trima

那覇空港の空港食堂の魅力を徹底解説!食堂の場所や持ち帰りについても!

那覇空港の空港食堂の魅力を徹底解説!食堂の場所や持ち帰りについても!

2020.09.16

Trima沖縄編集部

皆さんは、那覇空港の中にある空港食堂をご存知でしょうか。沖縄に行ったら誰もが立ち寄る空港にあるのに、意外と知られていない「空港食堂」。今回は、沖縄ランチが楽しめると話題の空港食堂を持ち帰りメニューや場所なども合わせてご紹介していきます。

目次

  1. 那覇空港の名店「空港食堂」
  2. 「空港食堂」の魅力は?
  3. 600円あれば満腹になれる低価格帯
  4. 沖縄ランチはちょっとリッチだが豪華!
  5. 汁物以外は持ち帰り可能!
  6. 「空港食堂」の豊富な家庭料理を紹介
  7. ソーキそば
  8. 沖縄そば
  9. ゴーヤチャンプルー定食
  10. 沖縄ちゃんぽん
  11. 「空港食堂」を利用の際の注意点は?
  12. 11時まではモーニングでメニューが異なる
  13. 空港食堂の場所は?どこにある?
  14. 「空港食堂」で沖縄の家庭の味を満喫

那覇空港の名店「空港食堂」

 (847173)

皆さんは、那覇空港の中にある「空港食堂」の存在をご存知でしょうか。名前を聞いても、「そんな食堂なんてあったっけ?」と首を傾けてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

沖縄県に行った時、誰もが利用するであろう那覇空港の中には、美味しい食事が楽しめると言われている空港食堂が存在するのです。空港にあって、すぐにお腹を満たしたいときに気軽に立ち寄ることができる空港食堂は、近年特に人気を集めています。

そんな、知るひとぞ知る那覇空港の空港食堂について、今回はおすすめポイントを詳しくご紹介していきます。空港食堂のことを知ったら、皆さんも行ってみたくなること間違いなしです。

「空港食堂」の魅力は?

沖縄の那覇といえば、国内屈指の観光スポットです。そんな那覇には、美味しい料理が食べられるお店が数多く存在し、「何を食べようかな」など食事を旅行中の一つの楽しみにされている方も多いでしょう。今回ご紹介する空港食堂は、美味しいものが溢れる那覇でも、地元も方々も訪れているグルメスポットです。

そんな空港食堂、一体どんなお店なのか気になる方も多いのではないでしょうか。まずは、空港食堂の魅力についてご紹介していきます。

600円あれば満腹になれる低価格帯

 (847176)

空港食堂の一番の魅力は、リーズナブルにランチがいただけることでしょう。

空港食堂は、主に空港の職員が利用することで知られており、いわば社員食堂のように使われています。そのためか、メニューは600円ほどで食べられるものばかりで、リーズナブルな値段で満腹になれるのです。初めは、職員が来る食堂として穴場スポットとなっていましたが、今では地元の方も足を運ぶ食堂となりました。

沖縄そばやカレー、親子丼、定食などメニューも種類豊富で、そのほとんどが600円前後の値段に設定されています。定食には、メインの料理の他にご飯、味噌汁、お漬物がついてきます。

那覇の街中で食べられるランチよりも安くご飯が食べられ、空港から出なくても良いのでさくっとランチを済ませたい方にもおすすめの食堂なのです。

沖縄ランチはちょっとリッチだが豪華!

View this post on Instagram

【沖縄】 週末、沖縄に戻っていました ・ お花教室←癒されます 居酒屋 ←必要よねー 税務署 ←これメイン 納税 ←これ大事 水道局 ←これも大事 等々 ・ 用事を済ませて 帰る日の未明 ・ ちょうど出火時刻頃に 仕事からの帰り サイレンが凄いなぁー と思っていたら まさかの..😭😭 ・ 首里城がーーー ニュースを見ても 未だに泣けてきます ・ 2月に母と叔母達と 御内原まで出来上がった 首里城に行くことが 出来たのは とてもありがたかったと 振り返ります ・ 再建に向けて 何か出来たらなぁー 皆、前向いてるもんね ・ 沖縄〆のご飯は 空港食堂で てびちそばとジューシー😄 ・ 東京もすっかり秋めいてます もう少し東京生活を楽しみます! ・ #東京事務所でも #皆、首里城のこと悲しんでた #那覇空港食堂 #リーズナブル

