trima

奄美空港にラウンジやレストランはある?お土産・駐車場情報も紹介!

奄美空港にラウンジやレストランはある?お土産・駐車場情報も紹介!

2020.09.01

Trima鹿児島編集部

奄美大島の空の玄関口・奄美大島のオススメお土産やレストラン・駐車場、時間つぶしのラウンジなどの情報をまとめてみました。空港周囲には観光スポットやカフェなどいろいろなスポットもあるので、空港内や空港近辺の施設情報なども併せて紹介しています。

目次

  1. 奄美空港は奄美大島の玄関口
  2. 奄美空港で買えるお土産は?
  3. 鶏飯
  4. 黒糖焼酎
  5. サーターアンダギー
  6. きび酢
  7. フルーツソース&ジャム
  8. 青パパイヤ漬け
  9. 大島紬の小物
  10. 奄美空港にレストランはある?
  11. ジョイフルJr 奄美空港店
  12. カレースタンドASJ
  13. 奄美空港にはラウンジがないので注意
  14. 駐車場は無料で利用可能
  15. 奄美空港周辺の観光スポット
  16. 奄美パーク
  17. あやまる岬観光公園
  18. フライトまで奄美空港を楽しもう

奄美空港は奄美大島の玄関口

 (844083)

鹿児島県の離島・奄美大島を訪れる際には多くの人が利用する施設でもあり、豊富なお土産品を扱っていたり、周囲には観光スポットとなっている場所も多く、いろんな意味で島の玄関口となっています。

空港では離陸時間まで暇をつぶしたり、友人や家族などに贈るお土産を探したりすると思いますが、あらかじめ「どういったものがあるのか」を知っておいた方が効率よく旅行の計画を立てやすいものです。

ということで、奄美大島への旅行者の多くが訪れる「奄美空港」がどういったものがあるのかを解説していきますので。旅行のオトモにしていただければと思います。

奄美空港で買えるお土産は?

 (844087)

空港に来たら持って帰る「お土産」を探す方は多いので、まずはこちらを紹介させていただきます。奄美空港では島名物の「鶏飯」や「黒糖焼酎」をはじめ、南国で育った果物を使ったソースなど人気があるものが多くあります。

王道のお土産や最近人気が出てきたものなど含めて様々なものがありますので、参考にしてみてください。

鶏飯

View this post on Instagram

成城石井では、2月6日まで『九州味めぐり』を開催中! 海の幸・山の幸豊富な九州には、おいしいものがたくさん! 九州ならではの名物料理をアレンジしたお惣菜や、バイヤーが現地に赴いて仕入れてきたご当地グルメを揃えました! . 九州の名物郷土料理を成城石井流にアレンジ! 『成城石井自家製 だし汁で食べる!鶏飯(日南鶏使用)』は、鹿児島県奄美地方の郷土料理の鶏飯をアレンジし、1食あたり400kcal以下にしました。 ご家庭でも気軽に召し上がっていただけるよう作りました。 日南鶏使用の蒸し鶏とご飯を、あっさりしつつも旨味の効いた鶏ガラスープとともにお召し上がりください。 . この機会にぜひ、九州の味覚を味わってみてください! 皆様のご来店をお待ちしております。 . #成城石井 #seijoishii #スーパーマーケット #惣菜 #お惣菜 #スイーツ #デザート #food #LeBaraVin52 #ルバーラヴァン #ワイン #ワインバー #ワインバル #プレミアムチーズケーキ #チーズケーキ #チョコ #スコーン #九州 #鹿児島県 #鹿児島 #奄美 #鶏飯 #日南鶏 #郷土料理 #アレンジ #成城石井自家製

A post shared by 成城石井(seijoishii) (@seijoishii1927) on

奄美大島のお土産で最も人気があるのが「鶏飯(けいはん)」です。ご飯の上に鶏肉や錦糸卵などの具材が乗っていて、その上から鶏の出汁が効いたスープを掛けていただく島の伝統的な料理で昔から食べられています。

