trima

インドネシアのバリ島以外のおすすめリゾート5選!穴場の離島はある?

インドネシアのバリ島以外のおすすめリゾート5選!穴場の離島はある?

2020.09.23

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

インドネシアのリゾートというと皆さんはどの島を思い浮かべるでしょうか。ジャワ島やバリ島を思い浮かべる方が多いと思います。この記事ではバリ以外にもある、穴場と呼ばれるおすすめの離島もご紹介します。素敵な旅行にするためリゾート地をチェックしていきましょう。

目次

  1. インドネシアのリゾート地に行きたい!
  2. インドネシアの人気リゾートはバリ島!
  3. インドネシアのおすすめリゾート【バリ以外】
  4. バリ以外のおすすめリゾート「ビンタン島」
  5. バリ以外のおすすめリゾート「ロンボク島」
  6. バリ以外のおすすめリゾート「マラトゥア島」
  7. バリ以外のおすすめリゾート「ジャワ島」
  8. バリ以外のおすすめリゾート「ギリ・トラワンガン」
  9. インドネシアの穴場の離島
  10. インドネシアの穴場の離島「ギリ諸島」
  11. インドネシアの穴場の離島「セラム島」
  12. インドネシアの穴場の離島「コモド島」
  13. インドネシアの穴場の離島「レンボンガン島」
  14. インドネシアの穴場の離島「モヨ島」
  15. インドネシアのリゾート地は盗難に注意!
  16. インドネシアはリゾートで楽しもう!

インドネシアのリゾート地に行きたい!

Aircraft Double Decker Oldtimer - Free photo on Pixabay (759647)

インドネシアにはいくつものリゾート地があります。インドネシアは親日国としても知られており、観光しやすい国といえるでしょう。

日本からインドネシアへは4821kmあり、飛行機では時速500キロで9時間40分ほどかかります。日本とジャカルタの時差は22時間で、日本よりもインドネシアの方が2時間遅い時間になります。

また、雨季と乾季があるので雨を避けたいのなら4月~9月を選ぶと良いでしょう。ただし、雨季と言われている12~1月もスコールがほとんどで、ベストシーズンは4月~10月と言われています。

インドネシアの人気リゾートはバリ島!

View this post on Instagram

#Bali memories one year ago. 来年3月に「憧れのインスタグラマー20名に学ぶ 美しい写真術」という本がインプレス社さんより発行されるのですがその中の1名として選んでいただきました。(嬉しい😆)今までにないタイプの本として様々なコンテンツを盛り込む予定らしく、その中の一つとして、フォローしてくださってる皆様の質問とその回答を掲載することになっております。 つきまして、皆様の中で気になることを募集しております!既に昨日storiesでも質問させていただいたのですが、(ご質問いただいた皆様、ありがとうございます) さらにフィードでもお聞きしたいと思います。 カメラ・レンズから、撮影の持ち物、使用アプリ、好きな色、食べ物などプライベートなことまで、何か聞きたいことはありますか?ありましたら、コメントでもDMでも構いませんので是非気軽に質問してください☺️ その質問が本に載るかもしれません💛 お待ちしてます!

A post shared by Keiko K (@wacamera) on

インドネシアの観光、リゾート地といえばバリ島を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。バリ島ではダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツのほか、パラセーリングなどの空のアクティビティも楽しめます。

バリには観光客が多く訪れるので、初めてリゾート地に行くという方でも安心して楽しめるでしょう。自然あふれる島で、おいしい料理やゆったりとした時間を楽しむのもおすすめです。

また、バリ島の人々はほとんどがヒンドゥー教を信楽しており、生活にもその文化が影響しています。観光として注目される伝統舞踊や音楽などもヒンドゥー教のひとつと言えます。

インドネシアのおすすめリゾート【バリ以外】

インドネシアのリゾート地と言えばバリ島が有名ですが、バリ島以外にもリゾート地があることはご存知でしょうか。ほかのリゾート地にはそのリゾート地の良さや魅力があります。観光地らしい雰囲気も良いですが、地元感を味わいたい方にはバリ島以外の場所もおすすめです。

バリ以外のおすすめリゾート「ビンタン島」

より自然を感じられるリゾート地に行ってみたいという方におすすめなのが「ビンタン島」です。リアウ諸島の中では最も大きな島で、人の手が加えられていない場所もあるほど自然が残っています。

