trima

バンコクで英語は通じる?場所別の注意点やコミュニケーション方法!

バンコクで英語は通じる?場所別の注意点やコミュニケーション方法!

2020.09.13

Trimaタイ編集部

タイの首都バンコクは日本人にも人気の観光スポットです。美しい寺院を観光したり充実したナイトライフが楽しめますが、あまり英語は通じません。この記事ではバンコクで英語が使える場所や最近人気の英語留学についてご紹介しています。

目次

  1. タイのバンコクで英語は使える?
  2. 日本人にあまり馴染みがないタイ語
  3. タイには英語を話せる人が少ない
  4. バンコクで英語が通じやすい場所
  5. 空港
  6. ホテル
  7. 知っておくと便利!バンコクで英語を話すなら?
  8. 都市部の若者を狙って話しかける
  9. 翻訳アプリ
  10. 日本語しか話せない場合は?
  11. 日本人が多く訪れる場所を選ぶ
  12. 旅行に便利な最低限の英語を覚えておく
  13. タイの単語をいくつか覚える
  14. 場所別の注意点やコミュニケーション方法
  15. タクシーに乗る際
  16. レストランやホテル
  17. 現在注目されているバンコク英語留学
  18. 英語留学にバンコクをおすすめする理由
  19. 物価が安い
  20. 多くの外国人と触れ合える
  21. 過ごしやすい気候
  22. 治安がいい
  23. タイ旅行・留学を思いっきり楽しんで!

タイのバンコクで英語は使える?

Phra Nakhon Si Ayutthaya Ancient - Free photo on Pixabay (753061)

ほほえみの国として知られるタイは、日本人の間でも特に人気の高い旅行先です。とりわけ、首都バンコクは日本から6時間ほどのフライトでアクセスできるうえに、観るものも多く食べるものも豊富なことから、毎年多くの日本人旅行客が訪れています。

比較的治安がよいとされているタイ・バンコクですが、日本人旅行客が最も困るのがコミュニケーションです。タイは英語が通じない国として知られています。

この記事ではバンコクで現地の人とコミュニケーションを取る方法や英語の通じる場所について特集しているので、ぜひ旅行前にご覧ください。

日本人にあまり馴染みがないタイ語

Umbrella Asia Myanmar - Free photo on Pixabay (753062)

タイの公用語はタイ語です。タイ語は日本人になじみがない言語である上に、発音が日本語のそれと大きく異なるため、タイ語学習経験のない人が短期間で身に着けようとしてもなかなか難しいと言えるでしょう。

とりわけタイ文字は複雑な形をしており、日本人からすると不思議な記号のように見えるはずです。バンコクに旅行に行ってみたはいいものの、掲示板や重要な案内の表記がタイ文字でしか書かれておらず、全く理解できずに困ってしまったという声もちらほら聞かれます。

タイには英語を話せる人が少ない

Abc Academic Alphabet - Free photo on Pixabay (753063)

「タイ文字が読めずタイ語が話せなくとも、英語でコミュニケーションを取ればいい」と考えておられる方も多いことでしょう。ですが、タイで英語を話せる人は少数派です。

もちろん学校で英語教育は行われていますが、周辺国のシンガポールやフィリピンのように英語を公用語としていないため、英語でコミュニケーションが取れる人は少ないと覚悟しておいたほうがよいでしょう。

とりわけ、年配の人になればなるほど英語をできる割合は減っていきます。

バンコクで英語が通じやすい場所

City Street Traffic Urban - Free photo on Pixabay (753064)

タイでは英語を話せる人が少ないうえに、日本人からするとタイ語は発音が難しくタイ文字も覚えにくいとなると、タイ旅行のハードルが高く感じてしまうでしょう。

しかし、そこまで心配する必要はありません。タイでも観光地などでは英語が通じることが多いからです。では、具体的にどのような場所であれば英語でコミュニケーションが可能なのでしょうか?

