trima

タイのひとり旅は男女共に楽しめる!在住者がおすすめスポットを紹介!

タイのひとり旅は男女共に楽しめる!在住者がおすすめスポットを紹介!

2020.08.29

Trimaタイ編集部

東南アジアのタイを初めての一人旅先におすすめする理由をご紹介しましょう!タイ在住の筆者が男性女性共に一人旅する人へおすすめしたいタイの観光地「バンコク」「チェンマイ」「クラビ」の魅力をご紹介します。4泊5日のモデルコースご提案付きです。

目次

  1. 一人旅にはタイがおすすめ!
  2. タイは治安の良い国?
  3. 一人旅におすすめのタイの観光地①「バンコク」
  4. タイで最も格式の高い豪華絢爛な「三大寺院」を巡る
  5. ナイトマーケット
  6. チャトチャックウィークエンドマーケット
  7. バンコク近郊の美しい離島「サメット島」
  8. 世界文化遺産「アユタヤ遺跡」
  9. ソイカウボーイ (Soi Cowboy)
  10. 一人旅におすすめのタイの観光地②「チェンマイ」
  11. チェンマイ一のお洒落ストリート「ニマンヘミン通り」
  12. チェンマイの寺院巡り①ワットスワンドーク
  13. チェンマイの寺院巡り②ワットウーモン
  14. モン族の雑貨が買える「ワロロット市場」
  15. 一人旅におすすめのタイの観光地③「クラビ」
  16. クラビタウンエリア
  17. アオナンビーチエリア
  18. ライレイビーチ エリア
  19. タイ一人旅4泊5日のモデルコース
  20. バンコク→アユタヤ遺跡→サメット島
  21. バンコク→アユタヤ遺跡→チェンマイ
  22. バンコク→クラビ
  23. タイ旅行で事前に知っておくべきことは?
  24. 観光地ではメーターを使ってくれるタクシーが少ない
  25. 屋内や乗り物内の冷房が効き過ぎていて寒い
  26. 寺院観光には服装チェックあり
  27. タイは一人旅に最適な観光地

一人旅にはタイがおすすめ!

東南アジアのタイは初めての一人旅におすすめの国です。初めての一人旅でタイを訪れてタイが大好きな国になり、その後何度も訪れるようになる人は後を絶ちませんし、タイは日本から直行便で6時間ほどで行けてしまう常夏の楽園なのだ。と聞けば誰しも一度は訪れたくなるものだと思います。

実際日本からタイへはエアアジアやスクートなどのLCC航空会社から1万円前後の格安航空便が毎日飛んでいて、場合によっては国内を旅行するよりも安くタイへ海外旅行に行くことが出来るのです。

ひとたびタイへ降り立てば物価は日本の半額以下ですし、それゆえ航空費も滞在費も抑えられるタイは誰かと割り勘の出来ない一人旅にはもってこいの国です。

タイ国内の移動手段はきちんと整っていますので、旅が好きなあなたなら行きたいと思えばどこでも簡単に行けるでしょう。タイ国内の交通の弁は大変良いと言えます。格安航空会社やタイ国際航空による国内線飛行機、夜行バスなどの長距離バス、鉄道、首都バンコクにはモノレールと地下鉄もあり、タクシーの初乗りは100円と格安です。

それらの交通機関で働く人を含めもタイ人は外国人観光客の対応には比較的慣れている人が多いため、一人でも安心してタイ国内の旅行ができます。

View this post on Instagram

#20190205 #365日のとっておきごはん 番外編 #ピンクのカオマンガイ の近くの名無し食堂で。 Kaomangai is delicious! カオマンガイは急遽にまで柔らかく茹でた鶏とそのスープでタイ米を炊きニンニク、生姜、醤油、ナンプラー、チリソースでタレを作ったカオマンガイソースがそのお店のオリジナルもあり炊き方もそれぞれあるから面白い。 右に添えてあるのは豚の髄のスープ。めちゃ美味しいです! #カオマンガイ #kaomangai #海南鶏飯 #ハイナンチキンライス #keisインドとタイの料理旅 #インドとタイと僕と料理 #ガンジス川でフライパン #カオスな旅 #料理好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #レッチャおすすめ #一日いちレシピ #followme

