trima

金剱宮はご利益抜群!見どころやお守り・御朱印帳情報を紹介!

金剱宮はご利益抜群!見どころやお守り・御朱印帳情報を紹介!

2020.09.30

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

石川県にある金剱宮は北陸最古の伝統ある神社です。最強の金運の神社とも呼ばれており、多くの方が参拝に訪れています。この記事では、そんな金剱宮のご祭神やご利益を始め、お守りや御朱印情報をご紹介していきます。参拝する前にぜひチェックしてみてください。

目次

  1. 最強の金運神社「金剱宮」について知ろう
  2. 金剱宮のご祭神は?
  3. 邇邇芸命
  4. 日本武命
  5. 事代主神
  6. 大國主神
  7. 大山咋命
  8. 猿田彦神
  9. 金剱宮のご利益は?
  10. 金運アップ
  11. 商売繁盛
  12. 夫婦円満
  13. 金剱宮の見どころは?
  14. 乙劍宮
  15. 狛犬
  16. 天の真名井
  17. 金比羅社
  18. 金剱宮のお守り
  19. 金運お守り
  20. 七福神お守りがついたおみくじ
  21. 心願成就守
  22. 金剱宮の御朱印情報
  23. 金剱宮へのアクセス
  24. 駐車場情報
  25. 金剱宮で金運を高めよう!

最強の金運神社「金剱宮」について知ろう

石川県白山市にある金剱宮(きんけんぐう)をご存知ですか?
社伝では、創建は崇神天皇(3世紀後半ごろ実在した可能性が高いとされている最初の天皇)3年(紀元前95年)とされている北陸最古の伝統のある神社です。

主祭神は瓊々杵尊(ににぎのみこと)で、天照大神の孫とされています。
ソフトバンクの孫正義氏や船井総研の創業者の方が参拝されていることで有名になった神社ですが、他にも会社経営をされている方からも注目されているようです。

金剱宮のご祭神は?

10世紀初頭頃までは、ほとんどの神社で特に御祭神に名前がついていなかったそうです。
現在は多くの神社で日本神話に登場する神様を御祭神として祀られています。

一つの神社でも、たいていは複数の神様が祀られているのですが、主として祀られている神様を主祭神、配神(はいしん)・配祀神(はいししん)・相殿神(あいどのしん)などと言われているようです。

邇邇芸命

日本, 庭, 神社, 緑, 自然, 神社, 神社, 神社, 神社, 神社

先にもご紹介していますが、天照大神の孫にあたられる邇邇芸命(ににぎのみこと)は、金剱宮の主祭神です。
”天孫降臨”という言葉は誰もご存知かと思いますが、天照大神に命じられ三種の神器と共に高天原から葦原の中つ国を治めるために天降(あまくだ)ったことを指します。

皇室の祖先とされている神様ですから、我々日本国民にはなじみ深い神様のお1人かもしれません。
木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を妻とし、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)が生まれています。

日本武命

古事記には「倭建命(やまとたけるのみこと)」と表記されていますが、古事記や日本書紀に出てくる人物のなかで、これほど有名な方もいないのではないでしょうか。

日本書紀では「日本武尊(やまとたけるのみこと)」と表記されているようですが、この「尊」や「命」という字は皇位継承者と目される人物にのみ与えられた称号のようなもののようです。

古事記と日本書紀では若干の食い違いはありますが、父天皇に命じられ西征や東征をしていきます。
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)もしくは草薙剣(くさなぎのつるぎ)を使う話が出てきますから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

