trima

シンガポールのスタバは一味違う!タンブラーや限定品情報まとめ!

シンガポールのスタバは一味違う!タンブラーや限定品情報まとめ!

2020.09.22

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

シンガポールのスタバは、とてもおしゃれで外観も内装もこだわりが沢山つまっています!そして、シンガポール限定のフードメニューや、タンブラーやマグなどのグッズもありお土産にもぴったりです!シンガポール観光の合間に是非立ち寄ってみてください!

目次

  1. シンガポールのスタバが熱い!
  2. シンガポールのスタバは何が違う?
  3. 店内がおしゃれ
  4. ロケーションや絶景が楽しめる店も
  5. フードメニューが充実
  6. シンガポールのスタバのメニュー・注文方法
  7. メニューは英語表記だが日本のメニューと大体同じ
  8. カタコトの英語や指差しでも注文できる
  9. お土産や自分用にも!タンブラーやマグ、限定品にも注目
  10. マグ
  11. タンブラー
  12. その他おすすめのグッズ
  13. 季節限定品やコラボ商品も人気
  14. シンガポールのスタバでの注意点
  15. 冷房対策をしていくと安心
  16. 時間帯によっては席を確保するまで時間がかかることも
  17. シンガポールでおすすめのスタバ①パークランドグリーン店
  18. シンガポールでおすすめのスタバ②ロチェスターパーク店
  19. シンガポールでおすすめのスタバ③フラトンウォーターボートハウス店
  20. シンガポールのスタバへ行ってみよう!お土産を買うにもおすすめ!

シンガポールのスタバが熱い!

Singapore Marina Bay Sands - Free photo on Pixabay (759741)

実は、シンガポールはスターバックスの店舗数がとても多く有名なのです。なんと東京都内と同じような広さの国ですが、スタバが130店以上もあります。そして、シンガポール限定のマグやタンブラーも沢山販売されています。

そのため、スターバックス目当てにシンガポールへ旅行に行く方も少なくありません。今回はそんなシンガポールのスターバックスについて詳しく解説していきます!

シンガポールへ旅行へ行く際は、是非スターバックスに立ち寄って一休みしてくださいね!

シンガポールのスタバは何が違う?

 (759744)

シンガポールのスタバと日本のスタバの違いって何?と言う疑問がある方も多いでしょう。実は、ドリンクメニューに関しては日本とは大きな違いはありません。

注文の仕方などもほぼ同じです。ですが、例えばフラペチーノの固定メニューが少し違っていたり、日本にはないココナッツホワイトモカマキアートと言うメニューがあったりと、南国感漂うドリンクメニューがあります。

その他の違いについて触れていきます。

店内がおしゃれ

シンガポールのスタバの大きな特徴は、店内のおしゃれさです。日本のスタバもおしゃれですし外観もこだわっている店舗はありますが、シンガポールのスタバはとにかくどこの店舗もかなりこだわっていて、スタイリッシュです。

全面がガラス張りになっていたり、壁一面がアートのようになっている店内など、なかなか日本では見られないようなスタバの雰囲気があります。

よく見なければ、一見スタバとはわからないような外観の店舗もあります。それだけおしゃれでこだわりの詰まった店舗ばかりなのです。

ロケーションや絶景が楽しめる店も

イーストコーストパークと言う公園内にあるスタバはとにかく緑が豊かで癒されます。テラス席からは海を眺めることもできます。

他にも、イギリス人が住んでいた邸宅を改装したスタバもあり、そこからの景色も緑豊かで癒される空間になっています。また、店内からマリーナ・ベイ・サンズを眺めることができる店舗もあります。

とにかくどの店舗も店内がおしゃれなだけではなくて、外の景色も楽しめるような作りになっている店舗が多いのです。

フードメニューが充実

 (759760)

