trima

タイでマンゴー食べるならマンゴタンゴ!注文方法や人気メニューを紹介!

タイでマンゴー食べるならマンゴタンゴ!注文方法や人気メニューを紹介!

2020.08.28

Trimaタイ編集部

バンコクに2店舗、チェンマイに1店舗ある「マンゴタンゴ」とはタイのマンゴーを使ったスイーツが食べられる「マンゴースイーツ専門カフェ」です。行列ができるほどに大人気な「マンゴタンゴ」の店舗情報やおすすめメニューについてご紹介します。

目次

  1. タイでマンゴースイーツを食べるなら「マンゴタンゴ」!
  2. マンゴタンゴはバンコクに2店舗、チェンマイに1店舗ある
  3. Siam Square (サイアムスクエア店)
  4. Asiatique The Riverfront (アジアティーク ザ リヴァーフロント店)
  5. Chiang Mai(チェンマイ店)
  6. マンゴタンゴの注文方法
  7. マンゴタンゴの人気メニューは?
  8. Mango Tango (マンゴタンゴ) 165バーツ/約580円
  9. Mango Sticky Rice (マンゴースティッキーライス) 140バーツ/約490円
  10. Mango Cha Cha Cha (マンゴーチャチャチャ) 75バーツ/約280円
  11. Mango Bossa (マンゴボッサ) 85バーツ/約300円
  12. 店内ではオリジナルグッズの販売もあり!
  13. バンコク・チェンマイを訪れた際にはマンゴタンゴに立ち寄ろう

タイでマンゴースイーツを食べるなら「マンゴタンゴ」!

バンコクに2店舗、チェンマイに1店舗ある「マンゴタンゴ」とはタイのマンゴーを使ったスイーツが食べられる「マンゴースイーツ専門カフェ」です。今から約20年前の2001年にサイアムスクエア1号店がオープンしました。

今でこそ目を引く大きな店構えですが、当初は3組も入れば一杯になるような小さなお店だったそうです。その後口コミで人気が広まり行列の絶えない人気店に成長し、現在では各国のガイドブックに必ず載るような有名店へ成長しました。

タイのマンゴーは乾季が旬で、特に2月頃から雨季に入る6月頃にかけて一番甘味が増した美味しいマンゴーが食べられると言われています。しかし、「マンゴタンゴ」では365日一番美味しい状態のマンゴーを提供することをモットーに、時期によってマンゴーを取り寄せる産地を変える工夫がされており、常に一番美味しい状態のマンゴーを食べることができるのです。

そんな「マンゴタンゴ」には魅力的なマンゴースイーツメニューが沢山あります。こちらの記事では「マンゴタンゴ」の人気メニューやオリジナルグッズなどご紹介していきます。

マンゴタンゴはバンコクに2店舗、チェンマイに1店舗ある

View this post on Instagram

#mangoshop #chiangmai #thailand #achitecture #decor

A post shared by catvader (@wiengmoon) on

タイにある「マンゴタンゴ」の店舗情報です。

Siam Square (サイアムスクエア店)

タイの首都バンコクの中で一番若者の集まる街と言えばSiam(サイアム)でしょう。様々なデパートが立ち並ぶサイアム周辺には観光客も多く訪れます。「マンゴタンゴ」のあるSiam Square(サイアムスクエア)はモノレールBTS Siam(サイアム駅)2番出口近くに位置する長さ100メートルほどのストリートで、沢山の飲食店やファッション雑貨の路面店が両脇に並んでいます。

2001年、サイアムスクエアの一角に「マンゴタンゴ サイアムスクエア1号店」はオープンしました。その後現在に至るまでサイアムスクエアの老舗店として人々から愛される存在となっています。決して狭くはない店内ですが、週末になると行列をする事もある人気店ですので来店時間は考えたいところですね。

アクセス方法はモノレールBTS Siam(サイアム駅)2番出口降りたらそのままUターンし、最初の角を左に曲がりSiam Square Soi3(サイアムスクエアソイ3)に入ります。すると右側にお店が見えてきます。

住所Siam Square Soi 3, Pathum Wan, Pathum Wan District, Bangkok
営業時間12時00分~22時00分
電話番号02 658 4660

Asiatique The Riverfront (アジアティーク ザ リヴァーフロント店)

アジアティーク ザ リヴァーフロントはチャオプラヤー川沿いにあるナイトマーケット。BTS SaphanTaksin(サパンタクシン駅)直結の船着場、Sathon(サトーン船着場)から無料シャトルボートでアクセスできます。

アジアティーク ザ リヴァーフロントはバンコクにある他のナイトマーケットと一味違った、日本のアウトレットのような造りの巨大商業施設です。1,500店舗以上ある出店は区画整理がされているため非常に見やすいです。高級レストランの並ぶエリア、大観覧車やメリーゴーランドなど子供が楽しめるエリアもあります。腰かけてひと休みできる場所が多いのも嬉しいナイトマーケットです。