A post shared by Emi (@emikoyossy) on

せっかく沖縄に行ったのなら、思う存分沖縄の料理を堪能したいものです。そんな方にも、空港食堂はおすすめのグルメスポットなのです。

空港食堂では、沖縄らしいご飯がいただけることでも人気を集めているのです。沖縄のメニューは1000円ほどと少し割高になっていますが、那覇市内のお店で味わうグルメと変わらない味が楽しめます。

しかも、空港食堂ではお酒を楽しむことができます。おつまみメニューも充実しているので、サラリーマンやご年配にも人気があります。お酒が好きな方は、ぜひ沖縄の泡盛など、お酒も楽しんでみてください。

汁物以外は持ち帰り可能!

 (847206)

空港食堂では、テイクアウトの取り扱いがあるのも大きな魅力となっています。定食などの汁物以外は、テイクアウトができます。時間がないときにさくっと出来立てのお弁当を買うことができるのもありがたいですし、アメリカ人が多く住む沖縄県だけあってお弁当のサイズもとても大きいので、一つでお腹いっぱいになることができます。

また、テイクアウトをしたいと事前に思った時には、電話予約ができるので、受け取り時間に合わせてお弁当を作ってくれるというサービスも行っています。仕事の出張や飛行機の時間など、時間があまりない方でもこのテイクアウトの利用はおすすめです。

「空港食堂」の豊富な家庭料理を紹介

那覇空港の沖縄食堂では、沖縄の家庭料理を楽しむことができます。お店の前のディスプレイには、どれもこれも沖縄らしさがあり美味しそうな家庭料理がズラリと並んでいます。これをみて、思わずお店に入ってしまうという方も少なくないといいます。

沖縄グルメを堪能したい方は、この空港食堂で地元感を感じながら沖縄グルメを楽しんでみるのも良いでしょう。ここでは、沖縄の地元民からも愛され、空港食堂でも人気の高いメニューをご紹介していきます。

ソーキそば

沖縄で人気のグルメといえば、ソーキそばですよね。ソーキそばは、豚のあばら骨の部分であるスペアリブをトッピングした沖縄そばのことをいいます。スペアリブは甘辛い味付けでほろほろに煮込んであります。 沖縄では、ソーキそばのことを「本ソーキそば」と呼んでいます。

空港食堂で食べられるソーキそばは、しっかりとコクのあるスープが絶品です。とてもボリューミーですが、そこまで味付けが濃くないので、女性にも人気が高いメニューです。660円でお腹いっぱい食べられます。

沖縄そば

沖縄といえば、沖縄そばを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。沖縄そばは、三枚肉、かまぼこ、島ねぎ、しょうががのったおそばのことをいいます。沖縄そばのスープの出汁は、豚とカツオからとられており、沖縄県の中でも地域やお店によって味が異なっているので、食べ比べるのが楽しいグルメでもあります。

空港食堂の沖縄そばは、550円で食べることができます。素朴な麺と、出汁の深い味わいがマッチして、とても美味しいメニューです。

ゴーヤチャンプルー定食

空港食堂のメニューの中で人気が高いメニューとして、ゴーヤチャンプルーも挙げられます。ゴーヤチャンプルーも、沖縄料理の定番メニューとして知られていますよね。空港食堂では、チャンプルー系のメニューも豊富で、トーフチャンプルーやフーチャンプルーなども用意されています。

チャンプルーというのは「混ぜこぜ」という意味で、野菜やお肉などを炒めたもののことを指します。チャンプルー定食は、ご飯、みそ汁、お漬け物がついて610円という安さです。

