trima

屋久島でおすすめのグルメは?郷土料理や美味しい海鮮のお店を紹介!

屋久島でおすすめのグルメは?郷土料理や美味しい海鮮のお店を紹介!

2020.09.03

Trima鹿児島編集部

屋久島は魚・肉・野菜と食材が揃っており、絶品グルメの宝庫だとか。新鮮な刺身や飛び魚の料理、焼肉などのお肉料理も欠かせません。今回は屋久島のおすすめグルメを徹底解説!宮之浦で郷土料理が楽しめるレストランやランチ、おしゃれカフェなどを紹介します。

目次

  1. 屋久島の絶品グルメが知りたい!
  2. 宮之浦の絶品郷土料理「恵比寿大黒とし」
  3. おすすめメニュー
  4. 魚料理が絶品「お食事処 潮騒」
  5. リーズナブルで上質なお肉「焼肉れんが屋」
  6. トラがお出迎え?「屋久どん」
  7. 上質な食材にこだわった「パノラマ」
  8. 地魚のお寿司が絶品!「いその香り」
  9. 屋久島の名産も食べれる「かもがわレストラン」
  10. ランチもあります「屋久島ふるさと市場」
  11. 刺身が絶品だと話題「地魚料理 若大将」
  12. イタリアンならここ!「イルマーレ」
  13. ガラス張りの店内がおしゃれ「散歩亭」
  14. 屋久島で訪れたいおしゃれカフェ
  15. 屋久島ジェラート・そらうみ
  16. ノマドカフェ
  17. 小屋カフェ 日と月と
  18. スマイリーカフェ
  19. しいば
  20. 屋久島グルメでパワーチャージしてみて!

屋久島の絶品グルメが知りたい!

 (840702)

屋久島のグルメと言えばどんな料理を思い浮かべますか?トビウオやサバ、新鮮なお刺身などでしょうか。「カメノテ」と呼ばれる甲殻類も人気です。郷土料理はもちろんですが、屋久島には絶品料理のお店がたくさんあるんです。

世界遺産や自然豊かな景色を堪能し、屋久島のグルメに舌鼓!地酒を飲みながら優雅な時間を過ごすのもおすすめです。今回は、屋久島の絶品グルメを徹底解説!海鮮や焼肉、おしゃれなカフェやランチなど、郷土料理はもちろんですが、地元の人からも人気が高いお店を中心に紹介していきます。

宮之浦の絶品郷土料理「恵比寿大黒とし」

屋久島・宮之浦の絶品グルメで必ず名前が挙がるのが「恵比寿大黒とし」。屋久島の地魚を中心とした郷土料理を提供しており、地酒も充実しています。

店内は広々しており、座席、カウンター席があります。オーダーは紙に書くシステム。定食や一品料理、丼ものもあります。店内には刺身のポスターも貼ってあり、時期によって採れる魚が書かれています。

営業時間は夜のみで17:30~22:30、定休日は日曜日です。ただし予約があれば日曜も営業してくれるとか。

おすすめメニュー

おすすめのメニューはやはり屋久島ならではの郷土料理です。観光客だけでなく地元の人からも根強い人気があるのが「飛び魚の唐揚げ定食」(1,296円)。大きなトビウオをフライにしたものに、ご飯、味噌汁、お新香がセットになっています。見た目からもインパクトがある1品で、頭もヒレも全部食べれちゃうとか。

ポリポリとした食感と、ふっくらジューシーな魚の身の食感が感じられ、ご飯がすすむ定食です。ほかにも、「首折れサバのお刺身」「刺身定食」などもおすすめです。ぜひ焼酎と一緒にお召し上がりください。

魚料理が絶品「お食事処 潮騒」

続いても魚料理が絶品のお店になります。「お食事処 潮騒」は夜だけでなくランチ営業もしており、魚介料理、海鮮料理が美味しいと人気のお店です。店内は解放感があってゆっくりとした作り。壁一面に芸能人の色紙が貼っており、それだけ人気があるお店なのがわかります。

