trima

奄美大島のおすすめ観光スポット・アクティビティまとめ!アクセスも!

奄美大島のおすすめ観光スポット・アクティビティまとめ!アクセスも!

2020.09.02

Trima鹿児島編集部

鹿児島の離島である「奄美大島」は、沖縄と並んで南国が味わえる場所として有名です。夏のイメージがありますが、実は冬でも楽しめるアクティビティが多く、観光客も少ないのでおすすめです。今回はマングローブ林をはじめとする奄美大島の楽しみ方やアクセス方法を紹介します。

目次

  1. 奄美大島は自然を満喫できる最高の島
  2. 奄美大島のおすすめ観光スポット
  3. 土盛海岸
  4. 大浜海浜公園
  5. マテリヤの滝
  6. マングローブパーク
  7. 金作原原生林
  8. 加計呂麻島
  9. 冬に楽しめる奄美大島の観光スポット
  10. ハートロック
  11. フォレストポリス
  12. 宮古崎
  13. 奄美大島のおすすめアクティビティ
  14. マングローブカヌー
  15. シュノーケリング
  16. シーカヤック
  17. ホエールウォッチング
  18. モーターパラグライダー
  19. 奄美大島へのアクセス方法は?
  20. 奄美大島を丸ごと楽しもう

奄美大島は自然を満喫できる最高の島

海が綺麗なところと言えば沖縄を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。近年、海外旅行に行くような気分が味わえると離島のリゾート地が人気となっていますが、九州の南方海上にある「奄美大島」も沖縄と並んで人気を集めています。

奄美大島は佐渡島に次いで面積5位の島であり、沖縄と九州の文化がミックスされたところです。主要都市から直行便で行けるにもかかわらず、リゾート地として有名になっていないため、手つかずの自然が楽しめたりホテルなどが安かったりします。

海が綺麗な穴場に行きたいという人にはぴったりの最高の島です。今回は、奄美大島の楽しみ方を余すことなく紹介します!

奄美大島のおすすめ観光スポット

 (838099)

奄美大島は観光客がそれほど多くはありませんが、観光におすすめの自然と触れ合えるスポットが多く存在します。

ここでは、その中でも観光客に人気の6つの観光スポットを紹介します。

土盛海岸

View this post on Instagram

・ 💙✈️ My travel diary loveisland ✈️💙 ・ ᴴᴱᴸᴸᴼ︎❥❥❥»︎|ω・)ᴴᴱᴸᴸᴼ︎❥❥❥»︎ ・ 今週もよろしくお願いします って…もう週末─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ〜ね〜😂 ・ は、早い😂 あっとゆう間の1週間でした🌀 ・ 13日 夜中3時に起き4時半から千葉の成人式の仕事 昼過ぎに帰って来て仮眠 いつもは1日だけなんだけど 今年は息子が留守番出来るようになったから 14日に渋谷の成人式の仕事にも夜から出向き 2時半起床の4時から昼過ぎまで出稼ぎ仕事したよ😂 ・ 渋谷成人女子になめられないように←え😂? カラコン 巻き髪 で精一杯 若作りして出かけ がっつりと手のひら分のギャラ💴頂いたけど 普段そんな時間帯は爆睡中だから 眠眠打破に 栄養ドリンクとサプリを飲んで←必死かっ🤣 仕事に挑んだけど帰りは白目🙄でフラフラ😂 ・ 19時半〜朝 7時まで死んだように爆睡したよ😂 ・ でも次の日 右目が開かなくて朝風呂に入ってた 旦那に洗面所で おはよう❣️って言ったら バケモノを見る様な目で 怖っ😱‼️と言われ ムッとしたけど ふっと 自分の顔を鏡を見たら 亀田興毅と内藤大助の試合の時の 内藤大助のような顔に仕上がってたーー😂👏🏼 誰かと思ったし 誰かにぶん殴られたか考えたよ〜🤣 ・ ある意味 次の日の方が 渋谷成人女子にならなめられない顔に仕上がってた😂 ・ 良かったら 【亀田興毅 内藤大助 試合 】とググってね💻 😂 私の1月15日の顔と同じ目が出てきます😂 肩揺れるw ・ イキって カラコンなんか長時間 乾いた空気悪い場所で 付けてたせいと 寝てない上に新陳代謝も付いて行かず 老体の目に・代謝に負担がかかってむくんだのね〜🤣 なかなかの #深刻な初老問題 😂 爆 ・ ・ 渋谷成人女子に張り合った意味も根拠も 無意味に終わりバケモノ顔から始まった私の今週😂 ・ 明日はこの冬きっと最初で最期の写真活動だよ😂 ↑なんで?って?寒いから😂 🙌🏼←やる気ゼロ😂 皆さん素敵な週末をお過ごしくださいませ🤗 ・ ・ 写真は 透明度が最高で本当に綺麗だった #奄美大島 #土盛海岸 より☺️←安定の説明短っ💦 ・ #tomoribeach #visitokinawa #aumo #ig_skyline #beachlover_tabijyo #tropical #tabijyo #ダレカニミセタイケシキ #ダレカニミセタイフウケイ #奄美群島 #tropicsdaily #amami #olympusomd #風景写真 #landscape_lovers #naturephotography #奄美 #beautifulsea #beokinawa #landscape_lovers #travelphotography #bluesky #destination #destinations #privatebeach #ig_skyline #be_one_skybeach