事代主神

View this post on Instagram

2/20 八百万の神カードリーディング コトシロヌシノカミ ・ 【荒魂】人の意見を聞く 周りの意見に耳を傾けましょう 今は重要な判断は避けましょう。自己中心的、利己的になっていませんか? 自我や先入観を捨て、相手を尊重し耳を傾ける事が大切です。 重要な判断をする時は、周りの意見を取り入れて決断する事でより良い結果に繋がるでしょう。 恵比寿様と呼ばれた神 恵比寿大黒と言うように恵比寿様と大黒様はセットで呼ばれることが多く、この大黒様は父親であるオオクニヌシである。 オオクニヌシはこのコトシロヌシを大変評価していた。 また、2人の絆は固くコトシロヌシは父に対して献身的に努めた。 それが国譲りに現れている。 国を治める君主として君臨していたオオクニヌシの元に国を譲るよう言い渡される。 オオクニヌシは慈愛に満ちた国作りを行いたかった。 しかし、乱暴な兄たちから仕掛けられ戦いに身を投じていた。 そして勝利を収めていた。 しかし、戦いによって作った国は所詮、戦いによって多くのものが傷つき、国は失われることを知っていた。 その時、アマテラスからこれからは慈愛に満ちた国づくりを行うから譲りなさいと言われたのである。 願っても無いことだったのかもしれない。 しかし、国を簡単に委ねては血と汗を流した者たちの心情は計り知れない。 そこで、全てを理解し、その事を一身に請け負うことが出来るコトシロヌシに判断を委ねたのである。 コトシロヌシは父の心情を理解していた。 また、自分が決断することで父の体面を守れる事も知っていた。 コトシロヌシが決断する事で、全てが治るのであればそれで良しとしたのである。 まさに、二代目の鏡とも言うべき神様である。 父のやる事を陰で支え、トップが判断すると影響が及ぼすような時は自らが背負う。 功績は全て父親のものになるが、それを自分の功績だと腑に落とし、ひたすら人格を高める。 時として二代目は自分の功績をあげようと他を押しのけてでも前に出ようとするが、二代目とは【苦労】を背負い【人格】を高める事が使命なのかもしれない。 この事からコトシロヌシの一言がヤマト王権の天下統一に繋がったと後世の人々は敬意と親しみを込めて大切に祀った。 また、コトシロヌシは国譲りの責任を背負い、出雲を離れていった。 その後、伊豆の地で新たな国作りを行った。 また、天の岩戸で葦原中国(地上)に追放されたスサノオの子孫であるコトシロヌシの娘がアマテラスの子孫である神武天皇と結ばれ、天地が統合された。 まさにコトシロヌシの娘である五十鈴姫は天地和合の神様だと言える。 さらに、神武天皇から4代に渡りコトシロヌシの血縁になっている。 コトシロヌシは宮中の八神の一つに数えられる。 祀られている神社 三嶋大社(静岡県三島市) 三嶋神社(新潟県長岡市) 富賀神社(東京都三宅村) 十三社神社(東京都新島村) 十日恵比須神社(福岡市博多区) 美保神社(島根県松江市) 長田神社(神戸市長田区) 長田神社(岡山県真庭市) 長田神社(滋賀県高島市) 大穴持御子神社(島根県出雲市) 事代主神社(徳島県阿波市) 敷島神社(徳島県吉野川市) 生夷神社(徳島県勝浦郡勝浦町) 建布都神社内西宮神社(徳島県阿波市) 椙尾神社(山形県鶴岡市) 布勢巨神社(岡山県赤磐市) 甘南備神社(広島県府中市) 澤神社(京都府綾部市) 鸕宮神社(三重県伊賀市) 宇伎多神社(滋賀県高島市) 軽野神社(静岡県伊豆市) ほか、全国の神社 #コトシロヌシノカミ #事代主神 #八重事代主神(ツミハヤエコトシロヌシノカイ)#恵比寿大神 #海の神 #商業の神 #託宣神 #商売繁盛 #開運 #厄除け #福徳円満 #病気平癒 #八百万の神カードリーディング #八百万の神カード #日本の神様 #神様リーディング #リーディング #今日の1枚 #今日の神様 #守護神 #古事記 #kojiki #神社 #神社好きな人と繋がりたい

A post shared by Catherine (@aylly33) on

事代主神(ことしろぬしのかみ)と読みますが、日本神話に登場する神様のお1人であられます。
古事記では、後に詳しくご紹介する大国主神(おおくにぬしのみこと)と神屋楯比売命(かむやたてひめのみこと)との間に生まれたとされています。

ユニークな伝説として事代主神は鶏が苦手(諸説あるようですが、手もしくは足を鰐(サメのこと)にかまれたとされている)というものがあり、現代でも事代主を再現した島根県は、美保関の青柴垣神事の際に当屋に指名された者は、1年間鶏肉を食べずに身を清めるという習わしがあるそうです。

