trima

韓国のユジョン食堂の魅力とおすすめメニュー!BTSが通っていた?

韓国のユジョン食堂の魅力とおすすめメニュー!BTSが通っていた?

2020.09.01

Trima韓国編集部

韓国で有名な「ユジョン食堂」をご紹介します。あのBTSも通っていたといわれている、ファンにとっては聖地のようなユジョン食堂は、地元民にも観光客にも大人気です。ユジョン食堂の人気メニューや、ファンを惹きつけてやまない魅力などを徹底的に解説します。

目次

  1. 日本でも話題?!韓国のユジョン食堂とは?
  2. 韓国のユジョン食堂とは?
  3. あのBTSも通っていた!
  4. ユジョン食堂の場所や行き方(新沙洞)
  5. ユジョン食堂の魅力
  6. BTSファンにはたまらない空間
  7. ユジョン食堂の人気メニュー
  8. 油井野菜包みご飯
  9. 黒豚石焼ビビンバ
  10. 生黒豚の五枚肉
  11. 東大門のユジョン食堂
  12. 東大門のユジョン食堂の場所や行き方
  13. 24時間営業で豊富なメニュー
  14. 日本語メニューもあり
  15. 東大門のユジョン食堂の人気メニュー
  16. 味噌チゲ
  17. 土鍋プルコギ
  18. 韓国のユジョン食堂は旅行者にもおすすめ

日本でも話題?!韓国のユジョン食堂とは?

日本でも大人気のK-POPアイドル「BTS(防弾少年団)」も通う「ユジョン食堂」は、日本人観光客や地元民が連日訪れるほど大人気の食堂です。その人気はどこにあるのでしょうか。ユジョン食堂の人気と愛される理由について解説します。

韓国のユジョン食堂とは?

韓国のユジョン食堂は、江南論峴洞と東大門に店舗があり、地元民には「バンタン食堂」の愛情で親しまれている、長年愛される黒豚焼肉食堂です。

韓国の家庭料理や手作りキムチ、石焼ビビンバ、冷麺など、韓国を代表する絶品グルメを堪能できます。アットホームで居心地のいい韓国の食堂として、日本人観光客にも大人気です。

あのBTSも通っていた!

ユジョン食堂には、あの大人気K-POPアイドル「BTS(防弾少年団)」も通っていた食堂として、ファンの間ではとても有名です。

BTSが所属する事務所の近くに「ユジョン食堂」があったため、BTSが練習生時代からほぼ毎日のように足しげく通っていたといわれています。

BTSの下積み時代を支えた、ファンには聖地のようなお店です。

ユジョン食堂の場所や行き方(新沙洞)

ユジョン食堂の新沙洞店は、韓国のトレンド発信地として注目度の高い、人気の観光ストリート「カロスキル(街路樹通り)」から徒歩10分歩いた路地にあります。

地下鉄3号線新沙(シンサ)駅の1番出口から徒歩12分、狎鴎亭(アックジョン)駅4番出口から徒歩12分と、とても分かりやすい立地なので、観光客でも迷わずに行ける便利な場所です。

住所ソウル特別市江南区論峴洞8-8 (서울특별시 강남구 논현동 8-8)
道路名住所ソウル特別市江南区島山大路28キル14 (서울특별시 강남구 도산대로28길 14)
TEL02-511-4592
営業時間本文1月~金曜:10:00~21:30、土・日曜:10:00~20:00
店休日旧正月、秋夕(チュソク)の連休
アクセス・地下鉄3号線狎鴎亭(アックジョン)駅の4番出口から徒歩12分・地下鉄3号線新沙(シンサ)駅の1番出口から徒歩12分
通じる言語韓国語、中国語(日本語不可)
お店URLhttps://www.seoulnavi.com/food/6499/

