trima

八坂神社は京都屈指のパワースポット!ご利益や見どころを余すことなく紹介!

八坂神社は京都屈指のパワースポット!ご利益や見どころを余すことなく紹介!

2020.09.28

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

京都にある「八坂神社」は、京都にあるパワースポットの中でもご利益があると有名です。境内には多くの見どころがありますが、残念ながら本殿に参拝したら帰ってしまう人が少なくありません。今回は、八坂神社のご利益と見逃せない境内のパワースポットを紹介します。

目次

  1. 京都・八坂神社のご利益やおすすめパワースポット
  2. 八坂神社はどんなところ?
  3. 八坂神社の歴史
  4. 龍にまつわる伝説
  5. 八坂神社の御祭神
  6. 八坂神社のご利益
  7. 厄払い
  8. 縁結び
  9. 美容・芸能
  10. 悪縁切り
  11. 八坂神社のおすすめパワースポット
  12. 大神宮社の御神水
  13. 美御前社の美用水
  14. 悪王子神社
  15. 日吉社
  16. 刃物神社
  17. 大国さまと白うさぎの像
  18. 祇園のえべっさん
  19. 八坂神社のおすすめお守り
  20. 八坂神社の口コミ
  21. パワーがみなぎっている神社
  22. ダイエットに成功しました
  23. 厄除けできました
  24. 八坂神社へのアクセスや駐車場
  25. 京都駅からのアクセス
  26. 駐車場情報
  27. 京都五社巡りで効果倍増?!
  28. 八坂神社のご利益はすごいと話題!

京都・八坂神社のご利益やおすすめパワースポット

 (805340)

京都の八坂神社は祇園にあり、清水寺からは徒歩圏内にあります。京都府内には様々な神社仏閣があり、パワースポットとされているところも多いですが、その中でも有名なのが八坂神社です。

せっかく八坂神社を訪れても、「幸運になれそう」「何かのご利益がありそう」というイメージだけで参拝するのは勿体ないです。どうせなら近くで神様のパワーを感じたいですよね。

そのためにはどのような歴史があり、どのような神様が祀られているのかを知っておく必要があります。今回は八坂神社の歴史や伝説を紹介するとともに、ご利益や見どころについても徹底解説します。

八坂神社はどんなところ?

 (805341)

八坂神社がどのようなところかを知るには、歴史を学ぶことが近道となります。歴史に苦手意識を持っている人でも、実際に訪れる場所の歴史を学ぶと見えてくるものが違うので、少しでも知っておくことをおすすめします。

また、友人や恋人と訪れる人は、事前に一緒に調べておくと更に八坂神社を楽しむことができます。ここでは八坂神社の歴史や伝説、御祭神について紹介します。

八坂神社の歴史

 (805344)

八坂神社は656年に高羅から来日した伊利之使主によって創建されたと伝えられています。当時は興福寺や延暦寺の支配を受けていたため、神社ではなく寺として認識されていた時代がありました。

平安時代に入ると、この辺り一帯の産土神として信仰されるようになり、朝廷からも崇敬を受けるようになりました。八坂神社で有名な「祇園祭」は869年に蔓延した疫病による御霊会を起源としており、970年ごろから毎年行われるようになりました。

1384年には足利義満が祇園社を比叡山から独立させ、今の八坂神社が誕生しました。

龍にまつわる伝説

 (805345)

八坂神社には、昔から地下には龍が棲んでいるという伝説があります。八坂神社で祀られている御祭神の1柱である「素戔嗚尊」は、8つの頭をもった龍を退治したことで櫛稲田姫命と結婚できたとされています。

その時に退治された龍がまだ生きていると言われているのです。現在は八坂神社が建っているので地上には出てこれませんが、建物の下にはとても深い池があり、その中で生きていると言われています。

本当に池があるのかは分かりませんが、大地のエネルギーが密集する地帯を「龍穴」と呼んでいたことからこの伝説が生まれたのではないかと見られています。

八坂神社の御祭神

 (805346)

八坂神社には3体の主祭神がいます。主祭神とは御祭神の中でも主要人物とされる神様です。中御座には「素戔嗚尊」、東御座にはその妻の「櫛稲田姫命」、西御座には2人の8人の子供の総称である「八柱御子神」が祀られています。

その他には、配神として東御座には素戔嗚尊の妻とされる「神大市比売命神」と「佐美良比売命」が、西御座には素戔嗚尊の両親とされる「足名椎命」と「手名椎命」がいます。

一家で祀られているため、八坂神社は家内安全にご利益があると言われているのです。

八坂神社のご利益

 (805347)

