trima

奄美大島のハートロックは恋愛のパワースポット!場所や干潮時間は?

奄美大島のハートロックは恋愛のパワースポット!場所や干潮時間は?

2020.09.03

Trima鹿児島編集部

奄美大島において恋愛のパワースポットとして注目されているハートロックを知っていますか?人の手を加えずにできたハート型の潮溜まりは自然が生み出した芸術品。これは干潮時間だけでしか見られないスポットです。詳しい場所や生き方などを紹介します。

目次

  1. 奄美大島のハートロックは恋愛のパワースポット
  2. ハートロックへ行く際は干潮時間を調べる必要あり!
  3. ハートロックが見える条件
  4. 干潮時間の調べ方
  5. ハートロックの行き方
  6. 場所は赤尾木集落の海岸
  7. 「La Fonte」の手前を曲がる
  8. 「Healthy Island Cafe」の正面が入口
  9. 「宿うふた」を目指す方法もある
  10. ハートロックの魅力
  11. かわいいハート形をしている
  12. 恋愛のパワースポット
  13. 奄美空港から近い
  14. ハートロックの注意事項
  15. 車は「宿うふた」に隣接する駐車場へ停める
  16. 海岸へ行く道はハブの出没に気をつける
  17. 時間調整におすすめのスポット
  18. あやまる岬観光公園
  19. 奄美大島紬村
  20. 奄美パーク
  21. 干潮に合わせてハートロックを見にいこう

奄美大島のハートロックは恋愛のパワースポット

 (840321)

奄美空港から車で約15分。国道82号線を南下した龍郷町には、恋愛のパワースポットとして注目されているハートロックがあります。ハートロックとは人の手を加えずに自然の力だけで作られた潮溜まりです。自然にできたのにも関わらず、干潮時にはとてもきれいなハート型をのぞかせます。

しかし初めて行く観光客の中には、ハートロックを見つけることができなかったという人も少なくありません。それはカーナビの目的地に設定できないため迷ってしまったり、波のある日や満潮時に行ってしまったりということが理由のようです。

せっかく奄美大島まで来たなら、ハートロックは絶対に見ておきたいスポットのひとつ。見つけることができなかったということが無いように、事前に下調べをしておきましょう。

ハートロックへ行く際は干潮時間を調べる必要あり!

 (840322)

ハートロックは毎時間必ず見れるわけではありません。タイミングがずれてしまうと、その日は見れないということもあるのでプランをねって訪れるのがおすすめです。ハートロックを見ることができる条件や干潮時間の調べ方、おすすめのシーズンを紹介します。

とは言っても、天気によって左右されることも多いです。ハートの形がきれいに見れたらラッキーくらいの気軽な気持ちで行くのが良いでしょう。

ハートロックが見える条件

ハートロックがきれいに見られる条件は2つ。干潮時間であることと、波が穏やかであることです。1日に2回訪れる干潮の前後1時間だけ、潮位80cm以下になるときれいに見ることができます。しかし干潮時に行っても、波がある日だとハートが分かりづらいことも。

足場も悪く危険なので、波のある日は近づかないようにしましょう。

ハートロックにもベストシーズンがあります。1月~3月になると、ハートを縁取るようにアオサが茂るためよりきれいな風景をみることができます。コントラストがはっきりしているので、SNS映えもバッチリです!

干潮時間の調べ方

 (840324)

干潮時間はインターネットで簡単に調べることができます。潮見表では2週間分の干潮時間を調べることが可能です。時間とともに注目して欲しいのが、潮位。干潮時間に訪れても潮位が80cm以上の場合があります。

波が穏やかな日の潮位が低い干潮時の昼間と考えると、観光で訪れた人がきれいなハートロックを見ることができるというのは、とても幸運なことなのかもしれません。

ハートロックの行き方

 (840325)

ハートロックがきれいに見えるタイミングがわかっても、たどり着けなかったら意味がありません。そして迷子になって、干潮時間にたどり着けなかったということも避けたいものです。ナビの目的地にも設定できないので、道順や目印となるポイントを事前にチェックしておきましょう。

奄美大島の観光は車移動になるので、駐車場情報なども合わせて紹介します。目印となるポイントや駐車場となる場所はいくつかあります。

場所は赤尾木集落の海岸

 (840326)

奄美空港から国道82号線を南下し、約15分ほどの場所にハートロックはあります。用安海岸から神の子集落を過ぎ、太平洋側にある赤尾木集落の海岸がおおまかな場所です。目印となるスポットはジェラートが美味しいお店「LaFonte」か、宿「うふた」。

それらのスポットまでは国道82号線を道なりに走れば着くので、迷うことはないでしょう。奄美空港以外から向かう場合は「LaFonte」か「うふた」をナビに設定しておきます。

