trima

セラドン焼はタイの三大焼き物の一つ!歴史や魅力・専門店を紹介!

セラドン焼はタイの三大焼き物の一つ!歴史や魅力・専門店を紹介!

2020.08.28

Trimaタイ編集部

目次

  1. 700年の歴史を持つタイの「セラドン焼き」とは?
  2. タイの「セラドン焼き」の歴史
  3. 「セラドン焼き」の魅力
  4. バンコクにあるセラドン焼き専門店
  5. Kasama(カサマ)
  6. Celadon Shop(セラドンショップ)
  7. The Legend(ザ レジェンド)
  8. セラドン焼きの活用方法は?
  9. タイ三大焼き物の一つ「ベンジャロン焼き」とは?
  10. ベンジャロン焼きの歴史
  11. ベンジャロン焼きの魅力
  12. タイで自分の好みのセラドン焼きを見つけよう!

700年の歴史を持つタイの「セラドン焼き」とは?

「セラドン焼き」とは、約700年前からタイ北部に伝わる「タイの伝統的な焼き物」のことです。セラドンとは色の種類の一つでややくすんだ薄い青緑を意味します。天然原料のみで作られる「セラドン焼き」は中国伝来の特殊な発色をさせる焼きの技法によって生み出される「セラドン色(ややくすんだ薄い青緑)」と「細かなひび模様」が特徴。光沢のある表面は滑らかな手触りで、写真の様に細かなレリーフ(浮き彫り模様)を施したデザインも多くあります。

こちらの記事ではそんなタイ北部に伝わる伝統的な焼き物「セラドン焼き」について特集します。

タイの「セラドン焼き」の歴史

「セラドン焼き」の起源はタイ族最初の王朝であるスコータイ王朝時代(1240年ー1438年)に遡ります。三代目君主のランカムヘーン王(在位1279年 ー1299年頃)は中国から陶工を招きスコータイ地方に200近い窯を作って陶磁器の生産、輸出を開始します。タイの陶磁器は日本の江戸時代の茶人達にも「宋胡禄(すんころく)」(タイの特定のサンカローク地域の焼き物やタイ陶器全般をさす呼び名)という呼び名で愛されていたそうです。

その時代に生まれたのが「セラドン焼き」です。「セラドン焼き」は中国の青磁(せいじ)という焼き物の特殊な発色をさせる技法が基となっているそうです。「セラドン焼き」は中国から伝わり、発展したのですね。

その後スコータイ王朝とアユタヤ王朝との争いの末にスコータイ地方の窯は閉鎖され、「セラドン焼き」の陶工たちは今のチェンマイを中心としたタイ北部に移動しました。それから現代に至るまで、チェンマイ周辺のタイ北部が「セラドン焼き」の産地となっています。

「セラドン焼き」の魅力

View this post on Instagram

また買ってしまった、チェンマイの食器。今日家具を買いに行ったお店で一目惚れをしてついついセットで買ってしまいました‥🤦🏻‍♀️❤️チェンマイはセラドン焼きをはじめ、食器好きにはたまらないアイテムがたっくさんあるんです。これは日本で使う用に購入したもので、日本で買ったら1枚3〜4000円くらいしそうなハンドメイドのお皿が1枚1800円ほど。これに出汁で炊いた大根の煮物とか揚げだし系を載せたら合いそうだなーとかアレ作ってみたいなーとか想像しながらお皿を買うのが大好き。せとはるキッチン 早く再開したい‥ 笑 皆さんだったらこれに何載せますか👨‍🍳?? #thailand#chiangmai#shopping#new#dishes#blue #cooking#cook#料理#お皿#食器#器#セラドン焼き#クッキング#自炊#せとはるキッチン#美しすぎる#見てるだけでも満足#タイ#チェンマイ#タイ旅行#チェンマイ旅行#女子旅#タイ料理

A post shared by 瀬戸 晴加 HARUKA SETO (@setoharu1030) on

「セラドン焼き」のセラドン色(ややくすんだ薄い青緑)は自然の木灰からなる釉薬に含まれる鉄分が、高温で焼かれることで化学反応を起こし、緑色に発色したものです。また釉薬の酸性度によって焼き物が緑がかるか青がかかるかが変わってきます。