大國主神

大國主神(おおくにぬしのみこと)はさきほど少しご紹介しましたが、事代主神の父親にあたります。
他の女神様との間にも実に多くの子を儲けられていて、その数は180もしくは181柱(この数を指す)とも言われています。

大國主神を祀られている神社は全国に数多くある訳ですが、因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)のお話や、兄神たちである八十神(ヤソガミ)に追われて根の国(異界のこと)に逃れての話、葦原中国(あしはらのなかつく・日本神話において高天原と黄泉の国の間にあるとされる国のこと)の国造りの話などが、あまりにも有名だからなのかもしれません。

大山咋命

大山咋命(おおやまくいのかみ)は別名山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)と言い、日本神話に出てくる神様のお1人であられます。

お名前にある「くい」=「杭」のことで大きな山の所有者を意味し、山の地主神である他、農耕(治水)を司る神であられます。
後に太田道灌が江戸城の守護神として川越日吉社から大山咋神を勧請して日枝神社を建てているほど、徳川家と所縁のある神様で、徳川家の氏神とされており、明治以降は皇居の鎮守とされています。

他にも「山王」という別名があり、今でも全国で”山王さん”という愛称で親しまれているそうです。
また室町時代以降「日本第一酒造神」とも呼ばれ、お酒の神様として多くの酒造業の信仰を受けています。

猿田彦神

View this post on Instagram

✨9月の神様御朱印✨ . 月替わり9月の神様御朱印は、冠稲荷 五社大明神の一神、猿田毘古神です( ´ω` )/🎶 . 天孫降臨の際に道案内をしたことから、道の神、導きの神とされ、様々な人や物事を幸福へと導くといわれています。 . 交通安全、厄除開運などのご利益があります。 . 御朱印には、萩の花とススキが描かれています。 境内のススキはまだ穂が出ていませんが、萩の花は咲いたので、一緒に撮影📷✨ . こちらの御朱印は書置き(印刷)のみで、日付は入りません。 . 9/1~9/30まで、おわかち致します。 . そして明日、8/29(木)は戌の日🐶です。 御朱印の直書きは午前9時~午後3時迄となります‼️ どうぞ宜しくお願い致します<(_ _*)>✨ . . . #御朱印 #限定御朱印 #御朱印巡り #猿田彦神 #猿田毘古神 #萩 #ススキ . . 萩に雨の雫がついてます☔ . . #群馬 #太田市 #冠稲荷神社 #稲荷神社 #神社 #神社巡り#お稲荷さん#日本の風景#心のふるさと#japan #jinjya #jinja #Shinto #shintoshrine #IGersJP

A post shared by 冠稲荷神社 (@kanmuriinari) on

猿田彦神(さるたひこのかみ・さるたびこのかみ)は、こちらも日本神話に登場する神様のお1人であられます。
さきにもご紹介していますが、天孫降臨の際に邇邇芸命を道案内する為に、天照大御神に遣わされた国津神(天孫降臨以前からこの地を治めていた土着の神を指す)の1人で、道の神もしくは旅人の神とも呼ばれています。

天の八衢(やちまた。道がいくつもに分かれている所)に立ち、その独特の風貌によって高天原から葦原中国までを照らしていたとされています。

日本書紀には「鼻長七咫、背長七尺」という記載があり、その風貌は天狗に似通っていると言われているようです。
そこからとったのかは定かではありませんが、手塚治虫の「火の鳥」シリーズに登場する「猿田」もしくは「猿田彦」という名の登場人物は、鼻が大きいという共通点が見受けられます。

金剱宮のご利益は?

石川県と言えば、兼六園や能登半島・海鮮などをイメージされる方が多いのではないでしょうか。
最近ではアクセスも便利になってきたことから、観光するのにはもってこいの場所となっているようです。

会社の経営者からも注目されている「金剱宮」ですから、せっかく行くのであればそのご利益に与りたいものです。
ここでは具体的にどのようなご利益があるのかをご紹介していきます。

金運アップ

金運アップを願わない人はそうそういないのではないかと思いますが、2006年に船井総研の創業者である船井幸雄氏が、「お金に困りたくないのであれば金剱宮を参拝すると良い」と言われたことから、こちらの神社がクローズアップされたようです。

