trima

イタリア文化とは?食習慣や意外と知られていない民族衣装についても

イタリア文化とは?食習慣や意外と知られていない民族衣装についても

2020.09.18

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

イタリアには多くの歴史的建築物があり、また数多くの芸術家も輩出しているなど、その街並みは独特の雰囲気を醸しだし世界中の人々を魅了しています。そんなイタリアの文化や特徴、習慣や食文化などを調査しました!これから行ってみたい場合にはぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. イタリアの文化やイタリア人ならではの習慣!
  2. イタリアの文化や歴史
  3. 世界的に有名な建築物
  4. 多くの芸術家を輩出
  5. イタリアの主な宗教
  6. イタリア人の特徴
  7. 家族を大切にする
  8. ファッションに気を遣う
  9. 高級ブランドの車
  10. 家族経営の会社が多い
  11. ナンパはイタリアの文化
  12. 日本人にも馴染み深いイタリアの食文化
  13. イタリア人にとって食事はとても重要
  14. イタリア料理といえば?
  15. 地域による文化の違い(北部と南部)
  16. 日本人と違うイタリアの食習慣
  17. 朝食は甘いもの系
  18. お家でランチが基本
  19. 夕食はコース仕立て
  20. 意外と知られていないイタリアの民族衣装
  21. 古代ローマ時代のトガ
  22. ルネサンス期に大流行したマ二カ・スタッカビーレ
  23. サルデーニャ島ドルガーリの民族衣装
  24. 日本人旅行者も多いイタリアの魅力

イタリアの文化やイタリア人ならではの習慣!

Alley Road Patch - Free photo on Pixabay (752133)

イタリアと言えば芸術的な街並みやファッション、そしてイタリア料理など様々なことが思い浮かぶのではないでしょうか。また、古代ローマ帝国の繁栄など歴史も世界的にも有名です。

そんな、素敵なイタリアに触れたい!と、これから訪れる予定の人もいるでしょう。事前にイタリアについて知っておくことで、訪れた際にはより深くイタリアを感じることができます。

イタリアの文化や習慣、イタリア人の特徴や食文化などをわかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

イタリアの文化や歴史

Cathedral Sicily Church - Free photo on Pixabay (752134)

まずイタリアに触れていくには文化や歴史など、古くから現在に至るまでのイタリアを知っていきましょう。どのような歴史をもっているのかを知ることで、イタリアへの理解をこれまで以上に深めることができるでしょう。

世界的に有名な建築物

Colosseum Europe Italy - Free photo on Pixabay (752135)

イタリアには古典的ローマ様式やルネサンス、バロックや新古典派など世界的に有名な建築物が建ち並んでおり、多くの観光客が訪れています。

そのなかでも代表的なものに、世界遺産にも登録されているコロッセオ・斜めに傾いているピサの斜塔・ビザンティン建築を代表するサンマルコ寺院などがあり、イタリアと聞くとこのようなイタリア独特の建築物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

また、フォート・パールやウルセル伯爵城、ヴェルリー城などの多くの城もあり、そしてベネツィアやフィレンツェ、ローマには美術館も多くあります。

多くの芸術家を輩出

Art School Of Athens Raphaël - Free photo on Pixabay (752137)

イタリアは建築物だけではなく、多くの芸術家も輩出しています。レオナルドダヴィンチやラファエロ、ミケランジェロなどは世界的にも有名ですので、これまでに一度は耳にしたり作品を目にしたことがあるのではないでしょうか。

そして、ローマ教皇の公邸バチカン宮殿にあるシスティーナ礼拝堂の天井には、1508年~1512年の間にミケランジェロが描いた天井画があります。礼拝堂自体も建築物として有名ですので、素晴らしい建築物とミケランジェロの天井画を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

イタリアの主な宗教

Santo San Pietro Cross - Free photo on Pixabay (752138)

イタリアの主な宗教はカトリック教で、ローマ中心部にあるバチカン市はローマカトリック教の拠点となっています。そまた、カトリック教の頂点である教皇の居住地でもありますので、バチカン市が拠点であることは当たり前なのかもしれません。

そして、カトリック教徒やキリスト教徒はイタリア人口の約80%になりますが、実際に定期的に教会へ訪れているのはそのうちの3分の1程しかいません。

ですが、ローマは古くからカトリック教中心の場所として人々の間で認識されてきており、イタリアの様々な場所や出来事などで、ローマカトリックが影響を与えています。

イタリア人の特徴

Young Guy Man - Free photo on Pixabay (752139)

イタリアは素晴らしい建築物や芸術に溢れており、訪れた際にはぜひ様々な場所に行って実際にその世界観に触れてみましょう。

そして、そのような世界観のなかで日常を過ごしているイタリア人とはどのような特徴をもっているのでしょう。性格や特徴などイタリア人についてご紹介していきます。

家族を大切にする

Racing Sea Lol - Free photo on Pixabay (752140)