お土産として「鶏飯セット」が売られていて、具沢山の鶏飯を自宅で食べられます。気軽に食べられるフリーズドライの商品やレトルトとしてパックされているものなど様々なものがあります。

個包装になっていて人に配りやすいものもあるので、それぞれに合ったものも選ぶといいでしょう。

黒糖焼酎

黒糖焼酎は酒税法により奄美大島でのみ製造している貴重なお酒となっていて、お酒好きにはぜひオススメしたいお土産です。

奄美大島で採れる黒糖から作られる黒糖焼酎は小中なのに飲みやすく、女性でも飲みやすく高い評判を得ています。もちろんお土産品として買っていかれる方も多く、奄美空港でもたくさんの品揃えがあります。

中でも一番人気の「れんと」という黒糖焼酎で、なんでもクラシック音楽を聴かせながら熟成しているというユニークな製法で作られており、味もまろやかでほんのり甘い味わいで飲みやすく男女問わず高い人気がある商品となっています。

他にも5種類のミニボトルがセットになった「飲み比べセット」もあるので、買う銘柄に迷ったらこういったものをお土産として買っていくと失敗は無いのでオススメです。

サーターアンダギー

View this post on Instagram

朝ごはん! #奄美土産 #あんだぎや

A post shared by おき (@okizou) on

サーターアンダギーは沖縄の名物の印象が強いお菓子ですが、奄美大島は地理的に沖縄にも近い場所ということもあり、奄美とサーターアンダギーは意外にも馴染み深いものでもあります。

奄美大島でサーターアンダギーで有名なお店というと「あんだぎや」が筆頭で、若手クリエイターとコラボして作られたオシャレでかわいい箱に入っていているのが特徴的です。

1箱6個入りでプレーンや黒糖、きなこ、よもぎ、ココアの5種類のサーターアンダギーがセットになっていて、カリカリもちもちな食感がたまりません!

きび酢

View this post on Instagram

半年ぶり待ちに待った入荷です! 奄美の加計呂麻きび酢 さとうきびだけを原料にこの地域に浮遊する酵母菌と酢酸菌による自然発酵の天然醸造酢 テレビで紹介されてしまい😢品薄が続いています。 すぐにたくさん出来るものではありませんからね! さとうきびが原料だから 程よい甘味を感じます。だからこのままで美味しくてついたくさんかけてしまう☺️唐揚げやマリネに最高です。 薄めて飲んでいただくとアミノ酸たっぷり。 #奄美 #加計呂麻島 #さとうきび #きび酢 #オーガニックマートよこい #鎌倉の自然食 #自然食屋 #organicmartyokoi #vinegar

A post shared by オーガニックマートよこい (@organicmartyokoi) on

「きび酢」とはサトウキビから作られたお酢のことで、奄美大島でしか作られていない身体にも優しい貴重なものです。お湯や水で割ったり、果物にきび酢を漬けてフレーバーウォーターのならぬフレーバービネガーとして飲んだりもします。

豊富なミネラルが含まれていることから夏バテや冷え性の対策としても飲まれていて、珍しさと健康維持の手助けをしてくれることで、お土産品として人気がある品です。

中でも「かけろま きび酢(1,404円)」がオススメで、加計呂麻島のサトウウキビを100%使用の無添加醸造酢となっており、安心しておいしいおお酢で人気があります。

