trima

冬の沖縄はつまらない?冬の沖縄観光の楽しみ方や適した服装を紹介!

冬の沖縄はつまらない?冬の沖縄観光の楽しみ方や適した服装を紹介!

2020.09.18

Trima沖縄編集部

あなたは沖縄は夏に行くものだとは思っていませんか?冬の沖縄観光なんてつまらないと思っていませんか?今回は沖縄の冬の旅の楽しみ方、観光スポット、冬でもダイビングはできるのか。冬の気温と、適した服装などについても一緒に研究していきたいと思います。

目次

  1. 冬の沖縄はつまらない?冬の沖縄の楽しみ方を紹介
  2. 冬の沖縄に最適な観光スポット
  3. 沖縄美ら海水族館
  4. おきなわワールド
  5. ホエールウォッチング
  6. 第一牧志公設市場
  7. 斎場御嶽
  8. 壷屋やちむん通り
  9. 国際通り
  10. ビオスの丘
  11. ガンガラーの谷
  12. ウミカジテラス
  13. 沖縄は冬でもダイビングを楽しむことが可能!
  14. 沖縄の冬の水温について
  15. 寒さが気になる人は防寒インナーを使用しよう
  16. おすすめは1月
  17. 冬の沖縄がおすすめの理由とは?
  18. 旅行費用が安い
  19. 観光客が少ない
  20. 冬の沖縄の気温は?
  21. 夏の沖縄との違い
  22. 最適な服装
  23. グルメに季節は関係なし!沖縄の飲食店を楽しもう
  24. なかむらそば
  25. うちなー料理 首里いろは庭
  26. ぜんざいの富士家 泊本店
  27. 泡盛と海産物の店 ぱやお
  28. 炭火焼肉 やまもと
  29. 季節を問わず楽しめる「沖縄」

冬の沖縄はつまらない?冬の沖縄の楽しみ方を紹介

View this post on Instagram

. . プレゼント企画ではたくさんのご応募を、 ありがとうございました🌺 結果発表までしばらくお待ち下さい✨ . 応募はまだまだ受付中ですので、 気になっている方は、ぜひ✨ . . 🐠🐡🐠🐡🐠🐡🐠🐡🐠🐡🐠🐡🐠 #沖縄 #沖縄好きな人と繋がりたい #沖縄フォト祭り #okinawa #海 #写真好きな人と繋がりたい #旅行 #旅行好きな人と繋がりたい #travel #日本 #ビーチ #空 #海が好きな人と繋がりたい #沖縄旅行 #リゾート #okinawatrip #沖縄ライフ #瀬底ビーチ #瀬底島 #miyakojima #ishigakijima #宮古島 #石垣島 #17end #与那覇前浜ビーチ #オリジナルグッズ #プレゼント企画

A post shared by 🌿 Nagase/沖縄 🌿 (@okinaworld) on

あなたにとって冬の沖縄のイメージはどうでしょうか?夏とは違ってつまらないのではないかそう思っていませんか?

実は冬こそが沖縄観光の楽しめる秘訣で、暑い夏でなければマリンスポーツもできないそんなこともありません。冬の沖縄の気温は17度もあり、過ごしやすく観光もしやすいのです。

雨が降ったり天候が荒れやすくはなりますが、冬の最大の敵である雪が降ることもないのでおすすめです。今回は冬の沖縄の楽しみ方をご紹介します。

冬の沖縄に最適な観光スポット

では冬の沖縄ではどこに足を運ぶのが最適なのでしょうか。冬の沖縄を楽しめる場所とはどういった場所なのでしょうか?

