれたミルクを使ったソフトクリームを提供している牧場は多いので、ぜひチェックしてみてください。

山中牧場の牛乳ソフトクリーム

最初に紹介するのは、山中牧場の牛乳ソフトクリームです。山中牧場があるのは赤井川村の山あいであり、「企業より家業としての牛乳づくり」をコンセプトに1頭ずつ心を込めて育てています。

自然の中でのびのびと育った乳牛のミルクは濃厚で美味しく、それを使ったソフトクリームは絶品です。味はバニラ・抹茶・抹茶ミックス・ココアなどがあり、1番人気は牛乳のうまみを堪能できるバニラです。ソフトクリームに使うものはどれも天然素材を100%使用しています。

フルーツソフトには牧場の奥様手作りのブルーベリーソースがかけられており、甘酸っぱくて地元の人にも人気です。

ニセコ高橋牧場ミルク工房のソフトクリーム

ニセコ町にあるニセコ高橋牧場にはミルクを扱った商品を作っているミルク工房があります。ミルク工房では素材の旨味を活かすことを心がけており、添加物をなるべく使用せずに子供からお年寄りまで楽しめる工夫がされています。

高橋牧場で朝とれたての新鮮な牛乳を使用しているので、生乳本来の味が楽しめます。中でも人気なのがバニラ味のソフトクリーム(320円)です。新鮮な生乳ならではのさっぱりした味なので重たすぎず、お腹がいっぱいでもつい食べられてしまうほどです。

ミルク工房では他のスイーツも楽しめ、アイスクリーム(380円)やのむヨーグルト(170円~)、こだわりシュークリーム(190円)、プリン(190円)などおすすめしたい商品ばかりです。

レークヒル・ファームのソフトクリーム

北海道の洞爺湖近くの高台にレークヒル・ファームはあります。牛たちは放牧地でのびのびと過ごしており、ストレスの少ない環境が特徴です。乳牛を大切なパートナーとして見ているので、牛たちが食べる草が育つ土づくりからこだわっています。

牧場の一部にはショップがあり、20種類以上の手作りのナチュラルなジェラートやソフトクリームが人気です。ソフトクリームはミルク味のみですが、チョコレートやストロベリー、ブルーベリーのソースを好きにかけて食べられます。

搾りたてのミルクをソフトクリームにしているため風味豊かに感じられます。ぜひ一口目は何もつけずにいただきましょう。

観光牧場で北海道ならではの自然やグルメを楽しもう!

 (845959)

今回は北海道内にある観光牧場の中でもおすすめのものを紹介しました。広大な土地を活かして自然に近い状態で育てられている動物たちは元気いっぱいで、動物園にいる動物たちとは違った表情を見ることができるでしょう。

また、牧場でとれたミルクを使った牧場ならではのグルメも美味しいものばかりです。北海道を訪れる際は、ぜひこのような牧場もプランに入れてみるとより楽しめるでしょう。

関連する記事