ここからは、タイ・バンコクで英語が通じやすい場所についてご紹介していきます。困った時や何かを尋ねたい時には、ぜひ以下で取り上げる場所に行って英語でコミュニケーションを取ってみてください。

空港

Airport Airline Air Traffic - Free photo on Pixabay (753065)

バンコクで英語が通じる場所としてまず挙げられるのが、空港です。バンコクの空港と言うと、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の2つがありますが、どちらも海外からの旅行客が頻繁に利用する空港ですので英語が通じます。

グランドスタッフはもちろんですが、空港にある店舗の店員も海外旅行客に慣れているので、多少なりとも英語でコミュニケーションを取ることが可能です。

ただし、「ホテルやタクシーの手配がしたい」「旅行に関して不明点があり質問したいことがある」という場合には、英語がきちんと話せる空港内のインフォメーションセンターのスタッフを探してみてください。

ホテル

Lobby Reception Hall - Free photo on Pixabay (753066)

バンコクは毎年多くの海外旅行客がやってくる国際的な観光スポットですので、ホテル側も外国人に慣れており、大きなホテルならば間違いなく英語が話せるスタッフが常在しています。

ただし、個人経営のような小さなホテル・宿泊施設ではスタッフの中に英語が話せる人がいないことも多いので、覚悟しておく必要があるでしょう。

なお、日本の旅行代理店の取り扱いのホテルならば、英語が話せるスタッフがいるかどうかを事前に確かめてもらえます。不安な場合には、旅行前に確認してみてはいかがでしょうか。

知っておくと便利!バンコクで英語を話すなら?

Adult Asia Asian - Free photo on Pixabay (753067)

空港やホテルならば英語を話せるスタッフがいますが、それ以外の場合は英語が通じないと覚悟しておいたほうがよいでしょう。

しかし、街中に出て観光をしているうちに道に迷ったり、現地の人に質問をせねばならなくなる時もあるはずです。このような場合、こちらがタイ語ができないならば英語でコミュニケーションを取るしかありません。

では、どうすればバンコクで現地の人と英語で意思疎通が図れるでしょうか?ここからは、知っておくと便利なバンコクでの英語コミュニケーション術をご紹介していきます。

都市部の若者を狙って話しかける

Girl Asia Female - Free photo on Pixabay (753068)

まずおすすめしたいのが、都市部の若者を狙って話しかけてみるということです。日本でも同じですが、年配の方よりも若い人のほうが英語に慣れ親しんでいるため、英語でコミュニケーションが取れる可能性が高いのです。

田舎に行けば行くほど若者よりもお年寄りの方が多くなるものですので、バンコクの現地の人と英語で話がしたい時には都心部に行き、声のかけやすそうな若者に話しかけてみましょう。

なお、ビジネスパーソンなど、できるだけ高等教育を受けていそうな雰囲気の人を選ぶのがポイントです。

翻訳アプリ

Iphone Smartphone Apps Apple - Free photo on Pixabay (753069)

英語が話せる人が少ないと言われるタイでも、若い人ならばある程度英語でコミュニケーションを取れる可能性も高いと言えるでしょう。

バンコクは都会とは言え、タイの方は優しく親切なことで知られているので、困った時に英語で話しかければ助けてもらえることも多いです。

ただ、お互いにネイティブではないので発音や単語に不安を感じるかもしれません。そんな時には、翻訳アプリを使ってみてください。最近ではオフラインでもタイ語の単語が調べられる翻訳アプリもリリースされているので、旅行前にダウンロードしておきましょう。

日本語しか話せない場合は?

Woman Girl Female - Free photo on Pixabay (753070)

「日本語しか話せないから」とタイ旅行に後ろ向きになる必要はありません。英語が苦手な場合でも、タイ旅行を十分に楽しむことができます。

ここからは、英語が話せない方のためにタイ旅行を楽しむポイントについて解説しちえきます。

日本人が多く訪れる場所を選ぶ

Thailand Bangkok Temple - Free photo on Pixabay (753071)

日本人がたくさん訪れるような定番の観光スポットを選べば、タイ語や英語が話せなくとも問題ありません。困った時には周囲の日本人観光客に声をかけて質問をしたり、時には通訳をしてもらったりと助けてもらえるからです。

逆に言えば、日本人があまり訪れないディープな観光スポットに行くのはおすすめできません。

旅行に便利な最低限の英語を覚えておく

Speech Bubbles Hello Cartoon - Free image on Pixabay (753072)

英語が話せなくとも、最低限の英会話のフレーズならば覚えることはできます。「トイレはどこですか?」「クレジットカードは使えますか?」と言った旅行先でよく使うフレーズを旅行前に覚えておけば、英語が苦手な方でも安心です。

タイの単語をいくつか覚える

Open Book Library Education - Free photo on Pixabay (753073)

