trima

東南アジアのおすすめビーチリゾートを紹介!穴場のビーチも!

東南アジアのおすすめビーチリゾートを紹介!穴場のビーチも!

2020.09.22

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

今、東南アジアのビーチリゾートが注目を集めています。多くのツアーが組まれており、以前よりも東南アジアに行きやすくなりました。穴場に行けばビーチを独占でき、安いので現地で贅沢をすることもできます。今回は東南アジアのおすすめのビーチリゾートを紹介します。

目次

  1. 東南アジアのリゾートが熱い!
  2. 東南アジアへの旅行は安いのが魅力的
  3. 東南アジアのおすすめビーチリゾート
  4. ダナン(ベトナム)
  5. バリ島(インドネシア)
  6. セブ島(フィリピン)
  7. プーケット(タイ)
  8. ボルネオ島(マレーシア)
  9. サムイ島(タイ)
  10. 東南アジアの穴場ビーチ
  11. ボホール島(フィリピン)
  12. エルニド(フィリピン)
  13. レダン島(マレーシア)
  14. ロン島(カンボジア)
  15. コンダオ島(ベトナム)
  16. ちょっと贅沢するなら高級リゾートホテル
  17. ハンギング ガーデンズ オブ バリ(バリ島)
  18. ピマライ リゾート アンド スパ(ランタ島)
  19. ラ ベランダ リゾート フーコック(フーコック島)
  20. 美しい海と最高の癒しの時間を!

東南アジアのリゾートが熱い!

Asia South-East Hoi An - Free photo on Pixabay (757471)

今、ハワイやグアムよりも気軽に行ける海外のビーチとして、東南アジアが注目されています。バックパッカーが安さを求めていく場所というイメージから、いつもより少し贅沢できる場所へとイメージが変わってきました。

近すぎて今まで行かなかった人も、これを機に東南アジアのビーチリゾートを探してみてください。きっと想像もしない天国のような世界が待っています。

東南アジアへの旅行は安いのが魅力的

Asia South East Background - Free photo on Pixabay (757472)

東南アジアは何といっても安いことが魅力です。距離が近いので航空券も安く、物価が安い国がほとんどなので旅行先でも費用を抑えることができます。

日本でできないような贅沢ができるのも、東南アジアの魅力でしょう。

東南アジアのおすすめビーチリゾート

Airport Travelers Persons - Free photo on Pixabay (757475)

では早速、東南アジアのおすすめのビーチやビーチリゾートを紹介していきます。

今までの東南アジアにビーチのイメージがなかった人は、その美しさに驚くでしょう。

ダナン(ベトナム)

Boat Sundown Sunset - Free photo on Pixabay (757476)

ダナンはベトナム中部にあり、フランス植民地時代に栄えた都市です。日本でもダナンのビーチが綺麗であることが有名になり、2015年頃から一気に特集されるようになりました。

「世界の魅惑のビーチベスト6」にも選ばれるほど、ダナンは世界的に有名なビーチリゾートです。ダナンの海沿いには高級リゾートが立ち並んでいます。ダナンで有名なビーチは、ファムヴァン ドンビーチ・ミーケービーチ・バクミーアンビーチ・ノンヌックビーチが4大ビーチとなっています。

バリ島(インドネシア)

Woman Asia Outdoor - Free photo on Pixabay (757477)

ハネムーンの旅行先でも人気となっているのが、インドネシアのバリ島です。常夏の国なので、どの季節に行っても楽しめ、アクティビティやツアーもお手頃価格です。

バリ島の代名詞ともなっている「クタ・ビーチ」、5つ星ホテルのプライベートビーチの並びにある「ヌサドゥア・ビーチ」、静かなビーチで波音を楽しみながらサンセットまでの時間を過ごせる「ジンバラン・ビーチ」、バリで最初に観光開発され、今でも在住の外国人に愛されている「サヌール・ビーチ」が人気です。

セブ島(フィリピン)

Sand Beach Tropical - Free photo on Pixabay (757478)

セブ島は英語留学でも有名となり、平日は勉強、週末はビーチで遊ぶという人も多いです。セブ島=ビーチのイメージがありますが、実は市内に想像するような綺麗なビーチはありません。