夏場は観光客で賑わいますが、冬場は観光客が夏場に比べると少なくどこに行っても観光しやすいのが特徴です。冬の沖縄に最適な観光スポットを見て行きたいと思います。

沖縄美ら海水族館

沖縄の人気ナンバーワンのメガスポットと言ったら沖縄美ら海水族館です。屋内にある水族館なので冬の沖縄にも持ってこいの観光スポットの一つで冬場にはイルミネーションが施されていたりライトアップがとても綺麗です。

沖縄の海をテーマごとに再現したビックスケールの中でも高さ8.2メートル、幅22.5メートル、厚さ60センチメートルのアクリルパネルは日本一ともいわれ、全長10メートルといわれるジンベイザメの飼育期間は世界一、マンタの出産に成功しているのは世界初との言われるこの黒潮の海ブースは感動します。また浅瀬にいる生き物を集めたイノーの生き物たち、イソギンチャクや熱帯魚が見れるサンゴの海、色鮮やかな熱帯魚が動き回る熱帯魚の海それぞれのブースにはそれぞれ特徴があります。

ネットでは混雑日を3段階に分けてホームページ上で公開していますが、冬場は混雑も少なくゆっくり見られるのでおすすめです。水族館は沖縄北部にあり、那覇から車で2時間、8時30分から20時までで、大人1880園高校生1250園小・中学生620円です。

おきなわワールド

沖縄南部を代表するおきなわワールドでは東京ドーム4個分、大きな観光施設で、「沖縄のものを見て、作って、食べて」を体験することができます。各エリアをご紹介すると天然記念物「玉泉洞」は鍾乳石の数は世界最多とも言われ、全長5000メートルの国内最大級の玉泉洞です。

また沖縄の伝統芸能「エイサー」を見て、築100年とも言われる古民家が集合した琉球王国城下町を見ることもでき、また冬場でも関係なく一番楽しめるのは琉球ガラス体験で、オリジナルガラスを職人さんの手ほどきで体験することができます。熱い釜を使っての作業なので冬場はそんなに気温が寒くもなく火の前で作業するのには温度が丁度いいかもしれません。

またおきなわワールドでは80種類も超える沖縄伝統の料理を味わうこともでき、ハブ植物園を楽しみ、お土産も充実しています。おきなわワールドは9時から18時まで年中無休の入場料は大人1700円、小人850円です。

ホエールウォッチング

ホエールウォッチングは12月下旬から4月上旬の期間限定の人気アクティビティです。ザトウクジラはシベリア海域に生息しており、冬場のこの時期に沖縄の海にやってきます。

生でクジラを目で見ることができ、感動もすること間違いなしです。ダイナミックなジャンプ、潮吹き、クジラの様々な行動といったパフォーマンスは夏場は見ることはできないのです。

ホエールウォッチングはツアーで参加するクジラが見えるところまで連れて行ってくれます。ファミリーで、カップルで女子旅で体験してみてはいかがでしょうか。

第一牧志公設市場

那覇にはモノレールが走っていますがゆいレール牧志駅から徒歩10分のところにあるのは第一牧志公設市場で、地元食材がズラリ勢揃いで、沖縄の名物をまとめて手に入れることができます。冬場でも暖かい屋内で、沖縄らしいものを見てお腹いっぱい食べて楽しむことができます。

1階が精肉コーナー、鮮魚コーナー、食品コーナー、野菜・果物コーナーに分かれています。2階は食堂になっており1階で買った魚を2階の食堂で調理法を相談しながら調理してもらい食べることができます。

調理代は3品までなら1人500円、1品増える程に100円追加で、選んだ魚が豪華な料理に変身し、自分流の定食が出来上がり、美味しさは格別です。10時から20時まで営業しており第4日曜日がお休みですが12月は無休でで営業しています。

斎場御嶽

那覇空港自動車道南風原北ICから約30分のところにあるのは凛とした空気が漂う琉球最高の聖地である斎場御嶽であり、琉球の創世神アマキミヨが国始めに造った七御嶽の一つで、大庫理や寄満と呼ばれる神域が点在します。特に拝所へと続く三庫理は厳かな空気に包まれています。