A post shared by 🅺 🅴 🅸 (@bokunobangohan) on

また、タイ料理が好きな人にとってタイは天国です。タイの街には屋台や庶民的な食堂が文字通り溢れていますし、各地にある大型ショッピングモールのフードコートも欠かせない一人旅に使えるスポットです。

これらは基本的に相席スタイルで、一人で入る事になんの抵抗も感じない店が多く、しかも全てリーズナブルで美味しいことが多いので良い事づくめですね。タイで美味しいご飯を食べるにはローカル店に限ります

タイは治安の良い国?

タイは比較的治安が良い国と言えるでしょう。タイ在住の私は何度もタイ国内を女一人で旅していますが、初めてから今まで一度も怖い思いをした事はありません。親切にしてもらった楽しい思い出ばかりです。

とはいえタイはこれだけの観光大国、犯罪者は必ずどこかに潜んでいます!スマートフォンや財布を狙ったスリや、歓楽街でのぼったくりには注意しましょう。

いくら親切でも知らない人には着いて行かない。携帯財布パスポートは肌身離さず持っている。など基本的な事を気をつけて旅行をしていればタイの治安は問題ありません。

一人旅におすすめのタイの観光地①「バンコク」

ひとり旅におすすめのタイの観光地No1は「バンコク」でしょう。年間で世界中から最も多くの人が訪れる都市はバンコクだと言われていますし、交通に関してもタクシー、モノレールBTS、地下鉄MRT、バス、ボート、バイクタクシーとバッチリ網羅されているのでどこへ行くにも移動がスムーズにできます。

世界中から観光客が集まるバンコクでは食べ物やホテルに困ることはありません。これからそんなバンコクを一人旅して楽しみ切るおすすめプランをご紹介しましょう。

タイで最も格式の高い豪華絢爛な「三大寺院」を巡る

View this post on Instagram

Bangers. #bangkok #grandpalace #asia #bkk #bkk

A post shared by Zack C. Hall (@zackchall) on

仏教徒のタイ人にとって「ワットプラケオ」「ワットポー」「ワットアルン」の三寺院はタイで最も格式が高いとされ、誰もが一生のうちに一度は訪れたいと願う場所なのだそうです。

タイ国内には約35,000もの仏教寺院が存在し、遥か昔の時代から遠くの由緒ある寺を訪ねる寺院巡りはタイ人の間で行われて来ました。中でもこの「ワットプラケオ」「ワットポー」「ワットアルン」の三寺院はその豪華絢爛さや歴史的な観点から「バンコク三大寺院」として崇められ、かつてから人々の憧れの場所でした。

View this post on Instagram

🇹🇭 . 📍タイ バンコク . 金色に輝く豪華絢爛な寺院「ワット•プラケオ」はタイ三大寺院の1つです💁🏻 . 1782年ラーマ1世が現在のチャクリー王朝を開き、バンコクへ遷都した際に王宮として建てた寺院です☆ . メインは、本堂に安置されているエメラルド仏陀です♪ 翡翠で作られていますが、エメラルド色ということからこの名がつきました✨ これが由来でワット•プラケオは別名「エメラルド寺院」と呼ばれています! エメラルド仏陀は国王による年3回の衣装替えの儀式があるほど、重宝されている仏像です👏🏼 . 敷地内には、他にも宮殿や博物館など見どころがたくさんあるので、ご自身の興味を中心に回るのもよさそうですね🤩 . 入場の際は、服装マナー(ノースリーブや短パン等露出の多い服は禁止)がありますので事前にチェックしておきましょう⚠️ . 他の三大寺院「ワット•ポー」と「ワット•アルン」もあわせて巡ってみてください☺️ . . #タイ #バンコク #ワットプラケオ #三大寺院 #エメラルド寺院 #ワットポー #ワットアルン #バックパッカー #一人旅 #女子旅 #ここでも使えたよ #海外旅行 #旅行 #旅行好きな人と繋がりたい #世界一周 #thailand #bangkok #watphrakaew #temple #watarun #watpho #stayhome #instalike #instagood #tripwifi #travel #trip #overseas #photooftheday #follow

