trima

久高島は島全体がパワースポット?人気スポットやおすすめランチとは!

久高島は島全体がパワースポット?人気スポットやおすすめランチとは!

2020.09.19

Trima沖縄編集部

久高島は私有地をもたない聖域として古くから守り続けられている地です。大自然に溢れ神聖な場所がいくつも存在しているパワースポット!そんな久高島で楽しめるレンタサイクル、シュノーケルやランチ、久高島へのアクセス方法をご紹介していきます。ぜひ訪れてみてください!

目次

  1. 島全体がパワースポット?久高島を観光しよう!
  2. 神の島と呼ばれている
  3. レンタサイクルでの観光がおすすめ
  4. 久高島では何をするのがおすすめ?
  5. シュノーケル
  6. 街を散策する
  7. ビーチで癒される
  8. 久高島の人気スポット10選!
  9. イシキ浜
  10. メーギ浜
  11. ウパーマ浜
  12. ヤグルガー
  13. ロマンスロード
  14. カベール岬
  15. 久高殿
  16. 大里家
  17. クボー御嶽
  18. 外間殿
  19. 久高島のおすすめランチ
  20. さばに
  21. けい
  22. とくじん
  23. 久高島の禁止事項
  24. 遊泳できないビーチがある
  25. 島のものを持ち帰らない
  26. 久高島までのアクセス方法
  27. 安座真港から船で行く
  28. 船は2種類ある
  29. 久高島でマナーある観光をしよう!

島全体がパワースポット?久高島を観光しよう!

沖縄本島からフェリーで約20分ほどの離島「久高島」は、青い海が魅力の島です。島全体が神聖とされ、琉球王朝時代より大切に守られてきました。

そのため久高島全体がパワースポットとして知られており、そのパワーを感じに多くの人が訪れています。そんな久高島についてご紹介していきます。ご利益をうけにぜひ訪れてみてください。

神の島と呼ばれている

View this post on Instagram

昨日は尾道での路地裏の休日のイベントでした。 遊びに来て頂いたお客さま、お友達、ありがとうございました。 また次の路地裏が今から楽しみです〜 . そして先週、沖縄に行ってきてたくさんのパワーをもらってきました。 やっと行けた久高島。 『神の島』と呼ばれるこの島は、何もない小さな静かな島でした。 自転車で島を一周してたくさん、たくさん深呼吸をしました。 沖縄の妖精キムジナーが住む大きなガジュマルの木。 光が差し込むこの場所には、きっときっとたくさんのパワーが宿っています。 今にもひょっこりと妖精が木の隙間から出てきそう…♡ この景色を忘れずに、また頑張っていこー!! #久高島 #ガジュマル

A post shared by CHIROL (@aki.chirol) on

久高島は琉球をつくった祖神アマミキヨが降りたち、そして国造りを始めた場所なことから「神の島」と呼ばれています。南城市にある世界文化遺産「斎場御嶽」は、久高島から運ばれた石が敷かれており、琉球王国時代には大切に崇められ、そして死後の世界「ニライカナイ」があると言われています。

また、琉球王朝時代から五穀発祥の地として神事の場だったことから、歴代琉球国王は欠かさず久高島を参詣していました。そのように古くから守れてきた久高島は、島全体が聖地とされた神聖な場所です。

レンタサイクルでの観光がおすすめ

久高島にはパワースポットがいくつもあるため、観光巡りをするにはレンタサイクルがおすすめです。徳仁港周辺には3件のレンタサイクル屋がありますので利用してみましょう。

コインロッカーも完備されており、荷物を預けて身軽で自転車に乗ることができます。電動自転車もありますので、のんびりと島の至る所を見たい人におすすめ!また、自動販売機や商店は集落を抜けるとありませんので、出発前に飲み物など必要なものを買っておきましょう。

ママチャリタイプの普通の自転車は1時間300円、電動自転車は1時間で500円となっており、レンタルできる場所は「貸自転車たまき」「さばに」「久高船待合所」の3つがありますが、電動自転車は台数が少なめですので船を下りたらまずは借りに行きましょう。

久高島では何をするのがおすすめ?