冬場は少し暖かめの格好で石畳や坂が多いのでブーツとかではなく歩きやすいスニーカーなどの靴などが良いと思います。斎場御嶽の歴史をパネルや映像で紹介する歴史体験施設などもあり、お子様の自由研究にも適している場所です。

開館時間は3月から10月が9時から18時までで11月から2月までが9時から17時30分までで年中無休です。入場料は大人300円、小人150円と安く、パワースポットとも言われるところに出向いてみませんか。

壷屋やちむん通り

冬と言ったら焼物を見ていると温かみを感じませんか?特に陶芸品は造った人の心も表れるともいわれ、見ているだけでも癒されます。

そんなドキドキワクワクさせてくれる場所は那覇市内ゆいレール牧志駅から徒歩10分のところにある壺屋やちむん通りです。ところで、やちむんとは沖縄の方言で焼物のことであり、ここ壺屋やちむん通りは国際通りから平和通りを抜けた先に延びる焼物通りで、石畳の通りにやちむんの窯元や直売所など50店舗のショップが並んでいます。

可愛いい食器、自分用に、家族のお土産用にいかがでしょうか?壺屋焼窯元育陶園ではシーサー作りや陶芸体験ができ、急に雨が降ってきたときにちょっと肌寒いときに室内で体験できるのはありがたいですよね。

国際通り

沖縄ナンバーワンと言われるお土産ストリートにはゆいレール県庁前駅、美栄橋駅、牧志駅から近い国際通りがあります。日曜日は歩行者天国とも言われトランジットモールとも言われ、駐車場コインロッカーも完備されています。

ゆいレール牧志駅近くの国際通りには那覇市観光案内所があり最初にここに立ち寄って見ると様々な観光地までの行き方を知ることができ便利です。沖縄のお土産がなんでも揃う大型店には沖縄の限定のお菓子やキャラクターグッズを中心に、泡盛、工芸品を扱う「おきなわ屋本店」があります。

また、ゆいレール県庁前駅近くの国際通りには「わしたショップ本店」があり、1階は食品や泡盛、2階は工芸品や化粧品、雑貨までも数多く揃います。離島まで行かなくても離島の商品が手に入ったりしますのでおすすめです。

ビオスの丘

沖縄へ行ったら海だけではなく、亜熱帯の植物があるところで遊んで学びたいですよね?冬場の冷たい風もしのげ、亜熱帯の植物や小動物についてガイドするジャングルクルーズは中でも人気があります。

また亜熱帯の森を駆け巡る巡車に乗って沖縄ならではの果樹や農作物を見ることができ、冬場の1月中旬から2月初旬まで蘭の花が見られます。お食事処もあり沖縄ならではの沖縄そばやタコライスといった食べ物や、ブルーシールのアイスを食べることができます。

場所は沖縄中部であるうるま市に位置し、那覇空港からは1時間程で、開園時間は9時から18時まで大人1000円の小人500円です。

ガンガラーの谷

那覇空港自動車道南風原南ICから6キロのところにあるのは神秘のネイチャー、太古の森と呼ばれるガンガラーの谷です。50万年前の鍾乳洞跡に広がる亜熱帯の森には港川人居住跡の可能性がある武芸洞などが点在します。

見学はガイド付きのツアーのみで冬場も見学ができます。受付は9時から18時までで、ツアー料金はドリンク保険込みで大人2500円、中学生以上1500円です。

ガンガラーの谷は「命」や「自然」に思いを巡らせながらをコンセプトにしています。季節関係なく散策できますので是非訪れてみて下さい。

ウミカジテラス

せっかく沖縄に来たら沖縄の海が見えるところが冬場でも見たいですよね。夏場と違って心地よい海風がちょうどいいそんなところがウミカジテラスというところです。

沖縄の那覇空港から15分程のところにありアクセスもよく、瀬長島西海岸の傾斜地に造られたショッピングモールです。沖縄の青い空と青い海に映えるように白い建物のお店が47店舗あります。

2015年にオープンしたばかりのまだ新しい商業施設で、沖縄のジュエリーと言った雑貨、沖縄の野菜や果物といった特産物が絶景のロケーションの中にあります。営業時間は10時から22時までですので夜景を見ながらでもゆっくりとウミカジテラスにあなたも訪れてみてはいかがでしょうか。

沖縄は冬でもダイビングを楽しむことが可能!