焼酎も各銘柄揃っており、女性に嬉しいカクテル類も豊富!場所は県道77号線、宮之浦大橋から500mほど。営業時間は11:30~14:00、17:30~22:00、木曜定休です。

おすすめメニュー

おすすめはやはり魚介類。一番人気は「首折れサバ刺身定食」(1,800円)です。ごまさばの鮮度を保つため、すぐに首を折って〆ることから「首折れ」と呼ばれているとか。甘めの醤油とぷりぷり身が引き締まったサバの刺身が相性抜群!色味からも新鮮さが伝わり、口の中いっぱいにサバの風味が広がります。

茶わん蒸しや味噌汁もセットになっており食べごたえ満点です。地元の人から一番人気なのは「大ぶりの海老フライ定食」(1,500円)。かなり大きな海老が2つ入っていて、ぷりぷりで美味!こちらもリーズナブルで満足感が高いです。夜は地酒と一緒にいただくのがおすすめ!

リーズナブルで上質なお肉「焼肉れんが屋」

屋久島で焼肉を食べたいなら「焼肉れんが屋」がおすすめです。上質なお肉をリーズナブルなお値段いただけ、鹿児島和牛や鹿肉など、屋久島ならではのお肉を味わえます。屋久島は、人口より鹿の数が多いと言われるほど鹿が豊富な町です。

「焼肉れんが屋」ではヤクシカが食べられるとあって、観光客も多く訪れるとか。場所は案房。営業時間は11:00~14:00、18:00~21:00、不定休になります。

おすすめメニュー

おすすめのメニューは「屋久島定食」(2,100円)。鹿、豚、牛の焼肉にトビウオのマリネ、ナムル、スープ、ライスがついているという贅沢な定食。屋久島産のお肉はジューシーでしっかり脂がのっています。そして鹿の方は、さほどクセがなく旨味がしっかり凝縮されているとか。

ミディアムレアぐらいの焼き加減が美味しくいただけます。ポン酢につけて食べるのがおすすめ!他にも車えびもついてくる「れんが定食」(2,500円)も人気です。色々なお肉に海鮮も楽しめジューシーで肉汁たっぷり。「屋久島鹿のたたき」も臭みがなく食べやすいと言います。

トラがお出迎え?「屋久どん」

安房港のすぐ近くにあるトビウオを中心とした郷土料理を提供している「屋久どん」は、店内に入ると大きなトラがお出迎えしてくれるとか。屋久杉で作られた工芸品で圧倒的な存在感を放っています。

キャンプ場の併設しており、BBQ設備やトイレ、水道水も利用できます。宿泊は1泊お一人800円~。「屋久どん」は地元の人にも大人気なうどん屋さんで、ランチ時には多くの人で賑わっています。

営業時間は11:00~15:00、18:00~21:00、日曜定休(連休の中日の時は営業)です。

おすすめメニュー

おすすめは「屋久どん満喫セット」。トビウオのから揚げ、トビウオの漬け丼、屋久島風うどんがセットになった贅沢な1品!トビウオをお腹いっぱい食べたい人にぴったりです。漬け丼にうどんの汁をかければ、お茶漬け感覚で食べれてまた違う味わいを楽しめます。

パリッと揚げられたトビウオは白身の甘さが引き立っており、お酒との相性も抜群!さっぱりとした屋久島風うどんにはさば節が使われており、随所で屋久島を感じられます。

上質な食材にこだわった「パノラマ」

屋久島の厳選した地魚や野菜などの上質な食材にこだわり、ビジュアルでも楽しませてくれるレストラン「パノラマ」。築50年の建てものをリノベーションし、木の温もりを感じさせる柔らかな空間は居心地も抜群です。