フルーツソース&ジャム

View this post on Instagram

自然いっぱいの奄美大島で育った果実が、おいしいジャムになりました。 コンフィチュールセット/奄美きょら海工房 鹿児島中央駅の改札正面にある「みやげ横丁」には鹿児島のお土産が勢揃い。ご旅行・出張の帰りにお土産を買い揃えて、新幹線にもすぐにご乗車いただけます。鹿児島のお土産情報が満載のホームページはこちら→ @kagoshima_omiyage #鹿児島 #かごしま #鹿児島県 #鹿児島市 #九州 #鹿児島中央駅 #鹿児島中央駅で買えるお土産 #鹿児島土産が勢揃い #みやげ横丁 #みやげ横丁で鹿児島みやげ #お土産 #鹿児島のお土産 #鹿児島土産 #鹿児島みやげ #鹿児島名物 #鹿児島旅行 #鹿児島観光 #鹿児島出張 #九州土産 #九州旅行 #帰省土産 #kagoshima #奄美きょら海工房 #コンフィチュール #奄美大島

A post shared by さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁 (@kagoshima_omiyage) on

奄美大島は南国特有のおいしいフルーツも有名ということもあり、島で採れる果物を使ったフルーツソースやジャムをお土産に買っていくという方も多く、とても人気のある商品となっています。

グァバやパッションフルーツ、マンゴーといった南国の定番フルーツから「たんかん」という奄美大島ならではの柑橘系果物を使ったソースやジャムなど豊富なラインナップがあります。

人気なのは「奄美きょら海工房」で作られている「コンフィチュール」はフランス語でジャムを表す言葉で、無添加かつ果肉と果汁をたっぷり使って作られています。

味はたんかんやグァバ、すもも、パッション&マンゴー、島バナナ&パインなど様々なバリエーションを取り揃えていますので、是非お試しあれ!

青パパイヤ漬け

パパイヤは奄美大島の特産品でもあり、それをご飯のオトモとして「お漬物」にした商品です。青パパイヤ漬けはシャキシャキ食感と爽やかな味わいでお土産としても人気があり、醤油漬けや浅漬け、味噌漬けなどいろんなバリエーションがあります。

ちなみにパパイヤは果物だというイメージがありますが、奄美では黄色に熟しているものを「果物」、熟していない緑のものは「野菜」という感覚で分けられています。

青パパイヤ漬けのおすすめは「島一」の「青パパイヤ浅漬け」です。添加物なしで作られており、あっさりでシャキシャキした食感が楽しめる美味なお土産で人気商品となっています。

大島紬の小物

大島紬(おおしまつむぎ)は1300年という長い歴史がある伝統工芸品で、奄美の地が発祥とされる絹織物です。時に「着物の女王」と称される高級品なのですが、ぬいぐるみなどの雑貨類にもなっているのでお土産としても人気があります。

奄美大島に生息するアマミノクロウサギのぬいぐるみや小銭入れ、ブローチなどの雑貨がリーズナブルな価格で販売されているので、友人はもちろん両親の結婚記念日のプレゼントとして買うのもオススメです!

奄美空港にレストランはある?

 (844106)

奄美空港内のレストランはファミレスの「ジョイフルJr」と立ち食いカレー店「カレースタンドASJ」の2店舗のみ営業しており、カフェを利用したい方は一旦空港の外に出る必要があります。

空港内で営業しているこの2つのお店について紹介していきたいと思います。

ジョイフルJr 奄美空港店

View this post on Instagram

やっぱジョイフルやな!

A post shared by R.Okuno (@r.o.style) on

西日本を中心に全国展開しているファミレス「ジョイフル」のちょっと規模が小さいバージョンである「ジョイフルJr」が奄美空港2階にあります。

特に奄美大島特有の特別メニューがあるというわけではありませんが、飛行機を観ながら食事したり、奄美の黒糖焼酎を飲むことができたり、飛行機が出発するまでの時間を潰すのに適しています。

メニューはハンバーグや定食、軽食などファミレスらしい豊富なメニューで、お子様ランチも用意されているので子供連れのお客さんでも利用も問題ありません。

またこちらの店舗では、ドリンクバーが無いことでソフトドリンクやコーヒーを飲みたいときは1ドリンクずつ注文する必要がありますので注意しましょう。

カレースタンドASJ

View this post on Instagram

Curry stew 久しぶりの家カレー

A post shared by Atsu Miyagi (@miyagiatsu) on

こちらのお店は立ち食いスタイルのカレーショップで、時間が無くてササっと手早く食事を済ませたい方や一人旅の方におすすめです。

味は本格的なカレーが味わえますし、デザートには奄美大島名物である「ミキヨーグルト」を飲むことができます。「ミキ」というのは米と砂糖、サツマイモを材料として作る発酵飲料で「お米のヨーグルト」という異名も持っています。

