trima

長崎に来たら吉宗は外せない!絶品茶わん蒸しと卓袱料理を堪能!

長崎に来たら吉宗は外せない!絶品茶わん蒸しと卓袱料理を堪能!

2020.05.26

Trima長崎編集部

長崎の吉宗をご存知ですか。今、密かなブームになっているこの吉宗は、長崎で最高のグルメを楽しむことができるお店です。県内だけではなく、他県からもわざわざ足を運んでくる人も多いほどです。吉宗の魅力についてご紹介いたします。

目次

  1. 長崎で密かに話題になっている「吉宗」
  2. 「吉宗」とは一体何?武将?グルメ?
  3. "よしむね"ではなく"よっそう"と読む
  4. 「元祖茶碗むし」の老舗
  5. 地元では茶碗蒸しといえば「吉宗」
  6. 元祖茶碗むし店「吉宗」について
  7. 吉宗の歴史
  8. 料金について
  9. ランチメニューについて
  10. 吉宗の基本情報・アクセス
  11. 茶碗蒸しだけじゃない!吉宗の卓袱料理は絶品!
  12. 卓袱料理とは?
  13. 定食料理も豊富
  14. お店以外でも吉宗の茶碗蒸しを楽しめる
  15. 長崎市内は出前可能
  16. ネット購入
  17. 吉宗の茶碗蒸し目当てに長崎を訪れる人も多い!

長崎で密かに話題になっている「吉宗」

 (769695)

長崎で話題になっている吉宗をごそんじですか。おそらく多くの人は初めて聞くはずです。

そもそも、この吉宗がどういったことを指しているのかも分からない人が大半でしょう。長崎で密かに話題になっている吉宗とはどういったものなのか、そしてどういった楽しみ方があるのかについてご説明いたします。

「吉宗」とは一体何?武将?グルメ?

 (769696)

では、長崎の吉宗とは一体何なのでしょうか。実はこの吉宗とは、料理のことです。

グルメ好きならこの長崎の吉宗は、一度は味わっておくべきです。さまざまな美味しさを得ることができる吉宗について、詳しく解説していきます。

吉宗に行ったことがある人でも、知らない事実があるかもしれません。ぜひご確認ください。

“よしむね”ではなく”よっそう”と読む

 (769697)

おそらくこの吉宗という文字を初めて見た日人は、「よしむね」と読んだはずです。しかし、この吉宗は「よっそう」と呼びます。

しかし、文字検索で「よっそう」と記入しても、「吉宗」とは出てきません。かなり特殊な読み方をしますので、間違うことなく覚えておきましょう。

「元祖茶碗むし」の老舗

この吉宗は和食の老舗の料理屋です。実はこの吉宗が注目されている理由が、元祖茶碗むしを作ったとされるお店です。

そのため、この吉宗に来たときには、迷うことなく茶碗むしを食べておきましょう。もちろん、茶碗むしだけではなく、他の料理についてもおすすめばかりです。

地元では茶碗蒸しといえば「吉宗」

長崎の地元では、茶碗むしと言えばこの吉宗だと答える人が大半です。それだけこの吉宗は有名なお店です。

吉宗は1866年に創業されたお店のため、かなり長い間、地元の人に愛され続きてきました。また、この老舗の味は、今に至るまでほとんど変わっていません。

茶碗むしに関しては、伝統的な味を守り続けていますので、遠方からでもこの味に興味を持って訪れる人も珍しくありません。地元の人に対しても、また地元以外の人にも愛されている味です。

元祖茶碗むし店「吉宗」について

View this post on Instagram

#吉宗

A post shared by 菜 月 (@natsugrram) on

では、長崎の吉宗の歴史などについて理解を深めておきましょう。また、吉宗の料金設定、さらんはランチメニューなどについても触れていきます。

長崎だけではなく、全国からも注目されている吉宗は、魅力がたくさん詰まっています。

吉宗の歴史

 (769705)

1866年に創業した吉宗は、当時、忙しく仕事をしている人に対して美味しく、そして手軽に食べれるメニューを考えていました。吉宗は魚問屋でひぎわっていた万屋町で店を構えることになります。

茶碗むしがかなり有名ですが、その他にも魚介類を使用したシンプルで美味しい料理を昔から提供していました。

料金について

 (769706)