「La Fonte」の手前を曲がる

ハートロックの目印となるのが、奄美大島で人気のジェラート店「LaFonte」です。奄美空港から国道82号線を走り「LaFonte」の50mほど手前の左側に小道があるので入ります。道なりに50mほど進んで、左側にウフタ遺跡の説明看板が見えれば道は合っている証拠です。

そこからさらに100mほど進むと、次は「それいゆふぁ~む」の看板が見えてきます。看板に示されている案内に沿って、「それいゆふぁ~む」を目指しましょう。

「Healthy Island Cafe」の正面が入口

「Healthy Island Cafe」の正面にハートロックへ続く入り口があります。それいゆふぁ~む内にあるため、先程の道のりを看板の案内どおりに進むと到着します。ハートロックへはここの駐車場に車を停めて向かいましょう。事前に干潮時間を調べずにハートロックへ来た時には、看板をチェック!

看板にはその日の干潮時間が毎日記載されているので、確認できます。干潮時間が近づいたら、ハートロックの入り口の案内札にそって小道に入ります。ここからは舗装がなく、まるで小さなジャングルのようです。数分ほど歩くとジャングルを抜けて、目の前に海岸が広がります。

海岸の右手側に視線を向けると、遠目にいくつかの潮溜まりが確認できます。その潮溜まりの中の2番目がハートロックです。

「宿うふた」を目指す方法もある

次に目印となるのが宿「うふた」です。奄美空港から向かうと「LaFonte」よりも手前にあるため、この道順で向かう人が多いかもしれません。「うふた」の駐車場に車を停めたら、ここからは徒歩でハートロックまで向かいます。

車を停めたら国道82号線を奄美空港方面を背にして少し歩きます。まもなくハートロックと書かれた案内札が出てくるので、示されているとおりに左に曲がりましょう。道なりに歩けば左手にハートロック入り口の看板が見えてきます。そこから入り進むと、ハートロックがある海岸に到着します。

ハートロックの魅力

 (840332)

観光スポットとしては、少しこじんまりとしているハートロック。しかも道のりもわかりにくく、タイミングが悪ければ見ることもできないことがあるハートロックへ訪れる人は後をたちません。なぜここまで人々を引きつけるのでしょうか?ハートロックの魅力を紹介します。

かわいいハート形をしている

View this post on Instagram

今回も見れたハートロック。

A post shared by 山下 平 (@taira_yamashitaya) on

ハートロックの一番の魅力は、なんといっても可愛らしいハート型。自然が生み出したものにも関わらず、とてもきれいな形をしています。近くで正面から見るよりは、少し離れて斜めからのアングルで撮影するのがきれいなハート型に写すコツです。

干潮時なら間近で見ることもできるので、海の美しさを感じることもできます。たまにハートの潮溜まりに小魚が泳いでることも。ぜひ色々なアングルで撮影してみてください。近くまでいけますが、足元は悪く滑りやすいのでくれぐれも気をつけてくださいね!

恋愛のパワースポット

 (840333)

美しいハートの形をしていること、タイミングが合わないと見ることができないことから、最近では恋愛のパワースポットとしても注目されているようです。きれいなハートロックを撮影できたら、待ち受け画面にすると恋愛運もUPするかもしれません。

近くにある「それいゆふぁ~む」ではハート型の南京錠が販売されています。その南京錠は願い事をかき、所定の場所にロックします。また2人でこの地に来れるようにと願うカップルも少なくありません。

奄美空港から近い

 (840334)

ハートロックが人気を集めているのは、奄美空港からのアクセスの良さにもあります。目印となるスポットさえ把握しておけば、国道82号線を道なりに進むだけなので迷わずたどり着けます。空港からも約15分ほどの手軽さ、近くに時間を潰せるスポットがある便利さが観光客にとって嬉しいポイントです。

ハートロックの注意事項

当然のことながら、人気観光地の近くには生活している人たちがいます。住民の人たちに迷惑がかからないように、ハートロックを楽しむことが大切です。ハートロックへ行く際の注意しておきたいポイントも一緒にみていきましょう。

車は「宿うふた」に隣接する駐車場へ停める

View this post on Instagram

. . . 2019/2/26〜3/7 . . 10日間ヘルパーとしてお世話になりました🏝 . 最初はちょっと長かったかなあとか楽しく過ごせるかなあとか不安な気持ちもあったけど、うふたに来て、みっきーさんをはじめ沢山の人と出会う中で、むしろ10日間なんて少ない帰りたくないに変わってた✈️❌ . . 初めてのヒッチハイクも、ギターも、ヘルパーのお仕事も、お昼寝も、みっきーさんの三味線をきくのも、ヤギ汁パーティーも、砂浜の散歩も、カブ君と遊ぶのも、温泉に行ったことも、料理を作ったことも、うふたで過ごす全部が楽しくて全部が大切な思い出🌈🌈 . 岡山に帰る日も時間ギリギリまでいろんなところに連れてってくれて、最後の最後まで一緒にいてくれて楽しませてくれて、本当にありがとうの気持ちでいっっぱい🥺💓 . . みっきーさん、おぐっちゃんさん、マルさんには特にお世話になりました!🙏 また会いに行かせてください🌈🌈 . . #奄美大島 #amami #ゲストハウス #宿うふた #ヘルパー #出会いに感謝