沖縄では夏はアクティビティとしてダイビングをすることが定番です。暖かい気温の中で冷たい海に潜るのは最高ですが、沖縄の冬は思ったよりも寒くなく、海に潜ることだって実は可能なんです。

それでは沖縄の冬のダイビングとはどういうものなのか研究していきたいと思います。

沖縄の冬の水温について

View this post on Instagram

*⁠ こんばんは^^⁠ 沖縄の素敵なお写真は「#okirakuphoto」をつけて投稿いただければ、アカウント内でご紹介させていただきます🥰💕⁠ ⁠ 今日はこちら🌺🌴⁠ 素敵な投稿ありがとうございます❤⁠ (過去投稿になります。)⁠ ⁠ 〰〰今日の素敵な投稿はコチラ〰〰⁠ 📸 @uimq713 さん⁠ 📍 伊良部島⁠ / Irabu Island⁠ ⁠⁠⁠⁠⁠.⁠ .⁠ 今日の透明度ベリークリア👌💎⁠ .⁠ .⁠ 〰〰沖縄の思い出写真募集中!〰〰⁠ 沖縄旅行の思い出は #okirakuphoto をつけてお気軽にポスト📱⁠ @okiraku_activity アカウント内でご紹介させていただきます✨⁠

A post shared by 沖楽-okiraku- (@okiraku_activity) on

よく多くの人が疑問に感じるのは沖縄の冬についてです。沖縄の冬の気温は18℃から23℃と言われ、海の中は21℃から22℃と温度差がさほど大きくはないのが特徴です。

気温と水温は2月に最も低くなりますが、水温は20℃を下回ることはほぼありません。体感温度は12月から2月に北風が強くなるため少し寒く感じるかもしれませんが、我慢できないほどの冷たさではないです。