イタリア人は家族をとても大切にしますが、その「家族」という形は日本での親と子だけの関係だけではなく、祖父母や叔母叔父、従兄弟など親戚も含めたものなのです。

そして、日本でも時折親戚が集まることがありますが、イタリアでは頻繁に集まり食事をしたり出掛けたりなどのように、家族みんなで一緒の時間を過ごします。

そのように、イタリアの文化のなかで子供たちにその考えや思いが受け継がれ、家族と密接に関わりながら、家族の大切さや人と人との繋がりの温かさを学んでいっているのでしょう。

ファッションに気を遣う

Coffee Gourmet Food - Free photo on Pixabay (752143)

イタリアからは、グッチやアルマーニ、プラダやヴェルサーチなど世界的に知られているファッションブランドが誕生しています。

そのように世界的に有名なブランドの発祥地であるように、イタリア人はファッションに気を遣っておりとてもオシャレです。

また、イタリア人デザイナーはシューズやバッグ、ジュエリーやランジェリーなどを得意としており、数々の人気商品を世のなかに送りだし発信してきました。イタリアに訪れた際には歴史的建造物を見るだけではなく、イタリア人の洗練されたファッションもチェックしてみましょう。

高級ブランドの車

Ferrari 458 Spider - Free photo on Pixabay (752144)

イタリアは数々のファッションブランドを誕生させていますが、ファッションだけではなく高級ブランド車も生み出しています。

イタリア人の多くはスピードのある車が好きで、とにかく速い車に夢中です。そして、スピードだけを重視するのではなくその見た目にもセンスを求めます。

そのため、スピードを兼ね備えた実用性とスタイルを併せた車を生産してきましが、その代表的な車が高級ブランド車フェラーリやランボルギーニです。そのように、車にもセンスを求めるのはさすがだとしか言えないでしょう。

家族経営の会社が多い

Startup Start-Up Notebooks - Free photo on Pixabay (752145)

イタリア人は家族を中心に生活をしていますので、それはビジネスにおいてもその傾向が表れており家族経営の会社が多くあります。

イタリアの企業では中小企業の割合が高いのですが、ほとんどが家族経営をしておりベネトンなどの大企業でも家族経営となっているものがあります。

また、イタリアは人と人の繋がりを重要視していますので、まったく知らない外部の人間との交渉はとても警戒する傾向があります。その反対に、よく知っている人間との交渉などは細かいことまで詰めていない段階で進めていく傾向をもっています。

ナンパはイタリアの文化

Man Coffee Cafe - Free photo on Pixabay (752146)

イタリアにはなんと女性に声をかけるのが習慣があり、ナンパが文化になっているのです。それはただ下心からではなく、多くの男性は「美しい女性に声をかけないのは失礼なことだ」という認識をもっているためです。

また、とても誉め方が上手で、女性が思わず喜んでしまうような言葉で声をかけ、とても紳士的なんだそうです。

日本人にも馴染み深いイタリアの食文化

Kagyana Strapatsada Gdarta - Free photo on Pixabay (752147)

世界的にも有名なイタリア料理は、日本人にも馴染み深いものですが、イタリアならではの食文化があります。また、イタリア料理と言っても、地域によってその文化が違いおもに使用している材料から異なってきます。

そんなイタリア料理の食文化とは?わかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

イタリア人にとって食事はとても重要

Bruschetta Tomatoes Food - Free photo on Pixabay (752149)

イタリア人にとって料理は生活のなかで大きな割合を占めているもので、また人生になくてはならないものと言っても良いでしょう。

イタリアでは家族で頻繁に集まりますが、その際にはもちろんイタリア料理が振舞われ、食べ物を中心にして家族の絆や繋がりが広がっていきます。そのため、イタリア人にとって食事はとても重要なものなのです。

イタリア料理といえば?

Pasta Spaghetti Italian Food - Free photo on Pixabay (752150)

イタリア人と食とは強い結びつきがありますが、イタリア料理は日本人にもとても馴染みのあるものです。たとえばスパゲティやピザは日本でも日常的に食べていますが、実はイタリア発祥の料理なのです。

また、ワインもイタリア文化の象徴で有名なブドウ園が数多くあり、ワインの生産量はイタリアが世界一です。もちろんイタリア人にも人気があり習慣的に飲まれています。

地域による文化の違い(北部と南部)

Stewed Tomatoes Dish Soup Italian - Free photo on Pixabay (752151)

そのように日本でも馴染みのあるイタリア料理ですが、地域によって食文化が違いそれぞれの独自の食文化をもっています。

大まかに北部と南部に分けると、北部では「魚・米・じゃがいも・豚肉・ソーセージ・様々なチーズ」などをおもに使っています。

そして南部では「トマトを使う料理が多くありますが、その他にもケッパー・ピーパン・ナス・オリーブ・オリーブオイル・アーティチョーク・ニンニク・リコッタチーズ」などがよく使われており、それぞれの食文化を引き継いでいます。

