trima

法隆寺の御朱印一覧!期間限定や授与時間・御朱印帳・お守りについても!

法隆寺の御朱印一覧!期間限定や授与時間・御朱印帳・お守りについても!

2020.09.29

Trimaパワスポ編集部

世界遺産でもある奈良県の法隆寺には種類豊富な御朱印があると話題になっています。今回は、法隆寺の御朱印一覧を徹底解説!レアな御朱印や、いただける場所・時間についても。また御朱印帳の特徴や人気のお守り、アクセス方法も紹介していきます。

目次

  1. 法隆寺の御朱印は種類豊富!
  2. 法隆寺とは?
  3. 聖徳太子ゆかりの寺院
  4. 世界遺産
  5. 拝観時間と拝観料
  6. 法隆寺で通常いただける御朱印は全部で10種類?
  7. 「篤敬三寶」
  8. 「南無佛」
  9. 「以和為貴」
  10. 「唯佛是真」
  11. 聖徳太子御遺跡霊場第14番「尺寸王身釋像」
  12. 「峰薬師如来」
  13. 大和北部八十八ヶ所霊場第50番「阿弥陀如来」
  14. 大和北部八十八ヶ所霊場第51番「峰薬師如来」
  15. 聖徳太子御遺跡霊場第18番「田村皇子問太子之病」
  16. 「救世観音」
  17. 法隆寺のレアな御朱印
  18. 「釈迦如来」
  19. 法隆寺の御朱印帳はある?
  20. 表紙の裏に十七憲法の1文がプリント
  21. 法隆寺の御朱印がいただける時間は?
  22. 聖霊院の時間
  23. 西円堂の時間
  24. 法隆寺の御朱印をいただく際の注意点
  25. 一度に全種類をいただかない
  26. 閉堂間際にお願いしない
  27. 御朱印帳は預かれない
  28. 買うのではなくいただく(謙虚な気持ちで)
  29. 法隆寺のお守りはご利益満載!
  30. 太子七曜御守
  31. 夢御守
  32. 西圓堂 峯薬師御守
  33. 法隆寺へのアクセス方法
  34. 法隆寺の御朱印巡りでパワーチャージ!

法隆寺の御朱印は種類豊富!

 (815703)

奈良県には世界遺産や国宝など、歴史溢れる重要建築物がたくさんあります。東大寺の奈良の大仏や春日大社、秋篠寺を始めとする神社仏閣や、鹿で有名な奈良公園などの家族連れにもぴったりな観光スポットも人気です。

そんな奈良県の中でも、欠かせない観光スポットの1つに挙げられるのが法隆寺です。教科書でもおなじみの寺院なので、聞いたことある人が多いでしょう。世界最古とも言われる木造建造物は見る者を圧倒する魅力があります。また、見どころ満載の法隆寺では種類豊富な御朱印も人気だとか。

今回は、法隆寺の御朱印を徹底解説!いただける場所や時間、御朱印帳についても。また、人気のお守りについても紹介します。

法隆寺とは?

 (815704)

まずは、法隆寺とはどのような寺院なのか見ていきましょう。法隆寺があるのは奈良県生駒郡斑鳩町。修学旅行で訪れる観光スポットとしても人気で、多くの観光客が訪れています。

日本国内だけでなく世界各国からの多くの参拝者が訪れ、日本の仏教の布教に大きく貢献した寺院とも言えます。境内は東院と西院に分かれており、西側に金堂や五重塔があります。敷地の広さは約18万7千平方メートル。国宝や重要文化財に指定されている建物が55棟もあり、美術品の多くも国宝・重要文化財だと言います。

聖徳太子ゆかりの寺院

 (815705)

法隆寺は聖徳太子ゆかりの寺院として現在でもその栄光が根付いています。法隆寺が創建されたのは飛鳥時代の607年のことです。聖徳太子と推古天皇によって創建されました。

「日本書紀」によると670年に伽藍は焼失したと言われており、その後再建されたものではないかと推定されています。

世界遺産

 (815706)