沖縄の冬の海の透明度はほぼ夏の海と変わらず、綺麗なコバルトブルーとエメラルドグリーンのグラデーションになっています。

寒さが気になる人は防寒インナーを使用しよう

View this post on Instagram

・ ・ この穴、絶妙で好き😘 ・ ・ 本当にコロナウイルスが落ち着くことを心から願っています🥺 ・ 沖縄おいでとも言えないけれど… ・ 落ち着きますように🙏✨ ・ ・ ・ 4/17 粟国🛥🌟 ・ 4/19 渡名喜スキンダイビングツアー🐠 ・ 4/25 渡名喜🛥🌟を開催します🛥🌟 ・ 詳細はご連絡ください🍀 ・ ・ ・ #ロングフィンレンタル 始めました😊 販売も始めました🤲 レンタルマスクも#ホワイトシリコンマスク もあります😍 ・ ・ ・ 😊那覇発!半日ケラマボートダイビング🎵🎵 半日でボートに乗って綺麗な海で遊べちゃいます😆🛥 1日慶良間諸島コースも人気です🏝💙 🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️🧜🏼‍♀️ スキンダイビング✨ 体験ダイビング✨ FUNダイビング✨ 初めての方でもお気軽に参加していただけています🎵 お一人様でも大丈夫🏖 沖縄の海をのぞきに行きましょう😆 初めてなので他の方と一緒はちょっと…なんて要望もOK🙆‍♂️ 相談して下さい🎵 詳しくはHPをみてください✨ 今年も予約受付中🎵 予定がまだの方お問い合わせ下さい✨ 素敵な思い出を作ろう❣️ 😆😆😆😆😆😆😆😆😆😆😆 素敵な海へご案内します✨ 1泊2日沖縄旅行でも海で遊べます👍 #弾丸ツアー 応援します😆🎵 相談して下さい👍 ご予約、お問い合わせお待ちしてますっ👌 🎊✨🎊✨🎊✨🎊✨🎊😊🎊😊🎊😊🎊😊🎊 キャンペーン中🤙 ダイビングとスキンダイビングのセットプランもあります🎵 お問い合わせはお気軽に😊✨ ✨リピーター様は500円OFF❗️ 🐳ツアー中の画像データ無料プレゼント🎁✨ 🐢綺麗な器材レンタル無料😆✨ 🐠那覇市内送迎無料🚙✨ 🏖お一人様も大歓迎🐋✨ ✨初めての方も大歓迎👍 👑そして少人数制なので安心です🎵 🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝 #青の洞窟 ツアー🏖 体験ダイビング、スノーケリング、FUNダイビング、スキンダイビング 随時開催最中✨ ビーチは開催時間はお客様次第✨ 🏝🌸🏝🌸🚘🌸🏝🌸🏝🌸🏝🌸🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏖🏝🏝🌸 FUNダイビング、スキンダイビングは少人数制🐳 体験ダイビングはワングループ制でご案内させて頂いていますのでご予約はお早めがおすすめです🙇 🏝✨🏝✨🏝✨🏝✨🏝✨🏝✨ スキンダイビング🐬体験ダイビング✨ FUNダイビング🏖シュノーケリング🐠 各メニュー、沖縄本島ビーチ、慶良間諸島、青の洞窟等で開催中です🤗☀️ お得な体験ダイビング2DIVEプランも好評開催中です🎶 詳しくはホームページも確認してみて下さい🎵 ご予約、お問い合わせはHP🏝DM🏝LINEで🙆‍♂️ お客様専用LINE🆔@sas5488f ‭https://www.johnnysdiving.com‬ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ @gopro @goprojp #johnnysdiving#okinawa #underwaterphotography #divermag ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ #ジョニーズダイビング #フリーダイビング #スキンダイビング #体験ダイビング #FUNダイビング #海が好きな人と繋がりたい #沖縄ダイビング#ケラマスキンダイビング#沖縄ダイビングショップ #素潜り #水中写真#おきなわ #慶良間諸島 #沖縄の海#ケラマ #ダイビング旅行 #沖縄旅行#青い海 #沖縄旅行計画 #海のある生活☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

A post shared by 沖縄ダイビング Johnnys diving (@maiko.johnnysdiving.okinawa) on

冬の沖縄の海で最も問い合わせの多いのはダイビングスーツについてです。個人にもよりますし、天候にもよりますし、アクティブに動くかそうでもないか、ダイビングをする本数によっても変わってきます。

寒さが一番強い2月でもダイビングスーツを着るのが暑いくらいだという人もいれば、肌寒くてダイビングスーツだけではちょっとなと感じる人様々います。ダイビングスーツはドライスーツを着ると防寒対策になります。

ドライスーツは中に水が入ってこないので寒くないのですがそれでも心配と言う人は防寒インナーを着用すると良いと思います。水に濡れないのでちゃんとインナーも着れちゃいます。