A post shared by 🌺𓇼 ℛ𝒴𝒪𝒞𝒪 𓇼🌺 (@pucuk_ryoco) on

奄美空港から車で10分の近場にある「土盛海岸」は、奄美大島の中でも随一の綺麗さを誇るビーチです。白い砂浜と深さによって色が変わる海を見ているだけで癒されるでしょう。

特に土盛海岸の澄んだ青さは「ブルーエンジェル」と呼ばれているほどです。リーフに囲まれているため波が穏やかで、遠浅なので家族連れも安心して楽しめます。すぐ先には波が荒い場所もあり、サーフィンを楽しむ人も多いです。

ただ、離岸流が発生しやすく、水難事故も起きているので沖まで行きすぎないように注意は必要です。浜で楽しむ分にはぴったりのビーチでしょう。

大浜海浜公園

奄美大島の市街地からすぐ近くにある「大浜海浜公園」は、夕日の絶景スポットとしても知られており、東シナ海に沈む夕日を眺めることができます。

昼間は透き通った青い海とサンゴ礁が楽しめ、ソテツやガジュマルといった南国らしさ漂う亜熱帯の植物も観察できます。地元の人も夕日を見るために大浜海浜公園を訪れることが多いようです。

公園内には他にも奄美海洋展示館・小浜キャンプ場・サンセット大浜といった施設があり、1日たっぷりと時間を過ごせます。

マテリヤの滝

空港から2時間ほど行ったところにあるフォレストポリス内にある「マテリヤの滝」は、ジャングルの中のオアシスと呼ばれているスポットです。

昔は今よりもうっそうと木が生い茂り、昼間でも辺り一帯薄暗かったようです。しかし、この滝壺だけは輝いて見えたため、人々は「マ・ティダ・ヌ・コモリ」(本当に美しい太陽の滝壺)と呼ぶようになり、マテリヤの滝になりました。

夏でもひんやりと冷たい空気が流れていますが、あまりの綺麗さに滝壺で泳ぐ人も少なくありません。

マングローブパーク

奄美大島といえばマングローブ林です。そのマングローブ林を楽しめるスポットが、空港から車で70分の所にある「マングローブパーク」です。入園料はグランドゴルフ代がついて大人500円、子供300円となっています。

カヌー体験を希望する場合は、入園料など込みで大人2,000円、子供1,800円で楽しめます。カヌー体験はマングローブ林の中をすいすい進み、1時間ほどかけて探検できます。先導してもらえるので迷子になる心配もありません。

金作原原生林

View this post on Instagram

ヒカゲヘゴ 金作原原生林行かなくても、湯湾岳とか奄美の普通の山に生えてたりします笑 金作原原生林に入るにはガイドが必要なので、ツアーで行くのがオススメです! 僕の場合、3500円でツアーに参加できました。 アイランドサービスっていう会社が安いのではないでしょうか。 #奄美大島 #金作原原生林 #原生林 #アイランドサービス #instagramjapan #tokyocameraclub #東京カメラ部 #IGersJP #team_jp_ #team_jp_flower #team_jp_モノクロ #team_jp_東 #team_jp_西 #Lovers_Nippon #Lovers_Nippon_Portrait #Lovers_Nippon_Artistic #art_of_japan #aoj_bokeh #ptk_japan #IG_PHOS #daily_photo_jpn #bestjapanpics #light_nikon