A post shared by 【公式】Trip WiFi (@trip_wifi) on

日本のお寺とは一味も二味も違う、色とりどりの細かな装飾が美しいタイの寺院を、一人じっくりと眺めて回るのは心の洗われる時間かもしれません。

「ワットプラケオ」「ワットポー」は地下鉄MRTサナムチャーオ駅が最寄駅で、もう一つの「ワットアルン」もチャオプラヤー川を挟んですぐ対岸に位置しているので1日で観光できます。

ナイトマーケット

「ナイトマーケット」はタイの街に必ず1つはある、夜だけ出現する屋台村のことです。規模の大小はありますがナイトマーケットで売られているものはどこも同じで、洋服(新品・古着)、雑貨、お土産、コスメ、屋台飯、などが売られています。場所によってはヴィンテージショップ、バーバーショップ、マッサージ、ネイルやタトゥースタジオなんかも入っています。

タイ在住の私も一人でショッピングに、友人と夜ご飯を食べに、毎週のようにどこかのナイトマーケットを訪れます。日本にナイトマーケットが無いのが本当に惜しいなぁと思うほど大好きな場所です。

ナイトマーケットは17時頃から日付が変わる前後まで空いているのが一般的。日本の夏祭りが毎日の様に楽しめるタイのナイトマーケットは男性にも女性にも一人旅におすすめの観光スポットです。

バンコクのナイトマーケットについてはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧下さい。

チャトチャックウィークエンドマーケット

View this post on Instagram

เดินพร้อมฝน👫🌦

A post shared by Jonggolnee Boona (@dek_p_l_e) on

「チャトチャックウィークエンドマーケット」はモノレールBTSモーチット(Mochit)駅そばで金土日の9時〜18時だけ営業している週末限定、タイ最大規模のマーケットです。その出店数は1,5000店にも上ります。

巨大なマーケット内は迷路のような細い通路で網の目状に仕切られ、様々なカテゴリーに分けられています。タイらしいお土産、古着、籠、食器、洋服、古着、アクセサリー、化粧品、食べ物、飲み物、何でも売っています。

「チャトチャックウィークエンドマーケット」にはバイヤーが世界中から買い付けに訪れる位売られているもの全ての価格がリーズナブルです。迷路のようなマーケット内は一度通り過ぎると同じ場所に戻るのは至難の技ですので、買おうかどうか迷うものがあったらその場ですぐ購入することをお勧めします。

「チャトチャックウィークエンドマーケット」は一日中買い物に没頭できるおすすめショッピングスポットです。

バンコク近郊の美しい離島「サメット島」

「サメット島」はバンコク市内からバスとフェリーを使い3時間ほどでアクセスできる離島です。外国人観光客にはまだそこまでポピュラーではなく、タイ人から人気のある離島です。バンコクから日帰りで行くことのできるビーチの中で「サメット島」が最も美しいと口コミで人気が広まっています。

「サメット島」は島全体が海洋国立公園に指定されていることから、美しい海や自然が保護されています。バンコク近郊とは思えない透明度の高い海では様々な魚が見られるシュノーケリングがおすすめ。もちろんビーチで一人のんびりとくつろぐのも良いでしょう。

View this post on Instagram

#kohsamet #kohsametisland

A post shared by ying.prang (@ying.prang) on

国立公園といえど、「サメット島」内にはリゾートホテルやバーが点在しているので宿泊することも可能です。タイの他のリゾートの中でも一際落ち着いた、国内旅行気分漂う「サメット島」は一人旅にもおすすめのリゾートです。