ビンタン島に行くにはシンガポールからフェラーリに乗らなければなりません。しかし、その先には大自然と開放的な時間を過ごせるので、ゆったりゴルフやツアーを楽しみたい方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

バリ以外のおすすめリゾート「ロンボク島」

さらに自然の残るリゾート地を探しているのなら「ロンボク島」はいかがでしょうか。人の手が加えられていない自然がたくさん残っており、ナチュラルな雰囲気を感じることができます。

また、バリ島から飛行機に乗って20分程度で突くのでアクセスしやすい場所でもあります。手付かずの自然は綺麗に整備されたビーチとは違った魅力を感じられるでしょう。

バリ以外のおすすめリゾート「マラトゥア島」

View this post on Instagram

今日のブルーチャージ💙「Memories of the trip」in マラトゥア . . ようやく1日半かけて到着です! wifiもないし海とダイビングしかなーんもない島🤣 . . でも鬼のように綺麗です。 普通にビーチで泳いでいたらウミガメ沢山いますよ! . . さー明日から19日までダイビング三昧だ〜 大物狙っていきますよぉ〜🤩 . . 19日、帰るまでコメントOFFでイイね、もできないのでごめんなさい🙏 . . 𓆉 #インドネシア #マラトゥア島 #マラトゥア #Maratua #kakaban #sangalaki 𓆉 𓇼 #diving #skindiving #scubadiving #scuba #genic_mag #divermag #bluecharge #underwater #underwaterphotography #lascuba #ダイビング #diver #ダイビング好きな人と繋がりたい #instadive #underwaterphoto #oceangram #underwater_world #gopro #goprophoto #ブルーチャージ #beachboy #ビーチ #beach #omaturipic

A post shared by omaturisan (@omaturisan) on

海の上にコテージが並んでおり、水上生活のような雰囲気を楽しむことができます。「マラトゥア島」ではサンゴ礁や熱帯魚が見られる地域でもあります。そのため、ダイバーにも人気のリゾート地です。運が良ければイルカやウミガメなどの生き物にも出会えるかもしれません。

バリ以外のおすすめリゾート「ジャワ島」

View this post on Instagram

こんばんは😊 本日の「#タビジョ」はこちら💕 ****** 📸@arisa283 さん 🚩インドネシア「Masjid Tiban Malang」 🇮🇩ジャワ島を旅してると、そこら中にモスクを目にするんだけど、ひときわ可愛かったのがここ💙 . ブルーの外観がすごくかわいくて、更にここのモスクは中が迷路みたいになってて、散策してるだけで楽しかったよー😆 . モスクというよりお城みたいだった😍🏰💕 ****** 素敵なモスクですね~🕌 本当にお城みたい✨いろいろな写真が撮りたくなります😆 ****** #タビジョ #タビジョと繋がりたい

A post shared by タビジョ (@tabi_jyo) on

ジャワ島というと名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ジャワ島の中でもローカルな雰囲気を味わいたいのなら「パンガンダラン」がおすすめです。このビーチはサーフィンなどのアクティビティを楽しむのに適しており、地元の人達でにぎわっているそうです。

バリ以外のおすすめリゾート「ギリ・トラワンガン」

「ギリ・トラワンガン」は西側にある小さな島です。魚やサンゴ礁を見たいけれど、ダイビングはしたくないという方もいるでしょう。

そのような方でも水中眼鏡を持っていれば海の中の様子を見ることができるので、気軽に海の世界を体感できます。バリ島からアクセスしやすいのもうれしいポイントです。

インドネシアの穴場の離島

ここからはインドネシアの穴場の離島をご紹介します。せっかく海外旅行に行っても観光客ばかりで満足できないのでは残念な思い出になってしまうでしょう。

インドネシアの現地感を味わいたいのなら観光名所よりも穴場と呼ばれるような離党を選ぶことをおすすめします。穴場でも楽しい思い出を作れる場所はいくつもあるのです。

インドネシアの穴場の離島「ギリ諸島」

「ギリ諸島」は3つの小さな島からなっており、「トラワンガン」「メノ」「アエル」で構成されます。「ギリ・トラワンガン」は他の島に比べ発展しているので、さらなるローカルさを求めるのなら「メノ」「アエル」に行ってみてはいかがでしょうか。