高級ホテルに宿泊し、プライベートビーチを楽しむという方法がお手軽です。デイユースでマリンスポーツを楽しむこともできます。

また、ジンベイザメと一緒に泳げる「オスロブ」、そこから船で少し行った先にある「スミロン島」なども海の透明度が高く人気です。

プーケット(タイ)

Amazing Andaman Sea Angle - Free photo on Pixabay (757479)

プーケットは、タイ有数のビーチが集まっている島です。「アンダマンの真珠」と称されるほどに美しいビーチが自慢です。まず、プーケットを訪れたら外せないと言われている「パトン・ビーチ」です。

次に砂浜を歩くと音が鳴ることが特徴の「カロン・ビーチ」です。ジェットスキーが少ないので子連れでも安心です。そして、ヨーロピアンスタイルのホテルが立ち並び、周りにはローカルレストランがある「カタ・ビーチ」です。

ボルネオ島(マレーシア)

Phi Islands Phuket Thailand - Free photo on Pixabay (757480)

ボルネオ島は世界で3番目に大きな島で、インドネシアではカリマンタン島とも呼ばれます。直行便のほか、シンガポール経由で訪れる人が多いです。

自然豊かで国立公園が複数あり、ビーチ以外の楽しみ方もできます。自然に触れるのにベストな場所です。ボルネオ島で1番人気のリゾートと言えばシャングリラホテルです。プライベートビーチがあるので、周りを気にせずに遊ぶことができます。

また、ボルネオ島から船で20分程のサピ島も大人気です。

サムイ島(タイ)

Island Tropical - Free photo on Pixabay (757481)

サムイ島はタイで2番目に大きな島で、近年、プーケットに次ぐビーチリゾート地として人気が急上昇しています。プーケットほど観光客が多くないため、白い砂浜とエメラルドグリーンの海を独り占めできます。

3月から10月がベストシーズンのようです。「チャウエン・ビーチ」は7kmもの砂浜が続いており、それに沿ってリゾートが立ち並んでいます。また、ビーチから離れているリゾートでも送迎バスが運行しているため、アクセスしやすいです。

東南アジアの穴場ビーチ

Myanmar Burma Shan State Inle - Free photo on Pixabay (757473)

ビーチリゾートとして有名になると世界から観光客が押し寄せます。その影響で、ゆっくりビーチを楽しめなかった、多くの日本人に会って、海外に行った気がしなかったという人もいるでしょう。

ここでは、まだそれほど有名になっていない穴場のビーチを紹介します。

ボホール島(フィリピン)

Chocolate Hills Philippines Bohol - Free photo on Pixabay (757482)

セブ島はビーチリゾートとして有名になったため、多くの日本人が訪れています。しかし、セブ島の隣にあるボホール島はまだそれほど知れ渡っておらず、ビーチが混雑していることもありません。

この島はビーチだけではなく、不思議な地形をした「チョコレートヒルズ」や世界1小さなメガネザルの一種「ターシャ」が見れるなど魅力がたくさん詰まっています。アイランドホッピングで周囲の無人島のビーチを訪れることも可能です。

エルニド(フィリピン)

Philippines El Nido Coron - Free photo on Pixabay (757484)

エルニドは「神が創造した最後の秘境」と称されるほど美しく、様々な逸話が生まれています。エルニドがあるのはフィリピンのパラワン諸島の北端であり、世界からセレブたちがバカンスにやってきます。

1島1リゾートが基本なので、あるリゾートに宿泊すれば、その島は宿泊客のための島となります。リーズナブルに泊まりたい人はエルニド村に滞在し、アイランドホッピングで各島を巡ることもできます。

様々なツアー会社がありますが、現地のものは価格が統一されているのも安心です。

レダン島(マレーシア)

Dunfermline Monastery Church - Free photo on Pixabay (757485)

レダン島は、マレーシアで最も海の透明度が高いと言われています。10月から3月のオフシーズンにはリゾートも閉まってしまうため、滞在できるのはシーズンのみの期間限定です。

島の4方角にあるビーチは、それぞれで水質が変わるため長期間滞在してもその違いを楽しむことができます。透明度が高いことでシュノーケリングが人気であり、70%の確率でウミガメと一緒に泳ぐことができます。珊瑚礁や熱帯魚も手の届く範囲で見ることができます。

