trima

タイで今日から使える挨拶を紹介!タイの挨拶には細かいマナーが?

タイで今日から使える挨拶を紹介!タイの挨拶には細かいマナーが?

2020.09.12

Trimaタイ編集部

海外旅行で人気の国「タイ」日本だけではなく、様々な国から観光客が訪れています。今回は、そんなタイ旅行の際に使えるタイ語挨拶を紹介して参ります。挨拶ができるだけで、旅行は素晴らしいものへと変わります。詳しいマナーも紹介しますので、是非覚えてください。

目次

  1. タイの挨拶のマナーを知ろう!
  2. タイにはワイという合掌の挨拶がある
  3. 相手の立場で合掌の位置が変わる
  4. 脇を締めて合掌する
  5. 頻繁に使うタイの挨拶【基本】
  6. こんにちは
  7. ありがとう
  8. さようなら
  9. ごめんなさい
  10. タイでは男女で言葉が変わる
  11. 男性は語尾に「~クラッ(プ)」
  12. 女性は語尾に「~カ」
  13. 男女で違うタイ語の挨拶
  14. タイで使いたい日常会話
  15. はい
  16. いいえ
  17. 元気ですか?
  18. いくらですか?
  19. ~はどこですか?
  20. すみません(店員さんを呼ぶとき)
  21. お会計お願いします
  22. これください
  23. ご飯は食べた?
  24. 大丈夫、気にしないで
  25. タイ旅行ではタイ語で挨拶しよう!

タイの挨拶のマナーを知ろう!

Children Fishing Teamwork - Free photo on Pixabay (754724)

どこの国へ旅行に行くとしても、大切なことと言ったら「挨拶」なのではないでしょうか。挨拶というものは、とても大切なものです。挨拶ができるか、できないかで相手からあなたに対する印象は大きく変わるのです。

今回は、日本人にも大人気な観光スポット「タイ」で使用できる挨拶を紹介して参ります。タイの挨拶、そして挨拶のマナーを学び、タイでの生活をより良いものしていきましょう。

タイにはワイという合掌の挨拶がある

People Man Adult - Free photo on Pixabay (754725)

タイの挨拶といえば、手と手を合わせて合掌をしてお辞儀をする姿を思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。実はこの行為には、名称があります。「ワイ」といいます。

古き時代からタイの伝統的な挨拶として使用されています。このワイは、挨拶をする人に対しての敬意を示すものです。タイだけではなく、東南アジア・南アジアなどで多く使われています。胸の前で手を合わせて、「サワッディー」と挨拶をするのが、一般的です。

相手の立場で合掌の位置が変わる

Blur Close-Up Girl - Free photo on Pixabay (754726)

ワイは、若年者・社会的に地位の低い方が、年長者・目上の人間に対して行う挨拶となっています。また、手と手を合わせて、合掌をする位置も相手と自分の関係性によって変えなくてはいけません。

主に3段階に分かれており、「僧侶に対して行うワイの場合にはお辞儀と同時に合掌している手をあげて親指が眉間につくくらいに近づける」「上司など、目上の人に対して行うワイの場合にはお辞儀と同時に合掌している手の親指を鼻につくくらいに近づける」「仲間同士に対して行うワイの場合には合掌している手の親指が顎につくくらい近づける」

お辞儀の深さが深ければ深いほど、更に敬意を示す挨拶とされています。

脇を締めて合掌する

Sad Depressed Depression - Free photo on Pixabay (754727)

タイの挨拶、ワイを行う際には脇を締めて行うことがマナーとなっています。いくら挨拶とはいえど、マナーを守って挨拶をすることが相手への敬意につながります。

合掌を行う際、手と手をぴったりと合わせてはいけまん。ワイの場合には、手と手の間に少し空気を入れるような感覚で、膨らみを持たせます。これは、仏を象徴とする蓮の花の蕾を表しているといわれているのです。

頻繁に使うタイの挨拶【基本】

Handshake Hand Give - Free photo on Pixabay (754728)

タイでの挨拶、ワイのやり方を紹介していきました。日本にも「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」などの挨拶があるように、タイにも時と場合によって挨拶が異なっているのです。

あなたがタイに足を運ぶ際、タイでの様々な挨拶を覚えておくことでとても素晴らしい旅になること間違いありません。現地の人とのコミュニケーションを大切にし、現地の人の日常を体感していきましょう。