法隆寺の西院伽藍は世界でも最古の木造建築群と言われており、境内には国宝・重要文化財に指定された建造物や美術品がたくさんあります。

それらの貴重価値は非常に大きいと評価され、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」として境内の建物群はユネスコの世界遺産に登録されています。建物群はもちろんですが、美術品や工芸品、仏像などの数々もここでしか見られない非常に価値があるもので、多くの観光客を魅了しています。

拝観時間と拝観料

 (815716)

拝観時間と拝観料についてご紹介しておきます。拝観時間は、春と冬では異なります。春(2月22日〜11月3日)は8:00~17:00まで。冬(11月4日〜2月21日)は8:00~16:30です。境内は見どころがたくさんあり、重要な建造物だけピックアップして拝観したとしてもそれなりに時間を要します。

特に冬場は拝観時間が短くなりますので、時間には余裕をもって訪れるようにしましょう。拝観料は大人1,500円、子供600円、未就学児は無料です。団体割引にも対応していますので、詳しくはHPでご確認ください。なお拝観料には、西院伽藍、東院伽藍、大宝蔵院百済観音堂が含まれています。

法隆寺で通常いただける御朱印は全部で10種類?

 (815717)

世界最古の木造建築物群があり、世界遺産や国宝にも指定されいてる法隆寺。境内には繊細かつ歴史を感じさせる建造物がたくさんあり、その1つ1つに感動を覚えること間違いありません。

拝観の記念に御朱印が気になる方もいるでしょう。最近は御朱印集めが流行っており、若い女性の中にも「御朱印ガール」と呼ばれるコレクターが存在します。法隆寺の御朱印はマニアの間でも非常に人気が高く、その秘密は種類豊富な点にあります。

ここからは、種類豊富な御朱印を一挙に紹介していきます。

「篤敬三寶」

「篤敬三寶」の読み方は「とっけいさんぽう」です。憲法十七条の「篤く三寶を敬え。三宝とは仏と法と僧となり」という文言からきています。

仏教ではこの三宝が大事だとされており、仏教を崇拝する際の掟とも言えます。仏とは、仏様のことであり、法とはその仏が説く教えを信仰すること、僧とは出家者になることです。

三宝はそれぞれ区別するものではなく一体となっているものだとか。物事の基本となる考え方がここにはあり、その言葉から学べることもたくさんあるでしょう。

いただけるのは聖霊院で、お値段は300円です。

「南無佛」

聖徳太子が2歳の時に唱えたと言われる「南無佛」の御朱印も頂けます。バランスよく美しい文字で描かれており、シャキッとした気持ちにさせてくれる御朱印です。

「南無佛」とは、「心から仏様を信じます」という意味。信じる心が私たちに幸福をもたらしてくれるでしょう。いただける場所は聖霊院で、お値段は300円。

「以和為貴」

「以和為貴」と達筆で書かれたこちらの御朱印は、法隆寺を代表する御朱印の1つと言えるでしょう。墨で立派に書かれた御朱印で、対応してくださる方によって朱印は変わってくると言います。寺紋である鳳凰のスタンプも押されており、存在感を感じさせます。

「以和為貴」とは、憲法17条の「和を以て貴しと為す」を指しています。ことわざにもなっており、「みんな仲良く戦争しないのが一番いい」という意味です。御朱印の料金は300円で、聖霊院でいただけます。

「唯佛是真」

「唯佛是真」は「ゆいぶつぜしん」と読みます。中宮寺に伝わる「天寿国曼荼羅(てんじゅこくまんだら)」に記載されている言葉からきています。聖徳太子の名言の1つ、「世間は虚仮なり。唯(ただ)仏のみ是れ真なり。」を指しています。

意味は、「仏のみが真実で、この世にある物事はすべて仮のものである」になります。考え方の基本がここでも記されており、多くの人から大切にされてきた言葉です。その意味を感じながら御朱印をいただいてみましょう。

頂ける場所は聖霊院で、お値段は他の御朱印と同じで300円になります。

聖徳太子御遺跡霊場第14番「尺寸王身釋像」

「尺寸王身釈像」は、法隆寺金堂にある光背、背中の輪っか部分にある作者の名前などを書かれている刻銘の一部です。光背には「仰依三寳、當造釋像、尺寸王身」と記されており、その一部が御朱印に書かれています。

