trima

熊本・田原坂は西南戦争の犠牲者の霊が?兵士の霊や足をつかまれる噂とは

熊本・田原坂は西南戦争の犠牲者の霊が?兵士の霊や足をつかまれる噂とは

2020.09.29

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

熊本は西南戦争の舞台になった地で、特に田原坂の戦いでは血の海となり多くの犠牲者を出しました。よって、今もなお犠牲者の霊がさまよい心霊現象を起こしていると言います。今回は、田原坂の心霊現象を徹底解説!戦争の概要や付近の墓地、弾痕の家の写真も紹介します。

目次

  1. 西南戦争の名残…熊本にある田原坂の心霊現象とは?
  2. 田原坂はどんなところ?
  3. 西南戦争最大の激戦地
  4. 田原坂の戦いでの死者は4000人以上
  5. 銃痕の残る土蔵の写真
  6. 現在の土蔵はレプリカ
  7. かちあい弾が多く発掘されている
  8. 特に怖いのが田原坂公園近くの墓地
  9. 薩軍墓地
  10. 七本官軍墓地
  11. 田原坂の心霊現象
  12. 兵士の霊
  13. 馬に乗った少年が追いかけてくる
  14. 戦争に巻き込まれた村人の霊
  15. 金属がぶつかり合う音がする
  16. 足をつかまれる
  17. 近くにあった電話ボックスに女性の霊
  18. 田原坂での心霊体験談
  19. 墓地に青白い男性の霊が・・・
  20. 車のエンジンがかからなくなった・・・
  21. 動画撮ると男のうめき声が・・・
  22. 田原坂の場所と行き方
  23. 冗談半分で行ってはいけない場所

西南戦争の名残…熊本にある田原坂の心霊現象とは?

 (809818)

熊本には数多くの心霊スポットがあります。時代を揺るがす西南戦争が舞台になった土地でもあり、歴史上の重要な人物も多く亡くなっています。

戦争の犠牲となった方たちの霊が今でもさまよっているのでしょうか。現在でも数多くの心霊現象が噂されているスポットがたくさんあるとか。その中でも、最恐と言えば「田原坂」ではないでしょうか。

地元の人なら知らない人はいないと言われるほどの有名な心霊スポットで、敏感な人は近寄らない方が無難と言われるほど危険な場所だとか。今回は、「田原坂」の心霊現象を徹底解説!心霊スポットと言われる理由や歴史、銃痕の残る土蔵についても解説していきます。

田原坂はどんなところ?

田原坂は、熊本県熊本市北区植木町豊岡一帯の地名を指します。公園内はツツジや桜の名所としても有名で、西南戦争の古戦場でもあります。田原坂公園内には資料館や墓地があり、当時の歴史を学ぶことができます。

「西南戦争遺跡」の一部として国の史跡にも指定されており、多くの観光客が訪れる場所でもあるんです。ここからは、田原坂にまつわる歴史を見ていきましょう。

西南戦争最大の激戦地

 (809845)

日本最大規模で最後の内戦とも言われる西南戦争は、1877年に起こりました。明治政府に不満を抱える武士たちを集めた薩摩藩が立ちあがり、西郷隆盛を中心に戦いは繰り広げられました。

その場所は、熊本から鹿児島にまでおよび、激しい反乱が各政府に対して行われていきました。現在は穏やかで地元民の憩いの場所となっている田原坂ですが、そこには悲しい歴史が眠っており、激しい戦闘のシーンは映画「ラストサムライ」のモチーフにもなっています。

そんな西南戦争の中でも、最も激しい戦いになったのが田原坂で繰り広げられた「田原坂の戦い」と言われる戦争です。

田原坂の戦いでの死者は4000人以上

 (809846)

薩摩藩は田原坂の防衛に徹しましたが、官軍の猛攻は繰り返されました。「田原坂の戦い」は3月4~17日間にかけて起こり、降りやまない雨の中、犠牲者はどんどん増えていったのです。まさに血の海となった田原坂ですが、それでも薩摩藩は諦めませんでした。

最後の最後まで防衛に徹しましたが、その努力むなしく戦いには破れてしまいます。1日に30万発以上の弾丸が飛び交っていたと言われる激しい戦争の犠牲者は、両軍合わせて4000人以上に達したと言います。

銃痕の残る土蔵の写真

 (809886)

西南戦争の歴史を学べる資料館や記念碑などがある田原坂公園には、美少年の像や弾痕の家などの、当時の歴史を感じさせるスポットが複数あります。観光客からも人気が高い場所で、戦争の重みを感じずにはいられないでしょう。

ここからは、園内にある「弾痕の家」の様子を画像とともに紹介していきます。また、当時よく見られたと言う「かちあい騨」についても見ていきましょう。

現在の土蔵はレプリカ

公園内にある「弾痕の家」は、当時銃弾を受けた蔵を再現した建物です。よってレプリカではありますが、繊細に当時の面影を再現しており、近寄るだけで重い空気を感じられるスポットです。

