trima

治安の良い国ランキングTop10!海外旅行ならどこがオススメ?

治安の良い国ランキングTop10!海外旅行ならどこがオススメ?

2020.09.22

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

海外旅行に行きたいけれど治安が不安、治安の良い国を知りたい!という人も多いでしょう。そんな海外の治安についてランキングにしてまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。そして、人気のあるヨーロッパや、印象の悪いアフリカの実際の治安についても解説しています!

目次

  1. 治安の良い国を海外旅行先としてチョイス
  2. 2019年度治安の良い国ランキング
  3. 第1位 アイスランド
  4. 第2位 ニュージーランド
  5. 第3位 ポルトガル
  6. 第4位 オーストリア
  7. 第5位 デンマーク
  8. 第6位 チェコ
  9. 第7位 カナダ
  10. 第8位 シンガポール
  11. 第9位 日本
  12. 第10位 アイルランド
  13. アフリカの治安がいい国はある?
  14. ガーナ
  15. ブルキナファソ
  16. ボツワナ
  17. ヨーロッパでも治安が悪い国が?
  18. ロシア
  19. ウクライナ
  20. ジョージア
  21. 海外旅行に行く前にその土地の治安最新情報をチェック

治安の良い国を海外旅行先としてチョイス

Map Of The World Background Paper - Free image on Pixabay (757363)

海外旅行に行った際にぼったくりやスリなどの被害に遭わないようにするには、その国の治安情報を前もって調べておくことが重要です。

「大丈夫だろう!」と思っていても実際に訪れてみると実は治安が悪かった、なんてこともあるのです。そのため、自分の判断だけではなくて、そもそも治安の良い国を選ぶことも大切です!

そんな治安の良い国ランキングや、反対に悪い国もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

2019年度治安の良い国ランキング

Airport Transport Woman - Free photo on Pixabay (757364)

旅行先に治安の良い国を選ぶことも被害に遭わないための方法ですので、まずはランキングから選んでみましょう。それぞれの特徴や魅力も解説していきますので、気なる国が見つかるでしょう。

それでは2019年度治安の良い国ランキングをご紹介していきます。治安の良い国を選び楽しい旅をしましょう!

第1位 アイスランド

Husavik Iceland Port - Free photo on Pixabay (757366)

アイスランドは、治安の良い国ランキングに毎年上位に入っている国です。盗難や強盗などの犯罪も少なく穏やかな都市ですので、女性の一人旅でも安心して観光をすることができるでしょう。

日本と同じく島国で火山と氷河を有していることから「火と氷の国」と呼ばれており、9月~3月にかけて美しいオーロラを観測することができます。

Aurora Borealis Dark Night - Free photo on Pixabay (757367)

世界最大露店温泉ブルーラグーンがとても有名で、その乳白色の温泉はミネラルを豊富に含んでおり美肌効果があると言われています。

毎年冬の時期のみ氷河に現れる氷の洞窟は、青色の世界が広がる幻想的な世界です。この時期に訪れる際にはおすすめの観光スポットですのでぜひ氷の世界を楽しんでみてください。

第2位 ニュージーランド

New Zealand Beach Sea - Free photo on Pixabay (757369)

ニュージーランドは太平洋南西に位置し、北島と南島の二つの島からなっています。北島には「帆の街」と呼ばれている港町オークランドや、活火山があるトンガリロ国立公園があります。

温泉地ロトルアもあり、シンガポールは都市と大自然の両方を満喫できるのが魅力です。さらにミルキーブルーの湖テカポでは美しい星空観賞もできますので、大自然のなかでゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

また、南島は3分の2を山岳地帯が占めており、マウントクックをはじめとする約3,000mの山々が連なり、一帯が氷河の世界に包まれています。

第3位 ポルトガル

Porto Portugal City - Free photo on Pixabay (757371)

ポルトガルは毎年多くの観光客が訪れる人気の観光地ですが、首都リスボンには世界遺産に指定されているジェロニモス修道院やベレン塔などがあります。坂道が多いため街を走っているレトロなケーブルカーも魅力的な雰囲気を出しています。

ポルトガルでは、お米を使った料理や魚がメインのシーフード料理が多くあるため、ポルトガル料理は日本人の口にも合うでしょう。

6月ころになると世界三大花木であるジャカランダが咲き誇り、紫色の花びらが街並みを彩りますのでこの時期に訪れるのもおすすめです。

第4位 オーストリア

Baroque Church Collegiate - Free photo on Pixabay (757372)