おすすめは1月

View this post on Instagram

宮古島 池間島海域 池間島に行くには、宮古島空港 → 平良市街地 → 池間大橋 → 池間島 池間大橋から眺める景色は綺麗で最高です。 サンゴ礁に囲まれた島で、写真のとおりに透明度も抜群にいい。 眺めて良し、泳いで良しの池間島 「2019年のダイビングでの思い出を振り返るキャンペーンを開催中🎉」 本格的にシーズンが始まる前に、2019年のダイビングで1番の思い出や綺麗に撮れたお写真、ちょっと自慢したくなるようなお写真を「 #2019年のダイビングを振り返ろう 」というハッシュタグをつけて投稿してくださいね📸 画像に @sdo.okinawa をタグ付けするのももちろんOK👍 ハッシュタグやこのアカウントをタグ付けてくれたお写真は、このアカウントでご紹介いたします✨ . ——————————————- お写真はSDO認証ショップの「ブルーフォレスト宮古島(@blueforest385 )」さんによる提供です✨ 素敵なお写真をありがとうございます📸 ぜひショップのアカウントも覗いてみてくださいね😍 ——————————————- . ◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯● “ダイビングの安全性を見える化する、 すべてのダイバーのための認証制度” Safety Diving in Okinawa(SDO) . Instagram&Facebook:@sdo.okinawa HP:https://sdo.okinawa/ . ↓こちらからInstagramもチェック! https://www.instagram.com/sdo.okinawa/ ◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯● . #沖縄 #沖縄好きな人と繋がりたい #沖縄好き #沖縄移住 #沖縄移住生活 #ダイビング #ダイビング好きな人と繋がりたい #沖縄ダイビング #ダイビングライセンス #ダイビング女子 #海好き #海好きな人と繋がりたい #カメラ好き #カメラ好きな人と繋がりたい #カメラ好きと繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #沖縄離島 #宮古島 #宮古島ダイビング #石垣島 #石垣島ダイビング #体験ダイビング #水中マクロ #水中カメラ #美ら海水族館 #水中写真 #沖縄旅行 #マクロ写真

A post shared by Safety Diving in Okinawa (SDO) (@sdo.okinawa) on

冬のダイビングは1月は海の透明度も高く、より美しい海の世界を堪能できるのでおすすめです。夏はダイビングする人も多くツアーも混雑して予約が取れない場合もありますので、ちょうど1月がいいでしょう。

夏場のように混むことはなく、プライベート感が増して楽しめます。寒さ対策を万全にして1月の海に潜ってみると神秘的な海の世界に辿り着けます。

季節関係なく熱帯魚は見られますのでそこはご心配なさらないでください。ダイビングするのには1月の海を強くおすすめします。

冬の沖縄がおすすめの理由とは?

沖縄といえば夏が連想されますが、冬の沖縄も負けてはいません。冬場の沖縄をおすすめする理由とはなんなのかあなたは知っていますか?

それでは冬の沖縄がおすすめな理由を探っていきたいと思います。

旅行費用が安い

沖縄へ行くのには飛行機とホテルがパックになっているツアーで申し込むことがおすすめですが、夏場は安くても10万はしますし、高くて20万程します。やはり夏は旅行費がとても高く、ファミリーで行くのはお金がかかって大変と言う人もいますよね。

そんな人には旅行費が抑えられる冬場に沖縄に行くことをおすすめします。閑散期とも言われ、ツアーの価格も安くなるのが特に2月です。ツアーにもよりますが、5万から6万で飛行機とホテルのパックで行くことも可能です。

観光客が少ない

夏といえば沖縄のイメージを抱く人も多いかとおもいます。沖縄だったら気温も高く海も綺麗なイメージの夏を選ぶ人も多くいると思います。

あえて暑い夏に沖縄に行くのではなく寒くなる冬に沖縄に行くことをおすすめします。そうすれば、人混みのすごい中、汗を垂らして観光することもありません。

人手が少なく、ファミリーで来る人も少ない冬は是非おすすめしたいと思います。冬場だからと言って沖縄料理が食べられないと言うことはありませんし、空いているからこそゆっくりと観光できます。

冬の沖縄の気温は?

ところで冬の沖縄の気温はどうなのか気になりませんか?日本の北の方のように気温差は激しいのか気になりますよね?