そんなアジアティーク ザ リヴァーフロントの一角に「マンゴタンゴ」はあります。サイアムスクエア店と比べるとかなり小さくこじんまりとした店舗です。ナイトマーケット観光と合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

住所2194 83 Charoen Krung Rd, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok
営業時間15時00分~23時00分
電話番号081 619 5504

Chiang Mai(チェンマイ店)

「マンゴタンゴ チェンマイ店」はバンコクから北に約700㎞離れたタイ第二の観光都市、チェンマイのNimmanhaemin Street(ニンマンヘミン通り)にあります。ニンマンヘミン通りはタイ人の若者から観光客まで集まる比較的新しく開発されたチェンマイの中でも最も注目されているエリアで、お洒落なカフェやレストランや雑貨店が立ち並びます。

そんなニンマンへミン通りにある「マンゴタンゴ」の店内は20名も座れば満席になる位の規模で、週末には行列する事もあります。

住所14/3 ซอย นิมมานเหมินทร์ 13 Tambon Su Thep, Mueang Chiang Mai
営業時間11時00分~22時00分
電話番号087 636 2965

マンゴタンゴの注文方法

レジカウンターでメニューを選ぶ(日本語メニューあり)→注文して会計を済ませる→番号札をもらって席に着いて待つ。

マンゴタンゴの人気メニューは?

「マンゴタンゴ」のメニューは全てマンゴー全部で23種類。そのほとんどにタイの美味しいマンゴーが使われています。その中でも特におすすめしたいメニューをいくつかご紹介します。

Mango Tango (マンゴタンゴ) 165バーツ/約580円

View this post on Instagram

マンゴーづくし

A post shared by ytkmtmr (@ytkmtmr) on

「マンゴタンゴ」のシグネチャーメニューであるマンゴタンゴは完熟フレッシュマンゴーの半身に、マンゴーアイスとマンゴープリンに生クリームを添えたプレート。この一品で「マンゴタンゴ」の人気メニューがほとんど味わえてしまいます。

Mango Sticky Rice (マンゴースティッキーライス) 140バーツ/約490円

マンゴー, 甘い, デザート, Panacotta, オレンジ色のデザート

完熟マンゴーにココナッツミルクで炊いたもち米を添え、ココナッツミルクをかけて食べるタイの伝統的なスイーツ「カオニャオマムアン」を現代風にアレンジしたのが「マンゴタンゴ」のマンゴースティッキーライスです。タイの伝統的なスイーツが味わえる大人気メニューです。

Mango Cha Cha Cha (マンゴーチャチャチャ) 75バーツ/約280円

View this post on Instagram

#mangochachacha #mangotango #bangkok

A post shared by aguriorne (@aguriorne) on

マンゴーチャチャチャは完熟マンゴー以外にもフレッシュフルーツがふんだんに入ったメニューで、フルーツの下には「チャオクワイ」という黒いゼリーが入っています。「チャオクワイ」はヤーブンダムという薬草から作るタイの伝統的なスイーツで、身体にも良くヘルシーなので女性に人気があります。

チャオクワイとフルーツの上からココナッツミルクのかかったマンゴーチャチャチャはヘルシーな上にタイの伝統的なスイーツも一緒に味わえるおすすめの一品です。

Mango Bossa (マンゴボッサ) 85バーツ/約300円

マンゴーボッサは完熟マンゴーのシェイクの上にココナッツミルクシェイク、その上にマンゴーの果肉をふんだんにのせた贅沢ドリンクです。冷たあい完熟マンゴーとココナッツミルクのシェイクが合わさってマンゴーの果肉も一緒に味わえるなんとも言えない美味しさです。暑い国タイで嬉しい激ウマドリンクです。

店内ではオリジナルグッズの販売もあり!

「マンゴタンゴ」の各店ではオリジナルグッズの販売もされています。マンゴタンゴのゆるいキャラクターやマンゴーのデザインがプリントされたトートバックは色やデザインがとっても豊富。お土産だけでなくエコバックや普段使いとしても使えそうです。値段は190〜590バーツ(約660円〜2000円)

そのほかにはタイのお土産に最適なドライマンゴーもあります。バラマキ用に使えそうなパウチされたドライマンゴー(40バーツ/約140円)から、可愛いデザインのタッパーに入ったドライマンゴー(95バーツ/約340円)、さらに大きな箱詰めのドライマンゴー(330バーツ/約1000円)とありますので用途によって買い分けられます。

バンコク・チェンマイを訪れた際にはマンゴタンゴに立ち寄ろう

View this post on Instagram

🥭❤️ #mangotango #🥭 #siam #bangkokcafe

A post shared by Reina (@r_nnn03) on

バンコクやチェンマイに訪れた際にはぜひ「マンゴタンゴ」でタイのとびきり美味しい完熟マンゴースイーツを味わってみて下さい。日本で食べるマンゴーとは全く違う美味しさがありますよ。

関連する記事