料理は彩りもバランスも計算されており、肉、魚、デザートも豊富です。場所は宮之浦、営業時間は18:00~23:00、水曜定休です。

おすすめメニュー

View this post on Instagram

Flying Fish sashimi

A post shared by David Farago (@dnavigon) on

魚料理では「トビウオのから揚げ」、トビウオのすり身をパン粉で揚げた「トビカツ」、「ポケ」などがおすすめ。お肉料理では「手羽焼き」「カリコリ豚なんこつ串」「トロトロ豚なんこつ煮」などが人気です。もちろんランチにもぴったりで、夜にはお酒と楽しむ方が多いとか。

甘いもの好きには嬉しいデザートもあり、3点選べる「デザートプレート」、屋久島の紅茶で香りづけした「パリッとクレームブリュレ」などが人気です。

地魚のお寿司が絶品!「いその香り」

地魚に徹底的にこだわり、養殖ものは一切使っていないお寿司や海鮮料理が美味しいと話題のお店です。父と兄を漁師に持つ店長は、自ら漁に出てその日釣れた地魚をメニューに取り入れています。

屋久島近海でとれたサバ、トビウオ、ホタなど、新鮮なお魚を味わいたい方におすすめのお店です。スタッフはいつも明るく笑顔で、居心地の良い空間を提供してくれています。場所は安房港から5分ほどのところ。営業時間は11:00~13:30、18:00~21:30、定休日は火・水曜のランチです。

おすすめメニュー

人気NO1は「地魚のにぎり」。4種8貫で1,780円、5種10貫で2,160円です。お味噌汁もセットになっており、その日釣れた地魚を使った握りをいただけます。首折れサバやアオホタなど、屋久島ならではのお寿司が豊富。色味からもその新鮮さは伝わり、シャリとのバランスが絶妙だとか。

他にも「地魚刺身定食」(1,940円)、「カメノテの蒸し焼き」(760円)なども人気です。お子さんには玉子やサーモンなどが入った「おまかせ寿司」(1,500円)がおすすめです。

屋久島の名産も食べれる「かもがわレストラン」

安房で学生や登山客人気のがっつり系のお食事処と言えば「かもがわレストラン」の名前が挙がります。リーズナブルでボリューム満点なのが特徴!昭和44年創業でレトロな店内は懐かしい雰囲気を味わえます。

隣のお店では「手作り弁当かもがわ」も営業しており、ここで買ったお弁当を店内で食べられます。もちろん、観光客におすすめの郷土料理も充実しています。

安房港から車で3分ほどのところにあり、営業時間は9:00~15:00、17:00~21:00、定休日は第1・第3日曜日です。

おすすめメニュー

「かもがわレストラン」は、モーニングから営業しています。トーストに目玉焼き、おかずのついたモーニングセットは9:00~11:00の提供。

ランチタイムにはボリューム満点のAランチBランチが人気!Aランチには、ポークソテー、魚のソテー、エビフライ、サラダ、スパゲティ、ライスがワンプレートにのっており1,100円。

Bランチは、ハンバーグ、魚のムニエル、エビフライ、サラダ、スパゲティ、ライスがワンプレートで900円です。ほかにもオムライスやうどん、焼きそばなど様々なメニューがあります。

ランチもあります「屋久島ふるさと市場」

「屋久島ふるさと市場」は種類豊富なお土産が売られているお店で、常に観光客で賑わっています。屋久島のお土産を買うなら「屋久島ふるさと市場」は欠かせません。市場内にはレストランがあり、地元の食材にこだわったランチが人気です。ボリュームもクオリティーの面でも満足感が高く、お子さん連れにもおすすめ!