では、吉宗の料金はどうなっているでしょうか。元祖茶碗むし料理のお店ということで、高価なメニューのイメージが強いかもしれませんが、そのようなことはありません。

人気の高い茶碗むし定食は1980円で、たくさんの品数でいただくことができます。また、茶碗むし単品なら770円で味わうことができます。

比較的リーズナブルな価格で楽しめるのも、吉宗の大きな魅力です。

ランチメニューについて

 (769707)

吉宗ではランチメニューも豊富に扱っています。一番人気は吉宗定食で、1400円ほどで十分満足できるボリュームのランチをいただくことができます。

メインとなるとは、この地で昔から愛されてきた魚料理です。茶碗むしも当然人気がありますが、ランチメニューで出される吉宗の魚料理を味わってみてください。

吉宗の基本情報・アクセス

View this post on Instagram

Yosso, SHIPPOKU cuisine restaurant

A post shared by M (@mr.sakasama) on

吉宗へのアクセスは、電車で行くのが一番便利です。JR観光通りで下り、徒歩3分ほどで着きます。

また、周辺には有料駐車場もたくさんあります。長崎駅から車で5分ほどのため、車でも便利な立地です。

住所電話番号営業時間
長崎県長崎市浜町8−9095-821-000111時~20時

茶碗蒸しだけじゃない!吉宗の卓袱料理は絶品!

吉宗はどうしても茶碗むしのイメージが強いでしょう。しかし、吉宗は茶碗むしだけではありません。

その他にもおすすめできる絶品の卓袱料理があります。吉宗でおすすめの卓袱料理などについてご紹介いたしますので、チェックしてください。

どの料理も今まで口にしたことがないような、最高の味わいを感じることができます。

卓袱料理とは?

そもそも卓袱料理とはどのような料理でしょうか。卓袱料理とは、中国料理と西欧料理がベースになっている料理です。

その二つの料理を日本人の好みの味付けにアレンジしたのが卓袱料理です。つまり、中華のような雰囲気も、洋食のような味にも感じられる和食です。

奥の深い味わいが楽しめますので、一度味わってみてください。

定食料理も豊富

この卓袱料理をベースにした定食料理も吉宗はこだわっています。定食料理だけでも4種類もありますので、実際に吉宗で注文するときには、迷ってしまうでしょう。

どの定食料理も中華も洋食も和食もイメージできそうなメニューです。もちろん、味はどの定食も最高なので、ぜひ吉宗の定食を味わってみてください。

定食は1500円から2000円ほどのメニューになっています。ボリュームも満点なので、価格以上の良さを実感できます。

お店以外でも吉宗の茶碗蒸しを楽しめる

吉宗と言えば、最高の味の茶碗むしが楽しめる老舗です。いつかはこの味を楽しんでみたいと考えている人は多いでしょう。

しかし、この茶碗むしのために長崎に足を運ぶのは大変と感じている人も多いでしょう。実は、自宅にいながら吉宗の最高の茶碗むしを楽しめるのです。

長崎市内は出前可能

 (769713)

実は吉宗の茶碗むしは、出前をしてくれます。ただし、長崎市内にのみの出前になりますので注意してください。

それでも長崎市内は出前を行ってくれますので、自宅にいながら美味しい茶碗むしを味わうことができます。茶碗むしは一度冷えても、温め直すことで美味しくいただくことができるように工夫されています。

お店で食べる味わいそのままを、出前で楽しむことができます。この出前のサービスは、吉宗の茶碗むしファンなら、ぜひ活用するべきサービスです。

ネット購入

 (769714)

そして、あまり知られていませんが、なんと吉宗の茶碗むしはインターネットで購入することができます。ネット通販のような購入方法ができますので、全国どこにいても最高の吉宗の茶碗むしの味を堪能できます。

冷凍になっていますが、解凍していただけば吉宗らしい出汁の香りが漂います。人気の6個入りサイズで3500円で購入することができますので、どうしても吉宗の茶碗むしを食べたいというときには、インターネットでの購入も検討してみましょう。

吉宗の茶碗蒸し目当てに長崎を訪れる人も多い!

吉宗はひそかにブームになりつつありますが、茶碗むしが好きな人にとっては吉宗はかなりメジャーなお店です。長崎だけではなく、他県からこの味を求めて訪れる人も決して少なくありません。

今までの茶碗むしのイメージが大きく変わってしまうことは間違いありませんので、ぜひ長崎の吉宗を訪れてみてください。茶碗むしだけではなく、その他のメニューもおすすめです。

一度口にすると忘れることできない味わいなので、長崎の吉宗に足を運んでみてください。

関連する記事