ギリ諸島の中では車やバイクが走っていません。移動手段は自転車と馬車です。馬車に乗る機会もなかなかないので足を運んだのならぜひ乗ってみてください。

インドネシアの穴場の離島「セラム島」

インドネシアの中でも「セラム島」をチョイスする方は少ないのではないで、穴場のリゾート地と言えるでしょう。島にはコテージが数件並ぶだけでそのほかの地帯は大自然に囲まれています。

セラム島のビーチは人工的に作ったものではなく自然にできているものなのだそうです。まさに自然の力を感じられるローカルなビーチなのです。

インドネシアの穴場の離島「コモド島」

View this post on Instagram

こんばんは😊 「#タビジョ」のみなさんに オススメしたいホテルなどのお写真は 「#tabijyo_hotel」でお待ちしてます! (リーズナブルで、かわいいヴィラやホテルのお写真を大募集中です!) 本日はこちら💕 ****** 📸@hien211_ さん 🚩インドネシア「AYANA Komodo Resort」 This is one of my favourite places👙☀️ 😋 ****** リゾートホテルの滞在もゆっくり楽しみたいですよね😳 コモド島は自然保護地域に指定されたインドネシアの小島。 現地の自然を大切に、そして感謝の気持ちを持って楽しもう😊 ****** 【本日最終日】 タビジョ2020年行きたい国アンケート開催中✨ 詳細はアカウント🔝のURLから チェックしてください😊 @tabi_jyo ****** イベントメンバー募集☆ 12月15日(日) 【アロハタビジョMEET UP in福岡】 ハワイについて学ぼう♪ お一人参加大歓迎です🤙 ****** タビジョレポーター募集☆ 関西初の日帰りバスツアー🚌 イルミネーションをレポート★ ****** 詳細はアカウント🔝のURLから チェックしてください😊 @tabi_jyo #タビジョ #タビジョと繋がりたい

A post shared by タビジョ (@tabi_jyo) on

コモド島へはバリ島から飛行機で1時間~2時間30分程度で到着します。コモド島にはコモド国立公園があるので、さまざまな生き物を見ることができるのです。コモド国立公園は1991年に世界自然遺産に登録され、コモドドラゴンや爬虫類、鳥類、哺乳動物などの陸生動物が生息しています。

さらに、コモド島の東側にはパンタイ・メラと呼ばれるビーチがあります。赤いサンゴで作られたビーチで、ピンク色のかわいらしい雰囲気になっています。

インドネシアの穴場の離島「レンボンガン島」

「レンボンガン島」はバリ島からフェリーで40分ほどの場所にあります。マングローブの森や、砂浜とビーチのような自然なビーチで、地元の人口は5000人しかいません。港にはカフェやスパもあるので、食事もリラクゼーションも満喫できます。

インドネシアの穴場の離島「モヨ島」

「モヨ島」は森に囲まれたリゾート地で、隠れ家的な雰囲気を味わえます。海はサンゴ礁に囲まれており、シュノーケリングやハイキングを楽しみたい方にもおすすめです。

植物だけではなく生き物にも出会えます。日本では見られないような色鮮やかな熱帯魚にも出会えるでしょう。

インドネシアのリゾート地は盗難に注意!

素敵なリゾートやビーチがたくさんあるインドネシアですが、気を付けなければならないことがあります。海外旅行でよく言われている注意事項がスリや盗難ですが、インドネシアでも気を付けなければなりません。

特にスマートフォンをとられてしまうということが多いようで、カバンやリュックなどは肌身離さず身に着けておくべきでしょう。パスポートなどの貴重品もなくしてしまうと、せっかくの旅行がてんやわんやの一大事となってしまいます。

カバンを持っていく際には口がい大きく開かないものを選び、しっかりとチャックが閉まるものを用意しましょう。リュックやショルダーバッグを持っていく場合はカバンを開けてすられないように前に抱えるように持った方が安心です。

インドネシアはリゾートで楽しもう!

Pool Swimming - Free photo on Pixabay (759661)

インドネシア旅行に行く方は、どこのどこのリゾートに行くのか決めておくことをおすすめします。その日の天候などによって多少スケジュールは左右されますが、だいたいの予定を決めておくことでスムーズ行動できるでしょう。

地元特有のルールがあるケースもいあるので周囲の人の行動にも意識を向けてください。ごみなどはしっかり処理して周囲の人も自分も気持ちよく過ごせるように心がけましょう。ビーチでは素敵な時間を過ごして思い切りリラックスして満喫してください。

関連する記事