宮之浦港からほど近く、徒歩で5分かからない程度。屋久島から出発する前にも便利です。観光客だけでなく地元の人からも人気が高く、リピーターも多いとか。郷土料理を始めカレーや丼、ステーキなどあらゆるメニューがあります。営業時間は8:00〜15:00、無休です。

おすすめメニュー

ランチタイムにはやはり定食がおすすめです。「お魚づくしセット」(1,600円)「地魚海鮮丼」(1,200円)「飛び魚姿揚げ定食」(900円)など。どれもおすすめです。

特に人気なのが「お魚づくしセット」で、飛び魚のから揚げ、さつま揚げ、刺身、魚の味噌汁、小鉢やご飯がセットになっており、かなりボリュームがあります。

品数が多いだけでなく、一品一品量が多いので満足感も高いとか。朝の8:00~営業しているのでモーニングもおすすめです。

刺身が絶品だと話題「地魚料理 若大将」

こちらも宮之浦にある夜のみ営業している地魚料理と地酒が楽しめるお店です。宮之浦港から南へ進んだところにあり、カウンターとテーブル席があります。気さくで親切な大将がゆっくりとお料理を提供してくれます。

屋久島観光でわからないことがあれば大将に聞けばOK!親身になって様々な相談に乗ってくれます。営業時間は18:00 ~ 23:00 頃。魚がなくなり次第終了となります。定休日は日曜日です。

おすすめメニュー

おすすめはやはり地魚メニュー。店主自らが漁に出ており朝獲れの地魚を提供してくれます。おすすめは「地魚刺身盛り合わせ」「首折れ鯖刺し」「地魚あら煮」など。鹿の刺身やカメノテなども揃っており、料理に合う地酒も豊富です。

すべてのメニューは+350円でご飯、味噌汁、小鉢付きの定食に早変わり!メニューの最後には店主の顔写真が。その笑顔にも癒されること間違いありません。

イタリアンならここ!「イルマーレ」

屋久島と言えば、海の幸の宝庫!その豊かな海鮮と地元の野菜をたっぷり使ったイタリアンはいかがでしょうか?「イルマーレ」は本格的なイタリアンが食べられるレストランで、シェフのこだわりが詰まったお料理が人気です。

屋久島近海で獲れた魚で作るイタリアンは絶品!オリジナルのソースと絡むことで風味豊かな一品になると言います。場所は小瀬田、空港から徒歩2分のところにあります。営業時間は11:00〜15:00、18:00〜21:00、定休日は木曜日です。

おすすめメニュー

オーナー自らが生地を作るピザやパンが絶品!そこに屋久島の食材がプラスされ鹿肉を使ったピザや、イカスミのピザなど、他では食べられないメニューが充実しています。

屋久島近海の魚介を使った「地魚のアクアパッツァ」「地魚のカルパッチョ」もおすすめ!ランチタイムには「霧島黒豚のラグーソース 」のパスタランチが定番で人気だと言います。ランチには前菜やパン、飲み物がついており、ピザランチもあります。

ディナーにもコース料理があり、特別な日にもぴったり!ぜひチェックしてみてください。

ガラス張りの店内がおしゃれ「散歩亭」

安房川の河畔にあるガラス張りのお店。創業は昭和50年、開店当時はジャズとスコッチとコーヒーだけのお店だったと言います。奥にあるバーは当時から変わりません。レトロで温かみがあって、壁画も必見。現在はランチ、ディナーとお食事を提供しており、屋久島の食材を使った様々な料理が楽しめます。

営業時間は11:30~15:00 、18:00~25:00、定休日は昼は日曜日、夜は第一・第三 日曜日になります。川に面したテラス席もあり、真っ赤な橋を見ながらのお食事やお酒は絶品!優雅な時間を過ごせます。

おすすめメニュー

ランチタイムは、パスタもしくはカレー、季節のサラダ、ドリンクがセットになって980円~。ドリンク類には屋久島のたんかんジュースもあります。

ディナーには、記念日などにピッタリなコースメニューもあります。一品メニューでは、「本日のカルパッチョ」「屋久島産黒豚味噌」「黒胡椒どり」などがおすすめです。1品料理は500円以下のメニューもありリーズナブル。焼酎、ワイン、たんかん酒にカクテルと、お酒の種類がかなり豊富で1杯650円です。

屋久島で訪れたいおしゃれカフェ

 (841001)

屋久島の地魚や郷土料理が楽しめるレストランを紹介していきましたが、中にはおしゃれなカフェでランチやスイーツを楽しみたい方もいるでしょう。屋久島の自然豊かな景色を感じながら、カフェで一休み!