神社を訪れる人の最大の目的は、自身の願いや悩みに力を貸してくれる神様からご利益をいただくことです。参拝したり御守りを持ち歩いたりすることで、様々なご利益があると言われています。

しかし神様によってご利益が異なるため、神社によって縁結びで有名なところや商売繁盛で有名なところなど、違いが出てくるのです。

では、八坂神社ではどのようなご利益があるのでしょうか。

厄払い

 (805348)

八坂神社では、明治時代までご祭神として「牛頭天王」を祀っていました。この牛頭天王は厄・病気除けの神様として知られています。

また、八坂神社で行われている祇園祭りの起源も病魔退散であることから、厄除けのご利益がある神社として全国的に有名です。祇園社は厄除けのご利益があると言われることが多いですが、その中でも総本山の八坂神社は特にパワーが強いとされています。

厄払いには八坂神社の中でも「疫神社」が有名です。特に今年が厄年にあたる人は、ぜひ八坂神社に参拝して厄を祓っておきたいところです。

縁結び

 (805349)

縁結びで有名な八坂神社境内にある神社は「大国主社」です。この神社には、素戔嗚尊の子孫とされる「大国主命」が祀られており、七福神の中の大黒様と同じ神様とされています。

縁結びや良い人との出会いを求めて多くの人が参拝しており、八坂神社を訪れてから縁に恵まれて結婚できたという人も少なくありません。

八坂神社では大国主命にあやかった「良縁成就守り」も女性人気が高いです。カード型になっているので財布やカードケースに入れて持ち運びしやすい点も好評です。

美容・芸能

 (805350)

芸能人や京都の舞妓さんもお忍びで訪れると言われているのが、「美御前社」です。この神社のご利益は美・芸能とされています。八坂神社ではなく、美御前社目当てで参拝する女性も多いようです。

ご祭神は「多岐都比売命」「市杵島比売神」「多岐理比売神」であり、特に市杵島比売神は絶世の美女として知られていました。後ほど紹介する神水の美容水や、御守りも持ち歩くとご利益があったという声が多いです。

休日には全国から美を求めて訪れる女性が列をなしています。

悪縁切り

 (805351)

八坂神社の境内にある「刃物神社」は、悪縁切りのご利益があるとして有名です。京都は刃物の発祥の地と言われており、元々は鍛冶屋さんがよくお参りにくる神社でした。

はじめは刃物が良く切れるようお願いする人が参拝に来ていましたが、病気を断ち切りたい、悪癖と決別したい、あの人との縁を切りたいなどあらゆる物を切りたいと願いに来る人が増えてきました。

現在の悪いものと決別し、未来を切り開きたい人におすすめです。

八坂神社のおすすめパワースポット

 (805352)

八坂神社の境内は広いため、境内にある全てのパワースポットを巡るには時間がかかります。そのため、あらかじめ周る順番やいく場所を決めておくとスムーズでしょう。

ここでは八坂神社のおすすめのパワースポットをいくつか紹介します。

大神宮社の御神水

 (805353)

境内の東に位置しているのが「大神宮社」です。伊勢神宮の分霊を祀った神社であり、大神宮社は全国にあり、八坂神社境内にある大神宮社もそのうちの1つです。

伊勢神宮の内宮では天照大神が祀られていますが、八坂神社で祀られている素戔嗚尊は弟にあたります。そのため、八坂神社と伊勢神宮は縁が深い関係にあるのです。また、大神宮社は伊勢神宮の殿舎徹却材を使って建てられたため、パワーが強いと言われています。

大神宮社の前には御神水である「力水」が湧き出ています。これは龍穴から湧き出ている水であり、お清めに使うといいと言われています。八坂神社内で飲料用としても売られています。

美御前社の美用水

 (805354)

本殿向かって右側に「美御前社」があります。ここには美人と噂されていた「多岐理毘売命」、「多岐津比売命」、「市杵島比売命」が祀られており、美人になりたいと願う女性たちがこぞって訪れる神社です。

鳥居の横には「美容水」という水が湧き出ています。この水を2、3滴手に取り、頬に付けることで肌が綺麗になることはもちろん、心まで綺麗になると言われています。

内面からの美人を目指す人にもぴったりなので、女子旅で訪れる際には絶対に訪れたい神社です。

悪王子神社

 (805357)

「悪王子神社」と聞くと、何かとても悪い神様が祀られていて参拝しない方がいい気がする人も多いかもしれませんが、実際にはこの「悪」というのは「強い、勇気のある」という意味です。