世界文化遺産「アユタヤ遺跡」

View this post on Instagram

🗺️ | E m b e d d e d | 🇹🇭🌳 – 📌 AYUTTHAYA – THAILAND ————————————————————————- 👉 – Nov. 2019 – Head of Buddha Embedded in a Banyan Tree, Wat Mahathat Temple, Ayutthaya, Thailand, Asia. ————————————————————————- All my pics on: #ASgo_photo @my_extremefacedown_travel | Wanderlust | TRAVEL | Photography | _ #Ayutthaya #AyutthayaTrip #AyutthayaThailand #Ayuttaya #AyutthayaRuins #ThaiTemple #ThailandTrip #BeautifulThailand #ThailandTravels #ThaiTraveling #BangkokTrip #ThaiCulture #DiscoverThailand #LostInThailand #IgThailand #ThailandInsider #WhenInThailand #BuddhaTemple #BuddhaHead #BanyanTree #WatMahathat #SacredTree #WatMahathatAyutthaya #thediscoverer #travelerworld #wanderlusttravel #nowdiscovering #iamatraveller #travelbucketlist

A post shared by Alessandro Sgorbati | TRAVEL (@my_extremefacedown_travel) on

バンコクから北に約80㎞離れたアユタヤ王朝時代の遺跡「アユタヤ遺跡」は、バスや鉄道を使ってバンコクから日帰りで行く事ができる観光地です。1991年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

「アユタヤ遺跡」群は東西に7km、南北に4kmの範囲に集中しています。鉄道のアユタヤ駅やバスターミナル周辺にはレンタルバイクやレンタル自転車屋があります。乗り物レンタルを活用し、自分のペースで心ゆくまで遺跡観光を楽しむのはおすすめです。

バンコクからアユタヤ遺跡の行き方、巡り方について記事にまとめていますので、そちらもご覧下さい。

ソイカウボーイ (Soi Cowboy)

「ソイカウボーイ」はモノレールのBTSアソーク(Asok)駅と地下鉄のMRTスクンビット(Sukhmvit)駅から徒歩数分の場所にある世界でも有数の盛り上がりを見せる歓楽街です。

長さ200メートルほどの「ソイカウボーイ」にはゴーゴーバーが9割、バービアが1割といった割合で、そのどこかしらの店に所属している無数のビキニ姿のタイ人女性達が通りまではみ出してきています。

ゴーゴーバーはソファに座ってお酒やドリンクを飲むだけでも大丈夫。観光気分でソイカウボーイのゴーゴーバーへ訪れる観光客も少なくありません。ちなみに女性も入場可能です。

一人旅におすすめのタイの観光地②「チェンマイ」

プラナコーンのSiアユタヤ, 古代, アーキテクチャ, アート, アジア

首都バンコクから北に720km離れたタイ北部の古都「チェンマイ」。チェンマイはかつてラーンナー王国(1291-1558)の首都だったことから、1.5㎞四方をお堀で囲まれたチェンマイ観光の中心である旧市街内や周辺には貴重な仏教寺院が多数点在しています。

高層ビルや高層コンドミニアムが一切建っていないチェンマイの街には、常に遠くにドイステープという名の山が姿を覗かせています。チェンマイは豊かな山の自然に恵まれており、そんな山々の一つ、ドイインタノン山(2,565m)はタイで最も高い山。登山好きの人はチェンマイで登山もおすすめです。

他にも一人旅ならでわのチェンマイの楽しみ方をご提案します。

チェンマイ一のお洒落ストリート「ニマンヘミン通り」

旧市街から1.5㎞ほど離れた「ニマンヘミン通り (Nimmanhaemin Road)」はチェンマイの代官山と呼ばれる路面店の並ぶハイソなストリート。ホテルやセレクトショップの入るショッピングモールがある他、レストランやカフェの激戦区でもあります。

ニマンヘミン通り周辺はタイらしく更にファッショナブルで独創性のあるお洋服や雑貨が欲しいという方におもおすすめのストリート。タイの山岳民族が織った布を使った美しい洋服や雑貨が手に入ります。

チェンマイの寺院巡り①ワットスワンドーク

古都チェンマイには大小100以上の寺院が存在しています。中でも旧市街からほど近い「ワットスアンドーク」はチェンマイで最も美しい寺院と言われています。

それにも関わらず常時観光客が少なめな寺院なので、広い本堂にただ座っているだけでも心休まるおすすめな寺院です。本堂の外壁や内部は青と金と赤を基調とした細かなタイル模様で埋め尽くされ、太陽光に反射してキラキラと輝きます。