中央ヨーロッパに位置しているオーストリアは音楽の都ウィーンがあり、シェーンブルン宮殿や国立歌劇場など、中世ハプスブルク帝国時代の建築物が建ち並び観光地として人気を集めています。

中北部に位置するザルツブルクは音楽家モーツァルト生誕地として知られており、とくに音楽に触れている人たちには欠かせない場所となっています。また、ザルツカンマーゲートには壮大なアルプスが広がり、美しい大自然を堪能できるでしょう。

第5位 デンマーク

Nyhavn Denmark City - Free photo on Pixabay (757373)

長い歴史を持つデンマークは君主国家で、童話アンデルセンを生んだ国としても有名です。子供のころによく読んでいたのではないでしょうか。

首都コペンハーゲンでは、カラフルな建物が建ち並び、世界最古のテーマパークの「チボリ公園」など、童話のようなメルヘンの世界を満喫することができます。

世界的有名なおもちゃレゴ発祥地であるビルンには、レゴランドがありますので小さな子どもから大人まで夢中になって観光を楽しめるでしょう。

第6位 チェコ

Český Krumlov Bohemia South - Free photo on Pixabay (757376)

チェコはヨーロッパの真ん中に位置しており、日本の九州くらいの面積しかない小さな国です。代表的な都市プラハの街には、塔が多く建ち並んでおり美しい街として世界的に有名です。

世界一古い古城としても知られているプラハ城もあり、その歴史を感じられますのでチェコを訪れた際には足を運んでみましょう。

チェコは穏やかな雰囲気のある街で危険度が少ない国ですので、女性だけのグループでの旅行でも安心して観光できる国です。

第7位 カナダ

Niagara Falls Waterfall Water - Free photo on Pixabay (757377)

カナダには、様々な観光スポットがありますが、ナイアガラの滝はその迫力から多くの人々が訪れる観光スポットです。バン・デューセン植物園には、その広大な敷地に世界各国の植物7500種類が植樹されており、植物好きな人にはたまらい場所でしょう。

イエローナイフではオーロラを観測することもでき、幻想的な輝きを堪能することができます。そのようにカナダには観光名所がいくつもあることから旅行先として人気が高く、また治安も良いため夜のカナダの街も楽しめます。

第8位 シンガポール

Singapore Marina Bay Helix City - Free photo on Pixabay (757378)

マレーシア半島南端に位置し60以上の島々からなっているシンガポールは、英国植民地時代に交易拠点として栄えました。そんなシンガポールの街の中心部には、「マリーナ・ベイ・サンズ」「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」などの近未来的建築物が建ち並び、夜には光と水のショーが見られ人気があるスポットです。

多民族国家であることからリトルインディアンやチャイナタウンなど様々な人種が入り混じり、それぞれの文化を感じることができるのも魅力でしょう。

第9位 日本

Kinkaku-Ji The Golden Pavilion - Free photo on Pixabay (757381)

治安が良いことで知られている日本ですが、意外にも2019年度治安の良い国ランキングでは第9位となっています。日本に訪れる外国観光客は年々増加していますが、各地の観光だけではなく、天ぷらやお寿司など日本食を味わうために訪れている人も多いと言われています。

多くの外国人が訪れている場所は、京都の金閣寺、広島平和記念資料館や宮島などが人気ですが、沖縄から北海道まで様々な場所によってまったく異なる習慣や景色、建物などが見られるのも魅力でしょう。

第10位 アイルランド

Ireland Sheep Lambs - Free photo on Pixabay (757382)

アイルランドはイギリスから近く、首都ダブリンからロンドンまで約1時間半ほどの距離です。自然が美しく羊毛や乳製品で知られています。

そんなアイルランドは日本人はもちろんのこと、世界中の人々が親しんでいる黒ビール「ギネスビール」の発症の地でもあります。

タブリンの可愛いらしい街並みや観光スポット、食事スポットなどがあり危険も少ない場所ですので、食事をしながらギネスビールを飲んだりと安心してゆっくりと過ごせるでしょう。

アフリカの治安がいい国はある?