A post shared by かつどん (@106katsudon) on

奄美市名瀬の山奥に広がる原生林が「金作原原生林」です。奄美大島は自然豊かなことで知られていますが、その中でも太古からの亜熱帯植物を見ることができるスポットです。

聞こえてくるのは自分の足音と自然の音だけという、心が洗われる体験ができるでしょう。探検コースは2キロほどと遠くはありませんが、道が険しく見どころが多いため、3時間ほどかかります。料金は4,000円程で、名瀬まで送迎があります。

雨の日は足場が悪くなりますが、植物の緑が一層綺麗に見えるというメリットもあります。

加計呂麻島

奄美群島の中にある島で、奄美大島からはフェリーで20分の所にある「加計呂麻島」は秘境の地としても有名です。まだ観光地化されておらず、島の95%が山林というほど自然豊かなスポットです。

星の砂がたくさんる「徳浜」やターザンごっこが楽しめる「於斉」など、小さな島ながら見どころはたっぷりです。ペンションや民宿があるため、1泊2日や2泊3日で時間を気にせずにゆっくりと周るのがおすすめです。

温暖なため、ウェットスーツを着れば冬でもシュノーケリングを楽しむことができます。

冬に楽しめる奄美大島の観光スポット

 (838100)

奄美大島の魅力は夏だけではありません。冬は観光客が少なく、旅行がしやすいという面もあります。奄美大島の冬は本土ほど寒くないため、過ごしやすい気候です。

しかし、冬は海水も冷たくなるため、夏のように海水浴することはできず、ビーチが閉まっていることもあります。では、冬はどのように楽しめばいいのでしょうか。

ここでは冬でも楽しめる奄美大島の観光スポットを紹介します。

ハートロック

View this post on Instagram

「ハートロック」って言うんだって♡カップルで来るといいよね〜♫ みんな幸せになってね〜♡♡ #ハートロック #カップルで行く場所 #五感を磨く旅 #ビューティフルライフ #ビューティーレッスン #ビューティー&コーチング #自分がどうなりたいか #自分がどうありたいか #結局メンタルが大事 #マンツーマンレッスン #アラカンライフ #アラカン女子 #アラカンスタイル #アラカンファッション #女は50からやで #美と健康 #自分らしく生きる #自分を解放 #自分を大切に #やりたいことをやる人生 #何より楽しむことが大事 #ミセスツーリズムjapan2019日本代表 #あまこひろみ

A post shared by Francesca Hiromi Amako (@amaco3838) on

嵐のCMで有名になったハートロックは沖縄にありますが、奄美大島にも少し違うハートロックがあります。空港から車で15分で行け、国道82号線に沿って進むと看板が見えてくるので迷うことは少ないでしょう。

駐車場からは歩いて向かいますが、途中の林にはハブが生息しているので気を付けましょう。ジャングルのような道を4分程進むと海岸に出ます。奄美大島のハートロックは潮だまりのため、時間によって見えない時もあります。

ハートロックが見えるのは干潮時の1時間ほどで、潮位80cm以下になるときです。特に1月~3月は岩の周りにアオサが生え、ハートの淵が緑になるのでより一層綺麗に映えます。

予め干潮時間を調べて行きましょう。

フォレストポリス

奄美大島は海のイメージが多いですが、自然豊かだからこそ、山も魅力のひとつです。奄美大島で最も自然を感じられると言われている場所が「フォレストポリス」です。

奄美大島で最高峰の湯湾岳の峰にある自然公園で、アスレチックで遊べる「ふれあいゾーン」、池や広場で生き物と触れあえる「水辺のゾーン」、マテリヤの滝がある「渓流ゾーン」に分かれています。