View this post on Instagram

Dreams of space

A post shared by Donald Dunbar (@_donald_dunbar) on

ワットスワンドークの見どころは本堂だけではありません。敷地内には真っ白なパゴダと黄金の大きなパゴダが存在感を放っています。ワットスワンドークはタイにある寺院の中でもなかなか美しい寺院の一つだと思います。もし寺院巡りが好きじゃないという方でも、ここだけは足を運んでみてはいかがですか。

住所139 Suthep Rd, Suthep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai
営業時間6:00-21:00

チェンマイの寺院巡り②ワットウーモン

View this post on Instagram

Temple caves

A post shared by Adam Schultz (@boldadam) on

チェンマイの街に常に顔を覗かせている山、ステープ山(ドイステープ)の麓に位置する寺院「ワットウーモン」は、通称トンネル(ウモーン)寺と呼ばれ、瞑想修行のために作られた四方に伸びるトンネルが珍しい寺院です。

View this post on Instagram

WAT UMONG: É o templo mais verde de todos e geralmente fica esquecido no roteiro de Chiang Mai. Fica no meio da floresta literalmente, nos pés da montanha. Ali há uma espécie de “cemitério” de Budas, onde as pessoas levam seus Budas quebrados ou velhos de volta para o templo, já que não se pode descartar uma imagem no lixo. Fiquei por alguns minutos olhando tudo em silêncio absoluto e imaginando de onde elas teriam vindo e de quanta história cada uma trazia consigo. Que energia🙌🏾 que experiência.🙏🏾 GRATIDÃO Uni🌍 . . . #carolanomundo #tailandia #mochilão #meditacao #mochileira #roadtrip #asia #chiangmai #thailand #inspiration #travelling #tumblr #viajante #almalivreespiritoleve #gratidao #universo #vivendoaminhamaneira #mochilanascostas #casanascostas #mulheresqueviajam #mulheresmochileiras #mulheresmochilando #mulheresviajantes #naestradacomasminas #energizando #mochileiroscom #mulheresviajantes #olhosmeos

A post shared by cαrσℓiทα (@carolacorreiia) on

「ワットウーモン」の敷地は結構な広さで、四方に伸びるトンネル内に仏像が安置されている他にパゴダのある広場や池の魚や鳩に餌をあげてタンブンができる場所まであります。

「ワットウーモン」は森林のなかで探検気分も味わえる他に類を見ない寺院です。にも関わらず常に観光客は少ないので一層おすすめできます。

住所135 หมู่ที่ 10 Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai

モン族の雑貨が買える「ワロロット市場」

チェンマイにある「ワロロット市場」はタイ北部最大の市場で、100年以上の歴史があるそうです。4階建ほどの屋内市場には日用雑貨、食料品、衣料品、お土産など500以上の専門店が入っています。市場は建物周辺に向かって大きく広がっていて、外には屋台や路面店が並びこの一帯は活気に溢れ沢山の人で賑わっています。地元民はもちろん商品の買い付けに訪れる外国人バイヤーが訪れるようなローカルな市場です。

「ワロロット市場」には食器類を扱うエリアがあり、タイ料理屋でよく見られるステンレス性のものや、写真のようなお洒落な木製のスプーンや小皿などが格安でゲットできます。レストラン関係者はここでまとめ買いするそうです。

View this post on Instagram

#chiangmai #warorotmarket

A post shared by POR 🎤🍉 (@thitipon.p) on

あらゆる籠製品を扱うエリアもあります。籠は日本で高いのでお土産にも喜ばれるでしょう。

「ワロロット市場」内で最もおすすめなのがタイの山岳少数民族モン族が作った雑貨を扱うエリアです。写真のような刺繍の施されたカバンやクッションカバーなどが安く購入できます。

山岳少数民族のチャームを使った可愛いアクセサリーもあります。「ワロロット市場」には飲食のできる屋台も入っていますし、夜まで店はやっているので一日観光を楽しむ事ができます。