沖縄の気温はどうなのか、合わせて冬の沖縄に行く際の服装についても述べていきます。

夏の沖縄との違い

真夏の沖縄は30℃を超える日も多く、じりじりと暑く汗がだらだらと垂れてきます。天気予報を見ても一目瞭然、沖縄だけ別世界のように気温が高いのが特徴です。

冬場は気温が10℃近く下がりますが北の方と比べたら、全然暖かい冬です。太陽が眩しくなく、ちょうど良い気温の中で観光できること間違いなしです。

冬の沖縄の気温は20℃前後で過ごしやすい気温だと思います。暑くもなく寒すぎることもなくといった気温は最高だと思います。

最適な服装

冬の沖縄は東京と違って急激に寒いと言うことはありませんが、朝晩はちょっと冷え込むと思います。バッチリ防寒対策を取る必要はないかと思いますが、薄手の長袖を着て、パーカーなどを持ち歩くといいかもしれません。

日中はごく稀に気温も高くなることもあるので半袖も持っていった方が無難ですが、羽織りものは欠かさず持っていくことをおすすめします。雪が降ることはなくマフラーや手袋は必要ないと思いますが、雨が降ってきたときや風が強いときのためにウィンドブレーカーの服装も準備しておくべきです。

グルメに季節は関係なし!沖縄の飲食店を楽しもう

View this post on Instagram

   こんばんは!  今日は3連休中日! 明日もお休みの方も多いかと思います!  「明日もお休みだから、晩ご飯はゆっくり食べたいな」とお考えのお客様!  リハロウのディナータイム、すでにスタートしております!  今夜はリハロウでゆっくりディナーをいかがでしょうか?  みなさまのお越しを心よりお待ちしております!  《3月スケジュール》 24日 お休み 31日 お休み  《4月スケジュール》 4月からディナー営業を一旦休止させて頂きますので、モーニング・ランチのみの営業となります。 ——————- スタッフも大募集してます!ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ アルバイトも社員も 短期も長期も 短時間も長時間も 移住もぜひ!  🏝島野菜カフェリハロウビーチ🏝  ⚪︎OPEN / 8:00〜20:00 ⚪︎MORNING / 8:00〜11:00(10:45 L.O) ⚪︎LUNCH / 11:00〜16:00(16:00 L.O) ⚪︎DINNER/16:00〜20:00(19:00 Food L.O 19:30 Drink L.O) ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ⚪︎TEL / 0980-87-0865 ⚪︎ADD /192-2,Maesato,Ishigaki,Okinawa,907-0002 ⚪︎HP/http://www.rehellow.com ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ  駐車場の用意はございますが、スペースに限りがありますため、出来る限り乗り合わせでのご来店をお願い致します!ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️☕️ #島野菜カフェ#リハロウビーチ#rehellowbeach#スタッフ募集 #テイクアウト #takeout #タコライス #ロコモコ #離島 #タコス #カレー#ゆし豆富 #リハロウ #島野菜カフェリハロウビーチ #エルゴン#誰もいないカフェ#elgondztacos #rehellow #islandvegetablecafe  #石垣島 #石垣島カフェ #石垣カフェ #沖縄 #沖縄カフェ#沖縄旅行  #女子旅 #海カフェ #loves_okinawa #okinawacafe

A post shared by 島野菜カフェリハロウビーチ (@rehellowbeach_official) on

沖縄で食べられるものは夏限定ではありません。季節関係なくグルメの旅ができます。

沖縄の飲食店はどこがおすすめなのでしょうか。おすすめなお店を何店かご紹介します。

なかむらそば

沖縄そばとは鰹をたっぷり使った特製のスープにもちもちっとコシのある麺が絡み合う相性抜群の沖縄を代表するそばです。なかむらそば屋さんは沖縄の恩納村にあり、沖縄自動車道屋嘉ICから車で10分のところにあります。

アーサそばが中でも人気で週末は行列ができるとも言われる有名店です。恩納村にある万座毛ビーチへ行くついでに、なかむらそば屋さんに立ち寄る人も多いそうです。

店内からは目の前の海を眺めることもでき絶景のロケーションで美味しい沖縄そばを食べることができます。

うちなー料理 首里いろは庭

名前もユニークなこちらのお店では沖縄の家庭料理を味わうことができます。赤瓦屋根や石垣を配した家屋が並ぶ石畳道にあるお店です。

具沢山のイナムドゥチをメインにしたもの、鰹出汁が効いたクーブイリーチやトロトロに煮込んだ軟骨煮込みなど沖縄の代表的な料理がつき、定食は7種類ほどあります。中でも石畳定食にラフテーや前菜の盛り合わせをプラスした守礼定食は人気です。