「仰依三寳」とは、仏教において大事だとされる三宝を仰ぎそれによって、「尺寸王身」、つまりは聖徳太子と同じ背丈、寸法の「當造釋像」を仏教の心を持ちながら造るという意味です。「當造釋像」は聖徳太子のための仏像です。

いただける場所は聖霊院で、お値段は300円です。

「峰薬師如来」

西円堂のご本尊は薬師如来坐像です。別名「峰の薬師」という名前で知られています。聖徳太子の父親が病気の際、回復を願って薬師如来坐像をプレゼントしたと言います。薬師如来坐像には聖徳太子の祈願が込められており、その意味合いから御朱印には「峰薬師如来」と書かれています。

ご利益とパワーを感じさせる御朱印は、西円堂でいただけます。お値段は300円。名前に込められた意味を感じ取りながら御朱印をいただいてみましょう。

大和北部八十八ヶ所霊場第50番「阿弥陀如来」

法隆寺の北室院の御朱印は「阿弥陀如来」。こちらの御朱印は比較的読みやすく、少し柔らかい字体で書かれているのが特徴的です。

平安時代後期に盗賊が入り、小さな仏像を盗まれたと言います。その復旧に合わせて造られたのが阿弥陀如来坐像だとか。御朱印をいただけるのは聖霊院で、お値段は300円です。

大和北部八十八ヶ所霊場第51番「峰薬師如来」

先ほど、「峰薬師如来」の御朱印について紹介しましたが、実は「峰薬師如来」の御朱印には2種類あるんです。こちらの御朱印は、「大和北部八十八ヶ所霊場第五拾一番」の朱印が右上に押されたものになります。

先ほど紹介した西円堂の御朱印と違う点は朱印のみになりますが、ぜひこちらの御朱印もチェックしてみてください。いただける場所も同じで西円堂になります。お値段は300円です。

聖徳太子御遺跡霊場第18番「田村皇子問太子之病」

「田村皇子問太子之病」は、実は法隆寺の正式な御朱印ではなく、「成福寺」の御朱印だとか。「成福寺」はかつて聖徳太子が居処した場所ですが、現在は廃寺となっているため、ここ法隆寺で御朱印を授与しています。

「田村皇子問太子之病」の読み方は「たむらのみこ たいしのやまいをとふ」。聖徳太子が病気で伏せていた頃、聖徳太子の親族で、のちに跡継ぎを巡って争いとなる田村皇子がお見舞いに訪れたという意味です。こちらの御朱印は聖霊院でいただけ、料金も他の御朱印と同じで300円になります。

「救世観音」

「救世観音」は、夢殿にある御本尊「救世観音菩薩」の御朱印です。「救世観音菩薩」が、200年間公開されていなかった秘仏。公開までには非常に長い年月がかけられている貴重な仏像です。現在でも一般的には公開されておらず、春と秋口の1年に2回だけ一般公開されています。

一般公開された時だけいただける期間限定の御朱印と思われがちですが、「救世観音菩薩」の御朱印は常時いただけると言います。もちろん、お願いして書いていただく必要がありますので、丁重にお願いしてみましょう。

いただける場所ですが、特別開扉の際には夢殿でいただけます。それ以外は聖霊院の窓口で頼めば書いていただけます。お値段も300円です。

法隆寺のレアな御朱印

 (815809)

法隆寺で通常いただける御朱印は全部でなんと10種類もあります。ここまでの種類の御朱印を扱っている神社仏閣は国内でもそうはないでしょう。それぞれに意味が込められていますので、ぜひその意味合いを考えながらいただいてみましょう。きっと特別な御朱印になるはず!

10種類の内「救世観音」の御朱印は、一般公開されていない夢殿にある「救世観音菩薩」の御朱印です。常時いただけますが、窓口でお願いする必要がありますので気を付けてください。

法隆寺の御朱印は紹介した10種類だけではありません。他にも期間限定の非常にレアな御朱印があると言います。

「釈迦如来」

こちらは1年に1度しかいただけないレア度の高い御朱印です。法隆寺では毎年11月1日~3日間、上御堂にある秘仏が公開されるんです。さらに、上御堂で「釈迦如来」の御朱印がいただけるとか。この時期にしか見られない秘仏を見るため、多くの参拝者が訪れます。

もちろん御朱印も人気が高いと言いますので、ぜひ期間限定のレア御朱印をゲットしてみてください。いただける場所は上御堂です。特別な御朱印ではありますが、お値段は変わらず300円になります。

法隆寺の御朱印帳はある?

