trima

淡路島・いざなぎ神社の見どころやご利益を徹底紹介!御朱印情報についても!

淡路島・いざなぎ神社の見どころやご利益を徹底紹介!御朱印情報についても!

2020.09.30

Trima日本編集部

いざなぎ神社は淡路島にある日本最古の神社で古事記や日本書紀にも記述がある格式の高い神社です。様々なご利益があり、パワースポットとしても有名な場所です。全国から観光客が多く訪れ、地元の人々にも親しまれています。そんな見どころ満載のいざなぎ神社をご紹介します。

目次

  1. 淡路島のいざなぎ神社(伊弉諾神宮)の見どころやご利益
  2. いざなぎ神社はどんな場所?
  3. 国生み神話
  4. いざなぎ神社の起源
  5. いざなぎ神社の祭神
  6. 格式と品位
  7. いざなぎ神社のご利益
  8. いざなぎ神社の見どころ
  9. 本殿・拝殿
  10. さざれ石
  11. 太陽の運行図
  12. 手水舎
  13. 夫婦大楠
  14. 放生池
  15. いざなぎ神社の御朱印
  16. いざなぎ神社の口コミ
  17. ・口コミのご紹介 その1
  18. ・口コミのご紹介 その2
  19. 見どころ満載の日本最古の神社

淡路島のいざなぎ神社(伊弉諾神宮)の見どころやご利益

いざなぎ神社は兵庫県淡路市多賀にある神社で国生み神話に登場する伊弉諾尊、伊弉冉尊をお祀りしている日本最古の神社です。境内は伊弉諾尊の神宅の旧跡地と伝えられており、2004年には鎌倉期の物と思われる伊弉冉尊のご神像9体が発見されました。

所在地である旧一宮町の地名ははいざなみ神社に由来していて「一宮(いっく)さん」「伊弉諾さん」と呼ばれ地元の人々に親しまれています。そんないざなぎ神社の見どころやご利益をご紹介します。

いざなぎ神社はどんな場所?

いざなぎ神社は国生み神話と深い関係があります。いざなぎ神社は国生みの大業を終えた伊弉諾大神が余生を過ごした場所とされていてその後、御住居跡に御神陵が造られ整備されて神社になりました。

所在地である淡路島は国生み神話で日本列島に一番最初に誕生した島ということになっています。

国生み神話

View this post on Instagram

. #淡路島 #伊弉諾神宮

A post shared by まさ (@fuka_masa) on

いざなぎ神社は古事記や日本書紀にも記述が残っている日本最古の神社と言われています。島全体がパワースポットである淡路島にあって、国生み伝説の舞台にもなっている神社です。

日本という国を造ったとされている伊弉諾尊と伊弉冉尊が祀られていることから全国から歴史マニアやパワースポット好きな観光客がたくさん集まります。歴史があり由緒ある神社で様々なご利益もあることから地元の人々にもとても愛されている神社と言えます。

いざなぎ神社の起源

View this post on Instagram

新年に備えて🎍本当は大晦日にした方が良かったのだが💧元旦に家の土地の四隅と玄関にお酒を撒いてお清め✨米、米こうじで作られているお酒で。 日本酒には稲霊(いなだま)という霊力が宿っているらしく、お酒を撒くことで、稲霊を大好きな年神さまが家に長居して御利益💕をくださるそうよ。 このお酒は以前、淡路の伊弉諾神宮にお参りした時に気になって買っておいた御神酒。 私はお酒は少ししか飲めないので💧たまに、自分を浄化させたいな😖という時に、少しだけいただいていたもの。 土地のお清めに使って余ったものは、お風呂に入れて🛀✨入った。肌にも良いのよね💕心も体もリセットすると、新たに良いものが入ってくる。 いいお酒。飲めない人は、こうして活用してね。お酒は飲むためだけのものではない😏✨のですよ。 お酒の神様🍶💕年神様🌅💕ありがとうございます。 Thank you & LOVE, クリスタル・アキ #御神酒 #伊弉諾神宮 #izanagishintoshrine #izanagi #淡路島 #お酒 #稲霊 #年神さま #お清め #美肌 #トシアンドリティ #toshiandlithi #keiko的占星術な日々 #占星術 #astrology #lunalogy #ラッキー #lucky #luckygirl #クリスタルアキ #crystalaki #何でもやってみる人ほど運がいい