キャンプ場も併設されているため、本格的にキャンプでアウトドアを楽しめるほか、バンガローでお手軽に泊まることができます。

大人5,000円、子供2,500円で「ナイトツアー」が開催されており、夜にしか出会えない生物を見ることができると好評です。特に家族連れに人気のスポットです。

宮古崎

View this post on Instagram

奄美大島に行ったら絶対行ってほしい! #せごどんロケ地 の笹畑 ‼︎ . 岬一帯にリュウキュウチクが生い茂る宮古崎。背丈の低いササに囲まれた空間は、まるで草原!視界は水平線まで広がり、解放感いっぱいの大パノラマ.。.:*☆ . #西郷どん のオープニングでも使われた場所.。.:*☆そこに立ってみた‼︎感動😭🙏 . #宮古崎 #奄美大島 #西郷どんロケ地 がいっぱい #西郷隆盛 #笹畑 #奄美大島旅行 #奄美大島観光 #奄美大島宣伝部 #奄美大島の海 #島旅 #たびすたぐらむ #風を感じる写真 #artistsoninstagram #日本の絶景 #日本旅 #島移住 #島暮らし

A post shared by 笑顔の画家 RIE (@artist_rie) on

西郷どんのロケ地としても知られている「宮古崎」は冬にもおすすめの観光スポットです。大和村国直集落から歩いて20分ほどのところにあり、観光地としてはあまり有名ではありませんが、地元の人がおすすめする場所でもあります。

辺り一面には背の低い琉球竹が生えており、草原とは違った美しさがあります。そして先まで歩くと、目の前には東シナ海が一望でき、地球が丸いことを実感するでしょう。

冬には宮古崎からクジラが泳ぐ姿を見ることもできるようです。天気のいい日は冬でもポカポカして気持ちよく、おすすめです。

奄美大島のおすすめアクティビティ

 (838103)

奄美大島は自然を楽しめるアクティビティが充実しています。アクティビティに参加することでより自然を間近で見られ、忘れられない経験になるでしょう。

ここでは、奄美大島でぜひ体験してほしいアクティビティを紹介します。

マングローブカヌー

海外のマングローブ林は危険な生物が生息していたり急な高波が起こったりすることもあり、安心してアクティビティに参加できないこともあります。しかし、奄美大島は危険な生物もいないので「マングローブカヌー」が人気です。

濡れることは少ないので、年中楽します。事前予約が基本ですが、枠が空いている場合は当日参加もできます。奄美大島にはマングローブカヌーを体験できるツアー会社が多くあります。

ツアー会社によって体験料金は異なりますが、大人1名1,500円~2,000円ほどで1時間半くらい体験できます。手の届く距離でマングローブ林を見ることができます。

シュノーケリング

奄美大島に行くなら海の綺麗さを見ずには帰れません。海水浴もいいですが、「シュノーケリング」で見る海の世界は段違いの美しさがあります。

奄美大島には多くのシュノーケリングスポットがあり、「倉崎海岸」「土盛海岸」「ヤドリ浜」「屋鈍海岸」がとても有名です。シュノーケリングツアーに参加すると海の生物に出会える確率も高く、すぐそばにインストラクターがついてくれるので未経験でも安心です。

餌やりがツアー内容に含まれている場合も多いので、すぐそばまで魚たちが寄ってきてくれます。5歳からでも参加できる半日シュノーケリングツアーもあるため、小さな子供も楽しめます。

シーカヤック

パドル, カヤック, カヌー, 探る, 海, 空, 水, 反射, 地平線, 日没, 日の出, 朝, 夜

泳げない人でも奄美大島の美しさを味わえるアクティビティが「シーカヤック」です。奄美大島は海の透明度が高いので、海面からも海の中がクリアに見えます。

基本的に2人乗りなので、家族や友人、恋人との絆を深めることもできます。夏にシーカヤックをするイメージがあるかもしれませんが、寒さ対策をすれば冬でも楽しめるアクティビティです。

小回りが利くので無人島に上陸できたり、手つかずの自然を海側から見ることができます。マングローブカヌーやシュノーケリングとセットになっているシーカヤックツアーも多くあります。

シーカヤックの相場は5,000円~9,000円となっています。

ホエールウォッチング

野生のクジラを見ることができる「ホエールウォッチング」は、1月中旬から3月の冬季限定のアクティビティです。普段はシベリア近海に住んでいるザトウクジラが出産や子育てのために温かい奄美大島周辺までやってきます。