こんにちは

タイでの一般的な挨拶は、日本語と同様「こんにちは」です。英語でいうと「HELLO」のような位置でしょう。タイでの「こんにちは」は「サワディーสวัสดี (sa wàt dii)」といいます。

サワディーという言葉は、人造語であるため自然に発生した挨拶ではありません、1931年、ラジオの放送がタイで開始された際に、当時大学文学部の教員だったとある男性が、ラジオ放送終了時の挨拶として考案されたのがきっかけとなりました。サワディーは良い吉祥という意味が込められています。

ありがとう

Daisy Heart Herzchen Thank - Free photo on Pixabay (754730)

日本語でいう「ありがとう」は、タイでは「コープクンカー ขอบคุณค่ะ(kʰɔ̀ɔp kʰun kʰâ)」といいます。実際に声に出す際には「コップンカー」で十分伝わるでしょう。

コープ kʰɔ̀ɔpは「返事をする・応える・受け取る」という意味があり、クン kʰunには「あなた」という意味があります。

繋げると「あなたに返事をします」という意味になり、「ありがとう」という感謝の言葉に繋がるのです。

さようなら

Farewell Sad Embrace - Free photo on Pixabay (754731)

日本語で言う「さようなら」は、タイでは「ラーゴーン ลาก่อน(laa kɔ̀ɔn)」といいます。ラーには「休む・別れる」という意味があり、ゴーンには「先に・前に」という意味があります。

日本語に直訳すると「先に休みます」というようになりますが、タイ人の中には「ラーゴーンは今生の別れだ」ととらえる方も多いようです。

その為、おすすめなのは「また会いましょう」という意味の「ジュー ガン マイเจอกันใหม่(cəə kan mài)」や、こんにちはの意味でも使われている「サワッディーสวัสดี(sa wàt dii )」という言葉です。

ごめんなさい

I Beg Your Pardon Love Excuse Me - Free photo on Pixabay (754732)

日本語で言う「ごめんなさい」は、タイでは「コートーッ ขอโทษ(kʰɔ̌ɔ tʰôot)」といいます。コーには「請う」トーッには「罪・罰」という意味があります。直訳すると「罪を請う」になります。

その他にも、看板でよく使われているご迷惑をおかけしますという意味での「コー アパイ ขออภัย(kʰɔ̌ɔ a pʰay)」や、誠意を込めた謝罪をする際に使う「コープラターントーッ ขอประทานโทษ」という言葉があります。

タイでは男女で言葉が変わる

Casal Love Romantic - Free image on Pixabay (754733)

タイでは男女の言葉に少し違いがあります。日本でもしゃべり方で「男らしい」「女らしい」という印象を受けることがあるでしょう。

タイでもその点に関しては共通で、言葉の最後に使用する語尾が変わってくるのです。その為、見た目が男らしい女性でも見た目が女性らしい男性でも、言葉を聞くだけで男性か女性かを聞き分けることができるのです。

男性は語尾に「~クラッ(プ)」

Entrepreneur Startup Start-Up - Free photo on Pixabay (754734)

タイ語を使用する男性は、言葉の語尾に「~クラッ(プ) ครับ」という言葉をつけるのが基本です。

日本語でいうと「~ます」「~です」に近しい言葉といっても良いでしょう。日本の男女別で指すと「~だぜ」「~なのよ」に近しいものでしょう。

日本人にとっては、少々疑問に思う点かもしれませんが、タイではこのように男女で別の言葉を発して生活をしているのです。

女性は語尾に「~カ」

Portrait Girl Woman - Free photo on Pixabay (754735)

タイ語を使用する女性は、言葉の語尾に「~カー ค่ะ」という言葉をつけるのが基本です。前述でも紹介して通り、女性らしさがある語尾ということになります。

実は他にもいろいろな語尾が存在しています。身体は女性で心は男性。身体は男性で心は女性などという方は、このような語尾は使用せず「ナ」「ワ」「ハ」「ジャー」「ヤ」などという語尾を使っているようです。

男女で違うタイ語の挨拶

日本では「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「ごめんなさい」「さようなら」などという挨拶、そして言葉などを同じ言葉で表しています。地方による方言などは除外するものとします。

同じような言葉を男女平等で使用することは、日本人にとっては普通のことですが、タイの方にとっては違和感がある言葉のようです。実はタイでは、男女で使用する言葉が変わってくるのです。

こんにちは

Bird Green Charming - Free vector graphic on Pixabay (754738)

