trima

辺戸岬は絶景が見える観光スポット!ランチもできるカフェも紹介!

辺戸岬は絶景が見える観光スポット!ランチもできるカフェも紹介!

2020.09.18

Trima沖縄編集部

皆さんは沖縄本島最北端にある「辺戸岬」をご存知でしょうか?断崖絶壁からの絶景が魅力の観光スポットで、星空観察や鍾乳洞の中を泳ぐ特別なダイビングスポットとしても人気です。こちらでは、そんな辺戸岬の魅力をご紹介いたします。カフェやランチ情報もまとめました。

目次

  1. 沖縄本島最北端「辺戸岬」観光
  2. アクセス
  3. 駐車場
  4. 辺戸岬の見どころや魅力
  5. ダイバーに人気のダイビングスポット「辺戸岬ドーム」
  6. 水平線まで広がる星空
  7. 辺戸岬周辺のカフェ
  8. 辺戸岬こうようパーラー
  9. ふしくぶカフェ
  10. 水母
  11. 辺戸岬周辺のランチスポット
  12. ふれあい食堂 なんと屋
  13. アシムイカフェ
  14. 奥やんばる食堂
  15. 辺戸岬周辺の観光スポット
  16. ヤンバルクイナ展望台
  17. 大石林山
  18. 茅打ちバンタ
  19. 辺戸岬の口コミ
  20. 絶景と迫力に感動
  21. 家族みんなでトレッキング
  22. 辺戸岬は1度は行っておきたい絶景スポット!

沖縄本島最北端「辺戸岬」観光

辺戸岬は、沖縄本島最北端に位置する自然豊かな絶景スポットです。隆起したサンゴ礁によって作られた大迫力の断崖絶壁から眺める海はとても美しく、天気が良い日には与論島や沖永良部島を望むこともできます。

辺戸岬の中心には、沖縄が日本に返還された証として「日本祖国復帰闘争碑」が建てられています。かつて、沖縄の人々は日本復帰を願ってこの場所で集会や式典を開いていたそうです。

沖縄の人々のたくさんの思いを感じられる辺戸岬は、沖縄旅行の際にぜひ足を伸ばして欲しい観光地です。沖縄返還の歴史を感じながら、心ゆくまで太平洋と東シナ海の絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセス

辺戸岬へ行くには車でのアクセスが便利です。那覇空港からは2時間〜2時間30分で到着します。沖縄自動車道に乗り、許田I.Cで降りて国道58号線を北に直進します。那覇空港からは距離があるので、途中道の駅などによって休憩をはさむと良いでしょう。

車でのアクセスが難しい場合は、バスでのアクセスも可能です。名護バスターミナルまで高速バスを利用し、路線バスと村営バスで辺土名駅経由で辺戸岬入口駅に向かいます。2回乗り換える必要があるので、しっかりと時間に余裕を持って行動することをおすすめします。

駐車場

辺戸岬には100台程度の車が停められる無料の駐車場がございます。駐車場が満車になることはあまりないので、空港でレンタカーを借りて遠方から来られる方にも安心です。

駐車場から辺戸岬の崖上など、絶景スポットへ向かう場合は歩きやすい靴で向かうことをおすすめします。辺戸岬には遊歩道が整備されているので安心して散策できますが、崖上には安全柵も設置されていないので、遊歩道以外の場所は十分に注意して歩く必要がございます。

辺戸岬の見どころや魅力

断崖絶壁からの絶景と沖縄返還の碑が有名な辺戸岬ですが、他にも見逃せない魅力がございます。ここでは、そんな辺戸岬のさらなる見どころをご紹介いたします。

ダイバーに人気のダイビングスポット「辺戸岬ドーム」

辺戸岬の近くには、約2万年前に形成された「宜名真海底鍾乳洞」という鍾乳洞がございます。通称「辺戸岬ドーム」と呼ばれ、古代人の部屋なども見られる特別なダイビングスポットとして、全国のダイバーから注目されています。

辺戸岬ドームは水深15mの入口から始まり、約40mのくらい洞窟を抜けるとエアドームに浮上することができます。エアドーム内は金色に輝き、とても神秘的な光景を見ることができます。