日本のスタバと大きく違うところは、フードメニューが充実していることです。店舗にもよりますが、モーニングメニューが提供されている店舗も多いです。

ピタパンに、タイのチリソースで和えたチキンや野菜が挟んであるメニューもシンガポールならではのメニューと言えるでしょう。暑い日に、ピリ辛系のフードと冷たい飲み物の組み合わせはおすすめです。

他にも、日本にもあるようなドーナッツやマフィン、ケーキやキッシュなども豊富にあります。

シンガポールのスタバのメニュー・注文方法

 (759764)

シンガポールのスタバメニューと注文方法について具体的に紹介していきます。シンガポール初心者の方でも、スタバであれば簡単に注文できることでしょう。

メニューは英語表記だが日本のメニューと大体同じ

 (759771)

メニューの表記は英語表記になっています。そのため、日本での注文の仕方と同じように「スターバックスラテ、ホット、トール」などと単語で簡単に注文できます。

ですが、シンガポールの英語の発音は「シングリッシュ」と言われているくらい、独特です。そのため、しっかりハキハキと発音しなければ1度では伝わらないこともあるので注意しましょう。

そして、シンガポールのスタバでは名前を聞かれることが多いです。その名前をカップに書いてくれるのです。しっかりと自分の名前を伝えてもうまく伝わっていないことは多いのですが、それも含めて楽しめます。

カタコトの英語や指差しでも注文できる

 (759774)

英語が苦手な人や、発音に自信がない人でも、メニューを指差して注文することができます。どれかメニューを指さすと、店員さんが「HOT or COLD?」などと質問してくれることでしょう。

メニューを指差して「HOT、TALL」などと単語だけで注文をするとスムーズです。多少わからないことがあっても、店員さんが聞いてくれるでしょうから、安心してください。

上手に答えられなくても、身振り手振りでなんとか伝わるものです。

お土産や自分用にも!タンブラーやマグ、限定品にも注目

 (759776)

シンガポールのスタバには、シンガポールでしか買えない限定のタンブラーやマグが販売されています。そのため、お土産にもぴったりですし喜ばれます。

ぜひ、シンガポールへ行った際は限定のグッズを購入してみてください!

マグ

 (759821)

スタバのグッズで定番アイテムはやはりマグです。国ごとにオリジナルの限定マグが発売されています。シンガポールでは、マーライオンがデザインされたマグが人気です。

シンガポールとロゴが記載された定番のマグカップもお土産にぴったりです。さりげなくラッフルズ卿がデザインされていたりと、凝ったデザインのものが多いです。

マグであれば多くの人に喜ばれますし、お土産で悩んだ際はマグがおすすめですが、持ち帰りの際は破損しないように気をつけてください。

タンブラー

 (759823)

スタバのグッズではタンブラーも非常に人気です。最近では普段からタンブラーを使用する方も多いですし、マストアイテムになりつつあります。

もちろん、シンガポール限定のタンブラーも多数発売されています。やはり、シンガポールと言えばマーライオンですのでマーライオンがデザインされたものが多いです。

シンプルかつ、可愛らしいデザインのものまで色々ありますし、期間限定のものやブランドとのコラボグッズも多いです。

その他おすすめのグッズ

マグやタンブラー以外にもおすすめのグッズが沢山あります。スタバのキャラクターであるベアリスタがマーライオンの着ぐるみを着ているぬいぐるみも、子供に喜ばれるアイテムです。

マグやタンブラーだけではなく、ウォーターボトルや、タンブラーでもストローつきのものが人気です。実用的なものとしてはトートバッグなども販売されているので、バッグやポーチもおすすめです。

また、スタバで使えるカードもシンガポール限定のものがあるので、それもお土産にぴったりです。

季節限定品やコラボ商品も人気

クリスマスであれば、シンガポール限定マグカップも定番品のものにさらにクリスマスバージョンのデザインが発売されたりと、かわいいマグやタンブラーが一気に増えます。

また、スワロフスキーとのコラボグッズであったり、プラナカンタイルと言ってかわいいタイルの柄を現代風にデザインしたプラナカンスタイルのマグなどもあり非常に人気が高いです。