当時、田原坂の頂上にあった蔵は、松下彦次郎という方のものでした。銃弾の雨を受け、見るにも無残な姿だったとか。1日当たり30万発の銃弾が放たれたと言いますので、こちらのレプリカ以上に当時は酷い状態だったと考えられます。

かちあい弾が多く発掘されている

田原坂公園の周辺では、現在でもかちあい弾が発見されることがあるとか。かちあい騨とは、銃弾同士がぶつかってめりこんだ状態の銃弾のことで、それだけ酷い銃撃戦だったのが想像できます。

現在でもかちあい弾を探しに、マニアたちが集まってくるとか。穏やかな公園内では今もまだ西南戦争の暗い歴史の面影が根付いており、無残にも戦いに敗れ命を落とした人たちの念が漂っています。

特に怖いのが田原坂公園近くの墓地

 (809917)

公園内には、戦死者の供養のために建てられた慰霊碑があります。白い柱がそびえたっており、公園内でも目立つ存在ですのですぐに見つかるでしょう。背後にはプレートが設置されており、亡くなった方の名前もご覧いただけます。

このようにしっかりと供養されている訳ですが、それでもなお心霊現象は絶えません。こちらの慰霊碑よりも、公園の近くにある薩軍墓地、七本官軍墓地が特に危険だと言われています。どのような場所なのか見ていきましょう。

薩軍墓地

公園の南側には薩摩藩の墓地があります。ここには、西南戦争で犠牲になって亡くなった薩軍の兵士311人が埋葬されています。犠牲者の多くが田原坂の戦いで亡くなった方だとか。激しい反乱の上に命を落とした兵士たちの無念も残っているのでしょうか。

ここでは数々の心霊現象が起こっており、特に夜間に近寄るのはかなり危険だと言います。そもそも墓地は夜訪れる場所ではありません。興味本位で近寄ると後悔する結果になるかも?!

七本官軍墓地

薩軍の墓地があるなら、当然官軍を埋葬している墓地もあります。官軍墓地は熊本県内各地にあり、なんと21か所にもおよぶとか。周辺地域で亡くなった方も一緒に埋葬されており、その激しい戦争の末を知らしめています。

ずらっと墓標が並んでおり、不気味な雰囲気を感じさせる墓地です。実際には、それらの墓標には遺体は埋葬されておらず、木の根元に埋めてあるという噂もあるとか。

ここも心霊スポットとして有名で、多くの方が怖い体験をしています。実際に、面白半分で訪れ怖い目を見た人もいますので、十分注意してください。

田原坂の心霊現象

 (809931)

田原坂には、一の坂、二の坂、三の坂があり、公園内および墓地付近では心霊目撃情報が多く寄せられています。もちろん観光スポットでもありますので、昼間訪れるには問題ありません。自然豊かな公園内では穏やかな時間が流れており、歴史を深く学びたい方にもぴったりの場所です。

しかしながら、夜になると辺りは一変し、たちまち心霊スポットになるとか。ここではどのような心霊現象が報告されているのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

兵士の霊

 (809932)

特に、七本官軍墓地で多く報告されているのが兵士の霊です。戦争で命を落とした兵士の霊でしょうか。中には「兵士の足音が聞こえる」という情報も。

戦争で犠牲になった人たちの霊が地縛霊となり、辺りをさまよっていると考えられます。強い怨念を持ちながら亡くなった方もいるでしょう。複数の兵士の霊が目撃されていますので、気を付けてください。

馬に乗った少年が追いかけてくる

 (809933)

田原坂公園内には、「美少年の像」と言われる19歳の少年がモチーフになった像があります。若い少年が刀を持ち戦に挑んだ末、多くの敵軍を刺殺し亡くなっていったのでしょう。

この像には歌詞が書かれており、その歌詞からも沢山の人を刺殺したのが読み取れます。公園内では「馬に乗った少年が追いかけてくる」という心霊現象が報告されています。若くして亡くなった少年は、今もなお何かを訴え続けているのでしょうか。

戦争に巻き込まれた村人の霊

 (809934)

官軍、薩軍の墓地はありますが、犠牲になったのは兵士だけではありません。もちろん、戦争に巻き込まれ亡くなった村人だってたくさんいます。無縁仏となった村人たちの霊は官軍墓地付近で多く目撃されており、今もなお私たちを脅かし続けています。

供養されていない村人たちの霊は、行き場をなくしてここをさまよい続けているのでしょうか。

金属がぶつかり合う音がする

 (809935)

よく耳にする心霊現象に「金属音」があります。いわゆるラップ音を言われるもので、「キーン」と頭に響くものや、金属が弾けるような耳障りな音を出すこともあります。

ラップ音に関しては、霊感があるなし関係なしに誰にでも聞こえるとか。通常は家の中の天井や壁などから聞こえる事が多いですが、田原坂では官軍墓地の付近で多くの人が金属音を体験しています。

