trima

沖縄の海はいつまでは入れる?海開きの時期やおすすめの海を紹介!

沖縄の海はいつまでは入れる?海開きの時期やおすすめの海を紹介!

2020.09.10

Trima沖縄編集部

暑くなってくると、海が恋しくなる季節の到来です!日本で「海」と言えば「沖縄!」となるくらい人気の高い観光地の沖縄の海ですが、本州とは海開きの時期や気を付けなければいけない事が違います。沖縄の海を満喫する為にも、是非ご一読下さい。

目次

  1. 沖縄に行ったら海を楽しみたい!
  2. 沖縄の海はいつまで入れる?
  3. 10月~11月頃まで
  4. 10月~11月で泳いでいるのは観光客がメイン
  5. シュノーケリングやダイビングは通年やっている
  6. 沖縄の海開きはいつから?
  7. 3月下旬~4月上旬
  8. 一年を通して20度以上の水温がある
  9. 沖縄の海のベストシーズンは?
  10. 6月~9月
  11. 沖縄お勧めの海は?
  12. 万座ビーチ
  13. アラハビーチ
  14. あざまサンサンビーチ
  15. 離島のビーチもおすすめ
  16. 沖縄の海で注意すること
  17. 日焼けに注意
  18. ゴミなどはキチンと持ち帰る
  19. 台風情報を確認
  20. 沖縄の海は比較的長く楽しむことができる!

沖縄に行ったら海を楽しみたい!

View this post on Instagram

–   【ウッパマビーチ】  沖縄北部の今帰仁に位置する、天然ビーチ 「ウッパマビーチ」をご存知でしょうか?  ウッパマとは沖縄方言で大きな浜を意味し、 その名の通り、真っ白くて広い砂浜です!  そんな「ウッパマビーチ」で、話題なのが ドラえもんの秘密道具、どこでもドア☆彡  ビーチがさらに盛り上がるようにの願いを 込めて、海の家のスタッフが設置したそう  後ろ姿でも良いですし、飛び跳ねてもOK 着込むままにインスタ映え写真を撮ろう♡  photo by @kei_okinawa  <基本情報> 住所:沖縄県国頭郡東村字慶佐次394  #ウッパマビーチ#ドラえもん#どこでもドア#今帰仁観光#今帰仁旅行 #沖縄ラボ#okinawalabo#沖縄観光#沖縄旅行#wbf#しろくまツアー#沖縄#okinawa  沖縄ラボの記事はプロフィールからcheck"   沖縄旅行を検討している方はしろくまツアーで検索してね。

A post shared by 沖縄ラボ🌸 (@okinawa_labo) on

日本国内旅行で、人気のあるところベスト3に必ずランキングすると言われている「沖縄県」。
エメラルドグリーンに輝く海と真っ白な砂浜が続く沖縄は、1年を通して温暖で南国ムードがたっぷりな上に、異国情緒が溢れる文化に触れることもできるので、人気が高いのも頷けるのではないでしょうか。

本島以外の離島にも、一度は訪れてみたいと思うところばかりだと思います。
「沖縄」と言えば「海」、「海」と言えば「沖縄」の”海”についてご紹介していきたいと思います。

沖縄の食を楽しみたい方はこちらもどうぞ!

沖縄の海はいつまで入れる?

「沖縄」の3~4月は、”うりずん”と呼ばれています。
耳慣れない言葉ですが、「潤い初め(うるおいぞめ)」が語源とされ、”初夏”を意味するそうです。

本土ではまだ桜の花が今を盛りと咲いている時期に、沖縄ではもう”初夏”を迎えてしまうようです。
とは言え、本当に海を満喫できるのか心配な方もいらっしゃると思いますので、「沖縄」を訪れるのに一番良いシーズンはいつなのか?一緒に見ていきましょう!