辺戸岬ドームは、洞窟のある上級者向けのダイビングスポットです。安全のために、ダイビングツアーに参加して、ガイドダイバーと一緒に向かうことをおすすめします。

水平線まで広がる星空

辺戸岬は沖縄本島最北端の岬なので、水平線に広がる星空を存分に楽しむことができます。何も遮るもののない満点の星空を求めて、たくさんの人が辺戸岬に訪れます。

車でアクセスしやすいので、ドライブついでに駐車場に車を停めて、夜景を見に行くのも素敵です。昼間とは全く雰囲気が違うので、一度辺戸岬を訪れた方にもお楽しみいただけます。

また、辺戸岬周辺のヤンバルクイナ展望台からも星空観察ができます。観光客も光も少ないので、ロマンチックで静かな雰囲気を楽しみたい方にはおすすめです。

辺戸岬周辺のカフェ

辺戸岬の周りには、おいしいドリンクや軽食を提供しているおすすめのカフェがいくつかございます。今回は、その中でも「辺戸岬こうようパーラー」「ふしくぶカフェ」「cafe水母」の3店をご紹介いたします。

観光中に疲れたときは、こちらのカフェに立ち寄って休憩してみてはいかがでしょうか。

辺戸岬こうようパーラー

View this post on Instagram

ランチ

A post shared by きなようせい (@yousei_90s) on

「辺戸岬こうようパーラー」は、辺戸岬の駐車場入口付近にある軽食店です。昔からこちらで営業している辺戸岬こうようパーラーは、辺戸岬を訪れる人には見逃せないお店です。

マンゴーかき氷やシークヮーサーミックス ジュース、有名な沖縄アイスのブルーシールなど、暑い沖縄観光中に一息つける軽食メニューが揃っています。

他にも、沖縄そばやジューシー、焼きビーフンやタコライスなど、しっかりしたランチメニューもございます。辺戸岬観光でお腹が空いた時は、こちらに立ち寄ってみるのも良いでしょう。

ふしくぶカフェ

辺戸岬の観光案内所「HEAD LINE」の2階にある「ふしくぶカフェ」は、店内から大海原が一望できる新しいカフェです。大昔に流れ星が落ちてできた窪地の「辺戸の星窪(ふしくぶ)」が近くにあることから、ふしくぶカフェと名付けられました。

ニッポン全国ご当地おやつランキングでグランプリを獲得した「アセロラフローズン」をはじめ、ドリンクやケーキ、軽食などを提供しています。こちらのフローズンドリンクは暑い沖縄にはぴったりです!

水母

View this post on Instagram

#cafe水母 #okinawa #cafe #カフェ巡り

A post shared by Michiko (@mu45) on

辺戸岬を越えてさらに東海岸沿いを車で20分進むと、「cafe水母」が見えてきます。建物全体が手作りで、知り合いやスタッフと共にオーナーが1年かけて作り上げたそうです。ポップでカラフルな内装は可愛らしく、新たなファンを惹きつけてやみません。

無添加・無農薬にこだわっており、自家製の天然酵母パンを使ったサンドイッチや手作りデザートが人気です。天然ビーチが目の前にあるので、贅沢な気分でお洒落なひとときを楽しめるカフェです。

辺戸岬周辺のランチスポット

辺戸岬で思いっきり観光を楽しんだ後は、かなりお腹が空いているはずです!辺戸岬周辺にはおいしいレストランも多く、沖縄らしいランチを堪能していただくことができます。

こちらでは、辺戸岬周辺のおすすめのランチスポットをご紹介いたします。

ふれあい食堂 なんと屋

沖縄在来種のやんばるあぐーや薬草など、沖縄食材にこだわったメニューを提供しているのが「ふれあい食堂 なんと屋」です。「やんばるあぐー鍋」や「やんばるあぐーカレー」、限定5食の「精進料理」など、メニューも豊富です。

アレルギー対応のお子様メニューやキッズルームもあるので、小さなお子様連れのお客様にも安心です。レストランの窓からはきれいな海が見えるので、おいしいお食事と景色を一度にゆっくり楽しむことができます。

アシムイカフェ

「アシムイカフェ」は辺戸岬近くの大石林山の中にあるカフェです。大石林山のトレッキングコースの出発点にあるので、毎日多くの人で賑わっています。

アシムイカフェの1番人気商品は、沖縄で採れる新鮮な薬草をのせて焼き上げる「アシムイ薬草ピザ」です。沖縄そばのトッピングでもお馴染みのヨモギや、長命草、ニガナの3種類の薬草をたっぷり使用しています。