「まず何か初めに沖縄料理を食べてみたい」という方は、このゴーヤーチャンプルーからいただいてみてはいかがでしょうか。ゴーヤがたっぷりと入っていてとても美味しいです。

沖縄ちゃんぽん

View this post on Instagram

★ 那覇出張の最終日の昼食は沖縄の老舗食堂「三笠 久米店」で名物「ちゃんぽん(普通のちゃんぽんとは違う)」をいただきました。言葉では説明しづらいですが「甘辛いすき焼きのタレ味でひき肉と玉ねぎとご飯を炒めて卵でとじた」正に定期的に食べたくなる、沖縄独特のちゃんぽんです。沖縄にお越しの際は是非お試しください。(๑>ᴗ<)  #グルメ #食べ歩き #名店 #食いしん坊 #グルメで愉快な仲間たち #那覇グルメ #沖縄グルメ #食堂 #昭和グルメ #昭和の味 #老舗の味 #老舗 #三笠 #三笠久米店 #沖縄ちゃんぽん #ちゃんぽん

A post shared by 侘助のグルメ旅🇯🇵 (@wabisuke_gourmet) on

「ちゃんぽん」と聞くと、長崎県で人気の長崎ちゃんぽんを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし、沖縄ちゃんぽんは、長崎ちゃんぽんのようにスープがありません。沖縄ちゃんぽんは、キャベツや人参、ランチョンミートなどを炒めたものをご飯の上にのせるのです。なんとなく、あんかけの中華丼をイメージされると良いでしょう。

「丼もののちゃんぽんなんて美味しいの?」と感じる方も多いかと思いますが、実はこれが絶品なのです。沖縄県でも人気が高いメニューです。

空港食堂では、沖縄ちゃんぽんが味噌汁、お漬物がついて700円で味わうことができます。ぜひ、沖縄の味を堪能してみてください。

「空港食堂」を利用の際の注意点は?

 (847201)

ここまで、空港食堂のメニューについてご紹介してきました。「なんだか行ってみたい…!」と感じた方、少しだけお待ちください。

実は、空港食堂を利用するときは、注意するべき点があるのです。ここでは、その注意点についてみていきましょう。

11時まではモーニングでメニューが異なる

空港食堂は、リーズナブルな価格で沖縄グルメが味わえると人気がある食堂です。そのため、近年は観光客の方も足を運ぶようになりました。

しかし、空港食堂には、モーニングタイムというものがあります。モーニングタイムは、9:00〜11:00となっており、その間はランチメニューなどの取り扱いはありません。モーニングセットには、パン、ベーコンやウインナー、サラダ、コーヒーがついて450円と大満足のセットメニューです。パンをご飯と味噌汁に変えることもできるので、和食派の方でも洋食派の方でも安心して朝ごはんが食べられます。

11時まではモーニングメニューのみとなるので、「早めに行ってしまって沖縄グルメを食べられなかった!」とならないように注意しましょう。

空港食堂の場所は?どこにある?

 (847209)

人気が高まってきたとはいえ、県外の方であれば空港食堂の場所を知らない方も多いでしょう。実は、空港食堂は、少し見つけづらい場所に位置しています。

空港食堂がどこにあるかというと、空港の1階の「到着口A」の近くにあります。見つけられずに、2階、3階と行ってしまう方も少なくないので気をつけて見てみましょう。

到着口Aの近くまで行くと、「空港食堂」と書かれた旗が出ています。その近くに、こじんまりと空港食堂があるので、目印となる旗を見逃さないようにしましょう。

下記は、空港食堂の基本情報です。

「空港食堂」で沖縄の家庭の味を満喫

 (847210)

沖縄の那覇空港では、那覇市内のレストランと変わらない美味しさの沖縄グルメを、安くいただけることがお分かり頂けましたでしょうか。

空港食堂には、モーニングやランチ時だけでなく、少し時間が空いた時に立ち寄れます。お店の中も、沖縄の地元感あふれる装飾やメニューでいっぱいで、沖縄を堪能することができるでしょう。ぜひ、那覇空港へ行く際には立ち寄ってみてください。

関連する記事