10月~11月頃まで

なんと沖縄の平均水温は、”20度”を下回ることは無いそうですから驚きです。
1~3月辺りの寒い時期で20~23度、4~6月辺りで22~26度、7・8月の暑い時期で26~30度、9~10月辺りで28~25度、11~12月だと25~21度程度になるようです。

人によって快適だと思う海水温度は違うと思いますが、プールですと泳ぎ続けて快適なのが25度程度、水中ウォーキングなどで快適なのが30度と言われています。

他にも外気温+水温=50度以上が目安とも言われているそうなので、参考にしやすいのではないでしょうか。
なので、10~11月頃に水着だけだとちょっと水を冷たく感じることがあるかと思いますが、ウェットスーツや保温性のあるインナーを着れば充分楽しむことができるのです。

10月~11月で泳いでいるのは観光客がメイン

ここで沖縄県民あるあるの小ネタをご紹介したいと思います。
沖縄で「海に行こう!」=「海でバーベキューをしよう!」といった意味合いで使われることも多いそうです。

実際「海」はおまけだったりするようです。
何とも贅沢なお話ではありませんか!?

もう一つ、沖縄県民の習慣として、海には「服を着たまま入る」というものがあるそうです。
ですから水着姿で入っている人を見ると、”内地の人だな”と思うようですよ。

そんな沖縄の海を10~11月に泳いでいるのは観光客が多いらしく、地元民は泳がずバーベキューを楽しむことの方が多いようです。

シュノーケリングやダイビングは通年やっている

View this post on Instagram

癒される〜🏝 #repost @pikiyuki ・・・ 𓇼𓇼𓇼 The sea already stole my heart💙🧜‍♀️🧜🏼‍♂️ 海に心🐠奪われるわ〜💘 . ➠スワイプ➠Swipe ➠すわいぷ➠ 🐠Blog up ✎ღ Spot①〜③#miyakoisland ③➠@pikiyuki クリックでプロフィールからブログへJump できます☝️良かったら見てください🙋✨ . #team_jp_ 🇯🇵#海の生物 #ダイビング#diving #webstagram#outdooruv#珊瑚#熱帯魚 🐠🐟🐠 #ファインダー越しの私の世界#photography #photooftheday #okirakuphoto#宮古島#宮古島シュノーケリング #沖縄#沖縄シュノーケリング#シュノーケリング#snorkeling #サーフィン女子 #スポーツ女子クラブ #wavewarriors#coral #fishes #okinawa #toolssurfjapan #TLS #fin #wetsuits 🎥

A post shared by OUTDOORUV (@outdooruv) on

ダイビングをやってみたくても、専門知識や器材が必要で大変そう・・・と思う方も多いのではないでしょうか。
そんな貴方の為に、「体験ダイビング」というものもあるので、ダイビングショップが開催している体験コースに参加すると、水着とバスタオルだけあれば大丈夫!といったものもあるそうです。

ウエットスーツを着用さえすれば年中楽しむことができますし、オフシーズンだと観光客も少なくなるので更に「沖縄の海」の美しいサンゴ礁に群れるカラフルな熱帯魚を満喫できることでしょう!

また、シュノーケリングもウエットスーツを着用するので年中楽しむことができます。
小さなお子様もチャレンジしやすいのがシュノーケリングの良いところですから、家族皆で満喫することができるはずです。

沖縄の海開きはいつから?