A post shared by Moe (@m_diary27) on

ハートロックへ訪れる際には、宿「うふた」の駐車場に車を停めることが推奨されています。国道沿いの駐車場もありますが、停められる台数が少ないためこの場所を利用した方が安心です。歩くのが面倒だからと言って、路上駐車をするのは絶対にNG!住民の方々の迷惑になるのはもちろんですが、そもそも交通違反です。

海岸へ行く道はハブの出没に気をつける

豊かな自然が残されている奄美大島。もちろん生活しているのは人間だけではありません。看板にも出ていますが、海岸までの小道はハブの目撃情報もあるため、昼間でも足元に注意して進んでください。

暖かい地域に生息しているため、冬眠はしません。そして日中は穴に隠れて、夜になると活発に動き出す夜行性です。危険なので季節問わず夜に向かうのは避けた方が良いでしょう。

時間調整におすすめのスポット

 (840340)

満潮時に海岸に行っても、ハートロックは海の中。干潮時に行ってきれいなハートの形を見に行きましょう。奄美大島にはスキマ時間を有効に過ごせる観光スポットがいくつもあります。数あるスポットのなかでも、奄美ならではの自然や文化を楽しめるスポットをピックアップしてみました。

あやまる岬観光公園

奄美空港から北上すること車で約10分。「あやまる岬観光公園」は、奄美大島最北端に位置します。グランドゴルフやスレチック、海中プールなどが集まるレジャースポットとして多くの人が集まる場所です。公園内にある高台からは海を一望でき、まさに大パノラマの絶景を堪能できます。

そして奄美の大自然を感じられるのが、多目的広場の外れにある遊歩道です。そこにはソテツジャングルが広がり、南国らしさを感じることができます。あやまる岬はかつて祭事が行われていた場所。今でも地元住民からは神聖なスポットとされています。

住所鹿児島県奄美市笠利町大字須野682
営業時間8:30~17:00
定休日年末年始
アクセス奄美空港から車で約10分/奄美空港から佐仁行きのバスに乗車「アヤマル岬」バス停下車すぐ
駐車場有り

奄美大島紬村

奄美大島紬村はハートロックから比較的近い場所にある体験型観光スポットです。ここでは世界三大織物とひとつとされている大島紬の製造見学や、泥染め・着付け体験などができます。敷地内には亜熱帯植物庭園もあり、貴重な動植物を見ることも可能です。

この場所を堪能するならガイドさんと一緒に回るのが断然おすすめ。大島紬の歴史などを知りながら見学すると、より深く楽しむことができます。

住所鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1945
営業時間9:00~17:00
定休日年中無休
アクセス奄美空港から車で約30分/奄美空港から奄美市内行きのバスに乗車「大島紬村入口」バス停下車徒歩2分
駐車場有り

奄美パーク

View this post on Instagram

#奄美大島 #奄美パーク

A post shared by Kenta Shimono (@kenpie) on

「奄美パーク」は奄美の歴史や自然を感じられるスポットです。有料ゾーンと無料ゾーンがあるので、時間や目的に合わせて気軽に楽しむことができます。歴史にふれる場所、敷地内の田中一村美術館などは屋内施設なのであいにくの天気の日にもおすすめです。

敷地内は散策もできるため、奄美の自然を感じながら心地よい時間を過ごすこともできます。奄美空港からも近いので、アクセスも抜群です。

住所鹿児島県奄美市笠利町節田1834
営業時間9:00~18:00(7月・8月は19:00まで)最終入館は閉館30分前
定休日第1・第3水曜日(ただし4/29~5/5・7/21~8/31・12/30~1/3は除く)
アクセス奄美空港から車で約5分/奄美空港から奄美市内行きのバスに乗車「奄美パーク内」バス停下車すぐ
駐車場有り

干潮に合わせてハートロックを見にいこう

あらゆる自然条件、そして干潮時間だけに姿を現す神秘的なスポット、ハートロック。可能であれば週間天気や、潮位が低い干潮時間を狙って見に行きましょう。美しいハートの形を見られたら、感動もひとしおです。恋愛運をアップさせたい時、奄美の自然に癒やされたい時にぜひ立ち寄ってみませんか?

関連する記事