他にもポリフェノール豊富な「月桃ジュース」や「月桃ケーキ」など、薬草を使った効能のあるメニューがございます。

奥やんばる食堂

View this post on Instagram

¥700の驚き! #奥やんばる食堂

A post shared by cappuccinorider (@cappuccinorider) on

「奥やんばる食堂」は、辺戸岬から車で10分のところにある沖縄民家風コテージに滞在することのできる宿泊施設「奥やんばるの里」にあります。店内にはテラス席もあり、大自然に囲まれながら食事を楽しむことができます。

ソーキそば・三枚肉そばなどの沖縄メニューの他に、生姜焼き定食・とんかつ定食などのガッツリ系のメニューもございます。どのメニューもリーズナブルなのも嬉しいポイントです。辺戸岬に観光に来た際には、ぜひこちらの食堂にお立ち寄りください。

辺戸岬周辺の観光スポット

View this post on Instagram

沖縄県国頭郡国頭村にある沖縄本島で最北端の岬、辺戸岬です! この日は曇り☁️曇りでも与論島は見えました🏝️ 初日の出スポット、星空観察スポットでも有名です! #沖縄県#国頭村#辺戸#辺戸岬#大石林山#与論島#奄美群島#ヤンバルクイナ#ヤンバルクイナ展望台#初日の出スポット#星空観察スポット#リーフ#エメラルドグリーン#珊瑚礁#沖縄旅行 #沖縄旅行計画 #沖縄好き #沖縄好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #沖縄フォト祭り #ダレカニミセタイケシキ #写真撮ってる人と繋がりたい #第二の故郷 #一眼レフ #ゆーきのpic #japan#okinawa#loves_okinawa

A post shared by yuki (@oknw.pic) on

絶景やダイビングを楽しめる辺戸岬ですが、その周りにも見逃せない観光スポットがございます。今回は、絶景を楽しめる「ヤンバルクイナ展望台」と「茅打ちバンタ」、トレッキングスポットの「大石林山」の3つの観光地をご紹介いたします。

どれも魅力的な観光スポットなので、しっかり時間を作って楽しむことをおすすめいたします。

ヤンバルクイナ展望台

View this post on Instagram

やっほーフライデー、5月もいよいよ最終日、5月病になるヒマもなく一瞬で過ぎ去りました。どうも編集部Nです。さてさてコチラのインパクト大なヤンバルクイナさんは、沖縄北部の国頭村にある「ヤンバルクイナ展望台」。高さ11.5mのヤンバルクイナは妙にリアルで、初めてご覧になる方はびっくりすること間違いナシ(笑)内側の階段を上がって胸の間からは、辺土岬周辺の海岸線が望めますよ。シュールでありながらも、個人的にオススメなスポットの内のひとつです🌲🌲🌲 – – – – – – – – – – – – – – – ☆★☆#ヤンバルクイナ展望台 #国頭村 ・沖縄県国頭郡国頭村字辺戸 ・電話番号=0980-41-2101 @okinawa_labo #沖縄ラボ #okinawalabo – – – – – – – – – – – – – – - アカウント名からプロフィールへジャンプ! URLより最新記事をご覧いただくことができます☆ #soreal #littlescary #but #youcansee #breathtakingview #kunigamivillage #okinawatravel #okinawa #okinawalabo #wbf #リアル #ヤンバルクイナ #🐦 #ちょっと怖い(笑)#オススメ #絶景スポット #ヤンバルクイナ展望台 #国頭村 #沖縄観光 #沖縄旅行 #沖縄 #沖縄ラボ #しろくまツアー

A post shared by 沖縄ラボ🌸 (@okinawa_labo) on

辺戸岬近くの宇佐浜遺跡から海岸沿いに歩くと見えてくる「ヤンバルクイナ展望台」は、辺戸岬周辺の景色を楽しむことのできる絶景スポットです。観光客や地元民も少ないので、景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

写真を見ても分かる通り、くちばしから足の先まで本物のヤンバルクイナのようにリアルに作られた展望台です。インスタ映えすると若者を中心に人気を集めていて、観光と合わせて記念写真をとっていく人も多いです。