日本人と違うイタリアの食習慣

Mediterranean Cuisine Eat Food - Free photo on Pixabay (752152)

食もイタリア人にとってはなくてはならない文化であり、また日本でもよく食べられていますが、実際にはイタリアの日常で食べているものは違うこともあります。

また、イタリア人ならではの習慣もありますので、事前に知っておくことでイタリアを訪れた際や、生活していくうえで楽しんで食事をすることができるでしょう。

朝食は甘いもの系

Cheese Feta Loaf - Free photo on Pixabay (752153)

イタリアの朝ごはんと聞くとどのようなイメージを浮かべるでしょうか?実はイタリアでは朝ごはんには甘い物系しか食べないのです。

まだ眠たい頭や身体を起こすのにはイタリア人にとっては甘いものが必要で、基本的にはビスケットや甘いパンとコーヒーですますことが多いそうです。

そして、ビスケットの上にヘーゼルナッツのスプレッド(ヌッテラ)やジャムをのせたり、コーヒーも砂糖をタップリと入れて甘くして飲みます。また、コーヒーなどにビスケットを浸して柔らかくして食べるのもイタリアの特徴です。

お家でランチが基本

Pasta Noodles Penne - Free photo on Pixabay (752154)

日本では何時間もかけて出勤する人も多くいますが、イタリアではそのような人は少ないため家の近くに職場がある場合は、お昼休みには家に帰ってご飯を食べるお家でランチが基本です。

その際にはパスタなど簡単ものを作ってすますことが多いですので、スーパーには様々な種類のパスタが売られています。また500gで1ユーロ以下と値段も安いため、家庭では頻繁に食べられています。

夕食はコース仕立て

Spaghetti Drunken Line - Free photo on Pixabay (752155)

イタリアと日本では夕食も習慣が違っており、イタリアの夕食の時間は20時以降と少し遅めに始まります。また、日本では料理をすべて作り終えて一度に全部をだします。ですが、イタリアでは一皿ずつ順番に食べ終えていくコース仕立てになっています。

また、薄切りの肉は売られておらず塊か、もしくは骨付きですのでオーブン料理にすることが多く、そのため家庭には大きなオーブンが必ずあります。

意外と知られていないイタリアの民族衣装

Rome Pantheon Italy - Free photo on Pixabay (752156)

イタリアと聞くと洗練されたファッションのイメージがありますが、実は地方ごとに民族衣装があります。また、民族衣装はイタリアの文化と深く結びついていますので、そのことを知ることでよりイタリア文化への理解が深まるでしょう。

古代ローマ時代のトガ

古代ローマ人の男性は「トガ」を着ていました。映画「テルマエ・ロマエ」などでも着用していたため、これまでに目にしたことがあるのではないでしょうか。

トガは正装時の上着でタップリとしたヒダが特徴ですが、アイロンのようなものでヒダをつけ、大きな一枚布を体に巻き付けるようにして着用します。また皇帝や貴族、平民などの身分によって素材や色、装飾などが決められています。

ルネサンス期に大流行したマ二カ・スタッカビーレ

Building House Middle Ages - Free photo on Pixabay (752163)

マ二カ・スタッカビーレは、ルネサンス期に大流行したもので、二の腕の途中から手首までをおおい着脱可能な装飾用の袖です。真っ直ぐな形をしているものが一般的ですが、袖なしの胴衣と一緒に身に着けていました。

そして、刺繍が施されており当時の人々の間では装いのアクセントして親しまれ、シュミーズをのぞかせたりとオシャレを楽しんでいたようです。

また、ラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」などルネサンス期時代の人々を描いた絵画でよく見られますので、美術館などに見に行った際にはチェックしてみてください。

サルデーニャ島ドルガーリの民族衣装

サルデーニャ島では、1950年代までそれぞれの村独自の民族衣装が日常的に着用されていました。現在でもサルデーニャ島最大のお祭り「聖エフィジオ際」のときには、各地それぞれの民族衣装を身にまとった人々が集まります。

なかでも、ドルガーリに伝わる民族衣装が有名で、とくに女性用は色鮮やかで可愛いと高い評判があります。白い胴衣に極彩色のベール、そして刺繍が施された飾り袖になっておりその姿はとても華やかです。お祭りのシーズンに訪れた際にはその華やかな姿にうっとりするでしょう。

日本人旅行者も多いイタリアの魅力

Vatican Rome St Peters Basilica - Free photo on Pixabay (752172)

イタリアは様々な歴史的建築物や芸術で溢れ、また家族をとても大切にしており「家族」を中心とした生活を送っています。そのように人と人との絆や繋がりを大事にしているところもイタリアの魅力でしょう。

そして、日本人旅行者も多いイタリアは、その数々の魅力に魅了され世界各地から多くの人々が訪れています!

関連する記事