住所Chang Moi Sub-district, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai
営業時間7:00-17:00

一人旅におすすめのタイの観光地③「クラビ」

バンコクから南に900㎞、プーケット島からパンガー湾を挟んだ向かいに位置するビーチリゾート「クラビ」は一度行ったら必ずまた行きたくなる、そんな素晴らしい場所で、一人旅にも是非おすすめしたいタイの観光地です。

クラビタウンエリア

「クラビ」観光の拠点は大きく3つのエリアに分けられます。まず1つ目がクラビ空港やクラビバスターミナルからアクセスしやすく、安宿やローカル価格の屋台街やレストランの揃ったクラビの玄関口「クラビタウンエリア」。このエリアを拠点にクラビを観光する旅人は多いです。

View this post on Instagram

エメラルドプール✨ タイ🇹🇭クラビーにある正式名称サ・モラコット エメラルドグリーンの水に青空が映えます! 雨季だけど晴れて良かった☀️ 水温も高く、冷たいとは感じませんでした。 深さは1.5メーター前後。 天然のプールなので出入りは腕の力で(笑) とてもキレイで気持ち良く、沢山の人で賑わっていました^_^ #エメラルドプール #emeraldpool #自然 #天然のプール #pool #エメラルドグリーン #emeraldgreen #あったかい #キレイ #beautiful #出入り注意 #多国籍 #インド人が多い #青空 #bluesky #白い雲 #山 #mountain #タイ #thailand #🇹🇭 #クラビー #krabi #サ・モラコット

A post shared by bridge0731 (@bridge0731) on

クラビタウンの中心では毎週末「ナイトマーケット」が開かれる他、近郊の山の中には「エメラルドプール」と呼ばれる天然プールや「クロントム温泉」という天然温泉もあり観光客に人気があります。

アオナンビーチエリア

2つ目が「アオナンビーチエリア」。クラビで最もリゾート開発が勧められている、他のビーチや離島へ向かう人の多くが青ナンビーチを拠点とします。(クラビタウンからも各地へのボートは出ている)

アオナンビーチに沿って伸びるアオナンストリートには高級リゾートホテルや観光客向けのレストラン、ツアー会社、土産物屋が並び、夜遅くまで賑わいます。

ライレイビーチ エリア

3つ目は「ライレイビーチエリア」。このエリアはクラビ特有の入り組んだ地形ゆえに、ボートでしかアクセスできない陸の孤島となっています。石灰岩の山々とジャングルで覆われた隙間にバンガローやコテージ、バーやレストランの並ぶストリートが点在しているといった感じで、とにかく迫り来る石灰岩の山の迫力がすごい場所です。

車もバイクも存在しないライレイビーチエリアで至福のひと時を過ごす醍醐味を知った者たちは、その後何度もここを訪れています。

首都バンコクからクラビへは国内線で1時間半ほどでアクセスできます。

タイ一人旅4泊5日のモデルコース

ひとり旅におすすめの観光地「バンコク」「チェンマイ」「クラビ」の3つを組み合わせたタイの一人旅4泊5日のモデルコースを考えてみました。バンコクにいながら二つの街を何度も旅行した経験を踏まえた日程です。旅行に行かれる際の参考にしてみて下さい。

バンコク→アユタヤ遺跡→サメット島

View this post on Instagram

#trip #ayutaya #thailand

A post shared by kei (@kei_noguchi1) on

アユタヤ遺跡へは朝早くから行けば夕方にはバンコクへ戻る事が可能です。夜はバンコクでナイトマーケット観光がおすすめです。なお、サメット島はバンコクから片道3時間ほどなので日帰りでも行けますが、1泊しても良いでしょう。

1日目バンコク観光 / バンコク泊
2日目アユタヤ遺跡観光 ・ バンコクでナイトマーケット観光 / バンコク泊
3日目サメット島観光 / サメット島泊
4日目サメット島からバンコクへ / バンコク泊
5日目帰国