Couple African Happy - Free photo on Pixabay (757402)

アフリカと聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。まず真っ先に、「治安が悪い」と思い浮かべる人が多いでしょう。

ですが、アフリカ全体がそうではなく、なかには治安がいい国もあり安心して観光できる場所もあるのです。そんなアフリカの治安のいい国をご紹介していきます。

ガーナ

Fruit Food Grow - Free photo on Pixabay (757389)

ガーナと言えば、チョコの原料であるカカオが生産されている国で知られていますが、ガーナ古来の寺院や植民地時代の建物などもあります。

そんなガーナは危険などころかかなり安全な国です。基本的に声が大きい傾向にありますので、声の大きさから威圧感を感じることもありますが、ただ大きいだけで決して怖い人たちではありません。

お互いに言いたいことを伝えて、心から繋がる関係を大切にしている優しい国民性で安全性が高い国です。

ブルキナファソ

Little Girl Smile - Free photo on Pixabay (757390)

ガーナは安全な国ですが、そのガーナの平和がさらに倍になったような国がブルキナファソです。ブルキナファソを天国と例える人もいるほどに、人々はゆったりとほのぼのとしています。

穏やかな性格をしており争いごとは好まず、とても平和な国です。海外では外国人の陽気な性格から、声をかけられることも多くありますが、ブルキナファソの人々は全くと言っていいほどに声をかけず静かです。

首都ワガドゥーグーには、派手なビルや大きな建物が全くないため、のどかな街並みをしておりゆったりとした時間の流れを感じることができるでしょう。

ボツワナ

Elephant Africa African Bush - Free photo on Pixabay (757392)

アフリカの見所は?と聞かれると動物!というイメージが持ちやすいのですが、実際にはそうではなくあらゆる種類が絶滅しています。

ボツワナは「政治が腐敗していない国」として知られており、強い意思と信念をもって政治に取り組んでいます。政策の一つとして動物の乱獲を防いでいますが、チョベ国立公園には広大な大地に伸び伸びと多くの動物がいます。

イノシシやキリンの群れ、象などといった動物たちを見ることができるボツワナも、ガーナやブルキナファソと同様に治安の良さを感じる国ですので、安心して観光することができるでしょう。

ヨーロッパでも治安が悪い国が?

Noble Castle Hofburg Imperial - Free photo on Pixabay (757394)

ヨーロッパは旅行先として人気が高いですが、なかには治安が悪いことで知られている国もあります。そのため、観光する際には安全性に気をつけることが大切です。

そのように、ヨーロッパでも治安が悪いことで注意しておかなければいけない国をご紹介していきます。

ロシア

St Petersburg Isaac Kathedrahle - Free photo on Pixabay (757396)

ロシアは、北アジア全域・東ヨーロッパ大部分に広がり、世界最大の国土面積を持ち地球上の居住地域の8分の1を占めています。

その広大な国土と長い歴史から数々の観光スポットがあり、サンクトペテルブルクにある「エルミタージュ美術館」は世界的に有名な美術館です。

Fair Red Area - Free photo on Pixabay (757397)

そんなロシアは、シリアに空爆を行ったこともありテロ標的国になっています。危険レベル1ですので比較的大丈夫ですが念のため注意しておきましょう。

タクシーを利用する際にはぼったくりにも気を付け、高額請求やお釣りを少なく渡されたりする場合もありますので、手間はかかりますがきちんと確認をして対処をしていきましょう。

ウクライナ

Ukraine Kiev Panorama - Free photo on Pixabay (757398)

ウクライナは東ヨーロッパに位置しており、南側は黒海に面しています。石畳の道や古い教会、緑で覆われているトンネルなど美しい街並みをしていることから、ヨーロッパの真珠と呼ばれている国です。

そんなウクライナですが、東部ではクリミア併合をめぐってロシアとの戦争が起こっており、危険レベル3である渡航中止勧告が出されています。その他の地域はレベル1ですので、ウクライナを訪れる際には東部は避けるようにしましょう。

ジョージア

Helen Georgia Alpine Village - Free photo on Pixabay (757400)

ジョージアはトルコの隣に位置しており、温泉と料理、そして大自然が有名でのんびりとした国民性のため過ごしやすい国です。

ですが、一部地域では軍事衝突が行われており、渡航危険レベルも1~3と情勢がとても不安定です。首都トリビアなどの地域では、犯罪件数が増加しており安全とは言い切れないですので、訪れる際には気を付けましょう。

ブランド物を身に着けないようにしたり、財布や現金を見えないように持ったりなど、スリや窃盗などの被害にも遭わないように対策をしておくことが大切です。

海外旅行に行く前にその土地の治安最新情報をチェック

Go Pro Pen Notepad - Free photo on Pixabay (757401)

なんとなく惹かれたから旅行先に決めた!というのは、ときには危険な選択の仕方でもあります。世界には数々の国があり、すべての国が安全なわけでないため治安が悪い場所もあります。

そのため安全に楽しく観光するには、海外旅行に行く前にその土地の治安最新情報をチェックして、安全を確認することが大切です!

関連する記事