コールドカップのフタ部分にシンガポールらしいマーライオンやガーデンズバイザベイがデザインされたものも、とてもかわいいので女性からの人気がかなり高いです。どれも日本ではないようなデザインばかりです。

シンガポールのスタバでの注意点

 (759855)次は、シンガポールのスタバを利用する際の注意点を紹介します。

冷房対策をしていくと安心

Cold Frost Winter The - Free photo on Pixabay (759858)

シンガポールは南国ではあるものの、そのせいかどこも割と冷房が効きすぎていることが多いのです。そのため、店内にいると段々体が冷えてきてしまうこともあります。

その時のために、外は暑かったとしても上着をしっかり持ってきておく、膝掛けなどを持っておくことをおすすめします。冷房が効きすぎていることが原因からか、夏場でも風邪が流行することもよくあるようです。

なんと言っても、冷房の設定温度は19度くらいが平均だそうで、慣れていない日本人からすると、なかなか過酷な温度設定だと言えるでしょう。

時間帯によっては席を確保するまで時間がかかることも

 (759861)

シンガポールはスタバの店舗数が多い…その理由としてはやはり、かなりの人気があるからです。そのため、どの店舗も比較的混雑しています。

モーニングメニューなどもあるので、その影響からか朝から混んでいることも多いです。非常に混雑している時は、席を確保するのに時間がかかることも多いです。

まるで、イス取り競争のような雰囲気になっていることも多いので、シンガポールでスタバに行く際は、なるべく時間に余裕を持っていくか、空いている時間を狙って行くようにしましょう。

シンガポールでおすすめのスタバ①パークランドグリーン店

 (759904)

マリーナベイから、チャンギ空港に向かう方面に広がっている海辺にあるのが、イーストコーストパークと言う大きな公園です。

この公園内にはいくつか商業施設も立ち並んでおり、スタバもあります。海岸沿いなので、ゆっくりと海を眺めながらコーヒーを楽しむことができます。

また、ちょっとした穴場スポットのひとつでもあるので、他の店舗に比べると混雑具合はひどくはないのですが、それでも時間帯によっては席の確保が難しいこともあります。

シンガポールでおすすめのスタバ②ロチェスターパーク店

シンガポールは、昔イギリスの植民地でした。そのため、イギリス人が住んでいた邸宅がいくつもあります。そして、そのおしゃれな邸宅を改装してスタバが営業している店舗があります。

ロチェスターモールと言うショッピングセンターの敷地内にあるスタバは、まさに邸宅を改装している店舗で、緑豊かな場所にあるとてもおしゃれな店舗のひとつです。

バルコニーがあり、そこの席に座ってゆっくりと自然を眺めているだけでもとても癒されます。

シンガポールでおすすめのスタバ③フラトンウォーターボートハウス店

 

シンガポール100店舗目を記念して作られたフラトンウォーターボートハウス店のスタバはとにかくダントツでおすすめです!

観光名所であるマーライオンのすぐ近くにあり、アールデコ様式の建物を改装して作られた店内はとにかくおしゃれです。ガラス張りになっており、店内からあのマリーナベイ・サンズや、シンガポールリバーを眺めることができるのです。

店内はとても広く開放感があります。シンガポールへ行った際は、是非ここへ立ち寄ってみるといいでしょう。

シンガポールのスタバへ行ってみよう!お土産を買うにもおすすめ!

Singapore Marina Barrage - Free photo on Pixabay (759940)

日本と同じで、シンガポールのスタバも気軽に立ち寄れることができますし、日本人にも馴染みのあるお店なので肩肘張らずに入店できます。

お土産にぴったりのグッズも多数ありますし、どこもおしゃれな店内ばかりでインスタ映えするスポットが多いです。シンガポール観光をして、ふと一休みしたい時には、是非スタバに立ち寄ってみてください。

きっと、おしゃれなひとときを過ごせるでしょう!

関連する記事