ここでは、素戔嗚尊の荒々しい魂を祀っています。8つの頭をもった龍を倒せたのも、素戔嗚尊に龍と立ち向かうだけの勇気があったからです。結婚する前は荒々しい性格で人気がありませんでしたが、その荒々しさが役に立つこともあるのです。

悪王子神社のご利益は諸願成就と言われています。叶えたい願い事がある人はこの神社でお願いしてみましょう。

日吉社

 (805355)

美御前社を北の方向に進むと見えてくるのが「日吉社」です。八坂神社の鬼門に位置しており、ご祭神は「大山咋神様」と「大物主神様」です。

大山咋神様は素戔嗚尊の孫にあたる神様で、大物主神様は素戔嗚尊の7代目の子孫と言われています。どちらも大国主命の分け御霊となっており、鬼門を守るのにふさわしい神様です。

ご利益としては方位除けや災難除けであり、老若男女問わず多くの人が訪れています。方位が悪いところに引っ越してしまった人はぜひ、ここで方位除けをしてもらいましょう。

刃物神社

 (805356)

刃物神社は八坂神社の境内にあり、五社の東側に位置しています。ご祭神は製鉄・鍛冶の神とされた「天目一箇命」です。天の岩戸を開く際に一役買った人物としても知られています。

京都では平安時代から明治時代にかけて刃物の生産で有名であり、現在の鍛冶の基礎を作った土地とされています。毎年11月8日には「ふいご祭」が行われ、この日は無料で包丁を研いでくれたり、お火焚き祭が開催されたりします。

刃物神社を訪れてからずっと別れてくれなかった恋人と別れることに成功した、今まで付きまとっていた人が急に遠くに行くことになって解放されたなどの声が届いており、悪縁切りの神様としても人気を集めています。

大国さまと白うさぎの像

 (805418)

八坂神社の末社である「大国主社」の前には、大国さまと白うさぎの像が置かれています。これは因幡の白兎の伝説に倣ったものであり、縁結びのパワーがあるとして人気を集めています。

因幡の白兎とは日本神話の中に出てくるウサギのことです。昔、出雲国には「大国さま」という心の優しい神様がいました。因幡の国には八上比売という美しい姫がいると聞き、兄弟と一緒に見に行くことになりました。

その道中、傷ついた白兎を見つけ、助けました。その後因幡国に無事に辿り着き、八上比売に見初められて結婚へと至ったという話です。この像に触れると良い人と巡り合えると言われています。

祇園のえべっさん

 (805420)

八坂神社の西楼門から境内に入ると、すぐのところにあるのが「祇園えびす」です。地元の人々からは「えべっさん」の愛称で親しまれており、八坂神社では平安時代から祀られるようになったようで、社殿は重要文化財にも指定されています。

全国にえびす様が祀られている神社はありますが、八坂神社は社が北向きになっているため珍しいとされています。ご利益としては商売繁盛が最も有名なことから、全国から会社経営者や実業家がこぞって参拝に訪れています。

祇園えびすの前には「えびす像」が置かれており、こちらもパワースポットとして有名です。

八坂神社のおすすめお守り

 (805423)

八坂神社では様々な種類のお守りを扱っています。その中でも特に人気なのが「縁結び」と「美守」(各1,000円)です。見た目も可愛く、持ち歩きやすいと女性人気が高いです。また、ご利益にも定評があり、パワーがすごいと話題になりました。

その他にも恋愛成就の御守りと一緒に持ち歩くと更にご利益がアップすると言われている「しあわせ守り」や厄災やトラブルから守ってくれる「本水晶開運御守」も人気です。水晶を御守りの中に入れることで、浄化するご利益があります。

自分の願いに合わせて御守りを授かったり、大切な人におみやげとして渡したりするのも喜ばれるでしょう。

八坂神社の口コミ

 (805426)

では、実際に八坂神社を訪れてご利益があった、パワーを感じたという人の口コミを見てみましょう。実際に効果があったと言われたら自分もパワーをいただきたいと思ってしまいますよね。

ここでは3つの口コミを紹介します。

パワーがみなぎっている神社

 (805428)

小さいころから霊感があり、その影響もあって神社仏閣を訪れるとパワーがある・ないが感じられる体質です。中にはもう神様がいない神社もいて、一生懸命お祈りしている参拝客をみると胸が痛みます。

今まで京都には何度も訪れていたのですが、八坂神社は観光客が多いイメージだったので遠ざけていました。しかし朝8時頃は人が少なく、初めて境内へと足を踏み入れました。

すると境内全体にパワーがみなぎっているのを感じました。空気はきりっと澄んでいて足元からは大地のエネルギーを感じます。末社の神様もしっかりいらっしゃいました。

このパワーを感じてから、八坂神社でご利益があったという人の話を信じるようになりました。(35歳・女性)