”海開き”されると、本格的に夏が来た!と感じるのではないでしょうか。
沖縄以外の地域では、通常7月頃に海開きされているところが多いはずです。

1日でも長く沖縄の海と夏を満喫されたいと思う方にとっては、”海開き”がいつになるのか気になるところだと思います。

寒い本州を抜け出し、一足早く南国の空気を味わいたい方にとっては必見の、”海開き”情報をご紹介します。

3月下旬~4月上旬

View this post on Instagram

3月22日限定!万座ビーチ海開き!沖縄県最大級の海上アスレチックが無料!!! ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート が2020年夏シーズンの幕開けとして、 リゾート人気No.1 の海上アスレチック「万座オーシャンパーク」を1日無料開放とする「万座ビーチ海開き」を3月22日(日)に開催すると発表しました! 詳しくはブログにて! 是非参考にしてくださいね♪ https://boshitabi.com/okinawa/park/4697/ またはプロフィールリンクよりご覧ください! #沖縄旅行 #沖縄海開き 🍦 🍦 🍦 ————————————- -BOSHITABI- 沖縄母子旅行情報 現地で暮らす母親目線 同じ世代の子供を持つからこそ お伝え出来る情報をまとめています。 プロフィールリンクよりご覧ください。 または、https://boshitabi.com/より 旅育で子供の成長に期待し、 日頃のいろいろなことから解放される母子旅。 気軽に沖縄へ母子旅行しませんか? ————————————- . ブログサイトや企業サイトの立ち上げ、 楽天ショップの立ち上げも お手伝い出来ます。 ご相談はダイレクトメッセージにてお願いします。 BOSHITABIは、デザインから構築、 運営ライティングも全て行なっております。 例 自社サイト 花千本槍企画 https://hanabonplan.com 例 ゴールドエッグス https://www.goldeggs.jp 例 ゴールドスクール https://www.goldschool.jp サイト構築やディレクションのみならず、 全てのサイト構築を実現します。 難易度が高いものについては料金が上がりますが、 個人事業主同士の作業で、企業様への発注より 安価に仕上がります。 是非、ご相談ください。 お待ちしております。 . ————————————- . #母子旅行 #母子旅 #旅 #旅行 #旅したくなるフォト #旅行好きな人と繋がりたい #旅好きな人と繋がりたい #旅に出たい#母子家庭 #女子旅 #旅女子 #旅好き女子#トラベルjp #travel_jp #シングルマザー #旅スタグラム #子連れ旅行 #沖縄 #沖縄旅行 #沖縄グルメ #沖縄土産 #沖縄好き #smile #旅に出たい #nature #沖縄荷物 #沖縄持ち物 #ここではないどこかへ #沖縄土産 #自然派育児

A post shared by BOSHITABI by花千本槍企画 (@_boshitabi) on

春になると最高気温が25度に達する「沖縄」では、年によって多少時期が変わることもあるようですが、だいたい3月中旬~4月頃にかけて”海開き”をするそうです。

その年によって少し変わるようですが、3月中旬ごろに海開きをします。
本州ではだいたい7月に海開きをし、9月ごろにはあまり海に入らなくなりますが、沖縄では10月まで海水浴をされる方がいるようです。

一年を通して20度以上の水温がある

 (834108)

冒頭でもご紹介しましたが、沖縄の水温は年間を通して20度を下回ることは無いそうです。
「海開き」される3月の沖縄の平均気温は、最高気温が21.7度で最低気温は16.5度で、水温は21度~22度程度です。

4月の平均気温は最高気温が24.1度で最低気温が19度程度となり、水温は4月上旬が21度程度で4月中旬は23度ほどになるようです。

海水浴場での基準は、水温が21度以上であるならば”遊泳可能”とされているところが多いようです。

沖縄の海のベストシーズンは?

View this post on Instagram

*⁠ こんばんは^^⁠ 沖縄の素敵なお写真は「#okirakuphoto」をつけて投稿いただければ、アカウント内でご紹介させていただきます🥰💕⁠ ⁠ 今日はこちら🌺🌴⁠ 素敵な投稿ありがとうございます❤⁠ (過去投稿になります。)⁠ ⁠ 〰〰今日の素敵な投稿はコチラ〰〰⁠ 📸 @k_okinawasea さん⁠ 📍 水納島⁠ / Minna island⁠ ⁠⁠⁠⁠⁠.⁠ .⁠ 🏖水納島⁠ .⁠ .⁠ 〰〰沖縄の思い出写真募集中!〰〰⁠ 沖縄旅行の思い出は #okirakuphoto をつけてお気軽にポスト📱⁠ @okiraku_activity アカウント内でご紹介させていただきます✨⁠