神の島と呼ばれる久高島ではレンタサイクルで観光がおすすめですが、それぞれの場所に訪れた際には何をすればいいの?と疑問に思う人もいるでしょう。

そんな久高島での楽しみ方をご紹介していきます。島全体を楽しむことができますので、ぜひ思いっきり堪能してみてはいかがでしょうか。

シュノーケル

海が綺麗な久高島ではシュノーケリングを体験することができます。初めての場合でも事前講習が付いていますので安心です。

子供も楽しめますので家族でぜひ体験してみてはいかがでしょうか。サンゴ礁や色鮮やかな魚に出会えますので美しい沖縄の海を満喫できるでしょう!

街を散策する

海の中を楽しむのもいいのですが、久高島は街を散策するのもおすすめの過ごし方です。船を下りた周辺には集落があり、石垣や古民家など沖縄独特の造りを楽しむことができます。

沖縄ならではの雰囲気が漂っていますので、思いっきり南国の気分を味わうことができるでしょう!また、集落を離れると緑に囲まれた一本道が続き、のどかな風景のなかサイクリングをするのも快適です!

ビーチで癒される

久高島の海はなんと言っても高い透明度を誇る海が魅力です。そんな綺麗な海を眺めながらビーチで癒されるのもおすすめな過ごし方!

海水浴はもちろんですが、海のなかに入らなくても海風にあたりながら波の音を聞いたりと、自然の風景を楽しむことができます。

そんなのんびりとした時間は心身をリラックスさせてくれるでしょう。ぜひ日常を忘れてゆったりとした時間を過ごしに訪れてみてください。

久高島の人気スポット10選!

シュノーケルや街の散策など久高島では様々な過ごし方で楽しむことができますが、観光スポットを巡るのも楽しみの一つでしょう。

そんな久高島の人気スポットをご紹介していきます。どの場所もパワーが宿っていますので、ぜひその力を感じてみてください!

イシキ浜

イシキ浜は海底にある理想郷と言われていたニライカナイから、神様を乗せた船がきたと伝えられている場所です。五穀が入った壷がこの浜にたどり着き、久高島から沖縄本島へと穀物を作る習慣のきっかけとなったという伝説があります。

浜は中央部東南側に位置しており、浜の入口には御嶽がありますが、そこから林のなかを進んだ先に美しい砂浜。のんびりと海風を感じに訪れてみてはいかがでしょうか。

また、浜への道には拝所などがありますので、ご利益をいただきながら歩いてみましょう。

メーギ浜

メーギ浜はウミヘビの漁業でもあるイラブ―がまに隣接しており、透明度の高いビーチで海水浴も楽しめます。徳仁港から自転車で約2分というアクセスも簡単な場所!

突堤に挟まれた形ですので潮の流れはあまりなく、また海のなかも突然深くなることもありませんので子供連れの家族でも安心して訪れることができます。

すぐそばにキャンプ場がありますので、海で思いっきり泳いだ後にキャンプをするのも楽しいでしょう!さらにビーチ手前の丘からは夕日が見れますので、ぜひゆっくりと堪能してみてください。

ウパーマ浜

ウパーマ浜は久高島で一番広い砂浜ですが、岩場が多いところですので海水浴には向いていません。ですが、「星砂」を拾うことができる場所として有名ですので、ぜひ見つけてみてください!

星砂は西太平洋のサンゴ礁が広がる熱帯や亜熱帯地域に分布しているもので、とくに沖縄では多く分布されています。ただ、沖縄ならどこにでもあるわけでなく潮の流れによっては堆積しない場所もありますが、このウパーマ浜ではとくに星の形が綺麗に残っているところです。

ゆっくりとした時間の流れを感じられますので、家族連れにおすすめです。子供と一緒に夢中になって探す時間は最高のひと時でしょう。

ヤグルガー

沖縄では川や湧水のことを「ガー」と表現しますが、ヤグルガーとは水が貴重だった時代に生活に欠かせなかった湧水(井戸)のことで、現在でも水は湧き出ているため神事の前に行われる体のお清めの際に使用されています。

このヤグルガ―へ行くには階段を下りていきますが、ここから見る景色が綺麗なことから絶景スポットとして人気です!下りていく階段の左側には広い海が広がり、透き通ったブルーには心を奪われるでしょう。