A post shared by 高野 晶 ☆ クリスタル・アキ (@crystalaki888) on

古事記や日本書紀に国生みを終えた伊弉諾尊が最初に生んだ淡路島の地の幽宮に鎮まったと記載されており、いざなぎ神社の起源とされています。伊弉諾尊の幽宮とされている場所は古事記の真福寺本に「淡海之多賀也」と記載されていることから滋賀県にある多賀大社の名前が挙がっています。

ただし多賀大社の祭神は南北朝時代までは伊弉諾尊ではなかったことが判明しているので多賀大社と古事記の記述を結びつけることはできません。同じ古事記でも真福寺本以外の写本では「淡路之多賀也」と記載されているため、淡海ではなく淡路の説が有力です。

いざなぎ神社の祭神

View this post on Instagram

明けましておめでとうございます❗ 新年は明日の1月5日(日)より通常通り営業いたします。 今年は淡路島にある伊弉諾神宮に初めて行ってきました。 国生みの島の淡路島にある日本最古の神社である伊弉諾神宮。 今年は大殺界で更に厄年の年ですが、凄いパワーを頂けた気がします😄 患者様の為に日々勉強、日々精進して参りますので、今年も宜しくお願い致します。 肩こり、腰痛、姿勢や骨盤の歪みなど 慢性的な症状でお悩みの方はご相談ください‼ 背骨・骨盤矯正 あさざわ整体院 〒558-0054 大阪市住吉区帝塚山東2-5-20 06-7708-1760 https://asazawa-seitai.com #あさざわ整体院 #肩こり #腰痛 #頭痛 #姿勢矯正 #骨盤矯正 #産後ケア #歪み #矯正 #産後骨盤矯正 #無痛整体 #ストレッチ #体の歪み #マッサージ #リラクゼーション #プライベートサロン #予約制 #土日祝も営業 #整体 #大阪 #伊弉諾神宮 #今年もよろしくお願いします

A post shared by あさざわ整体院 (@aszawa.seitaiin) on

いざなぎ神社の祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二柱です。1870年に江戸時代から明治時代に移行した廃藩置県において登場した名東県からいざなぎ神社の祭神は伊弉諾尊のみとされていました。

1930年に伊弉諾尊と伊弉冉尊が国生み神話の伝承のまま祀られていました。そこで政府に祭神を一柱から二柱に祀るように要望しました。そして1932年に内務大臣より許可が出て正式に二柱を祀ることにしました。

格式と品位

View this post on Instagram

✨本年もよろしくお願いします✨ 我が家は、旦那さん年末年始仕事だったので 三が日も普段通りの平日として過ごしてました。 今日旦那さんが休みだったので 初詣へ 淡路島の伊弉諾神社 ※境内とか写真撮るのはよくないので、参拝後に出口を写真におさめました 珍しく、旦那もおみくじ引いて てか、多分旦那がおみくじ引いたの初かも。 今年も頑張っていきましょ!笑笑 参拝後は直ぐに帰宅 御札と干支の置物をおまつりして お昼ご飯食べたら 急激に眠い そのまま2時間お昼寝…… 私、特定の寺社仏閣に行ったあと すごい睡魔に襲われること多いので そして起きたらスッキリ ふつーの昼寝と違い、後悔感ゼロ笑笑 今まで不思議だったのですが 今日調べたら、必然だったようで笑笑 さて、ようやく私の初詣も終わり 明日で9連休終了…… また、満員電車の日々です。 それでも、働ける毎日に感謝して!! 今年もマイペースで笑笑 #初詣 #2020 #淡路島 #伊弉諾神宮 #おみくじは吉 #上昇のみ #内容はよかった #あしたで終わる #9連休 #あっという間