ここからは、屋久島で人気のおしゃれカフェを紹介していきます。

屋久島ジェラート・そらうみ

屋久島で唯一のジェラート屋さん「そらうみ」。屋久島内で採れる旬の食材にこだわり、保存料や添加物などは使わず、自然の味をそのまま生かしたジェラートが人気です。屋久島のフルーツと言えばたんかん!

彩りも美しく、ジューシで糖度が高いのが特徴的です。他にもドラゴンフルーツやパイナップル、パパイヤなど南国のフルーツがいっぱい!また屋久島の茶葉を使ったフレーバーも人気です。ミルクベースで風味豊か。写真映えするジェラートが揃っています。

場所は麦生、営業時間は13:00~17:30、金曜日・土曜日・日曜日・月曜日・祝日の営業、オフシーズンは不定期営業です。

ノマドカフェ

「ジンジャーシロップ」が有名なカフェですが、店内も非常におしゃれで女性客から人気があります。シンプルかつ木のぬくもりを感じさせる外観で、テラス席もあります。店内には雑貨類も売られており、お土産にもぴったり!

カウンター席からも外の景色が望め、ゆったりとした時間が過ごせます。メニューは主にアジアンティストのランチ中心で、時期によって変わると言います。盛り付けにもこだわっておりテイクアウトのドリンクもあります。

スイーツもフルーツなどの旬によって随時変わりますので要チェック!場所は屋久島の南、原地区、営業時間は11:30~17:00、営業日は月・火・土・日です。

小屋カフェ 日と月と

「小屋カフェ 日と月と」は、その名の通り小さなカフェです。お土産屋「杉匠」のパーキング内で営業しており、グレーに黄色の外観が目印のカフェです。基本的にはテイクアウトのみのお店になり、珈琲やチャイ、「季節のフルーツソーダ―」などが人気。

特に「季節のフルーツソーダ―」は、二か月に1回屋久島のフルーツを使ってシロップを作っており、彩りが綺麗だと話題になっています。日によっては野菜を使ったスープを提供することも。

地元の人からも人気がありますが、観光の途中にもぴったり。マイカップ持参だと増量してくれるとか。営業時間は7:00~17:00、7.8.9月7:00~18:00、無休です。

スマイリーカフェ

安房港から徒歩10分ほどのところにある安房川沿いの「スマイリーカフェ」。屋久島の海と空を望める明るい店内では、地元の素材にこだわったスイーツやサンドウィッチ等の軽食が人気です。化学調味料無添加で安心・安全にいただけるものにこだわっています。

ランチにおすすめなのが「スマイリーセット」(980円)。マフィンサンドやスープ、ドリンク、ミニスイーツがセットになっており、野菜のしゃきしゃき感とマフィンのしっとり感が絶品!

スイーツでは「ベイクドチーズケーキ」(450円)「島バナナシフォン」(430円)などがおすすめ。甘さ控えめでなめらかです。営業時間は11:00~17:30、火曜定休です。

しいば

牧野バス停前にある地元の人に愛されている小さなお店です。店内ではパンやケーキ、サンドウィッチなどが売られており、ご当地ソフトクリームも人気!パンはハード系も充実しており、女性客からも人気があります。

店内にはイートインスペースがあり、パンケーキやケーキ等をいただけます。バースディケーキにも対応しており、旅の途中で誕生日を迎える方にもぴったり。場所は安房港から車で5分ほど、営業時間は8:00~20:00、火曜定休です。

屋久島グルメでパワーチャージしてみて!

 (841058)

屋久島は新鮮な魚を始め、肉や島野菜も充実しています。屋久島の代表的なグルメと言えば「飛び魚のから揚げ」や「首折れサバ刺身」。もちろんイタリアンや焼肉にも地元の食材が使われており、鹿肉も絶品!

ぜひ屋久島グルメでパワーチャージしてみてください。

関連する記事