ロマンスロード

島の西側に約600mあるロマンスロードは、遊歩道になっていますので沖縄の美しい海を眺めながら散歩したり、サイクリングすることができます。

途中には風通しの良い東屋がありますので、心ゆくまで海を眺めてみてはいかがでしょうか。この東屋の先はイカ釣りのポイントとなっており、イカはもちろんのこと他の魚が泳いでいるのも見ることができます。ただ、柵はないですので小さな子供が落ちないように注意が必要です。

カベール岬

カベール岬は島の最北端に位置しており、久高島の人々から「ハビャーン」と呼ばれている琉球の神様「アマミキヨ」が降り立った場所と言い伝えられている神聖な場所です。壬の日は神が馬に乗り島を廻るとも言われています。

周辺には洞窟があり引き潮の際にはくぐり抜けれますので、潮の時間帯を合わせて訪れてみてください。また、カベール岬への道の両側には緑の植物が茂っていますが、「カベール海岸植物群楽」と言われ大切にされているものです。緑の中を進んでいくだけでもパワーを感じられるでしょう。

久高殿

久高殿は1978年まで、12年に一度に「イザイホー」という祭りが行われていたところで、建物の裏は聖域とされていますので立ち入らないよう注意しましょう。

その昔、シラタルとその娘のタルガナーが天神地衹を祀って島の繁栄を祈った場所とされています。現在でもウミヘビの燻製が行われていますので、タイミングが合えば見れるかもしれません。

また、ウミヘビの燻製は琉球王国時代、王家御用達で久高家はその採取権を持っていました。そのことから、久高殿には拝所と燻製所が並んで建っています。

大里家

大里家は久高島で最も古い建築物だと言われており、アカツミーとシマリバーの五穀の神様が祀られています。アカツミーがイシキ浜で漁をしていると沖からツボが流れてきました。

そのツボを開けると「麦・栗・アラカ・小豆の種」が入っており、麦と栗の種をハタスに植えてツボも一緒に埋めたそうです。そして麦と栗はその地から島中に広まり、その後沖縄全体にも広がっていったと言い伝えられています。

また、琉球17代王の尚徳王が、この家の美しい女神「クニチャサ」と恋仲になったため、政治を顧みずに久高島に滞在していました。その間に首里で反乱が起き、尚徳王は王位を退けられます。

王はそのことを知り首里に帰る途中で海に身を投げて死んでしまい、そしてクニチャサはこの家の庭にあるガジュマルの木で首を吊って自殺してしまったという伝説も残されています。

クボー御嶽

クボ―御嶽は沖縄の七御嶽の一つで、沖縄のなかで最高の聖地と言われている場所です。島の真ん中を走っていると看板がありますので、矢印の通りに進んで行きましょう。

古くから男子禁制で、森の敷地内にある円形の広場はイザイホーやフパワクと呼ばれる祭りの祭祀所でした。この地は先祖の魂が宿り何百年に渡って祈りの場として存在しています。

現在では立ち入り禁止となっているため、久高島の神女さんしか入れませんが、入口から少し先にある大きな石が一般の方の拝所となっていますので、こちらでパワーを感じてみてください。また、交流館にある久高民族資料室では写真などが展示されていますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

外間殿

外間殿は琉球王朝時代に定められた「ノロ制度」のもとに公式指名されたのが外間家で、島のノロと指名受けたのが久高家です。

大里家の東に位置しており、久高殿とともに貴重な地位を占めている祭祀場で太陽や月、竜宮などの七つの神様を祀っています。

この七つの神様とは天の神様の総師「天頭神」・太陽の神「玉礼乃神」・月の神「松乃美神」・竜宮の神「ニレー大主神」・国造りの神「アマミキヨ神」・植物の神「百畑地方照乃神」・健康の神「梁万神」のことです。

久高島のおすすめランチ

久高島には神聖な場所として古くから大切に守られ続けている場所が多くあり、どの場所もパワースポット!そして、綺麗な海も魅力で、澄んだ高い透明度を誇っています。

久高島全体を巡った後はお腹がペコペコになるでしょう。そのようなときは、島のお店で食事をしてみてはいかがでしょうか。そんな久高島のおすすめランチをご紹介していきます。島ならではのものをぜひ堪能してみてください。