A post shared by ちー (@schnauzer0811) on

いざなぎ神社は日本最古の神社で、格式は全国24社ある神宮の中の1社でとても高い格式を誇っています。1954年に昭和天皇の宣下に神宮に昇格になりました。いざなぎ神社の神位は一品という極位であり、社格は官弊大社です。

祭神は国生み神話に登場する伊弉諾尊と伊弉冉尊の2柱となっています。淡路島で1番格式と社格が高い神社である淡路国一宮として古くから人々に崇拝されてきた由緒正しい神社です。パワースポットとしても有名な場所で観光客が多く訪れています。

いざなぎ神社のご利益

男神である伊弉諾尊と女神である伊弉冉尊をお祀りしているいざなぎ神社のご利益はたくさんあります。国生み神話で二神が夫婦の契りを交わし、日本が誕生したとのことから縁結び、恋愛成就、子授け、安産祈願、夫婦円満など恋愛や夫婦、子供にまつわるご利益から、商売繁盛、出世、安泰、拡大など仕事、商売にまつわるご利益まであります。

また傷ついた心を癒やしてくれるパワースポットでもあるので、何か新しいことを始めるのにパワーをいただける場所として知られています。

いざなぎ神社の見どころ

淡路島のパワースポットであるいざなぎ神社の見どころをご紹介します。伊弉諾尊が晩年を過ごしたと言われている場所として、清められた空気があり落ち着くことができるのが特徴だと言われています。

ぜひ参拝は気分が晴れ渡るのをより強く感じることができる昼間に行うのがおすすめです。そして春には桃の花をかたどったお守りがとても人気があります。最初に目を引く建造物では駐車場の近くにある一の鳥居があります。

1995年の阪神淡路大震災で倒壊してしまいましたが、その後再建され、現在は新しい鳥居を見ることができます。

本殿・拝殿

いざなぎ神社の本殿は御陵が整備されてその上に建てられた三間社流造という建物です。明治初期には伊弉諾尊しか祀られていなかったのですが、現在は伊弉諾尊と伊弉冉尊が祀られていて本殿内部には祀られている木の幹を見ることができます。

拝殿は葺入母屋造で現在は舞殿を兼ね備えています。淡路島の伝統文化を発信するために、和楽器の音楽に合わせて神楽を舞ったり、三大神話神楽祭りが開催されています。この拝殿では2015年に油がかけられた寺社連続油被害事件が起こりました。

さざれ石

一の鳥居をくぐって、右側に見えるのがさざれ石です。さざれ石とは小さな石という意味です。小さい石が無数に集まり、一つの塊になっています。

小さな石が長い年月を経てくっつき合って固まり、最終的には大きな岩になることから長い年月を象徴するものになっています。天皇陛下即位20年の記念として、さざれ石の碑が建てられました。

平成20年を奉祝してできた記念碑には国歌の歌詞が彫られていて、しっかり「さざれ石」と彫られています。

太陽の運行図

神社の境内に太陽の運行図として「陽の道しるべ」というモニュメントが建っています。いざなぎ神社を中心にして計算されたかのように東西南北にゆかりのある神社が配置されており、実に不思議です。

真東には飛鳥藤原京、伊勢皇大神宮が位置していて春分秋分の日には同緯度にある伊勢から太陽が昇って対馬にある海神神社に沈みます。夏至には信濃の諏訪大社から出雲大社へ、冬至には熊野那智大社から高千穂神社へと太陽の運行が見て取れます。

手水舎

神橋を渡った左手に大きな岩で彫られた手水舎があります。その昔、豊臣秀吉が大阪城の建設のために集めた巨石が郡家浦の沖合に誤って沈んでしまいました。その巨石を氏子が引き上げて奉納したものだと言われています。

本体は立派で素晴らしいのですが、水が出ている吐水口が珍しくて亀になっているのが特徴です。亀を放す信仰がある放生池と深い関係があります。亀は長寿の象徴で縁起が良いということで観光客が多く訪れる人気スポットになっています。

夫婦大楠

View this post on Instagram

#伊弉諾神宮 #淡路市

A post shared by Cherry anjel (@yk.std) on

樹齢900年を超える樹木で元々は二株だった木が結合して一株に成長した珍しい樹木で伊弉諾大神、伊弉冉大神の神霊が宿る御神木として信仰されています。太い枝は幹囲5.4メートルあり、細い枝でも幹囲3.8メートルもあります。