これだけ種類豊富な御朱印がいただける訳ですから、法隆寺で新しい御朱印帳を購入したい方も多いでしょう。法隆寺では御朱印帳の扱いはあるのでしょうか?

法隆寺にはオリジナルの御朱印帳があります。1種類のみで、シンプルな御朱印帳です。濃紺色一色使いではありますが、上品さと感じさせます。法隆寺らしい御朱印帳と言えるでしょう。

お値段は1,000円。サイズはタテ18㎝☓ヨコ12㎝の布製です。男性にも人気が高い御朱印帳で、蛇腹式の形状になっています。

表紙の裏に十七憲法の1文がプリント

この御朱印帳の最大の特徴は、シンプルな表紙はもちろんですが、最初のページを開いたところに隠されています。なんと聖徳太子が制定した憲法十七条の第一条が書かれているんです。

中央には朱印も押されており、これも御朱印の1つと言えるでしょう。御朱印帳を購入した人だけが得られる特典で、これも法隆寺ならではの特徴です。

また、場合によってはお願いすることで憲法二条も書いていただけるとか。もちろん担当してくれる方によりますが、興味ある方はお願いしてみてください。

法隆寺の御朱印がいただける時間は?

 (815840)

法隆寺の拝観時間は、春と冬では異なります。では、御朱印をいただける時間はどうでしょうか?場所によって違いはあるのでしょうか?それとも一律でしょうか?

御朱印をいただける場所は大半が聖霊院で、それ以外が西円堂になります。期間限定のレアな御朱印は上御堂です。それぞれの受付時間を見ていきましょう。

聖霊院の時間

 (815841)

聖霊院は、西院伽藍に位置しています。御朱印をいただける場所は授与所です。正面入り口より入ってすぐ右側にあるのですぐに見つかるでしょう。

受付時間は、春(2月22日~11月3日)は8:00~17:00、冬(11月4日~2月21日)は8:00~16:30です。拝観時間と全く同じですので、安心していただけます。

西円堂の時間

 (815842)

西円堂も西院伽藍にありますが、授与所は設けていません。御朱印をいただけるのは、長い階段を上がった先、左脇の方にあります。さほど規模は大きくありませんので注意してください。

受付時間は、季節問わず8:00~16:45です。拝観時間よりも早い時間に終了しますので、時間に余裕を持って参拝しましょう。

ちなみに上御堂は大講堂の裏側にあり、公開時には裏側の一部の扉が開けられ左側に授与所があります。いただける時間は、拝観時間と同じになります。

法隆寺の御朱印をいただく際の注意点

 (815851)

法隆寺でいただける御朱印の種類は、期間限定も含めると11種類になります。書置きではなく、その場で担当の方に書いていただくようになります。もちろん気持ちを込めて御朱印を仕上げてくださいますので、それなりにお時間もかかります。

ここからは、法隆寺で御朱印をいただく際に知っておいて欲しい注意点を紹介していきます。

一度に全種類をいただかない

 (815852)

聖霊院でいただける御朱印は、「救世観音」も含めるとなんと8種類になります。西円堂でいただけるのは2種類です。修学旅行生のルートに入っていることも多く、シーズン時には多くの学生で賑います。

通常ですとさほど境内は混雑していませんが、参拝客が多い時だと御朱印をいただくのにも待ち時間が発生します。

せっかく参拝したのだから全種類の御朱印をお願いしたくなるものですが、基本的には全種類の御朱印は受け付けていないとか。何度か足を運び、参拝の証として御朱印をいただいて欲しいとのこと。ですので、参拝ごとに違う御朱印をいただくのが良いとされています。

閉堂間際にお願いしない

 (815853)