さばに

さばにはソーキそばや沖縄そばなど沖縄名物グルメを食べることができます。ご夫婦二人で営んでおり誠実な接客が人気を集めているお店です。

様々なメニューが揃っており、その他にもアグー丼やイラブ―汁、黒糖ぜんざいやアイスもありますので、最後まで沖縄ならではのものをいただくことができます。

また、自転車もレンタルできますので、サイクリングをたっぷりと楽しんだ後に沖縄産グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

けい

徳仁港から徒歩で約2分のところにある「けい」は朝食やランチがいただける食堂で、久高島で育った海ぶどうがたっぷりと乗せられた「海ぶどう丼」が人気です。

とれたて海ぶどうはプチプチとしたのが特徴で、独特の食感がたまらないと人気のメニュー。また、小ぶりの沖縄そばもセットでついていますので、沖縄料理をぜひ堪能してみてください!

とくじん

とくじんは久高島産の新鮮な食材をふんだんに使用した料理を堪能することができます。島で作られたいる天然の塩を使っており、素材の味をより引き立て一度食べたらハマってしまうでしょう。

「久高御膳」は、島料理がメインの人気メニュー!そして、久高島特産「イラブ―汁」はもう一つの看板メニューです。イラブ―とはウミヘビのことで、久高島ならではの料理を味わうことができます。

久高島ではイラブ―漁は500年以上続いており、滋養強壮にも効果抜群です!イラブ―を食べることで旅の疲れも後に残さないでしょう!

久高島の禁止事項

久高島は島全体がパワースポットなことから、神聖な場所や海など自然のパワーに溢れています。いくつもの人気スポットがありますが、島ならではの考えがありますので注意しましょう。

そんな久高島の禁止事項をご紹介していきます。必ず守って気持ちよく観光をしましょう!

遊泳できないビーチがある

久高島は島全体がパワースポットと言われるように、とても神聖な場所が存在します。そのため遊泳できないビーチがありますので注意しましょう。

イシキ浜は琉球王朝時代に国王が訪れた神聖な浜とされており、現在も遊泳禁止のビーチです。また、拝所など聖地は古来より大切に守ってきた場所で立ち入り禁止ですので、よく確認をしてから訪れるようにしましょう。

島のものを持ち帰らない

久高島へ訪れると旅の思い出に現地のものを持って帰りたくなる人も多いでしょう。ですが、久高島では島の植物や石などを持ち帰らないという決まり事があります。

その場所にあるのが一番という自然との共生の考えを大切にしていますので、触って楽しんだりした後は必ず元の場所に戻しておきましょう。

久高島までのアクセス方法

久高島に行きたいけれど、どうやって行くの?と知りたい人もいるでしょう。そんな久高島までのアクセス方法をご紹介していきます。ぜひ事前にチェックして予定を組みましょう。

安座真港から船で行く

久高島へ行くには沖縄本島から船で行きます。安座真港から船が出発しますので、そこまではレンタカーやバスなどで向かいましょう。

那覇空港から安座真港までは約50分、港には無料駐車場がありますのでレンタカーを利用すると便利です。また、バスを利用する場合は那覇都市モノレールに乗車し、旭橋駅で乗り換えをします。

那覇駅に隣接している那覇バスターミナルから38番線に乗りましょう。また、38番線バスは1時間に1~2本ですので時間に余裕をもって予定を組むのがおすすめです。

船は2種類ある

船を使って久高島まで行きますが船は2種類あり、一つは「フェリーくだか」で一日3便の運航(大人680円・約20分)。もう一つは、「高速船ニューくだか」で一日3便の運航(大人770円・約15分)です。

所要時間も5分ほどの違いで値段もあまり変わりませんので、港に到着して次に出発する船に乗船するといいでしょう。

久高島でマナーある観光をしよう!

久高島には国造りを始めた神が降り立った地や、琉球王が訪れていた場所など島の至る所に神聖な場所があり「神の島」と呼ばれているパワースポットです。

島全体がパワースポットとして力溢れていますので、ぜひご利益をいただきましょう!そんな久高島をたっぷりと観光した後は、沖縄名物も食べてみてください!

関連する記事