タイでの「こんにちは」は「サワディー สวัสดี ครับ」です。この言葉はこんにちはだけではなく「はじめまして」「おはよう」「こんばんは」という意味でも使うことができる万能な言葉です。

男性の場合は「サワディークラッ(プ)สวัสดี ครับ」女性の場合は「サワディーカー สวัสดี ค่ะ」と発音します。

ありがとう

どこの国でも、感謝を伝えることは大切なことです。タイに行った際、現地民に感謝されるようなことをしていただいた時には、すんなりと「ありがとうの言葉」を発することができたらとても気持ちの良いものです。

タイでの「ありがとう」は、男性の場合「コップクン クラッ(プ)ขอบคุณ ครับ」そして、女性の場合は「コップクン カー ขอบคุณ ค่ะ」と発音します。

ちなみに「どういたしまして」は、男性の場合「マイペンライ クラッ(プ)ไม่เป็นไร ครับ」女性の場合「マイペンライ カー ไม่เป็นไร ค่ะ」と発音します。

さようなら

I Beg Your Pardon Love Excuse Me - Free photo on Pixabay (754740)

前述でも紹介をした通り、「さようなら」という言葉のタイ語はいくつかあります。

基本的に使用されるのは、「ジュー ガン マイ เจอกันใหม่」や「サワッディー สวัสดี」になります。ラーゴーンは「もう会えない」という重い意味もあるので、控えた方が良いでしょう。

男性の場合は「ジュー ガン マイクラッ(プ) เจอกันใหม่ ครับ」ジュー ガン マイカー เจอกันใหม่ ค่ะ」と発音します。

ごめんなさい

Depression Sadness Man I Feel - Free photo on Pixabay (754752)

日本人は海外の方に比べて、謝りの言葉を発する回数がかなり多いといわれています。他国の方とは違った、控えめな性格と思いやりに溢れた国民性がそうさせているのでしょう。

そんな日本人にとって、謝りの言葉は覚えていたいものです。では、タイ語男女別にはどのようにいうのでしょうか。

男性の場合は「コートー(トゥッ)クラッ(プ) ขอโทษ ครับ」女性の場合には「コートーカー ขอโทษ ค่ะ」と発音します。

タイで使いたい日常会話

Easter Bunny Colorful - Free photo on Pixabay (754736)

タイに旅行に行った際、挨拶も勿論大切ですが、日常的に使う言葉も覚えておきたいものです。1つの言葉を覚えているだけでも、タイでの生活はとても充実したものとなるはずです。

では、挨拶以外にタイで使いたい日常会話を紹介していきます。もし、言葉を覚えることが苦手という方は小さなメモ帳や、スマホのメモ帳などにタイ語と日本語を表記し、控えておくことをおすすめします。

はい

Yes Summer Write - Free photo on Pixabay (754741)

日本語でいう「はい」「そうですね」「うん」などという肯定の言葉は、タイではどんな発音なのでしょうか。

単純に「はい」という返事をする場合には、男女それぞれ言葉の最後につける「クラッ(プ)ครับ ・カー ค่ะ」という言葉を使います。

「はい、そうです」という肯定の返事をする場合には「チャイ ใช่ 」という言葉を使います。こちらも、男性の場合にはクラッ(プ)・女性の場合にはカーを語尾につけます。

いいえ

Yes No Typography - Free vector graphic on Pixabay (754742)

日本語でいう「いいえ」「違います」「いやだ」というような、否定の言葉は、タイではどのような言葉なのでしょうか。

否定する場合、「マイ ไม่」という言葉を使用します。が、こちらの言葉だけでは少々乱暴な言葉遣いになってしまいます。それを補うために、「マイ チャイ ไม่ใช่」というように発音するようにしましょう。こちらも、男性の場合にはクラッ(プ)・女性の場合にはカーを語尾につけます。

元気ですか?

Girl Pigtails Peppy - Free photo on Pixabay (754743)

相手の体調を気遣うのも、人とのコミュニュケーションに欠かせないものです。では、タイ語で「元気ですか?」という言葉はどのようなものなのでしょうか。

タイでは「サバイ ディー マイ สบาย ดี ไหม ครับ」「サバイ ディー ルー สบาย ดี หรือ ครับ 」という2通りの言葉を使います。意味は変わりませんので、どちらでも使いやすいほうを使いましょう。こちらも、男性の場合にはクラッ(プ)・女性の場合にはカーを語尾につけます。

いくらですか?