法隆寺は、見どころ満載の寺院ですので、ついつい見入ってしまって時間を忘れてしまう人もいるでしょう。御朱印をいただこうと思ったら、閉堂間近なんてことも・・。通常、その場で書いていただける御朱印ですが、閉堂間近だと書置きの御朱印に朱印を押して渡されることもあります。

その場で書いていただきたいなら、時間には余裕をもって御朱印をお願するようにしましょう。最低でも閉堂より30分前には着けるようにしておくと安心です。

御朱印帳は預かれない

 (815865)

神社仏閣によっては、御朱印帳を預かり番号札と引き換え、出来上がった頃に取りに行くスタイルを取っているところもあります。法隆寺に関しては、その場で御朱印が出来上がるのを待つのが通常とされています。

よって、御朱印帳は預かれないと言います。面倒であっても、その場で書きあがるのを待つようにしましょう。複数の御朱印を頼む方は、時間に余裕を持つようにしてください。

買うのではなくいただく(謙虚な気持ちで)

 (815854)

御朱印は「買う」のではありません。確かに、神社仏閣を参拝した証にはなりますが、物を購入するのとは訳が違います。御朱印は神仏の分身だと考えてください。確かにお金を渡しますが、あくまでも御布施としてです。

いただく御朱印があなたのことを守り味方になってくれるでしょう。よって御朱印は「いただく」という謙虚な気持ちを持って授かるのが重要です。もちろん、清潔な場所に保管し大切に扱うのも大事です。

法隆寺のお守りはご利益満載!

法隆寺のお守りもご利益満載だと話題になっています。お守りの種類も豊富で、中には7つのご利益がある最強とも言えるお守りもあるとか。

お守りが買える場所は授与所です。境内には複数の授与所があり、特に大講堂の授与所が種類豊富で規模も大きいと言います。ここからはおすすめのお守りを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

太子七曜御守

「太子七曜御守」は、法隆寺のお守りの中でも特に人気が高く、金色の刺繍が施されて鈴がついたお守りです。聖徳太子の御守刀「七曜宝剣」にあやかり、なんと7つのご利益があると言います。

就職祈願、縁結び、安産、交通安全、健康祈願、合格祈願、学業成就の7つです。受験生からも人気があり、これを持っておけば万能とも言われるほど強いパワーが宿っているお守りです。お値段は500円です。

夢御守

「夢」の文字が入った「夢御守」は、淡い色彩で水玉模様が施された小ぶりのお守りです。「夢」という文字は、聖徳太子の筆跡とも言われており、夢を叶えたい人におすすめのお守りです。定番中の定番と言えばこのお守り!

お土産にもぴったりですし、お子さんへのプレゼントにもおすすめです。いくつになっては夢は持って生きたいもの。その一文字に込められた思いを感じながら、ぜひ肌身離さず持ち歩いてみてください。

西圓堂 峯薬師御守

西円堂のご本尊である薬師如来座像のお守りです。別名「峯の薬師」とも言われており、病気治癒のご利益があるとか。特に耳に関する病気に強いと言います。

赤を基調にした小ぶりの可愛らしいお守り。強いパワーを感じさせる巾着のような丸いコロンとした形をしているのが特徴的です。

法隆寺へのアクセス方法

 (815979)

最後に、法隆寺までのアクセス方法を見ておきましょう。電車で行く方は、JR大和路線に乗車し、「法隆寺駅」で下車します。駅からは徒歩で20分ほどで到着します。

「法隆寺駅」から徒歩が難しい方は路線バスがおすすめ!「法隆寺駅」南口の2番乗り場から「法隆寺参道バス停」まで無停車で運行するバスが出ていますので、こちらをご利用ください。

車の方は、西名阪自動車道・法隆寺I.Cから国道25号線で約15分ほどで到着します。駐車場は完備していませんので、民間の駐車場をご利用ください。一日500円ほどで停められ、駐車場の数も多いので安心です。

法隆寺の御朱印巡りでパワーチャージ!

 (815990)

法隆寺は世界遺産にも指定されており、奈良観光に欠かせないスポットの1つです。境内には様々な見どころがあり、御朱印巡りもおすすめ!通常10種類、レアな御朱印も含めると11種類の御朱印がいただけます。ぜひ御朱印巡りでパワーチャージしてみてください。

関連する記事