ユジョン食堂の魅力

韓国の地元の方に長年愛され、今では日本のBTSファン達の間でも絶大の人気を誇る「ユジョン食堂」は、メニューはもちろん、店内の雰囲気などお店のいたるところに魅力を感じる食堂です。

そんなユジョン食堂の魅力やBTSファンに愛される理由について調べました。

ユジョン食堂の魅力

ユジョン食堂の最大の魅力は、なんと言ってもボリューム満点の料理の数々です。韓国の家庭料理を中心にしたメニューは、食欲をそそる香りが店中に広がり、ピリッと辛い味付けが癖になる料理ばかりです。

広い店内は靴を脱いで上がるお座敷タイプのテーブルが並び、ランチタイムや夕食時のピークタイムには合席になることもあり、いつ行っても常に満席状態なこともあります。

BTSファンにはたまらない空間

ユジョン食堂には練習生時代からBTSのメンバーが毎日のように通っていたことから、店内にはBTSメンバーのオフショット写真やデビュー前の写真、ポスター、そしてメンバーサインなど、メディアに出る前の秘蔵コレクションがたくさん飾られているスペースがあります。

それを目当てに訪れるBTSファンが過半数以上もいるほどです。ユジョン食堂はBTSファンにはまさに「夢のような聖地」となっている、たまらない空間なのです。

ユジョン食堂の人気メニュー

ユジョン食堂にはたくさんの韓国料理メニューがあります。一般的な韓国家庭料理から、話題の人気メニューまで、幅広いメニューのラインナップです。

その中でも特に話題で、地元民にも観光客にも大人気のメニューを3品ご紹介します。

油井野菜包みご飯

「油井野菜包みご飯(ユジョンサンパッ・一人前9,000ウォン)」は、チリサンの大自然で育った黒豚をコチュジャンベースのタレで付け込み、熱々の鉄板で焼いたユジョン食堂の看板メニューです。

コチュジャンの真っ赤に染まった見た目ほどの辛さはなく、程よいピリッとした辛さなので、日本人観光客でも抵抗なく食べられます。ご飯やキムチなどの薬味と一緒に、新鮮なサンチュやケンニッ(エゴマの葉)に包んで食べます。

2人前から注文でき、ボリューム満点なので大勢でシェアして食べるスタイルが一般的です。

黒豚石焼ビビンバ

「黒豚石焼ビビンバ(フッテジトルソッビビンバ・9,000ウォン)」は、油井野菜包みご飯と同じ味付けの黒豚の上に、韓国海苔とゴマがたっぷりとのった石焼ビビンバです。別添えのご飯を入れて全体をよく混ぜて食べます。

ゴマ油で香ばしく焦げ目がついたおこげ部分が食欲をそそります。キムチやナムル、味噌チゲがセットになっていて、お値段もリーズナブルな人気のメニューです。

生黒豚の五枚肉

「生黒豚の五枚肉(センコギフッテジオギョプサル・一人前16,000ウォン)」は、黒豚の肉厚でもっちりとした食感と、上質な脂の旨さを実感できる、韓国では国民的な人気を誇る鉄板メニューです。

傾斜型になっている鉄板で、キムチやニンニクなどと一緒に黒豚の脂を落としながら焼き、黒豚の表面に焦げ目が付きはじめカリカリになった頃合いが、絶妙の食べごろサインです。

カリカリの黒豚にお店オリジナルのタレをつけ、焼いたキムチやニンニクとともにサンチュに包んで食べます。ジューシーながらも脂っこさが全く気にならない、さっぱりとした味です。

東大門のユジョン食堂

ユジョン食堂には、BTSが通った新沙洞の他に、東大門にも店舗があります。こちらは観光客が多い地域にあるため、回転率がとてもいい、ガイドブックにも紹介されている人気の観光スポットです。