ロン島(カンボジア)

Maldives Tropics Tropical Aerial - Free photo on Pixabay (757486)

カンボジアと言えば、遺跡を巡るイメージが強い人もいるでしょう。しかし、カンボジアも海に面している国のため、ビーチがあります。ビーチを目当てにカンボジアを訪れる観光客はほとんどいないため、かなり穴場だと言えます。

このロン島はシアヌークビルからボートで1~2時間のところにあります。珊瑚礁に囲まれた離島で、シュノーケリングや海水浴を楽しむのも良し、砂浜のハンモックに揺られるのも良しと楽しみ方は多いです。

コンダオ島(ベトナム)

Fashion Sun Hat Protection - Free photo on Pixabay (757487)

コンダオ島はまだ多くのガイドブックに載っていない穴場のビーチのため、訪れても日本人と出会うことはかなり少ないでしょう。「ベトナム最後の楽園」と称されるほど、今まで開発されてこず、手つかずの自然が残っています。

ビーチに行きたいけれど、静かにゆったりとした時間を過ごしたいという人にはぴったりの隠れ家的存在です。ホーチミンから小型の飛行機で1時間以内で行ける距離にあり、アクセスも良いです。

この島周辺はジュゴンの生息地となっており、運が良ければツアーで見ることができるようです。

ちょっと贅沢するなら高級リゾートホテル

Pineapples Fruit Beach - Free photo on Pixabay (757492)

高級リゾートといっても、日本で滞在することを考えるとリーズナブルな場合も多いです。せっかく航空券の値段を抑えたのだから、滞在は豪華にしたいという人も多いでしょう。

ここではちょっと豪華な高級リゾートホテルを紹介します。

ハンギング ガーデンズ オブ バリ(バリ島)

Bora Island Caribbean - Free photo on Pixabay (757489)

ブアハンという村にあるのが「ハンギング ガーデンズ オブ バリ」です。ここは38棟のヴィラがあり、それぞれにプール、広いバルコニー、室内と屋外にシャワーとバスタブ、天蓋付きのベッドとまさに高級リゾートの夢を詰め込んだリゾートホテルです。

ホテル内は高低差があるため、ケーブルカーで移動するのも趣があります。熱帯雨林の島なので見渡す限り緑が広がり、疲れを癒すのにはぴったりの場所です。これだけ豪華でも1泊10万円以下です。

ピマライ リゾート アンド スパ(ランタ島)

Jetty Thailand Ocean - Free photo on Pixabay (757490)

ピマライ リゾート アンド スパはタイ国政府観光庁公式サイトでも紹介されているリゾートホテルです。クラビ国際空港から車とクルーザーで2時間の所にあり、エメラルドグリーンの海を堪能することができます。

期待を裏切らない最高級のおもてなしと、4つのレストランで出される料理はどれも絶品です。宿泊した人は値段に対して、サービスや眺め、アメニティの充実が素晴らしかったという感想を持つ人が多く、コストパフォーマンスは最高です。

ラ ベランダ リゾート フーコック(フーコック島)

Summer Swimming Pool Tropical - Free photo on Pixabay (757491)

フランス系ホテル「Mギャラリーコレクション」のひとつで、全てのヴィラから海が望めることが特徴です。ベトナムのフーコック空港から車で20分という好立地も、人気の理由の1つとなっています。

ゆったり過ごせる滞在型リゾートがテーマのため、1日ホテルの外に出なくても満足できるようにサービスが充実しています。目の前にはビーチが広がり、夜は砂浜の上でロマンチックにディナーをいただけます。

「何もしない」という贅沢な時間を過ごせます。

美しい海と最高の癒しの時間を!

Sunset Beach Table - Free photo on Pixabay (757493)

今回は、東南アジアのビーチリゾートや穴場のビーチについて紹介しました。自分がどう過ごしたいかで選ぶビーチリゾートも変わってきます。

美しい海に癒されながら、滞在を楽しみましょう。更に穴場のビーチを知りたければ、現地の知人などに聞くといいかもしれません。

関連する記事