金属音がした場合は、例え霊現象が起こらなくても非常に危険な状態と言えます。すぐにその場を離れた方が良いでしょう。

足をつかまれる

 (809976)

こちらも官軍墓地での心霊現象になりますが、「何者かわからない人から足をつかまれる」という噂もあります。兵士の霊でしょうか?それとも無縁仏の村人の霊でしょうか?この世に未練を残した人たちの霊が、訪問客に悪さをしていると考えられます。

足を掴まれるぐらいなら良いですが、そのままあの世に引っ張られたら大変なことになります。遊び半分で近寄ったり、むやみに墓地に触ったりするのは止めましょう。

近くにあった電話ボックスに女性の霊

 (809977)

以前、公園の近くには電話ボックスがありました。現在は撤去されていますが、当時は女性の霊の目撃情報が絶えなかったと言います。女性なので戦争に参加した人ではないでしょう。

西南戦争と関係がある霊でしょうか?それとも戦争とは別に何かしらの事件により命を落とした方の霊でしょうか?女性の霊が噂になり、電話ボックスが撤去されたとも考えられます。いずれにせよ今となっては確認の方法はありませんが、公園付近も危険だと覚えておきましょう。

田原坂での心霊体験談

 (810003)

田原坂では特に官軍墓地付近で多くの方が幽霊に遭遇しています。中には「足をつかまれる」という怖いものもあり、肝試しで訪れるには危険すぎる場所です。

それらの現象はあくまでも噂に過ぎませんが、実際に霊体験した人もたくさんいるとか。ここからは、実際に体験した人たちの心霊エピソードを紹介していきます。

墓地に青白い男性の霊が・・・

 (810004)

友人と肝試しで訪れた時の話です。田原坂公園の近くまで車で行き、官軍墓地の付近を探索することにしました。墓地に近づくとひんやりと空気が冷たくなり、体がなんとなく重くなった気がしたんです。「やばいかな?」とは思いましたが、霊感が強い方ではないので気にせず墓地に入っていきました。

お墓の上を見ると白い靄のようなものがかかっていたので、友人に「あの白いの何?」と聞いてみました。すると「それより左の奥の方見て!」と言われたので指示通り左の奥を見ると、そこには下を向いた青白い男性が1人立っていたんです。

腰を抜かしそうになりながらその場を後にしましたが、本当に怖かったです。(30代・男性)

車のエンジンがかからなくなった・・・

 (810005)

公園に車を停めてぐるっと見て回りました。特に怖いことも起こらず拍子抜けしていましたが、駐車場に戻り車のエンジンをかけようとすると、エンジンがかからないのです。鍵を抜いて何度かやり直してみましたが、ダメでした。

友人と二人途方にくれながら辺りをふらふらしていると、急に肩が重くなってきて何かの気配を感じたんです。急いで車に戻りエンジンをかけると、今度はすぐにエンジンがかかったので安心して出発!緊張のあまりトイレに行きたくなり、近くのコンビニに寄ったんですが・・。

そこで、車のリアガラスに浮かび上がる無数の手形を発見してしまったんです。こんなに怖い体験をしたのは久々です。(30代・男性)

動画撮ると男のうめき声が・・・

 (810006)

官軍墓地に友人と2人で行きました。「何か撮れるかな?」という安易な考えで、動画撮影していたんです。特に霊などは目撃しませんでしたが、後から動画を見て寒気を感じました。

動画からは男性の大きなうめき声が聞こえ、頭が重くなるような感覚に陥ったんです。動画はすぐに削除しましたが、しばらく頭痛が消えず寝込んだのを覚えています。(20代・男性)

田原坂の場所と行き方

 (810030)

田原坂は、熊本県熊本市北区植木町豊岡にあります。車で行く場合は国道208号線を経由し、田原坂公園入口交差点から31号線に入ります。細い道なので運転には十分気を付けてください。

一の坂、二の坂、三の坂と順番に上っていきますが、この辺りも多くの方が命を落としており、心霊現象が起こっています。不気味な雰囲気で非常に危険な場所ですので、安全運転で登りましょう。公園には駐車場もあります。

電車で行く場合は、最寄の駅が「田原坂駅」になります。ただし山道を30分ほど歩くルートになりますので、足に自信がない方は車、もしくはタクシーをおすすめします。

冗談半分で行ってはいけない場所

 (810033)

田原坂は、多くの犠牲者を出した西南戦争の舞台となった場所です。今もなお亡くなった方の怨念が漂っており、多くの心霊現象が報告されています。観光スポットでもありますが面白半分で近寄るのは危険!

特に墓地付近で心霊現象が起こりやすいので、近寄る際には十分注意してください。

関連する記事