表面の細かなひび模様は焼き物を窯から出して冷やす過程で生ずるもので、使うほどにそのひび模様は濃くなり味わい深く変化していきます。

「セラドン焼き」に描かれる細かな浮き彫り模様は中国の青磁(せいじ)には見られないタイ独特の魅力です。近年ではよりデザイン性の高い「セラドン焼き」が増え、今までのセレブが好む高級陶器というイメージから「おしゃれで可愛い、しかも長く使えて愛着の持てる思い出の一品」に変化しているようです。

バンコクにあるセラドン焼き専門店

バンコクでとっておきのセラドン焼きが購入できるお店をご紹介します。

Kasama(カサマ)

「カサマ」はセラドン焼きの産地、タイ北部のチェンマイに工房を持つセラドン焼きのブランドで、モダンな作風が人気です。カサマの商品はバンコクのBTS Siam(サイアム)駅直結のショッピングモール「SiamParagon(サイアムパラゴン)」で購入できます。また、セラドン焼きの本場、チェンマイに行かれる方はカサマの商品をお得に購入できる直営アウトレットショップがあるのでそちらもおすすめですよ。

住所4F 991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok
営業時間10:00 – 22:00
電話番号02-690-1000
HPhttp://www.kasama-kasama.com

アウトレットショップ(チェンマイ)

住所8/1 Nimmanhemin Road, Chiang Mai
営業時間9:00~19:00
電話番号(0)53 400 442

Celadon Shop(セラドンショップ)

バンコクにあるタイ最大の市場、BTS Mochit(モーチット)駅近くにあるチャトチャックウィークエンドマーケットにあるのがCeladon Shop(セラドンショップ)です。セラドンショップではチェンマイの工房から送られてきたセラドン焼きを購入することができます。価格がリーズナブルで若者向けのデザインも多いのが特徴です。チャトチャックウィークエンドマーケットは金土日の朝から夕方まで空いているマーケットです。

住所Jatujak Weekend Market, Section 7 Address no.169,171,173,175 Soi 63/4, Kamphaeng Phet Soi 2 Rd., Ladyao, Chatuchak, Bangkok
営業時間金~日 09:00~18:00(月〜木はお休み)
電話番号089-7806007

The Legend(ザ レジェンド)

ザ レジェンドはバンコクのBTS SalaDean(サラデーン)駅前のThaniya Plaza(タニヤプラザ)内にあるセラドン焼きの専門店です。Thaniya Plaza(タニヤプラザ)はバンコクの日本人街と呼ばれるタニヤ通りの入り口にあります。行き交う人々のほとんどは日本人ですので、お店の方は日本語をある程度理解してくれるでしょう。

住所Thaniya Plaza 3rd Floor, 62, Silom Rd, Suriyawong, Bang Rak, Bangkok
営業時間02-231-2170
電話番号11:00 − 20:00

セラドン焼きの活用方法は?

バナナリーフをかたどったセラドン焼きのお皿には色鮮やかなエスニック料理がピッタリ合います。可愛いバナナリーフ皿は見た目にも美味しく、より食欲をそそられることでしょう。一家に一つ欲しいアイテムですね。

濃いブルーが美しいセラドン焼きの丸皿は料理をより豪華に引き立たせてくれます。濃いブルーのセラドン焼きに赤や黄色の食材を乗せればより一層美味しそうに見えますね。大きめの魚を一匹丸々乗せられる位の大皿は一家に一つあると非常に便利です。どんな料理もレストランのような雰囲気に仕立てられるでしょう。

セラドン焼きの丼ぶりと蓮華のセットがあればインスタントラーメンや冷凍うどんでさえも特別な一食のように見えますね。セラドン焼きは中華や和食にも合います。

セラドン焼きのひら皿と小鉢がいくつかあれば、いつもの食卓が一気にカフェのような雰囲気に早変わり。小鉢にカレールーや副菜を入れて、ひら皿に乗せれば料理同士の味が混ざりませんし、なんだかお洒落な感じとってもおすすめです。

セラドン焼きのマグカップや箸置きはタイのお土産にピッタリです。使うほどに深みの増していくセラドン焼きですので貰ったら嬉しい事間違いなしですね。老若男女に喜ばれるセンスの良いタイ土産だと思います。

タイ三大焼き物の一つ「ベンジャロン焼き」とは?