Money Finance Mortgage - Free photo on Pixabay (754744)

海外での買い物に失敗してしまった経験のある方、多いのではないでしょうか。中には「言葉が分からないと思って高い価格で商品を買わされた」という声もあります。そんなことがないよう、買い物に使える「いくらですか?」という言葉を覚えておきましょう。

タイでは「ラーカー タウライ ราคา เท่าไร」と発音します。商品が近くにあり「”これは”いくらですか」と聞きたい場合には、先程紹介した言葉の前に「アンニーィ อันนี้ 」という単語をつけましょう。

~はどこですか?

Woman Person Cyclist - Free photo on Pixabay (754745)

言葉がよくわからない国で迷子になってしまったら、とても困ることでしょう。伝えたいことがうまく伝わらないということが、更に不安を加速させてしまいます。そんなことにならないよう「~どこですか?」という言葉を覚えておきましょう。

タイでは「 ~ユー ティーナイอยู่ที่ไหน」と発音します。「~」の部分には場所や地名などが入ります。「ここ=ティーニー」「駅=サターアニー」「トイレ=ホンナーム」など、よく使用する単語を一緒に覚えておきましょう。

すみません(店員さんを呼ぶとき)

Girl Woman Young - Free photo on Pixabay (754746)

タイには、様々な洋服・雑貨品などを売るお店が多く立ち並んでいます。女性なら、買い物を中心に旅行を楽しみたいものです。買い物をしているとき、店員さんを呼び止める方法を紹介します。

タイでは「コートー(トゥッ) ขอโทษ」という発音で呼びかけることができます。日本語では「ちょっとすみません」という意味になります。お店だけではなく、現地民に道を聞きたい時などにも使用できる言葉になります。

お会計お願いします

Calculator Calculation Insurance - Free photo on Pixabay (754747)

タイには様々な飲食店が立ち並び、日本人向けのレストランも多くあります。タイ料理は現代の日本人にとても人気のある海外料理です。

では、タイで食事を済ませて会計をお願いする際、どんな言葉を店員さんに投げかけたら良いのでしょうか。

レストランでは「チェックビン ドゥアイ เช็คบิล ด้วย」屋台風のお店には「ゲッブ ングン ドゥアイ เก็บ เงิน ด้วย」という言葉を使いましょう。呼びかけた後、テーブルの上に置いてある空の食器をぐるりと指差すと、更に店員さんは理解してくれるでしょう。

これください

Christmas Tree New Year'S Eve - Free photo on Pixabay (754748)

買い物や、料理を選んでいる際に店員さんたちに商品名・メニューを伝えるのは一苦労です。そんな時にとても便利なのが「これをください」という言葉です。この言葉を覚えておけば、お店・レストランなどで使いまわしをすることができます。

タイでは「ガン アオ アン ニー งั้นเอาอันนี้」という言葉を使用します。ほしい商品やメニューを指しながら、この言葉を言うと店員さんにもうまく伝わりやすいでしょう。

ご飯は食べた?

Authentic Greek Food Hummus - Free photo on Pixabay (754749)

もしも現地民と仲良くなり、一緒に食事に行きたいなと思った時。うまく誘うことができたら、現地の方もうれしく思うことでしょう。

日本で「ごはん食べた?」という言葉を、タイでは「キン カーオ ル ヤン กินข้าวหรือยัง」と発音します。他にも、上品な言い回しをしたい場合には「ターン カーオ ルヤン ทานข้าวหรือยัง」と発音しましょう。

大丈夫、気にしないで

Ok A-Ok Woman - Free photo on Pixabay (754750)

タイへの旅行をはじめていく場合、言葉の壁や食文化の壁などにぶつかってしまい、少々心が疲れてしまうことがあるでしょう。そんなとき、現地民の方に「大丈夫?」と声をかけられることもあるはずです。そんな時に使える返事を紹介します。

日本語で「大丈夫、気にしないで」という言葉はタイ語で「 マイペンライ ไม่เป็นไร」と発音します。この言葉は「どういたしまして」という意味でも使う言葉になります。

タイ旅行ではタイ語で挨拶しよう!

Monk Walking Rose Petals - Free photo on Pixabay (754751)

いかがでしたでしょうか。挨拶は日本だけではなく、世界中で大切なコミュニュケーションツールの1つです。タイ旅行に行った際には、是非タイ語で現地民に挨拶をしてみましょう。きっとあなたのタイ旅行はより良いものとなるはずです。

関連する記事