日本でも五指に入るほど金運神社として有名な金剱宮は、なんと言っても商売の神様であられますから、毎月1日に欠かさず参拝される方も多いようです。

御神籤は200円ですが、御神籤の中に七福神の1つが入っているらしく、お財布の中に入れておくと良いようです。
そして忘れてはならないのが、金劍宮の摂末社のひとつ「乙剱社」の参拝です。

乙剱社のご祭神は彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)こと山幸彦様ですが、船井総研の船井幸雄氏はこの御御祭神を「金勝金目尊(カナカツカナメノミコト)」としているそうです。

商売繁盛

特に会社の経営者の方に人気のある金剱宮ですから、商売繁盛を願われている方は是非とも一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

お祀りされている御神体のご利益はそれぞれですが、「商売繁盛」「勝負運」「開運福徳」など見ているだけでも有難くなってしまうようなご利益満載です。

他にも猿田彦命のご利益に「交渉事を司る」なんていうものもあるようですから、ここで商談を決めたい!などという時には、お力をお借りできるよう参詣なさってみてください。

夫婦円満

 (807317)

”3組に1組は離婚する”とか”40年前と比較すると熟年離婚が10倍になった”などの話もありますが、出会いが別れもあるのが現実です。

結婚した当初の気持ちを忘れないでいられたらそうならないのでしょうか。。。
正解はわかりませんが、ご縁があって一緒になったのですから末永く添い遂げたいものです。

金剱宮の境内には”恵比須社”が祀られているのですが、こちらのご利益は「商売繁盛」のみならず「夫婦円満」もあるそうです。

穿った見方かもしれませんが、商売繁盛の裏には夫婦の絆と言いますか、内助の功のようなものがあるのではないでしょうか。。。

金剱宮の見どころは?

View this post on Instagram

#金剱宮

A post shared by Hisane (@anshento) on

御神体やご利益をご紹介してきましたが、「金剱宮」はそれだけでは終わりません!
まだまだ是非見て頂きたい部分が満載です。

せっかく訪れるのですから、余すことなく満喫して頂きたいものです。
「金剱宮」内はピリリとするくらい空気が変わると言われています。

その空気を思い切り吸い込み、心身を浄化して良い気を取り入れてきて下さい!

乙劍宮

View this post on Instagram

金剱宮 #金運最強神社  #金剱宮

A post shared by あいえす (@is2504grfse) on

上記でもご紹介していますが、金運を願いに行くのであれば、絶対に外してはならないのが乙劍宮です。
摂末社(せつまつしゃ・境内または神社の附近の境外にある小規模な神社のこと)である為忘れられがちではありますが、こちらを参拝し忘れては何のためにお詣りに行ったのか訳がわからなくなるほど大切な場所の1つです。

御祭神は彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と言われる農業の守護神でもあることから、「稲穂が実る」=「金運に繋がる」とされているようです。

こちらの参拝を忘れての金運アップは望めないかもしれません!?

狛犬

見る人見る人、とても「凛々しい像」と感じる金剱宮の狛犬。
そもそもこの狛犬とは何ぞやということですが、神社に奉納もしくは設置された空想上の守護獣像のことで、本来は「獅子・狛犬」といい、向かって右側が口を開いた角なしの「阿像」で獅子、左側が口を閉じた角ありの「吽像」で狛犬とされています。

この「阿吽」のようになっているものは、日本独特のようで、中国では両方が口を開けているものもあるそうです。
いずれにしろ、せっかくですからどちらにも拝んでおくと良いのではないでしょうか。

天の真名井

天の真名井(あめのまない)は天平年間(729年-749年)から伝わる古池のことだそうです。
大干ばつの時も長雨の時も変わらぬ水量であったとしられているようです。

江戸時代後期の加賀藩士にして郷土史家でもあった富田 景周(とだ かげちか)による「三州名蹟誌(加越能三州志)」には、「戸の池」もしくは「殿池」という呼び名で親しまれていたようです。

金比羅社

金比羅神社(こんぴらじんじゃ)は、香川県仲多度郡琴平町の金刀比羅宮を総本宮とし、その主祭神である大物主神を祀る神社のことで、日本各地に存在しております。

「こんぴらさん」の愛称で親しまれ、江戸時代には”一緒に一度はこんぴらさん詣で”と言われるほど人気のある神社だった訳ですから日本各地に存在するのも頷けるものがあります。