完璧なタイ語が離せずとも、単語を言うだけでも意外と相手に自分の言いたいことがわかってもらえるでしょう。たとえば、トイレを意味する単語「ホーンナーム」を覚えておくだけでも安心です。

この単語を口にしながら首をかしげるジェスチャーをすれば、相手は「トイレの場所が知りたいんだな」と察して、指を指すなどして教えてくれるはずです。

場所別の注意点やコミュニケーション方法

Communication Head Balloons - Free image on Pixabay (753074)

バンコク旅行中に、もしも英語でコミュニケーションができなかった場合どうすればよいのでしょうか?ここからは、シチュエーション別の注意点や対処法についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

タクシーに乗る際

Taxi Cab Taxicab - Free photo on Pixabay (753075)

タクシーの運転手は英語が通じないことが多いです。しかし、スマホを使って目的地のタイ語表記を調べ、それを紙に書いてメモとして運転手に渡せば、英語が通じなくとも目的地まで連れて行ってもらえるでしょう。ガイドマップを見せるのも一つの方法です。

レストランやホテル

Bar Pub Restaurant - Free photo on Pixabay (753076)

レストランやホテルでは英語が通じることが多く、外国人観光客が多く訪れる場所では必ずと言ってよいほど英語のメニューが用意されています。

ですが、そのようなサービスのないレストランでも、メニューや他のお客さんが食べている料理を指さすだけで注文は可能です。また、屋台などでの値段交渉は電卓でできます。

現在注目されているバンコク英語留学

Airport Transport Woman - Free photo on Pixabay (753077)

英語が話せる人がそう多くないタイですが、実は最近バンコクやプーケットへの英語留学が密かなブームとなっています。実際、夏休みを利用してバンコクに英語の短期留学をする大学生や、社会人でプーケットに英語留学をする人も少なくありません。

英語留学にバンコクをおすすめする理由

Light Rails City Car - Free photo on Pixabay (753078)

「英語を学ぶならば英語が公用語である国を選んだほうがよいのでは?」と疑問に思う方もおられることでしょう。ですが、英語留学先としてバンコクを選ぶのにはちゃんとした理由があります。

ここからは、バンコクでの英語留学のメリットについて見ていきましょう。

物価が安い

Money Home Coin - Free photo on Pixabay (753079)

バンコクは日本と比べるとかなり物価が安いため、長期滞在してもお財布に負担がかかりません。イギリスやアメリカへの留学となると、短期であっても飛行機代に加えて滞在費・学費などで数十万から数百万もかかります。

物価の安いバンコクでは1ヵ月の滞在でも5万前後あればそこそこ良い生活ができるので、お金をあまりかけたくないという方にピッタリでしょう。

多くの外国人と触れ合える

People Women Talking - Free photo on Pixabay (753080)

バンコクは東南アジアでも有数の国際都市として知られ、アジアはもちろんのこと欧米からも多くの外国人が集まってきています。

タイの方のみならず他の国々の人とも触れ合い、国際感覚を身に着けられるというのも、バンコク留学ならではのメリットでしょう。

過ごしやすい気候

Students Adult Asia - Free photo on Pixabay (753081)

バンコクは過ごしやすい気候でも有名です。バンコクは日本より暑いことも多いですが、暑季にあたる2月から5月や、雨の多い5月から10月の雨季を避ければ問題ありません。

10月から2月の乾季は過ごしやすく、爽やかな天気が続くので、この時期を狙って留学をするのがおすすめです。

治安がいい

Adult Asia Women - Free photo on Pixabay (753082)

留学で長期滞在をするとなると気になるのが治安ですが、バンコクは国際都市にも関わらず治安が比較的よいことで有名です。

もちろんスリや置き引きなどの被害も報告されていますが、警戒心をもって行動していれば、危ない目に遭う心配はそうないでしょう。

タイ旅行・留学を思いっきり楽しんで!

Holiday Travel Vacation - Free photo on Pixabay (753084)

今回は、「バンコクで英語は通じるのか?」という疑問について特集してきました。結論から言うとバンコクでは英語が通じないことが多いですが、ホテルや空港、主要観光地では英語でコミュニケーションが取れます。

また、英語もタイ語もできずとも身振り手振りのジェスチャーで意思疎通は図れます。タイ旅行をめいいっぱい楽しむために、翻訳アプリをダウンロードしたりタイ語の簡単な単語を覚えるなどしておけば、不安要素を減らすことができるでしょう。

関連する記事