バンコク→アユタヤ遺跡→チェンマイ

View this post on Instagram

🇹🇭 チェンマイに行きたくなってきた☺️ これは3度目のコムローイでやっと撮れた写真📸 (ちなみに1度目はカメラ盗難、2度目はカメラを宿に忘れる) . そして4度目の今年はどうしよう、、、 まだまだ撮りたい写真がある、、、 んー、色々相談だな🙃 . 💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠 📍Chiengmai/Thailand 📍チェンマイ/タイ 🗓2018.11 💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠 . . ✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎ デジタル一眼とフィルムカメラ#lomolca で撮影した世界の旅写真を、 旅のエピソードと共に公開しています🌎 ↓↓↓ @okei_travel follow me✨ ✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎ . #写真好きな人と繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #旅したくなるフォト #旅スタグラム #バックパッカー #バックパッカー女子 #バックパッカー1人旅 #タビジョ #女ひとり旅 #タビジョと繋がりたい #ひとり旅女子 #旅フォト #東京カメラ部 #旅と写真 #世界一周一人旅 #ig_world #retrip_global #funtotrip #ここにitta #キタムラ写真投稿 #lomo #lomography #タイ旅行🇹🇭 #チェンマイ旅行 #コムローイ祭り #イーペンランナーインターナショナル #リフレクションのある景色 #リフレクションのセカイ #ラプンツェルの世界

A post shared by okei@旅するロモグラファー (@okei_travel) on

バンコクからチェンマイへは国内線飛行機で1時間半ほどで到着します。バンコクとチェンマイは2泊づつで十分楽しメルでしょう。帰国の際チェンマイから日本へは直行便もありますし、バンコクで乗り継ぎの場合も多いです。

1日目バンコク観光 / バンコク泊
2日目アユタヤ遺跡観光 ・ バンコクでナイトマーケット観光 / バンコク泊
3日目飛行機でチェンマイへ/チェンマイ泊
4日目チェンマイ観光/チェンマイ泊
5日目帰国

バンコク→クラビ

バンコクからクラビへは飛行機で1時間半ほどで到着します。リゾートでもっと長い時間を過ごしたいという方は、クラビの日数を増やしても良いかもしれません。帰国の際はクラビから日本への直行便はありませんのでバンコクで乗り換えになります。

1日目バンコク観光 / バンコク泊
2日目アユタヤ遺跡観光 ・ バンコクでナイトマーケット観光 / バンコク泊
3日目朝から飛行機でクラビへ、クラビ観光 / クラビ泊
4日目クラビ観光 / クラビ泊
5日目クラビからバンコクへ乗り継ぎ帰国

タイ旅行で事前に知っておくべきことは?

タイの在住者視点でタイ一人旅の際に気をつけるべき点をまとめてみました。

観光地ではメーターを使ってくれるタクシーが少ない

バンコクの観光地周辺(例えばカオサンロード やシーロム など)でタクシーを捕まえると、必ずと言って良いほどメーターを使ってくれず、相場より高い値段をふっかけてくるドライバーがいます。

こういう人は信用しないほうが良いので無視しましょう。それでもなかなかメータータクシーを捕まえられない時は、少し歩いて観光地周辺から離れた場所からタクシーを捕まえましょう。

屋内や乗り物内の冷房が効き過ぎていて寒い

年中常夏の国タイですが、ショッピングモール内や乗り物内は冷房が効きすぎていて寒いことが多いです。タイ旅行には長袖のシャツなどの持ち運び便利な羽織りものを持ち歩いたり、タイパンツのような薄手の長ズボンがあると過ごしやすいです。

寺院観光には服装チェックあり

タイの寺院を訪れる際、ショートパンツやミニスカートやノースリーブなど肌の露出が多い服を着ていると入場できません。寺院観光の際は半袖に長ズボンやロングスカート、男性なら長めのハーフパンツなどを着用して行きましょう。靴はビーチサンダルでも、なんでも大丈夫です。

タイは一人旅に最適な観光地

みんな大好きな東南アジアのタイから一人旅を初めてみませんか?きっとあなたの人生を変える良い経験となるに違いありません。

関連する記事