大石林山

大石林山は辺戸岬から程近い、手つかずの自然が多く残る観光地です。2億年前の石灰岩が侵食されてできた巨石や岩山は、間近でみるとすごい迫力です。沖縄の海と大石林山に広がる亜熱帯の森、そして雄大な岩山を一度に堪能することができます。

大石林山を楽しむには、トレッキングがおすすめです。2016年にやんばる国立公園に指定されたことで園内設備や遊歩道も整備されたので、あまり体力に自信がない方でもお楽しみいただけます。

トレッキング中には、「悟空岩」や「ソテツ群落」、「御願ガジュマル」など見どころも盛り沢山です。ぜひ、ご家族や友達と一緒にトレッキングをお楽しみください。

茅打ちバンタ

View this post on Instagram

・ ・ 連日の仕事で疲労MAX😵 今日は @maaaaau_u と遊び予定だったけど、 泣く泣くお断り〜😭 身体は重いし、頭痛はするし、 明日も朝から仕事やし、 無理は禁物💦 ゆっくり過ごして今週さえ乗り切れば、 仕事も少し落ち着くはずー🙌✨ とりあえず昼過ぎまでお布団の中でダラダラしよ(笑) 雨だしね😝☔️ ・ #沖縄#国頭村#茅打ちバンタ#カコソラ #沖縄好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #海好きな人と繋がりたい#ハッピーライフ #沖縄ライフ#iphone7plus#沖縄移住#okinawa#ocean#beach#sunny#sky #happylife#okinawalife#loves_okinawa #47canon2018 #ファインダー越しの私の世界 #離島に劣らない本島の癒しと美しさ #沖縄本島撮影部隊#total_islands #海のある生活 #ダレカニミセタイケシキ ・ *Life full of smiles*☺︎* ・

A post shared by MAYUMI_0712 (@mayumi_0712) on

辺戸岬の手前に位置する「茅打ちバンタ」は、沖縄屈指の絶景スポットとして有名です。バンタとは「崖」を意味し、茅を束ねて投げたところ、下からの強風でバラバラになって飛散したことが名前の由来です。

崖下は約80mで、下には深いブルーの海が広がっています。崖上から覗き込むと、サンゴ礁や海中の魚まで見えることに驚きます。晴れた日には、伊是名島や伊平屋島まで見渡すことができます。

アクセスは、空港から車で約2時間30分ほどです。辺戸岬観光と合わせて、訪れることをおすすめします。

辺戸岬の口コミ

辺戸岬の見どころや周辺スポットについて、いかがでしたでしょうか?見る場所が多いので、いくつか興味のある場所が見つかったはずです。

ここからは、実際に辺戸岬を訪れた方の口コミをご紹介いたします。次回の辺戸岬観光の参考にしてください。

絶景と迫力に感動

旦那がどうしてもと言うので、辺戸岬にレンタカーを借りて観光に行きました。あまり乗り気ではなかったのですが、いざ行ってみると、断崖絶壁の迫力と絶景にとても感動しました。

辺戸岬内には遊歩道も整備されていて、海を眺めるだけでなく、緑の中を気の向くまま散策できるのも気持ち良かったです。とてもリラックスできた1日になりました。

辺戸岬から眺める星空が綺麗と聞いたので、次回はぜひ夜景を見に来たいなと思っています。(20代 女性)

家族みんなでトレッキング

朝から家族で辺戸岬に散策に来ました。大自然の中、遊歩道を歩くのはとても良い気分で、妻も子どもたちも楽しそうに歩いていました。

辺戸岬こうようパーラーで軽くランチを済ませた後は、近くの大石林山でトレッキングです。私は大きなガジュマルに感動しましたが、子どもたちはライオンキングの岩に大興奮でした。

とてもアクティブでしたが、なかなか経験することのできない大自然に触れ合えて、大満足の1日となりました。(40代 男性)

辺戸岬は1度は行っておきたい絶景スポット!

沖縄本島の最北端の絶景スポット「辺戸岬」についてご紹介してきましたが、お楽しみいただけたでしょうか?辺戸岬とその周辺には見どころが多くあり、自然にの中でアクティブな1日を過ごすことができます。

これから夏が近づき、沖縄のハイシーズンとなります。今年の夏は、辺戸岬で絶景を眺めてみてはいかがでしょうか。

関連する記事