ダイエットに成功しました

 (805429)

美しくなりたいと、美の神様で有名な八坂神社の「美御前社」を訪れました。今までずっと片思いをしていた人のタイプが美人だったので、ダイエットして可愛くなりたいと思っていました。

しかしダイエットは思うようにいかず、途中で諦めてしまったりストレスでリバウンドしてしまったりしていました。しかし、美御前社を参拝してからダイエットのモチベーションが自然と高まり、5kgも痩せることに成功しました。

おかげで片思いの彼から翌月告白され、付き合えるようになりました。美だけでなく縁結びにもご利益があると感じました。(20代・女性)

厄除けできました

 (805430)

厄としか思えないような不幸なできごとが周りで連続して起こっていたので、厄払いで有名な八坂神社を訪れました。パワースポットと呼ばれるところに行っても何も感じないタイプの人間なので、八坂神社でも普段通り参拝しました。

人が混み合っていたせいか満足に参拝できなかったことを残念に思っていたのですが、八坂神社を訪れてから不幸ごとが起こる回数が減っていき、今では何も起こっていません!むしろラッキーだと思える出来事が起こるようになりました。

これも八坂神社の神様のおかげなのだと、ありがたく感じています。(45歳・男性)

八坂神社へのアクセスや駐車場

 (805431)

ここまで読んできて、八坂神社に行きたい!と感じた人も多いのではないでしょうか。しかし京都に土地勘がない人や遠方の人は自分だけで八坂神社まで行けるかな….迷ったらどうしよう…と不安に思う人も少なくありません。

そこで、ここでは八坂神社へのアクセス方法や、車で行った際の駐車場について詳しく紹介します。不安を無くしてから八坂神社に訪れましょう!

京都駅からのアクセス

 (805432)

観光客であればほとんどの人が京都駅を利用します。新幹線で来た場合や電車で来た場合、高速バスを利用して来た場合も京都駅が目的地になることが多いです。

京都駅から八坂神社までは、バスか電車で行くことができます。バスの場合は市バスの100号系統、もしくは206号系統反時計回りに乗りましょう。どちらも20分程で「祇園」バス停に着きます。そこから徒歩で3分で八坂神社です。

電車の場合はJRで「東福寺駅」まで行き、徒歩で京阪へと乗り換えます。京阪の「祇園四条駅」で下車すると、徒歩5分程で八坂神社に到着します。

公共交通機関の利用に不安がある人は、京都駅でタクシーを捕まえるのも1つの選択肢です。タクシーで行くのが最も時間がかからず、交通状況にもよりますが通常は12分ほどで到着します。料金も1,300円程なので何人かで行く場合におすすめです。

駐車場情報

 (805434)

車で八坂神社へ行く場合、八坂神社まではナビに従って行けますが、問題となるのは駐車場です。せっかく目的地についたのに駐車場を探すのに時間がかかった経験がある人も多いのではないでしょうか。

八坂神社の境内には参拝に便利な専用駐車場がありますが、有料となっています。京都はほとんど無料駐車場がないため、安い駐車場を利用するのが賢い選択です。

八坂神社専用駐車場は2時間まで1,200円、6時間まで3,600円で祈祷者は1時間無料で利用できます。周辺にある駐車場で最も安いのは京都市営の円山駐車場です。2時間まで1,000円となっています。

注意点としては、八坂神社は京都の中心的スポットということもあり、駐車場料金に上限を設けていないことがほとんどです。利用する際には必ずチェックし、高額にならないようにしましょう。

京都五社巡りで効果倍増?!

 (805438)

平安京と関係の深い神社を5社巡ることを「京都五社巡り」と呼びます。それぞれの方角を守る神社の中央に位置する場所に平安京は建てられました。

北は「上賀茂神社」、西は「松尾大社」、南は「城南宮」、東が「八坂神社」、そして中央を守るのが「平安神宮」です。それぞれの方角を守ってきた神様からご利益をもらえると話題になっています。

各神社で京都五社巡り専用の色紙が購入できるので、それぞれの神社の御朱印を集めましょう。全て集めれば「満願記念しおり」がもらえるようです。京都五社巡りの期限や順番は特にないので、気軽に参加できます。

八坂神社のご利益はすごいと話題!

 (805439)

今回は京都にある八坂神社のご利益について紹介しました。境内には多くのパワースポットがあり、訪れるだけでもパワーがもらえそうです。

八坂神社を訪れてから幸せなことが起こった、人生が変わったという人は少なくありません。ぜひ八坂神社を訪れてご利益にあやかってみてください。

関連する記事