A post shared by 沖楽-okiraku- (@okiraku_activity) on

ここまで見てくると、もう沖縄にはいつ行っても良いのではないか!?と思いそうですが。
暫しお待ちください。

そうは言っても、やはりその場所のベストシーズンと言うものが存在するようです。
せっかく行くのであれば、やはりベストシーズンで楽しみたいと思う方が多いはずです。

沖縄の海を満喫する為に一番相応しい時期はいつなのかをご紹介していきます。

6月~9月

早ければ3月中旬から海開きされる沖縄は、5月に入ると平均気温がほぼ25度を超えて夏日となるようです。
そして5月中旬から下旬には梅雨に突入するので、蒸し暑い日が続きます。

梅雨が明ける6月初旬から中旬頃には最高気温が30度を超えてきますから、本格的な夏本番となります。
沖縄は8~9月は台風シーズンとなりますので観光客はハラハラしてしまいますが、地元の人たちは6~9月がベストシーズンと思っているそうです。

沖縄お勧めの海は?

台湾と本州の間に位置し、東シナ海に浮かぶ 150 以上の島からなる沖縄。
リゾートビーチや穴場のビーチと実に様々なビーチがありますので、何度訪れても違う表情を楽しめるのも魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

沖縄の海と空に癒されたい方、とにかく海を満喫したい方、アクセスのしやすさなどをご紹介していきます。

万座ビーチ

環境省選定の「快水浴場百選」で、沖縄県内で3ヶ所しかない「特選」に選ばれているのがこの「万座ビーチ」です。
穏やかなサンゴ礁の海に囲まれたエメラルドグリーンに輝く万座ビーチは、青い海と青い空に囲まれ、何とも言えない南国気分を味わわせてくれます。

観光客に人気の夕陽ウォッチングにシーカヤック、ジェットスキー、パラセーリングなどの各種マリンアクティビティも豊富なので、一日中楽しめること請け合いです。

アラハビーチ

安良波公園と隣接しているこちらの「アラハビーチ」は、インディアン・オーク号を模した大型の遊具やバスケットコートなどもあり、海としてだけではなく公園としても遊べるビーチです。

外国人居住者も多いので、海外のリゾートにいるような雰囲気を味わうことができます。
公園区域ではBBQも楽しめますし、周囲には大型商業施設やレストラン、アクティビティが数多く建ち並んでいる賑やかな街中のビーチです。

2001年にオープンした比較的新しいビーチだそうです。

あざまサンサンビーチ

View this post on Instagram

そろそろチョコレートの写真に戻ろうと思っていましたら笑、ハッシュタグを少し変えたせいかいつも以上に「いいね!」が増えたので、もうちょっと海の写真を。以前アップしたヤツをちょっとレタッチしました。南城市のあざまサンサンビーチの乗ると一生ブラブラ暮らせるお金が入るという噂は全く聞かないブランコ。 ・ ・ ・ #あざまサンサンビーチ #ビーチブランコ #beachswing #南城市 #japan_beautiful_place #最強コンディションの海 #南国チャージ #ブルーチャージ #igで繋がる海 #ダレカニミセタイオキナワ #青の世界 #沖縄をお届け #沖縄の絶景 #沖縄青色倶楽部 #海の見える風景 #風景写真好きな人と繋がりたい #沖縄好きな人と繋がりたい #バスクリン入れたでしょ #沖縄冒険野郎 #loves_okinawa #bythesea #paradisebeach #tropicalisland #lifeisbeach #crystalblue #emeraldcoast #바다스타그램 #海好きな人と繋がりたい #夏を忘れない大人でいたい ・ ・ #my_EOS_photo Body:CANON EOS 80D Lenz:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

A post shared by @ saykey.kb on

2000年4月にオープンした「あざまサンサンビーチ」は、沖縄の神の島とされる久高島に渡るフェリーが発着する安座真(あざま)港に隣接しており、高い透明度を誇る海と長く続く白い砂浜が美しく人気のあるビーチです。