「長寿の島」として知られる奄美大島の方々に親しまれている飲み物で栄養価も高く消化にもいいのが特徴です。旅行で疲れた胃腸にもいいので、ぜひお店に立ち寄る際は飲んでみてはいかがでしょうか。

奄美空港にはラウンジがないので注意

 (844110)

一般的な空港では航空会社が運営する「空港ラウンジ」がありませんので、出発口で保安検査を受けた後は待合室で出発を待つしかありませんので注意しましょう。

空港内で時間を潰したいのであれば2階にあるファミレスの「ジョイフル」や3階の休憩スペースで飛行機を眺めたり、もしくはお土産店巡りをするくらいしかありません。

もし空港外に出ても問題ないということなら徒歩10分の位置に「ヤマダ珈琲」というおしゃれなカフェがあるので、ここでおいしいコーヒーやマフィンなどを食べて一息付くことができるので、こちらがおすすめです。

駐車場は無料で利用可能

 (844112)

空港の駐車場は有料というところが多いのですが、奄美空港の駐車場は送迎用として8:00~19:30までの間無料で利用することが可能です。

駐車スペースは約290台用意されており、身体障がい者用の専用駐車スペースもあるので利用しやすいところとなっています。

また、8:00~19:30の時間外は駐車場の利用ができないため、その際は民間の有料駐車場を使用する必要がありますので注意しましょう。

奄美空港周辺の観光スポット

奄美空港近辺にはいくつか観光スポットもあるので「飛行機までの時間があるけどあまり遠いところまではいけない」という時にも訪れやすい場所があります。

最後に有意義な時間調整におすすめな観光スポットを紹介しますので、「時間が無いけどちょっと遊び足りないな」と思った時の参考にしてみてください。

奄美パーク

奄美空港から車でおよそ5分の場所にある「奄美パーク」では奄美の文化や歴史を知れたり、喫茶店でくつろいだり、展望台から綺麗な風景を望めたりなど、奄美を複合的に楽しむことができます。

園内の「奄美の郷」と「田中一村記念美術館」は無料ゾーンと有料ゾーンに分かれていますが、無料でもボリュームもなかなかあって楽しめますし、公園や展望台も利用可能なので気軽に立ち寄りやすいところとなっています。

美術館エントランス内にある喫茶店の「チェーロ」で販売されている「奄美フルーツきび酢ソーダ」は南国らしい爽やかな風味のドリンクでオススメです!

あやまる岬観光公園

奄美空港から車で約8分と近いところにある「あやまる岬観光公園」は広大な敷地に海中プールや芝スキー、グランドゴルフなど多くのアクティビティが楽しめ、絶景を眺めながらティータイムができるカフェがある観光スポットです。

「あやまる」という名前は丸っこい地形が綾に織られた「まり」のように見えることから名づけられており、公園周辺は美しい海と島々、岬の周りにはサンゴ礁とソテツジャングルと、遊べるだけではなく景色も素晴らしく高い人気があります。

昔から地元の人たちから神聖な場所として大切にされてきた神聖な場所で、毎年元旦には初日の出を見に来るという方も多くいる場所でもあります。

フライトまで奄美空港を楽しもう

奄美空港は一見、他の空港に比べたら施設も少ないように感じるかもしれませんが、人気のお土産も集まっていますし、空港近くには観光する場所もある立地にあります。

テイクオフまでの間、少しでも奄美の空気を楽しんで素敵な思い出を作りましょう!

関連する記事