ここからは、東大門のユジョン食堂についてご紹介します。

東大門のユジョン食堂の場所や行き方

東大門のユジョン食堂は、眠らない街として有名な東大門(トンデムン)にあります。周辺には「光熙市場(光熙ファッションモール)」や「南平和市場(N.P.H)」などの卸売り市場があり、常に観光客や地元民で賑わっている地域です。

地下鉄1号線東大門駅4番出口から徒歩4分、地下鉄2号線東大門歴史文化公園駅1番出口から徒歩10分と、アクセス良好な観光地です。

住所ソウル特別市中区新堂洞 217-111 (서울특별시 중구 신당동 217-111)
道路名住所ソウル特別市中区馬場路1キル 28-5 (서울특별시 중구 마장로1길 28-5)
TEL02-2232-5727
営業時間24時間※但し土曜18:00~日曜7:00は利用不可
店休日不定休、旧正月・秋夕(チュソク)の前日と当日、夏季休業
アクセス・地下鉄2号線東大門歴史文化公園(トンデムンヨッサムナコンウォン)駅の1番出口から徒歩10分 ・地下鉄1号線東大門(トンデムン)駅の4番出口から徒歩4分
通じる言語韓国語、中国語(一部スタッフのみ日本語可)
お店URLhttps://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=10841

24時間営業で豊富なメニュー

東大門のユジョン食堂は、24時間開いている利便性の高さも人気です。豊富なメニューは定番韓国料理を中心に約50種類も揃っていて、何を注文しようか悩んでしまうほどです。

もちろんそんな人気店ですので、ランチタイム時は店内は大混雑しています。東大門市場に通うバイヤーの行きつけになっていたり、おひとり様観光客でも気軽に入れる、家庭的でホッとできる人気の食堂です。

日本語メニューもあり

Menu Table Terminal Board - Free photo on Pixabay (763870)

東大門のユジョン食堂には、日本語が話せるスタッフはごく一部のみですが、メニューに日本語表記あります。注文時には店員さんにメニューを指差し注文することが可能です。

観光客になれている店舗ならではの対応ですね。また、区の模範飲食店にも指定されている優良店舗なので、初めての韓国旅行でも安心して立ち寄れる食堂としておすすめです。

東大門のユジョン食堂の人気メニュー

東大門のユジョン食堂には、約50種類ものメニューが揃っています。迷うほどあるメニューの中で、特に観光客やリピーターに人気であるメニューは、「味噌チゲ」と「土鍋プルコギ」です。

ここからはそんな東大門のユジョン食堂の人気メニューの美味しさのヒミツをご紹介します。

味噌チゲ

東大門のユジョン食堂の「味噌チゲ(テンジャンチゲ・7,000ウォン)」は、味噌のコクのある熱々のスープに、野菜や豆腐などのたっぷりの具材が入った、韓国家庭料理の定番メニューです。

栄養満点で朝ごはんにもぴったりですし、酔い醒ましのシメご飯としてもおすすめです。パンチャンという付け合わせがセットになっていて、家庭的でとても美味しいキムチが付いてきます。

土鍋プルコギ

東大門のユジョン食堂の「土鍋プルコギ(トゥッペギプルコギ・9,000ウォン)」は、醤油ベースの甘めに味付けされたお肉がたっぷりと入った石焼鍋の熱々のスープです。

味は日本のすき焼きに似ていることもあり、日本人観光客に人気の韓国グルメです。辛いものが苦手な方でも食べられるので、韓国初体験の観光客にもおすすめのメニューです。別添えのご飯とパンチャンがセットになっています。

韓国のユジョン食堂は旅行者にもおすすめ

Mural Korean Murals Daehakro - Free photo on Pixabay (763877)

韓国のユジョン食堂は、地元民にも愛される定番の本場韓国料理の味を、リーズナブルな価格で味わえる観光客におすすめの食堂です。

優良店にも指定されているので、おひとり様旅行でも安心して立ち寄れます。韓国に旅行に行った際には、ぜひ本場の韓国家庭料理を味わってください。

関連する記事