ボートから間近で見るクジラは迫力満点で、群れをなしていることも多いです。奄美大島でホエールウォッチングのツアーをしているところはまだ少ないため、クジラ側も警戒心が薄く、船のすぐ近くまでやってきてくれることもあります。

半日プランと1日プランがあり、半日プランであれば3時間程度で午前と午後の部に分かれ、1日プランは6時間くらいです。1日プランの場合はお弁当が付いてきます。

料金は半日プランで6,000円、1日プランで12,000円となっています。外洋は波があるため船酔いする人は対策をしておきましょう。また、寒さ対策や日焼け対策も万全にして楽しみましょう。

モーターパラグライダー

空の上から奄美大島の自然の美しさを見ることができるのが「モーターパラグライダー」です。これはハーネス部分にモーターが搭載されているため、平地からも離陸が可能で、近年はスカイスポーツとして人気が出ています。

通常、準航空機にあたるためライセンスが必要となりますが、インストラクターと2人で飛行する場合にはライセンスは必要ありません。操縦なども全て行ってもらえるため、未経験でも気軽に体験することができます。

まだまだメジャーなアクティビティとは言えないため、一足早く体験してみるのもいいのではないでしょうか。3歳以上から体験できるため、小さな子供でも空中散歩を楽します。

体験料金は15分程のフライトで1万円前後です。空の上からウミガメやサンゴ礁をぜひ見てみてください。

奄美大島へのアクセス方法は?

 (838104)

奄美大島は観光で有名な島なので、各主要都市の空港からは直行便が出ています。関東からは2時間半で到着するので、移動時間を短縮したい人におすすめです。ただ、1日に数便しか出ていないため、旅行の日程と合わない場合もあるでしょう。

その場合、一度鹿児島へ行き、鹿児島から飛行機またはフェリーで行くという方法もあります。鹿児島から奄美大島への飛行機は往復で7,000円~2万円ほどです。1日に何便もあるので好きな時間を選びやすいです。

フェリーは11時間ほどかかりますが、船中泊となるので1泊分のホテル代が浮くことや曜日によって値段が変わらないことがメリットです。船旅が好きな人でのんびりした旅を楽しみたい人におすすめです。

奄美大島を丸ごと楽しもう

View this post on Instagram

💙 B L U E W O R L D💙 * 何人か気付いてコメントと DMくれました💙 * 気付いてくれた皆 ありがとう😎💓 * ただいま●●のセカイ🌏 シリーズ勝手にやってます😂 * 第1段は… 💙青のセカイ💙 * これにて青のセカイは Fin…🌟 * Last Postは日本🇯🇵✨ * 奄美大島🌴 のビーチの一コマ🐻💓 * 人も少なくて皆優しくて 天気も奇跡的に3分の1が雨☔️ と言われる中晴れて🌞 * 週末2日でバニラエア使って 行ったんやけど安いし💰 * とにかく最高だった💕 * 自然荒らされず残っていて 沖縄よりも奄美大島が 好きになった❤️ * 日本にも青のセカイは 広がってる💙💙💙 * * 🇯🇵Japan / Amami Island🌴 📍ばしゃ山村⛱ * #日本 #奄美大島 #離島 #ビーチ #青の世界 #誰かに見せたい景色 #タビジョ #マイトリ #マイトリップ #フォトジェニック #海外旅行 #世界一周 #世界遺産 #ファインダー越しの私の世界 #カメラ好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #旅好きな人と繋がりたい #バックパッカー #女子旅 #カメラ女子 #絶景 #リンクコーデ #IMATABIキャンペーン8 #今だからできる旅 #jtbで旅したい #旅 #旅行 #にこTA #世界でいちばん美しい旅 * 🗺#yukitrip_AmamiIsland🇯🇵

A post shared by 🐈ゆっきぃ🐈 (@world.traveler.yuki) on

今回は奄美大島の楽しみ方について詳しく紹介しました。季節によって楽しめるアクティビティが異なり、冬にしか楽しめないものもあります。

自然豊かな奄美大島では普段出会えないような生物と出会え、自然と触れ合うことができるので家族連れにもおすすめです。ぜひ、奄美大島を丸ごと楽しんでください。

関連する記事