枝張りは南へ16メートル、北へ12メートル伸びています。夫婦大楠の根本には岩楠神社として神話で最初に生まれた神である蛭子大神が祀られています。

現在では御神木として安産の神、子授けの神とされていて、夫婦円満、子孫繁栄、安産祈願、縁結びなどにご利益があるとして祈願に訪れる人々が絶えません。

また夫婦大楠には触ることができ、特に女性は左手で触ってそのまま反時計回りに木を一周するとご利益があると伝えられています。1973年に兵庫県の文化財に指定され、夫婦大楠はとても大事な文化財として保存されています。

放生池

神前の池は放生池と呼ばれていてその昔、魚や鳥を放して命の永続を祈る行事である放生神事が行われました。亀の手水舎と深い関係があり、現在でも無病息災のため鯉を放ち、快癒の感謝に亀を放つ習慣があります。

この池は元々は本殿の奥にある森を隔てるため池と連結していて、伊弉諾尊の幽宮の跡地に造られた御神陵にあった堀の遺構を言われています。神橋の右手に水神を祀ってある延寿宮があります。神橋を渡って正面に表神門があり、左手には手水舎があります。

いざなぎ神社の御朱印

いざなぎ神社の御朱印は表正門を入ってすぐにある神符授与所という建物にある御朱印受付所でいただけます。混雑時は長い時間待つこともあるので朝の早い時間に行くのがおすすめです。御朱印帳は1500円、御朱印は300円です。

いざなぎ神社の御朱印帳は御神印帳と表記されており、淡い色で神社や鳥居の様子が表紙に刺繍されていてとても美しいです。御朱印は「奉拝 伊弉諾神宮」と書かれていて、「淡路一宮」と「幽宮」の2つのスタンプが押されています。

いざなぎ神社の口コミ

いざなみ神社を訪れた人の口コミをご紹介します。やはり日本最古の神社で見どころも多く、好意的な口コミが多いです。また、様々なご利益があると言われているので、カップルや夫婦、ご家族で訪れる方が多いですね。

それからパワースポットとしても有名なのでパワーをもらいに訪れる人もたくさんいらっしゃいます。ぜひ、訪れる際の参考にしてみてください。

・口コミのご紹介 その1

知り合いにここの神社に行くといいよと教えてもらい訪れました。陽の道しるべ、神池、樹齢900年の夫婦大楠とてもすばらしく神秘的な場所でした。手水舎はこの巨石が大阪城の城石になるはずだった石だと思うとロマンを感じました。

伊弉諾尊、伊弉冉尊の国生み神話をご覧になってから参拝した方がより感動できると思います。神楽で太鼓を叩き、語り部でもある方はとても素晴らしい人でした。予約制ですが、料金も良心的でユーモアのある語りで大変人気があります。

本当に美しく、静かな神社で観光客でごった返す事も無く、皆におすすめしたい神社です。(50代男性)

・口コミのご紹介 その2

とても由緒ある神社で淡路島旅行中に参拝しました。夫婦円満、縁結びのご利益があるという夫婦大楠が存在感あって多くの参拝客で賑わっていました。見どころは多いですが、歩く距離は短いため見て廻りやすいです。

無料駐車場も完備されており、ゆっくり日本書紀や古事記の世界に浸ることができます。表神門をくぐった右側で巫女さんがお守りと絵馬を販売しています桃の実お守りと神桃絵馬がとても可愛くておすすめです。

淡路島にお越しの際はぜひ、足を運んでみてください。(30代女性)

見どころ満載の日本最古の神社

日本で最も古く歴史のあるいざなぎ神社。日本が出来た、はるか昔の様々な神話に触れることにより神秘的な気持ちになります。カップルや夫婦、様々な病気の治癒など色々なご利益があると言われていて全国からたくさん人々が訪れています。

ぜひこの神秘的な場所を訪れて元気とパワーをもらいましょう。

関連する記事