View this post on Instagram

サワッディー・カー🙏  今日の #thailovers は、@minikinmix さん🇹🇭  人気工房「ピンスワン」でベンジャロン焼きをオーダーメイド✨  タイを代表する陶器ベンジャロン焼きは、白磁のベースに手描きで細かな文様が施された焼き物。バンコク郊外アンパワーにたくさん工房があるのですが、その中でも「ピンスワン」は品質の高さに定評がある人気の工房です😊  📷 @minikinmix 📍アンパワー  ・・・・・・・ [タイ好き(THAI LOVERS)な皆さんの写真を大募集🇹🇭💕]  ハッシュタグ #thailovers をつけてタイで撮影した写真を投稿すると、こちらでご紹介させて頂くことがあります。皆さんからの投稿をお待ちしています 😊  #repost #thailovers #タイ #バンコク #アンパワー #ベンジャロン焼き #ピンスワン #オーダーメイド #焼き物 #タイ旅行 #旅好きな人と繋がりたい #はじめてのタイ #もっと知りタイ #こんなタイ知らなかった #thailand #bangkok #bangkoktrip #amphawa #benjarong #pinsuwan #pinsuwanbenjarong #ordermade #pottery #amazingthailand #thailandtravel #thailandtrip #thai #thaistagram #lovebangkok

A post shared by タイ国政府観光庁 (@amazingthailandjp) on

タイの三大焼き物は、「セラドン焼き」「青花(日本の染付)」そして「ベンジャロン焼き」です。金加工と細かな絵付けが施される「ベンジャロン焼き」はかつて王室専用に製造されていたという歴史があり、3つの中でも特に豪華で高価な焼き物となっています。

ベンジャロン焼きの歴史

View this post on Instagram

今日の#タイ料理教室 🇹🇭💕 簡単で、美味しかったです😍👍 . คลาสสอนอาหารไทยวันนี้ค่ะ #ผัดวุ้นเส้น #ปลาราดพริก #กล้วยบวชชี . . . . . . . . . . . . . . #タイ料理 #タイ料理レッスン #タイ料理だいすき #エスニック料理 #アジアン料理 #おもてなしタイ料理 #おもてなし料理 #テーブルコーディネート #大人な習い事 #siri先生 #タイ料理研究家 #ベンジャロン焼き #フードスタイリスト #パーティー料理 #夕飯 #レシピ本 #sirikitchen #thaifoodlover #cookingschool #thaifood #onthetable

A post shared by タイ料理&カービング教室SIRI Kitchen (@siri_kitchen) on

「ベンジャロン焼き」は「セラドン焼き」の後、アユタヤ王朝時代(1351年 – 1767年)に生まれました。アユタヤ王朝は東南アジアの交易の中心で商業都市でした。

そのころ中国では既に白い磁器に多色を使った絵を施す「ベンジャロン焼き」の基となる技術が存在していました。アユタヤ王朝の君主は王室専属の絵師に模様をデザインさせ、それを中国に送り製造してもらい、アユタヤ王朝専用の陶器として輸入をしたのです。

初期の「ベンジャロン焼き」は金加工のない色絵磁器でしたが、今から200年ほど前のチャクリー王朝、ラーマ2世(1767-1824)の時代に、現在の「ベンジャロン焼き」につながる金加工を施した豪華なスタイルが確立されました。

その後「ベンジャロン焼き」は貴族や商人の間にも広まり、現在に至るまでタイを代表する高級磁器となっていったのです。

ベンジャロン焼きの魅力

View this post on Instagram

#ベンジャロン焼き

A post shared by my_sweet_ulala (@my_sweet_ulala) on

「ベンジャロン焼き」のベンジャロンとは古代サンスクリット語に由来しており、「多くの彩色」という意味があります。その名の通り「ベンジャロン焼き」は金加工を含む沢山の色を用いた絵付けが一つ一つ手作業でなされています。

「ベンジャロン焼き」のそれは絵というよりは文様の連続、柄となっており、その柄かはほとんどタイの伝統的な神話や植物がモチーフとなっています。

タイで自分の好みのセラドン焼きを見つけよう!

タイにこんなに素敵な焼き物文化があったことを知っていたでしょうか?タイを訪れたら自分へのご褒美に、お土産に、タイの伝統的な焼き物を購入してみたい気持ちになりますね。

関連する記事