御祭神は恵比寿様で、「夫婦円満・商売繁昌」と書かれている駒を撫でるとご利益を頂けるようです。

金剱宮のお守り

神社にお詣りしたら、購入したいものの1つがお守りではないでしょうか。
「お守り」は仏教でいうところの「護符」のことですが、お守りを持っているからといって、何もしなくても願い事が叶うという訳ではありません。

「お守り」を身につけるということは=「神仏に対して、自分の願い事が叶うよう努力することを誓います」ということだそうです。

「お守り」を身につけ、貴方の願い事が一日も早く叶いますように。。。

金運お守り

金剱宮のお守りで一番人気は、やはり「金運のお守り」ではないでしょうか。
多くの経営者の方々もご利益を戴いているようですから、是非ともあやかりたいと思うのが人情です。

特に人気のあるお守りが、金色に輝く「金運の御守り」と「三種の神器御守」で、それぞれ初穂料は500円になります。
時には売り切れになる事もあるこちらの御守りの御利益なのか、競馬や宝くじに当たる方も多いようです。

七福神お守りがついたおみくじ

初穂料200円で、七福神のうちの1体がついた何とも可愛らしいおみくじになります。
七福神は、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神様です。

お正月に枕の下に、”「七福神の乗った宝船の絵」を入れておくと良い初夢が見られる”と言われていますから、身につけていたら何か良い事がありそうな気がしてきませんか?

心願成就守

他にも金剱宮のお守りには、「交通安全守り」「方位除け守り」「安産守り」などありますが、最後にご紹介するのは「心願成就守り」です。

”心願成就”は、お願い事が沢山あって決められない!という人にはもってこいの御守りです。
神仏に心から叶ってほしいと思って祈っているものなら、願いはかなえられると言われるのが「心願成就」です。

”悪意”ではない「コレ」と心に決めているお願いごとがあるのでしたら、こちらの御守りがお勧めです。

金剱宮の御朱印情報

元号が平成から令和に変わった2019年、明治神宮では最長で10時間待ちの列ができていたとか。
御朱印の転売などもニュースになっていましたが、そもそもこの「御朱印」とは何なのかご存知でしょうか。

日本の寺社において、主に参拝者向けに押印される印章・印影のことを指しています。
遅くとも室町時代~江戸時代初期には存在していたもののようですから、かなり歴史のあるものになります。

金剱宮の御朱印の初穂料は500円となります。
御朱印の受付時間は9時~17時ですが、テレビで紹介されてから多くの人が足を運ぶようになったので、かなり待つ可能性が考えられます。

混んでいる時は1時間近く待つこともあるそうなので、あまりギリギリの時間にならないよう、余裕をもって行かれることをお勧め致します。

金剱宮へのアクセス

ここまでご覧になられたのですから、もう行かなければなりません!でしょう(ちびまるこちゃん風でお願いします)
そうなるとアクセスが気になるハズです。

どれくらいの頻度でお詣りするとご利益を戴けるかはわかりませんが、電車で行かれる方・車で行かれる方それぞれの為に、駐車場の情報も含めてご紹介していきます。

駐車場情報

車で行かれる方は、白山ICから国道157号線を南へ20分、金沢駅から40分、松任駅から20分ほどになるようです。
電車で行かれる方は、北陸鉄道石川線鶴来駅から徒歩8分(1㎞ほどの距離)になるようです。

駐車場はありますが、とめられる台数は多くはありませんし、近くにコインパーキングが無いそうなので、混んでいる時はかなり渋滞になってしまうようです。

住所 石川県白山市鶴来日詰町巳28番地
電話番号076-272-0131
受付時間9:00〜17:00
駐車場有り 15台程度駐車可能

金剱宮で金運を高めよう!

 (811192)

人生お金が全てではないかもしれませんが、やはりお金が”ある”と”ない”とでは、気持ちの上での余裕が違うのは間違いありません。

誰だって豊かな生活をしたいと思うものですし、それは間違いではないのではないでしょうか。
あまり切羽詰まって行っても神様も驚かれるかもしれませんから、パワースポットともいわれる金剱宮で身も心もリフレッシュして、”新しい運気を戴く”という気持ちで行かれるのはいかがでしょう?

関連する記事