ライフセーバーが常時監視しているので、安心して遊ぶことができるのも、子連れには嬉しいポイントではないでしょうか。

他にもこちらのビーチには機材や食材が揃っているので、手ぶらできてもBBQを楽しむこともできてしまいます!
正に至れり尽くせりなビーチです。

離島のビーチもおすすめ

View this post on Instagram

💙 Hello, April 🙋  新年度スタートしました! また新たな気持ちで4月も乗り切ろう💪        今月は少しでも明るいニュースが聞けたら嬉しいな✨🥺  一日も早く平穏な日常が戻りますように とりあえず天気回復しますように 心身健康で過ごせますように  …願望 多っ😅🙏 (まだある)   #宮古島 #沖縄離島 #伊良部島 #青空 #海 #景色 #ブルーチャージ #自然 #風景写真 #島旅 #ダレカニミセタイケシキ #ファインダー越しの私の世界  #okinawa #miyakoisland #miyakojima #photography #bluesky #bluesea #nature #landscape #genic_view #road #loves_okinawa #visitokinawa #photo_shorttrip #retrip_okinawa #ig_skyline #bestjapanpics #love_bestjapan #lovers_nippon  20200401 🌸近所のサクラが満開🌸😍

A post shared by Miyaki (@myk_blue) on

なんと、沖縄には離島が160ほどあるようです。
沖縄の自然を肌で感じられる離島は、観光客にも大人気だそうです。

訪れる場所によってはリゾート要素のないところもあるようですが、沖縄独特の文化やパワーを感じられることでしょう!

誰もが一度は名前を聞いたことがあるような「石垣島」や「与那国島」のような王道を行くも良し、地元民もなかなか行かないような穴場を狙うも良し、一度は沖縄の離島に訪れてみたいものです。

沖縄の海で注意すること

 (835510)

さて、行きたいビーチの目星はついたでしょうか。
旅行する際は、沖縄に限らずですが気を付けなければならないことが出てくるものです。

特に南国沖縄では南国であるが故に気を付けなければならないこともありますので、行かれる際は是非こちらをご確認頂き、心に留めて頂ければと思います。

貴方が沖縄で楽しい日々を過ごす事ができますように。

日焼けに注意

 (835517)

沖縄の紫外線は、想像以上に強烈であるということを忘れないでいてください。
沖縄に行ったら日焼けをしたくなるかと思いますが、サンオイルを塗ってビーチに寝転んでいたら。。。

お肌の弱い人は確実に火傷するレベルのようです。
地元民は海水浴をする際、ズボンを履いたりTシャツを着たままだったりするそうですから、沖縄の紫外線を決してなめたりしませんように。。。

紫外線の量は本土の数倍ともいわれています。
日焼けしたくない方は、絶対に日焼け止めをお忘れになりませんように!

ゴミなどはキチンと持ち帰る

 (835522)

どこへ行っても当然のことではありますが、”自分の出したゴミは自分で持ち帰る”ということを必ず守りましょう!
「綺麗な沖縄の海を満喫したい!」と思って行かれるのに、貴重なサンゴ礁が見られる沖縄の海を汚してしまっては元も子もありません。

貴方が不注意で捨てたプラスチックが、沖縄の海を汚すことになりませんように、「立つ鳥跡を濁さず」という言葉を肝に命じて行動してください。

台風情報を確認

 (835524)

旅行と言えば気になるのは”天候”ではないでしょうか。
せっかくの楽しい旅、晴天に恵まれたいのは誰もが同じだと思います。

沖縄のベストシーズンに行こうと思うと、台風の危険性も考慮しなければなりません。
よしんば台風の直撃を免れても、接近すれば海は荒れて水が濁ってしまい、数日間は透き通った海を眺めることが難しくなります。

沖縄方面に台風が接近する季節は5月~11月と長いですが、接近や上陸の頻度のメインは8月と9月です。
行かれる際はお天気情報をチェックすることをお勧めします!

沖縄の海は比較的長く楽しむことができる!

白い砂浜に青い空、透明度の高い海を眺めたら日頃の疲れも吹っ飛び、思わず歓声を上げてしまう人も多い事でしょう!
ここまでご覧頂いたように、沖縄の海は比較的長く楽しむことができます。

貴方のご都合に合わせて一番良いシーズンを選んで、是非是非沖縄の海をご堪能頂ければと思います。
最近ストレスが溜まっているなぁと思っている貴方、沖縄の海に癒されに行きませんか?

関連する記事