場所はゆいレール首里駅から沖縄バス8番で6分、石畳入口下車すぐのところにあります。

ぜんざいの富士家 泊本店

あなたは沖縄のぜんざいとはどう言うものか知っていますか?ぜんざいといえば大体の人が冬に食べる温かいお汁粉を想像すると思いますが、沖縄ぜんざいは金時豆を甘く煮たものを上にフワフワのかき氷がのったひんやりとしたスイーツです。

食後の後のデザートにもいい沖縄ぜんざいはアイスが載っていたりそのお店によっても違いますが、この富士家さんはぜんざいの専門店として有名です。場所はゆいレール美栄橋駅から徒歩15分のところにあります。

ふっくら金時豆と白玉団子、さらさら氷の組み合わせが絶妙で添えられた塩味の煎餅との相性が抜群ですので是非足を運んでみて下さい。

泡盛と海産物の店 ぱやお

新鮮なお魚と泡盛が飲めるところと言えば泡盛と海鮮物の店 ぱやおさんです。ここでは近海でとれた地魚をメインに、刺身、煮魚、焼き魚などバラエティー豊かな料理が味わえます。

定番のチャンプル料理や海ぶどうなども味わうことができ、豊富な種類の泡盛を飲むことができます。泡盛の飲み比べをすることも楽しみの一つです。

場所はゆいレール安里駅からすぐのところにあり栄町市場内にあります。ディープな場所でも有名な栄町市場で美味しいお魚と泡盛が待っていますよ。

炭火焼肉 やまもと

最後に沖縄離島で石垣島で石垣牛が食べれるところと言えば炭火焼肉 やまもとさんです。コスパも良く美味しい石垣牛が食べられるとのことで有名です。

どのお肉もさっぱりしていていい脂身でどこか甘さも感じるそうです。名物はタンの煮込みであるニコタンで分厚く柔らかく煮込んであり美味しいと評判がいいです。

地元の人も一押しの炭火焼肉 やまもとさんは店内は混み合うそうで予約してから訪れた方がよさそうです。場所は石垣島バスターミナルより徒歩10分のところにあり、17時から営業しています。

季節を問わず楽しめる「沖縄」

View this post on Instagram

🄰🅃 癒しの沖縄離島 𓇼 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◇Ameba公式トップブロガー◇ 「Enjoy OKINAWA! 離島LIFE」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◇サブアカウント◇ 水中写真 動画 人物 etc @atsushi_bluesea ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◇限定 石垣島トラベルフォト撮影◇ 美しいシークレットビーチを巡り撮影 ◇撮影 広告デザイン HP制作承ります◇ for リゾートホテルetc ◇写真掲載中◇ JTA 機内誌「Coralway」 ガイドブック 「沖縄離島情報」etc ーーーーーーーーーーーーーーーーーー #沖縄 #石垣島 #離島 #竹富島 #ビーチ #海 #Beokinawa #visitokinawa #tropical #island #FlyJAL #japan #okinawa #ishigakiisland #instagramjapan #sea #beach #いつまでも沖縄の海が日本の宝でありますように ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A post shared by Atsushi |沖縄 石垣島| (@atsushi_okiphoto) on

あなたは沖縄と言ったら夏とイメージしていませんか?実はそうではなく沖縄と言ったら一年中楽しめる場所なんです。

夏の暑い時に行くのもいいですが、ちょうどいいくらいの気温の冬場にいくのもまた違った楽しみ方ができます。冬場でも海に入ることができますよ。

沖縄は冬の時期が安く行けるのでおすすめです。あなたの沖縄の旅が楽しいものになりますように願っています。

関連する記事